たまてばこ新聞

アニメ&特撮オタ歴45年、まだ×2現役やってます!ロボティクスノーツ&地球防衛軍5絶賛プレイ中♪

「劇場版 幼女戦記」観てきました。

2019年04月27日 19時54分34秒 | 劇場版アニメ鑑賞記録
 遠征して観るつもりが家庭の事情で出来なくなり、また隣市での上映も時間が合わず、もう観られないのかと思っていたところでの、地元上映。開業100周年を迎える古い映画館ですが大感謝!2か月半遅れでも全然嬉しいです。

 TVシリーズでもターニャ役悠木碧さんの名演や渋いおじ様将校達の存在感に圧倒されつつ、毎回観るのを楽しみにしていたのですが、劇場版では大きなスクリーンを十二分に生かした映像で本当に最初から最後まで画面から目が離せなかったです(特に空中戦)。おもしろかった!

 ターニャの部隊はTVシリーズでの試練を経て、統率がとれているし信頼関係も厚いしで体育会系部活のノリに近い感じになりましたね。呑みのシーンは映画の中で唯一の癒しでした。皆してわちゃわちゃしているところが可愛い~♪

 一方の上官トリオは問題児ターニャをどう扱うべきか、あれやこれやと悩んでいてそれを観るだけでも楽しいです。玄田さん、芳忠さん、三木眞一郎君は洋画や海ドラでの代表作多い大物声優さんなだけに豪華極まりなし!加えてゲストに森川君ですから。さらにすごい。

 そして今作のメインゲストキャラ、メアリー。ターニャが殺した兵士の娘でしかも最終回に登場していたのですね。すっかり忘れていました(おい)。感情をむき出しにし統率もへったくれもない言動にとてつもない能力がつくとラスボス級の凶悪さを感じます。メアリー視点ならばターニャが悪な訳ですし、ターニャはあの通りの冷血っぷり。シーンによっては正邪が逆転して見えました。

 戦争を娯楽映像としてただただ悲惨な表現で描くのは絵空事感を強めてしまい、確かに良いこととは言えない部分もあります。それでも国と国とが争うこととは?について考える機会に出来るのでは、と思いました。



 完売したら困ると思って真っ先に購入したパンフと入場者特典の小説♪
コメント

「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に観てきました。

2019年03月18日 23時35分32秒 | 劇場版アニメ鑑賞記録
 家庭の事情でCace.2を観に行くことが出来ず、何としても3は観に行かなければ!という謎の使命感でもって、9時半という実に朝早い回のを車飛ばして観に行きました。というか、田舎のシアターは朝か夜しか上映回ないんです…(泣)

 頑張って観に行った甲斐がありました。3はまさに狡噛さん祭り!(爆)シヴィラシステムの外にある国での出来事なので、ちっともサイコパスではないのですが、現実に繰り返されている破壊と再生の世界情勢をリアルに描写しており、最終的にシヴィラを選ぶか否かを観ている側に問いかけるような内容となっていたと思います。

 狡噛が日本に戻る為のステップとしても今作は彼に帰国の決断を踏ませる必要がありました。シヴィラの中にいる人間でも、システムでは拾いきれない穴をふさぐ為になのか、狡噛慎也という存在を求める理由があるのでしょう。

 この作品を観た影響で、作中に登場した小説「恩讐の彼方に」をKindleで読んでしまいました(爆)。そう言えば小学生か中学生の時に読んだかも?なんとなく内容覚えていた気が…。罪びとの主人公が贖罪の気持ちを持った元々良い人だったから泣ける結末になったものの、現実には被害を受けた人々があんな長いスパンで改心するのを待っていられることは稀かなぁと感じましたけれど、読んだことの無い方は是非ご一読を…。

 そして、サイコパス3ですよ!発表当時、メインキャストの鉄板ぶり(梶君と悠一君)にちょっと抵抗を感じ視聴を躊躇っていましたが、こうなったらもう観るしかない!(爆)

 (パンフ購入出来たのですが写メ撮るの忘れました…/大汗)
コメント

「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」観てきました。

2019年02月17日 22時22分10秒 | 劇場版アニメ鑑賞記録
 家庭内がバタバタしている中、何とか時間を作ってダンナと観に行ってきました。予想通り客層はTVアニメを観ていたであろう40代~がメイン。そりゃそうですよね(汗)

 本編は、まさにシティーハンター!!全編良い意味でシリーズのお約束をきっちり守った内容。過去何度かオンエアされたスペシャル版を現代風に設定しなおし、素晴らしい作画で描き切った90分でした。最高だったのは、歴代のOP&ED主題歌が次々に流れる演出。懐かしさで泣きたくなるくらい(実際隣のダンナは泣いていたかも?)、耳に馴染んだ曲ばかりでつい顔が緩みました。いわゆるアニソンシンガーではないタイアップ曲ばかりなのに、しっかりシティーハンターの主題歌としてアニソン認定されていたのですね。

 キャスト陣も、全て変更なくメインは全員揃っており豪華極まりなかったです。ただ、年月の経過とともに声質の変化は否めず、一部の方は若干の違和感もありました。これはもう仕方ないのかな。声も年を取るという事実を嫌でも再認識してしまいますね(汗)

 そして、あくまで時系列の違う別作品とされているエンジェルハートではこの世を去っている香を思う時、何だかっ切なくなってしまうのは自分だけなのでしょうか…元気いっぱいハンマーをふるっている彼女を観ると何とも言えない気持ちになります。

 今回興行収入も良さそうですし、今後TVスペシャルとしてルパン三世のように定期的に作られる可能性も?もしそうだったら、ダンナが大喜びしますので是非お願いしたいです(爆)

コメント

劇場版「Fate/ stay night [Heaven's Feel] Ⅱ.lost butterfly」観てきました。

2019年01月28日 20時27分16秒 | 劇場版アニメ鑑賞記録
 パンフ無くて涙…一昨日からわかっていましたが…地方でもFate人気強しといったところですね(汗)。FGOも大人気ですし…仕方ない。やはり公開してすぐに観に行かないと。

 Fate桜ルート第2章です。アンリマユついに目覚めます。桜がブラック桜に覚醒します。ゲームプレイ当時、あの黒い包帯(リボン?)を重ねたようなビジュアルがめっちゃ怖かった記憶が…。

 桜の幼少時の蟲さんぞわぞわはさすがに映像化しませんでしたね。だって気持ち悪いですから(それやったらPG-12ですらなくなる)。桜が徐々に本来の姿?に変わっていく過程を悲しくも丁寧に描いていて桜ルート、ヒロインは桜、というところが前面に押し出されていたのは良かったです。そして衛宮家に集まる女子達、の構図はどのルートでも定番、わちゃわちゃ感がなんともほっこり。ああ、桜は全然嬉しくなかったでしょうけれど(汗)

 藤ねぇ、ワンシーンながら重要なセリフを優しく桜に語り掛けるところの回想が可愛かった~。若き日の藤ねぇはゲームではたぶんイベントCG無かったので。

 苦悩する士郎は心揺れ動きまくりでした。正義の味方とは真逆の行為をもしかしたらしなくてはならない訳で。それでもちゃんと最後は己を貫くんですけどね(ゲームプレイ済み、うろ覚えですが)。その貫き方が桜ルートならではなので、第3章が楽しみです!!まだ1年先か…(汗)

 パンフはいつかどこかの機会に見つけたい…(諦め悪い)
コメント

「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰」観てきました

2019年01月26日 20時46分30秒 | 劇場版アニメ鑑賞記録
 地元映画館でも上映があるのは有り難い!という訳で上映回数が減る前にと早々に(爆)ダンナと観に行ってきました!



 今回の中編3部構成は、サイコパスが刑事ドラマの一面も持っている点からするとちょうど良い長さでした。日本のにしろ海外のにしろ、TVドラマは1時間弱ですし。

 事件発覚から解決(?)までをテンポ良く見せてくれてなおかつ、キャラクターの成長や作品世界の変わらなさ感(無常)などをしっかり描いていました。アクションも満載でハラハラドキドキもたくさん!

 メインの二人、霜月と宜野座についてですが、霜月はTV版2期での異常なまでに尖った性格がいくらか丸くなり嫌味っぽい部分が薄くなりました。これにはダンナが「キャラ改変?」と疑うくらいのレベル(苦笑)。己の正義感への信頼は揺らぎが無い一方、人の話はそこそこ聞けるようになっていた様子。しかしよくあれだけ感情の起伏が激しいのに犯罪係数上がらないものですね…性格と係数は関連性無いんだとわかりつつも疑問(汗)

 宜野座は、作を重ねるたびにどんどん性格が丸くなっています。征陸お父さんにますます似てきた(笑)。かくまわれていた施設の子どもを体を張って守るところ、そして最後、力也さんのキャラクター(名前忘れた/おい)との肉弾戦など、彼の前からいなくなった父親、そして相棒をリスペクトするかのような言動。監視官時代には受け入れていなかった諸々を自分のものにしていて、とてもカッコ良いと思いました。

 ラストは、どんでん返しというべきか(予想通りの?)、犯人はシヴュラそのものでした、というオチ。まぁあれだけ大規模な廃棄物処理施設を運用するとなれば、国レベルですよね。(半)罪人を使って国の為になることしてるんだから良いんじゃない、という考えを、公安の論理でこらしめた、といったところでしょうか。勿論その程度ではシヴュラは揺るぎもしないんですけれど…。

 case2.も楽しみです!
コメント