Have You Ever Seen The Rain? 俺とバーガーのコラボ

2019-08-19 | Weblog

バーガーと言うチームメイト、私と彼は時々ジムで会うギャングみたいなやつらが大嫌いだった。彼がトレーニングでよく聞いてた曲がある。それは「Have you ever seen a rain」だ。実はこの歌はベトナムの雨のように降ってくる爆弾のことをうたったもので、反戦の意味をこめた歌である。不謹慎であるが聞きながら、私はあのギャグみたいなやつらに「Have you ever seen a rain(雨を見たかい)」と言ってぼこぼこにしてやったら気持ちがいいのになあと思っていた。ある時彼にそのことを言ったら、そりゃおもろいわと、この曲が流れると少しテンションが上がって、さびの部分を歌いだすようになった。「I want know have you ever seen a rain. I want know have you ever seen a rain. Comin down on a sunny day」と、そして時には私もつられて歌い、彼が途中でイェーーっとシャウト、いつかはボコボコにやったやろうぜと共感し、コラボする。もちろん怖い人たちなので試合でのことだが、思い出の曲のひとつである。

8月15日は終戦記念日であったが、韓国では植民地から解放された日、私にとっては複雑な日である。私は戦争はいけないと言うよりも暴力はいけないと言う立場である。戦争で犠牲になるのはいつも女性や子供たちだ、それは暴力が支配するからだと思っているが、うちのクラブでは一番弱いと思われる立場や存在の人たちを一番に大事にする。そのことがうちのクラブ全体の益になることであり、うちのクラブの公共性を守り、ここに来ている人たちが平等に楽しくトレーニングできることだと考えている。男性中心しかもそれがDQNが集まると、暴力的なことを自慢しだす。試合は殺し合いだとか、武勇伝ややんちゃ話、自分は普通の世界では生きていないんだとこれみよがしにくだらないことをべらべらとみっともない自慢話を、そんな人間たちが中心だと言葉も次第に暴力的になる。そういう奴らが中心になると女性や一般の社会人は隅においやられて存在感がなくなってしまう、そういうクラブにしたくないというのが私の考え方である。
 
「しかし人間はオオカミとは異なり、理性を持ち備えている。だから秩序を持とうとするのだ。そうして社会を維持しようとする。しかし、その動機が自らを守るためだけであっていいのだろうか?もしそうだとすると社会は勝者のものだけになってしまう可能性がある。 中略 皆、社会へのかかわり方がどういう結果を招くのか、じっくりと考えることはないのだ。ここで明らかになるのが、一人ひとりに考える余裕のないことが、社会の崩壊を招いてしまっていると言うメカニズムである。これは何も複雑なメカニズムではない。ごく単純な話である。にもかかわらず、誰もそれをかえようとしない。そこでまた、危機の連鎖とも呼ぶべき悪循環が生じることになる」
これは先日購入した「公共性主義とは何か」と言う本の抜粋だが、公共性と言うものを考える時に大事なことはその群れの質である。群れに学力のひくい人間ばかりあつまると考え方が恣意的になってくる。勝ちたい、目立ちたい、人よりも上に立ちたいと言う考え方は否定する必要はないのだろうが、しかしそういう気持ちだけが強いとまわりをおしのけて自分たちだけのことしか考えないようになる。クラブと言うのは公共の場だ、公共であると言うことはその来ている人すべてが平等でなければならない。トレーナーを中心に試合に出たり、その取り巻きが中心で、試合に出ないと教えないとか、ダイエットや健康維持はお客みたいな扱いははっきり言って平等ではない。そういうDQNや取り巻きが好きにやらせてもらってまーす。楽しく自由にやらせてもらってまーす。と言うのは平等でもなければ、公共性のかけらもない。公共性を考えると言うことはそこに集まってくる人たちひとりびとりのレベルの問題でもあり、日本語で「おかげさまで」と言う言葉があるが、我々のように社会人が集まるコミュニティは他者との相互関係を考えて、みんなが気持ちよくこのクラブでトレーニングするために、時にはゆずったり、多少は人のために犠牲になるということも必要不可欠なことであり、そのことによってクラブ全体が健全に機能するのだ。例えば女王様も自分が練習にならないからと言って拒むと誰もそれをやらなくなることもある。うちのクラブはむしろ常連の人たちが女性に楽しんでもらえるようにとすすんでさそってやってくれるし、サンドバッグを譲ってやったり、ロッキー大会はみんながおわった後にとか、うちのクラブは常連になるにつれ自然とこのような譲り合いができる。そしてその譲り合いや奉仕の精神は人との相互関係の中で自分を見ているからであり、公共性を考えてクラブをよくしたいと思ってくれるからだと思う。
 
自分たちは特別なすごい世界で生きて来たんだなんていきがったことばかり言っていない。殺し合いだとかではなく、我々のように直接、暴力を表現するのではなく、アイロニーやジョークで物事を表現する。そういう頭をきたえることも大事なことだ。
 

 


母音が強すぎる

2019-08-15 | Weblog
週一で外国人に韓国語を教えている。上司がHapaで韓国との取引があって必要だと言うことで教えているが、韓国語を教える時に最も重要なことはどういう順番で教えるかと言うこと、まず発音を教えて、読み書き、そして文法を教えるのだが、文法もまず教える順番があって、ただおぼえればいいと言うわけでもなく、応用をきかせるためにはおぼえる順番があるのだが、韓国語は学習する上ではテキストブック選びが重要であると言うことだ。話は発音の話になるが、韓国語の読み方をおぼえたら、時々習った発音とは違う発音に出くわす。よく聞くのが네の発音の仕方、これはそのまま発音すれば「ネッ」しかし実際は「デッ」と聞こえる。韓国版のちびまるこちゃんはよく「デーッ」と言っているシーンがあるので笑えるが、さらにこの前言っていたのはパラマ(風が)がアラマに聞こえたと言うのだが、これはたぶん韓国語では濃音や激音以外の子音は強く発音するが、しかし平音では子音よりも母音の音のほうが強く発音するのでネッのnの音よりもaの音、そしてparamaのpの音よりも次のaの音のほうを強く発音するからそう聞こえるのだと思う。

語学を勉強することはスポーツを競技する人間、そして特にそれは管理者には必要なことだ。単純に言って3か国語を話す人間と母国語しか話せない人間では語彙力に差があるので、考え方に差が出てくる。前にも言ったが大学の宗教学科や哲学科でははじめに徹底して語学を勉強するのは考え方の幅をひろげるためだ。同じ文献でも日本語で読むのと英語で読むのとさらにドイツ語で読むのではニュアンスが違う。私が学生時代よくやったのはその重要箇所を理解するために英語、日本語、韓国語、そしてさらに原書を並べて書いて比較することである。比較して読んでいくと、ほぼほぼかわらない箇所もあるが、しかし原書を基準にして比較したらあっここ英語では受け取り方が少し違うとか、日本語ではこういう言い回しがないんだと言う個所も出てくるのだが、そういうことをすることで、イマジネーション能力が上がって、理解力が深まる。スポーツでもそうだが何事にも基本と言うのは存在する。語学を学ぶと言うのもある意味、その思考能力をあげたり、理解力を深めるための基本であると言ってもいいだろう。スポーツ指導者は多くの人間の個性を大事にし、ひとりびとりを尊重していかなくてはならないのだから、しっかりと考える力を養って、理解力を深めてインテリ層から子供や学生に至るまで、その人ひとりびとりに向き合って、ひとりびとりを理解し、尊重していくことが求められるだろう。私の感想では日本のスポーツの世界は兄貴や上官的な人間は多くいるが、理想的な指導者はあまりお見受けしない。深く考えることは少ないボキャブラリーや知識をもって悩むことだと勘違いしている人間がいるが、考えるためには方法論が必要だ、どう考えるかと言う方法論を持たない人間が人に考えろとか、俺には哲学があるとか言わない方がいい。本当にその群れの質をよくしたかったら、何々しろとか、何々するなと言う動物園のルールではなく、考える力を養うことが必要だと思う。


その時時間が少しとまった Like being shot with a stan gun

2019-08-13 | Weblog
「それって名前」
大学生を中心のハワイ研修に引率で行った時の話。幼稚園や小学校、そして学童保育のような所を見学したのだが、現地の6歳ぐらい?の女の子がついてきた。彼女は私の恩師の奥さんになついているようで、学校見学ツアーにいっしょについてきていた。彼女はアメリカ人のハーフで、青い目をしていたが、一応両親のどちらかが日本人なので、日系人で日本語が話せた。時々芋虫を見つけたりしたら「あっキャタピラだ」と英語が出てくるけど、しかし基本的には日本語がべらべらで、普通に会話できる。私には同じようなにおいを感じるのか、結構この子に気にいられているのか積極的に話をしてくるのだが、話しによると日本にはおばあちゃんがいるらしく、彼女は時々そこに行くそうである。さらに話を聞いてみると、彼女は小さい時(たぶん3歳ぐらいまでだと思うが)そこにいて、ちゃんと日本名があるらしく、日本ではその名前で呼ばれていると言っていた。私は「へえっじゃあ君は日本の名前があるんだ」と言うと「そうあるよ」と答える。「じゃあ教えてよ」と聞いたら、とんでもない答えがかえってきた。
「あのねっ、私の名前はちゃかちゃんねーちゃん」「はっ.....いやいや名前だよ。名前はなんて言うの」「だから私の日本名はちゃかちゃんねーちゃん。だっておばあーちゃんの家でそうよばれるんだもん」
この名前に一同ドン引きであった。最近DQNネームなんて、わけのわからない名前をつける親がふえてきているが、まさにこれはその領域をはるかにこえている。もし彼女が日本国籍を選択していたら、間違いなくいじめにあうであろう。
しかしすぐに恩師の奥さんが、実はこの子はさやかという日本名があって、日本に行った時に向こうの家では「さやかちゃんねーちゃん」と言われるので、それをちゃかちゃんねーちゃんと聞き間違えているらしい。と説明してくれた。
こう説明されると思わずああそうかと納得するのだが、しかしもし本当に彼女の名前がそうだったらおそろしいことである。

「ハイデガーと犬」
親しい韓国人の後輩に「時間は人間だけがもつ感覚だ。だから人間だけが時間は永遠ではなく、人生におわりがあることがわかるとハイデガーの話をしたら。その後輩が「お兄さんは犬になったことがあるのか。犬になったことがないのになぜ犬の気持ちがわかるのか」と言ってきた。その質問に何も答えることはできず。ごもっともですと言ってしまったが、たぶんハイデガー先生もこの彼女の言葉には何も返すことはできないだろう。




仕組みを考える

2019-08-07 | Weblog
この前あるユーチューバーの動画を見ていた。なんとなく私が普段言っていることと同じようなことを言っているので共感を持ったが、彼がその投稿で学力格差について語っていた。学力があるかないかと言うのは物事を理解する上では必要なことだ。でもその学力はただ単に求められた答えを出すと言うことではなくて、思考するために必要な学力だ。これからは思考できる人間と思考できない人間との間に差が出てくると思う。答えを簡単に与えてくれる世の中の仕組みは、考えてその仕組みを理解したりつくったりする側と動かされる側がはっきり分かれてくる。卑近な例で言えば法廷がまさにそう。その法廷の仕組みをよく理解している法曹関係の人間とそれを理解できない人間とでは大きな差がある。裁判などで弁護士などを雇うのはまさに彼ら彼女らがその仕組みを理解し、そのための勉強をしっかりとしているからである。思考できない人間はその仕組みにとりこまれて利用される。それを利用か安定か考えるのは人それぞれではあるが、one of themになりたくない、自分がやりたいことや独創性のある仕事をしたかったらきちんと学校に行って必要な勉強をする。動かされる側ではなく動かす側になりたかったらきちんと正しい意味で学力をつけると言うことである。

必要な勉強とは考えるための基礎となり土台となる勉強だ。学校の勉強はもちろんのこと、大学などでの専門課程の勉強をしっかりとする。私は哲学や宗教学を勉強したが、哲学や宗教学の勉強は医学部が数学や物理などを徹底的にマスターするように、まず語学を徹底的に勉強する。ラテン語、古典ギリシャ語、ドイツ語、毎週動詞や名詞形容詞などの活用の小テストを受けるのだが、特に古典ギリシャ語などは文字自体が違うのでかなりきつい。でもそれをマスターするとかしないにかかわらず、語学を勉強したら間違いなく物の見方がかなりかわる。一つの見方ではなく多面的に考えることができるようになるということだが、そういった学習が本当の意味で物事を考える基礎となり土台となる。そういう土台を頭がやわらかいうちに一生懸命勉強してつくることは大事なことだと思っている。いくつか言葉を理解し、専門の勉強をしてきた私がこれだけははっきりと言えることがある。それは何があっても決してまわりに巻き込まれて自分を見失うことがない。常に自分はどういう立場でどういう考えをもってこのことをやっているかと言う自信を持って行動できる。所謂考え方がぶれないということである。競技性を重要視しない女性や気が弱い人間、おっさんなどを中心に運営しているやり方は、いささかそれは異端児的なやり方であろう。しかしうちのクラブに来たらわかるが、みなさん生き生きと楽しそうにトレーニングしている。たかだかボクシングができるぐらいで威張るものもいないし、必死で目立とうとするような人間もいない。アホな先輩後輩のヒエラルキーなど存在しないし、女性や子供、はじめて来たような弱い存在の人には配慮して場所を譲ってくれたり、声をかけてくれたりするのだが、うちのクラブには他にはないやさしさがある。偉そうに言うがここでの仕組みをつくっているのは私の哲学である。これからもこのクラブがみなさんにとって大きな益となり、喜びとなり、楽しい場となるようにもっともっと学力を上げたいと思っている。




My funny stories

2019-08-06 | Weblog
「Bon dance fastivalで」
ハワイには盆踊りがある。だいぶ昔の記憶なのだが、私の記憶では7月から8月に毎週ぐらいやっていたのだが、そこには日本の屋台みたいなものから、ホットドックなどの店が出ていてかなりにぎやかだった記憶がある。ここには韓国人のジウンに誘われて、当時よく遊んでいた学生のグループと一緒に行ったのだが、そこで私が少しうっとうしいと思っていた男とある勝負をすることになった。ある勝負と言うのは金魚すくいだ。ハワイの祭りではなぜか時々出店していた。日本ほど本格的ではないが、1回やったら金魚の数に応じてチケットがもらえて、それを集めると景品がもらえるみたいなしくみであったと思う。そしてどういういきさつかはわすれたがその屋台を見て「お前俺に勝てるか」とその男に挑発されて「じゃあやったるわい」と勝負をすることになった。勝負は1分でどれだけ金魚をすくえるかということで競った。そして網がやぶれたらその地点でまけ。カウイパイポで私が先行。向こうの網はかなり雑で日本のものよりも頑丈で破けにくかった。おまけに箱がせまいのですくいやすい。こりゃいけると後半ピッチをあげて、結局私は15匹ぐらいすくえたと思う。たかだか金魚すくいごときだが、その男とはいがみあっていたので、正直こいつだけには負けたくないとかなり気合を入れてすくった金魚たち、俺の方が絶対有利だあんなどんくさい奴に15匹すくえるはずがないとたかをくくっていた。そして彼のターン。しかし彼は私の予想を翻してすごいペースで金魚をすくう「げげっこいつ常連じゃないのか、ここまでいけばプロじゃないか。」、彼はまだ30秒もたっていないのに10匹以上はすくっている。たぶん金魚すくいをやりなれているんだろう。しかし私が「うわっこりゃだめだ」と思った瞬間奇跡が起こる。なんと彼はその容器に水をたくさん入れていたので金魚を入れるたびにその容器がしずみかけていて、そして何かのひょうしにひっくりかえってしまったのだ。その時「あっあっあああーっ」とあわてて容器をもどそうとするが、時すでに遅し、その容器にいた金魚はほぼにげてしまったのだ。しかしそれでも「俺の容器には20匹ぐらいはいた」と必死でアピールする。沈まなかったら俺の勝ちだ」とかいろいろと負け惜しみを言っていたが「じゃあ数えてみろやお前の金魚」のひとことに撃沈、彼は勝てると思っていたのに結果がこうだったのでかなり落ち込んでいた。

「フェニックスって」
私はどちらかというとメンタルが強いと人から思われている。性格診断でもそういうことが必ずと言っていいほど書かれているのだが、この前あなたを動物に例えるとと言うのがあってさっそく診断、そうしたらなんと書いてあったか?答えはフェニックス、フェニックスって動物やないやんけ。あなたは持ち前の強さで何とかかんとか、でもはっきり言って強い人間なんていないし、私はよわい、よわすぎる。性格診断、押し付けんといてくれやと思う。


Karate kidから学ぶ日本人の精神

2019-08-06 | Weblog
私が好きな映画はKarate Kidだ。そしてその中でも2が私のお気に入りである。なぜお気に入りかというのはまず、その主人公が私のようであること。あまりぱっとしない平凡な主人公であるが、その主人公が日系人に出会って空手を通して鍛えられて成長していく姿がまさに私とジョージの関係のようであるからだ。私はジョージからボクシングを本格的にならったわけだが、その教え方はすごくユニークであった。おぼえているのはパンチのスピードをあげるためのトレーニングだと同じ日系人の合気道か何かの達人のじじい(いやおじいさん)を連れてきたことだ。じいさんの教えはトレーニングの前にフラフープを改造したものをまわせ、そしてじいさんが教えたへんてこりんな歩き方をしろと言うことだった。私はじいさんが言うようにトレーニングの前に約1時間ぐらいフラフープとへんてこりんな歩き方を実践、じばらくたって「よし、じゃあかまえてみろ」と言うことでかまえたら、ドンとじいさんがまだここがテンスしていないもう少しだとお腹をつく。突然ついてきたので、じじい何しやがんだと叫びそうになったが我慢、そしたらじいさんは私に「ピボットポイントはどこだ」と聞いてきた。「えーっと左のボールのあたりここがパンチをうつときのピボットだ。」と答えると私の頭をおさえて「そうだでも足じゃなくて実際はここだ」と、実際に頭をおさえられて「そうか軸はそこをおさえた時にかかってくる感覚だ。左足だけじゃなくて安定させるためには上から考えて軸を理解することなんだ」と理解した。その自然の原理を通して語るじいさんの教えはすごく合理的であった。この時合気道ってすごいんだと実感したが、実際にじじい(じいさん)の教えを守ってトレーニングしたら驚くぐらいパンチがはやくなって、私はこのパンチのはやさだけで勝つことができたと言っても過言ではないが、本当にじじいおそるべしであった。私はこの日系人によって支えられ競技を続けることができたわけだが、彼らはどこか余裕があって、すごく平和を感じた。試合で勝って思い切りほめてくれるが、負けた相手にも敬意を払う。それがジャパニーズ流だ見たいなことを言っていたと思う。

私はHapaであるが、実際、韓国人と日本人のコミュニティは考え方が少し違うと思う。韓国人は差別的なこともあったので、そうなったのだろうが、私はそのコミュニティでは「やられたらやりかえせ」そして「やるときは徹底的にやれ」みたいなことを言われ続けたと思う。まあ日本人にもこういう人がいると思うし、私の見た世界だけだが、しかし私が思った決定的な違いは日本人は人をゆるすことができる。日本人はゆるすことに関しては寛容だと言うことだ。それは欧米諸国とも比べてもそう言えるであろう。私がKarate kidが好きなもう一つの理由はこの映画が日本人的であるからだ。主人公は最初あらゆる手を使っていじわるされたり、妨害されたりするが、しかしそれでも正々堂々と戦って、そして勝っても徹底的にやらない、どんな相手でもゆるし、そして和解して仲良くなる。そういう平和と寛容さをあらわした映画でこれがまさに日本の武道の精神をあらわしているからだ。

もうすぐ終戦記念を迎えるが、この日は韓国は광복と言って光をとりもどした日、解放の記念日であるが、私はすごく複雑な気持ちになる。韓国は日本人が罪をおかしたと言っているが、しかしもしそうだったとしてもなぜそれをゆるそうとはしないのだろうか。確かにゆるすということはそうたやすいことではない。でも日本人は原爆を二回もおとされてそれをゆるしたのだからそれは本当に立派なことだ。ゆるすということは難しいことだ。しかしゆるすことができなければ前に進むことはできない。Karate kidではその相手をゆるし、和解し仲良くなるが、人はゆるすから解放される。そしてまたゆるされるから解放されるのだ。Karate kidは決して単純な映画ではない。まさにそれは日本人の精神を表現した映画である。

ハワイに久しぶりに言った時、アレンに私の学生時代の試合のビデオを見せてもらった。試合に勝ってリングからおりてきて、近づいてきたジウンに何かを言っているのだが、その目がすごく生き生きしていて、たぶんあんな生き生きした目はあの時代のあの時しかできない、本当に私はそこでの競技人生を楽しんでいたと思う。



금 남が持てる共同体

2019-08-05 | Weblog
自慢ではないが私はかなりの量の本を読む読むジャンルは哲学とか社会学そして心理学などであるが小説はほとんど読まない。たぶん私が小説を読まないのは小説を理解するセンスがないからだと思っている。本と言うのは理解するにはある程度センスが必要だ。特に何とか学と言うジャンルはそういうセンスがなければでたらめな解釈になる。じゃあセンスってなんだと言うと単純に言えばまずそのセンスを養うためには基礎知識が必要だということだ。欧米の大学はリベラルアーツをしっかりと勉強する。リベラルアーツと言うのは日本で言うところの一般教養、しかしそれらは日本のようにただ単位を取ると言うような過程ではなく、その一般教養を徹底的に勉強して基礎をしっかりと固めてから専門の勉強をする。当たり前だが大学の勉強は中学や高校で勉強するのとはわけが違う、そのため基礎知識と言うのが必要だからだ。大学の哲学科や宗教学科ではまず語学を徹底的にやらされる。原書を読むためにラテン語や古典ギリシャ語、ドイツ語やフランス語などを徹底して勉強させられるのだが、語学を学ぶと物事を多面的に見れるので考えるための土台が広がるのだが、これが物事を考えるうえでの土台となる。前に某大学の国際教養学科だかわすれたが、学生が授業について行けない教授の言っていることがわからないと言っていた。何がわからないんだと聞くとただ言っていることが難しいという。しかし話していてわかったことはそれを理解するための基礎がないということ。少しある事柄をわかりやすく説明したつもりだが、ところどころに出てくる用語がわからない参考文献が難しそうだと言う。その学校では最近の傾向に合わせて難しい内容の授業をしているそうだが、しかし学生のレベルと基礎を無視してそんな難しいレクチャーをしても本当に力になっているのかは疑問だ。全体的に学生の質をあげたかったらコミニティカレッジなどをつくったりして、レベラルアーツをもっとしっかり考えるうえでの基礎を磨き土台をつくる必要はあるだろう。

 韓国語で금 남(クムナム)と言う言葉がある。これは夢の木と言う意味である。若い人特に子供に対して使われる言葉で私の好きな言葉のひとつでもある。よくクラブなどで夢を持てという。そして程度のひくいクラブにありきたりなのがサクセスストーリーや成功者の話をすること、そしてひどい奴になるといかに自分は努力して勝利したかということを自慢げに語るがたいていは話を大きくしているだけ。言いたいことはお前らも死に物狂いで努力しろと言うことであるが、しかしこれではあまりにも稚拙で抽象的、ボクサーとか格闘家になるのだったらまだしもこういう稚拙な群れは決して教育的ではない。そういう方向に進むものはまずいないのだから、もっと子供や若い人の将来や成長を考えてその群れは有機的でなければいけないということである。
夢とか自分がよりよく生きていくためには、そういうせまい集団の中で稚拙な人間の話を聞いて刺激をうけることではない。私は夢を実現させたり人間がよりよく生きるためには、まず自分をどういう環境におくかが重要だと思う。うちのクラブはアドラー的だと言ったがコミュニティと言うのはどういう人間によって形成されているかが重要である。すなわちどういう群れにつながるかによって人間はそこから影響や刺激をうける。所謂人間が夢を実現させたりよりよく生きるためには、その群れの質が問われるということだ。うちのクラブではアウトローややんちゃですをお断りしているのは、こういう人間が何人か集まると同じような人間が集まるからで、こういう人間たちが集まる群れには本当の意味での刺激や成長はない。知的教養レベルがひくいともいえる人間が集まって武勇伝や自慢話を語って何の意味があるのだろうか。しかしまともな人間が集まる群れは有機的である。お互いがその存在を通して影響をうけ刺激し合う。若い人などは時にははじをかいたりすることもあるけども、そういう中でこそ自分を高める努力する力がうまれ、人間は成長するのではないかと思う。サクセスストーリーや自慢話は人間の見栄を助長させるだけで、決してそれは教育的ではないと思う。よくクラブなどで人間教育なんて言っている人間がいるが、しかしあいさつさせたり、目上の人間に服従することが礼儀や常識だなんて思っているような人間が何を教えるのだろうか。指導者によっては敬語どころかまともに日本語も話せないのもいる。まず自分がある程度正しい日本語を取得してから偉そうに言えと思うのだが、まわりの人間がそれなりのレベルなら自分の日本語が稚拙かどうかと言うことさえもわからない、アウトローややんちゃですが集まるとそういう集団になってしまう。やはりコミュニティに求められるのは質であり、その質は責任者の言葉にかかっていると思う。

추억만이 남아시간이 흘러지만(思い出だけがたくさん残り、時間が流れるけど)

2019-07-30 | Weblog
ハワイの気候はすごく穏やかで気持ちがいい。常夏なので暑いと言うイメージがあるが日本のようなじめじめとした暑苦しさはない、日陰に入れば快適である。私たちは練習の後よく行くところがあった。それはセブンイレブンである。ハワイにはセブンイレブンがたくさんあって、よくそこではお世話になったのだが、そこにドリンクの持ち帰りコーナーがあった。そしてそこにスーパージャンボカップサイズと言うドリンクのサイズがあるのだが、そのサイズはおおよそ子供の遊具ぐらいのバケツを少し大きくしたぐらいのサイズでかなり大きく、たぶん日本人だったらひくぐらいの大きさである。そのサイズを私たちはそのセルフのコーナーに行って選び、おのおのがお気に入りのドリンクを入れて購入、そしてみんなでぐびびーっと飲む、それがたまらなくおいしくて練習後の楽しみのひとつでもあった。
私の学生時代の楽しかった思い出はたくさんある。でも思い出は一人でつくるものではなくて人がいてそれは思い出になると思っているが、私の場合は本当に恵まれていたと思う。前に私は運動をしたかったができなかったといったことがある。それは日本のクラブ、いわゆるスポーツがあわなかったからであり、こんなところでやっても意味がない、あほらしいと感じていたからだ。私が経験した海外のボクシングは自由であった。意味もない礼儀や人間関係を強要されることもないし、そこには気をつかわなければいけない人間もいない、人間関係やまわりを気にすることなくただ相手と対戦して勝敗を決めるそういう平等なスポーツであるボクシングに魅せられていたことは確かなことで、本当にそこでは生き生きと競技出来たと思っている。
思い出すのはあるギャングみたいな人間がいるチームと対戦した時である。日ごろからマナーのわるい彼らに私とバーガーは露骨にいやな顔をするので、まわりがビビって刺激するなとよく言われていたが、ある時私がこいつらのひとりと戦うことになった。日ごろから私たちは嫌っていたのでこの時ばかりと気合が入る。そして案の定思い切り打ち合いに、トーナメントでもないのにここまでやるかというぐらいなぐりあって、そして結果私の判定勝ち、リングから降りて来た時は大した試合でもないのにすごく盛り上がって、おそらくまわりは何をそこまで盛り上がっているんだと思っていただろう。しかしそういった一見いがみあいのようなうちあいであったが、試合後にその相手と目が合った時相手がにっこりと笑った。たぶんそれは私に対するリスペクトのしるしだと理解しているが、現にその後彼らの私たちに対する態度はかわった。少なくとも練習場であっても我々を無視して自分たちの気に入った音楽をガンガン鳴らすということはなくなったと思う。
これは私のモットーだが、スポーツ特にボクシングは思い切りやるからレスペクトと言う言葉が生れる。だから遠慮してはいけない、思い切りトレーニングして、全力でやるからこそそこで得るものは大きいのだ。
私の競技人生はすごく楽しかった。リングでは悔しい思いもしたし、民族が違うから多少のいがみ合いもあったことは確かなことだ。そしてたぶんそこはうれしいことよりも悔しいことのほうが多かった場所であったかもしれない。でも私はその自由な場所で思い切り自由に競技出来たと思う。そう言った思い出を今この年になって思い出し振り返る。추억만이 남아시간이 흘러지만(思い出だけがたくさん残り、時間が流れるけど)それらはすごくいい思い出でそれらは私の年輪になっている。思い出はこれからつくれるから思い出だ、若い人も年配の人もたくさんここで楽しい思いをしてそれが思い出になったらいいと思う。

試合後あまりにもうちあったために私の目がはれて全体が黒目のようになりエイリアンとまわりに揶揄されたが、次の日エイリアンアタックじゃと水鉄砲で乱射してやった。





スポーツの理性

2019-07-28 | Weblog
決勝か準決勝でエース級のピッチャーを投げさせなかったということが物議をかもしだしている。私自身はこの判断は適切であったと思う。投球数が多かったら肩のことを考えて休ませるのが指導者として当たり前の行為だ。あれだけ激しい大会のしかも夏に連投させるのは肩に大きな負担がかかかる。おそらく医学的、あるいはスポーツ科学的に考えてもけがをしたり肩をこわす可能性がある。疑わしいことはしないさせないというのが指導者がしなくてはいけない配慮だ。勝ちたいという気持ちは競技者だけではない、もちろん監督もそうである。そういう中での苦渋の決断で、それが一生懸命やって出た結果ならばそれはそれで受け入れるべきだ。あまり野球を知らない私から見ても甲子園の連投は過酷、あれでよく肩がおかしくならないなあと思ってしまうが、私自身は甲子園にも球数制限と言うのを採用したらいいのではないかと思っているが、よくTシャツなどに全員野球と書いてあるのだから、それを9人だけが負うのではなく、本当に分担してやったらいいと思う。

私の見解ではスポーツなんて言うのはしごけばしごくほど強くなる。ボクシングは人権の疎い国が台頭してきているし、北朝鮮なんて言うのはまさにそうだ。人権の疎い国は欧米が子供のボクシングを問題視している一方、英才教育と称して子供のころから頭をバンバンたたくトレーニングをしているだろうし、北朝鮮に至っては人権がないので思い切りしごける。大事なのは人権をそこで重んじるかということである。「Dialektik der Aufklarung(啓蒙の弁証法)」でホルクハイマーは利益追求に結び付き目的達成のためだけに発展してきたヨーロッパの理性はファシズムや戦争の兵器開発の道具となってしまったと批判しているが、本来理性とは善悪を判断するもので、言葉をいいかえれば核を作る技術ではなくて、それをつくっていいかどうかと言うことを理性を持って考えることである。スポーツも然り、ただ勝てばいいとか、強くしたらいいなんて言う考え方は本当に競技者のことを考えているとはいいがたい。監禁状態でそれだけに集中させるなんて言うのは人権蹂躙だし、未だにしごきも本人たちが納得したらしごきでなくなるわけだが、そういったことを強くなればいいんだという自分たち中心の考え方や小さい世界からではなく、物事をもっと一般化して考えることも大事、ボクシングは小学生から頭をたたくような行為をしていいのかということを強くするためにと言う理論ではなくて、本当にその子供たちの将来のためにいいのかわるいのかということを医学的、そして倫理的に見て判断するための理性が必要であろう。監督や管理者と言うのは理性を働かせなくては本当の意味でいい環境をつくりだせない、監督や管理者は競技者の今、そして近い将来、未来をよく考えた上で何が正しく必要なことかと言うことを決断する責任と義務があると思っている。

CNNの記事を見て

2019-07-24 | Weblog
FacebookではCNNのニュースをタイムリーで流しているのだが、昨日海外でボクサーの死亡事故の記事が掲載されていた。記事は当たり前だが英文であるが、その記事の1文である。It added that Dadashev had to be placed into a medically induced coma after the operation in order to allow the brain swelling to subside.特に脳がふくらんでる症状っていうところがひっかかったが、これって試合だけでおこることなのか、私は専門ではないので聞いてみなければわからないが、おそらくそれは試合よりもむしろトレーニングの仕方に問題があったんじゃないかと思っている。
私の見解では日本と私の経験した国のボクシングでは少しトレーニングに対する考え方が違うと思っている。まず日本は何をするにも力を入れすぎ、私から見たら根性論的だ。スパーリングと称してガチで思い切り殴り合いをするのは危険だ。中にはカーッと来て敵意むき出しでなぐりかかっていくのもいるが、そういうはげしいうちあいをして脳にダメージをうけないはずはない。さらに平気で未成年に10キロ近くの減量をさせるが、こういう成長期にいくら本人が望んだとしてもさせるべきではないが、そういう状態でスパーリングやはげしいトレーニングさせるのは非常に危険であるということは素人でもわかることだ。一方米国は日本のようにはげしいうちあいをするということはない。向こうはどちらかというと実戦が大事なので、試合は日本よりも圧倒的に多いが、しかしトレーニングでけがをしてはもともこもないということで、はげしくうちあわないマスボクシング程度のコンタクトトレーニングである。私が競技したところでは練習中に鼻がおれたとか、眼帯骨折をしたとか、そういった類のえげつないけがをすることはめったになかったが、いくら試合ではやくとめるかということよりも危険性を回避するためにトレーニングの段階で指導を入れるべきだと思っている。鼻がおれたとか眼帯骨折したとかというような危険なスパーリング、所謂けんかごしのスパーリング、強いダメージをうけるスパーリング、無理な減量は、いくら試合に勝つためだと言っても医学上問題だということであれば厳しい指導を入れるべきであろう。さらにケガをしたりケガをさせたりするのを当たり前のように思っているような人間もいるが、しかしそういったことがないように十分注意する。そういうことが起こりにくい環境をつくることが管理者に求められている。うちでは武勇伝ややんちゃ話を得意げに話すような人間は不適格な人間とみなしているし、おら行けとかスパーリングで煽るようなことはしない。そういう人間を認めたらクラブは暴力的になるし、見栄をはろうといいところを見せるために自分よりも実力のない人間をボコボコにしかねない、自分が一番すごい自慢をするバカも出てくるだろうし、そういう人間が集まれば暴力的なジムになる。まわりが安全に楽しくボクシングしてもらえるような管理の仕方をするのが管理者の役目だと思っている。



God save us.

2019-07-22 | Weblog
韓国に송소희という若い民謡歌手がいる。前から思っていたのだが、彼女がすごく私の親しかった友人に似ている。特に力強い目はすごく似ていて、彼女の子ではないかと思っていた。でもこの前親しい後輩にその話をしたら「お兄さん彼女はたぶん整形してますよ。多分目はそうだと思うけど、動画かなんかで比べてみたらいいですよ」だって。私は思わずえっとなってしまったが、さすが整形大国、これからはなるべく原型を重視してこのような思い込みはしないようにしたい。その私の友人はビジネスが専門、すごく流暢に3か国語を話す。日本語にいたっては母国語でもないのにすごく流暢で日本や韓国のこともよくわかっているので在日韓国人ではないかと思ったが、しかし彼女はハワイ生まれのアメリカ系韓国人2世である。私はよく彼女と議論をしたが、その度けちょんけちょんにやりこめられた。少し自慢になるが私はその彼女に勇敢だとほめられたことがある。どう勇敢かと言うのは、日本人の男は女性に意見されたり何か言われると傷つくらしく、そういうことが苦手、所謂女性に言われなれていない人間が多いらしい。しかし女性が意見しても何を言われても動揺することなく聞いて自分の意見を言ってくるのはある意味勇敢だ、心が強いと言っていた。

私が嫌いと言うか信用できない人間は、その群れの中でしか自分の言いたいことが言えない人間である。たぶん女性に意見されるのが苦手慣れていないというのはある世代から上の人たちに圧倒的に多いと思うのだが、そういう人間たちが牛耳る組織は極めて保守的、おまけに英語など語学力がないと理解している。スポーツの集団特に格闘系はこの手のタイプが多いのではないかと思っているが、ジェンダーや国籍などの枠を取っ払って平等にするというのは、ただ口で言っているだけではだめ、実際にスタンスをひろげて話をしなければわからないことや理解できないこともある。私自身も彼女と話をして外国人として気づかされたことも多々あったし、ジェンダーやそして発展途上国の立場などいろいろな観点から物事をみさせてもらうことができたと思っている。よくスポーツは平等だというがそれはそのスポーツ組織においても同じこと、スポーツと言う場はすべての人が活躍しなくてはならない場なのだから、我々はもっともっといろいろな国や相手の立場を知ってそれを受け入れなくてはならない、そのことは世界が身近になりひろがっている現代社会において求められていることだ。

日本人がかわっていると思うのは、組織をつくるとき同じ学校や仲間で集めること、私がもし新しい組織をつくるとしたら、まず英語が話せる人間、国立大学出身者、脳外科のDrなどを優先して変革、刷新を計るが、日本人の場合は組織を機能させるというよりも仲間集めにしか見えない、村社会の延長で村長がかわった程度だ。
アーミッシュや厳格なユダヤ教徒はひげを戒律によってそらないし、イレズミ等も民族によっては文化的な事柄である。何が言いたいのかと言うとボクシングは平等だ。だから原点に返ってもう少しものさしを広げて考えてみるのも大事だ。あまり価値観がせまいとそれをする人間は疎外感や窮屈さをおぼえてしまう、リングはすべての人間に開かれているというのが私の考え、マイノリティの私が救われたのもキャンバスの上では誰もが平等だったからで、どんな人間もそこではボクシングを競技する権利はあるのだ。確かにうちのクラブは社会人中心なので絶対にDQNお断りだが、しかしジムが特定な人間をわけがあって拒むのとボクシングが人を拒むのとは意味が違う。私なんかはむしろやんちゃとかいきがっているやつを逆にボコボコにしてやるぐらいのほうがおもしろいと思うのだが、ボクシングは誰にでも極力そのリングに上がる権利を認めなくてはならない、どんな人間でもリングに立てば同じ、だからこそそこは神聖な場でありうるのだと思う。
考え方やものの見方を広げることは自分の理解をこえてそれを認めなくてはいけないからたいへんなことだし、勇気のいることだと思う。でもそれでもボクシングは平等だという精神に立ち返ること、そのことによって私が救われたように多くの人間が救われると思う。


進んで嫌われる

2019-07-21 | Weblog
人間には当たり前だが、いいところとわるいところがある。まずその両方を知っていいところを徹底してリスペクトする。そしてわるい部分を出せないようにすること。それが私の育成論である。事実私はここにきた人ひとりびとりのリスペクトできるところをよく見て、リスペクトできるようにしているが、人間は必ず自分にはない秀でた素晴らしい部分がある。そのことを徹底して認めること、本当に心からそうすることができたら人間はかわることができる、そして自信を持つことができると信じている。しかし人間はただ素晴らしいところを見てそれを称賛するだけではダメ、私の場合はコミュニティを考えてそれが全体に機能するように、その人間のもつわるい部分を徹底的に出させないようにしているが、本当に人をそこで生かしたいと考えるならば、人間の持つわるい部分に関しても徹底してきびしく接することも必要であり、時には大いに自分から進んで嫌われるのも管理者の仕事だと理解している。

私がよく占い系の診断でよく出てくるのは考え方がぶれない、ぶれないからはっきりと意見が言えると言ったようなたぐいである。占いの類なのでどうかと思うが、しかしある意味あたっていると思う。そしてそのぶれない考え方は学生時代に思い切り議論して、自分の意見をちょんけちょんにされて、構築してまたけちょんけちょんにされての繰り返し、そしてそういう経験を通してはじめて自分の考え方になり、それはやがて自信のようなものになったのだと思うが、しっかりとした観察力を持って相手の長所を認め、ぶれない敬意を払うことがここでの人間関係をつくっていくことにおいて大事なことだと思っているが、本当にぶれない敬意を払うことで、人間は生かされ自信をたもつことができると思っている。
うちのトレーナーやサポートしてくれる人たちは本当に私にできないことをやってくれている。ある意味ここでは生き生きとそのギフトを十分に発揮して指導してくれたり、サポートしてくれている。その彼らには私は頭が上がらない、本当に心からリスペクトしていることは確かであり、そういう気持ちを感じとってくれているから、その素晴らしいギフトを発揮してクラブの雰囲気をよくしてくれているのだと思う。コミュニティ全体の雰囲気をよくしたかったら、人間の長所が出やすいコミュニティ、そういうコミュニティづくりを目指すべきだ。そしてそのためには管理者自らがひとりびとりをよく見て、心から敬意をはらうことが必要である。
私は思う。ほめてのばすとかサルに芸を仕込むのではないのだからそういう言葉はあほすぎる。人を認めるならば根本から思い切りその人を認めて敬意を払えということ、私の考え方では根っこをしっかり育てて自信をつけたかったら相手に敬意を払ってリスペクトすることだ。


슬픔 이여 안녕 悲しみよこんにちは

2019-07-19 | Weblog
キムナンドと言う学者がいる。ソウル大の哲学の教授で何回かNHKの白熱教室で取り上げられた大学教授である。日本人には知られていないが、彼はラジオで人生相談をよく持っている。
これはその人生相談で彼に対してよせられたハガキであるが、その手紙の内容は詳しくは忘れたが、その便りをよせたリスナーの家はまずしく病気の母親がいる。彼は本当は進学をしたかったのだが、しかしまずしさと母親の面倒をみなくてはいけないので、その夢を断念せざるを得ず、小さな工場に就職したらしい。
彼の生活は仕事と親の面倒を見るだけである。一体こういう生活のどこに幸せがあるのかという半ば彼に対する挑戦状のようなハガキが彼のもとに送られてきたそうだ。
それをうけとった教授は最初どう返答していいのかわからなかった。そして言った一言が「今おかれている境遇を受け入れろ。自分の人生を愛せ」と言う言葉であった。
これを言った時、は決してこのことが本当に正しいとか、それを彼に頭ごなしに認めろなんていう権利もない。そしてこういう無神経なことを言って、彼のことを傷つけてしまうかもしれない。そのことによってうらまれても仕方がないだろう。がしかしこれは自分が言える精一杯のことでそれが最も真実に近いのかもしれないと思ったそうだ。

しかしら何日かしてそのリスナーから返事が来たが、その手紙にはこう書いてあった。最初は彼はその言葉を教授から聞いた時はなんもわからないくせに何を言っているんだ、俺の苦労もわからないくせにと、その無責任とも思える言葉にひどく傷つき教授をうらんだそうである。しかしある時どういうきっかけけでかは忘れたが、そこまで言うのだったら、自分の今の境遇を受け入れそして前向きに生きていこうという気持ちがおこりそして努力したそうだ。前向きに考えては行ったものの自分の生活など一向にかわるはずはない、毎日がやすい賃金で働き、そして帰ると親の世話を見なくてはいけない毎日、しかしある時そういう生活を続けていく中でひとつ発見したことがあった。
それは苦しくても自分の人生を受け入れて前向きに生きようとする彼を見てまわりの態度がかわったそうである。そこから少しずつまわりの彼を見る態度がかわり、たいへんだねえ、それでも親の倒を見る君は本当に立派だよと言うように声をかけられ、少しずつでも変化があらわれ、自分の置かれている境遇を受け入れることができ生き方が楽になったそうである。

人間は不公平であるのは当たり前だ。人間はみんな平等だなんていう言葉があるが、しかしこういう言葉は嘘であることは間違いない。間は生まれた時から能力差というものがあり、その努力の量も限られてくる。それに裕福な家に生まれるか生まれないかと言うのも、運命次第である。しかし大事なことは自分の人生を受け入れることだ、自分の受け入れ方がかわればものの見方がかわる、自分の生き方を肯定できるかできないかは自分次第で「ニーチェも人間が生まれてきたことの偶然性を知る、しっかり語る、しかしそのことでがっかりしない人間なんてつまらないとも思わない、偶然の世界と人生をありのままに受け取る、それが強い人間である」と言っているが、それができれば人間は自分の生き方に生きがいや幸せを感じることができると思う。
昔学生の時食事目当てで行っていたハワイの教会でこういう話を聞いた、それは「神は陶器をつくる職人で我々はその作品である」と言う話である。一見何のことかと思ったが、しかし聖書には神は陶器を作る職人で人間はその作品だと書いてある。それは何を意味しているのかと言うと、し神が陶器を作る職人であったならばその陶器が不完全だとすてられてしまう。しかしそれでも自分たちがそこに存在するということは神の作品であり、不完全ではないということだ、だから自分が今ここに生まれてきて、体験しているということはすべて意味のあることであるというたとえである。私はかつていろいろな境遇の子供を見てきたが、自分の運命を受け入れるというのは最終的には自分次第、そしてその自分の今の境遇を受け入れるか受け入れないかということで今後の人生が大きくかわってくると信じているが、自分もそうであったように、自分はここに偶然存在しているのではなく、どうであっても必然的に存在していると信じて生きる時、多少なりとも自分をかえる発見があり、前向きに生きることができると信じている。自分の境遇を嘆き悲しむだけでは後ろに下がっていくだけだ、どうせならばそれを受け入れて前を向いて歩いてい行く方がベターな選択だ。



 


当方儀礼の国と日出ずる国をなめんじゃねえ

2019-07-16 | Weblog
スマホの翻訳機能がだいぶベターになってきたらしい。でも韓国語はいまいち特に英語はカジュアルな言葉を好むので、翻訳機が言葉のおわりにヨをつけずにパンマル(ためぐち)になる。さらに何々くださいというのは直訳すると何々チュセヨであるが、しかし例えばピビンバチュセヨでは少し乱暴な言い方、これだとピビンバくれみたいになる。基本的にはチュセヨの前にチョム(少し)を入れるのが礼儀である。韓国語や日本語には敬語がある。特に韓国語は助詞にも敬語があるのだが、翻訳機をつかっているのかわからないが、しかし我々には敬語があって、それが正しくつかわれないと一人前ではないとみなされる。日本語や韓国語を正しく翻訳するにはまず敬語の概念がなければだめだ、そのことを理解して翻訳しているのだろうか。

これは私がまだ若いころ、関西国際空港からの帰りの急行電車での話、時間は10時半ぐらいだ、平日だったのでほとんど人がいなかった。発車と同時にひとりの女性が駆け込んできて私の前の席に座った。ガイドブックを見ている。一目で韓国人とわかった。しばらくして私のほうを見て言った「ニホンジンデスカ」「ええ、君日本語話せるんだ」と聞くと、わからないのできょとんとしている。こちらから話しかけてやるとすごく安心したように、ここに座れと私を隣の席によんで話しかけてきた。話によると彼女はどこかに行った経由で大阪に来たようでその経由の時間を利用して大阪で有名なお好み焼きを食べに来たのだと言う。こんな夜中にまだ二十歳ぐらいの女の子がしかもひとりでお好み焼きを食べに来るなんてにわかに信じがたいが、しかしコレアンは日本人が考えられないような大胆な旅行の計画をする。私は彼女に食べに行くって終電はどうするんだ、第一この電車でナンバに行けば関空までの終電がなくなるだろう」と言うと突然焦りだして「タクシーは大丈夫ですよね」と聞いてきたので「うんでもかなりお金がかかるよ」とにかく終点に近くなっていたのでとりあえず終点まで行って帰りの電車があればそれにのって帰ろうと言うことになった。しかし終電はないそこでタクシーにのって帰ることになった。そして私は彼女に「で君いくらもってるの」と財布を確認すると3000円ぐらいとあと少しの小銭と米ドルとウオン「3000円ぐらいじゃ帰れないなあ、ちょっと待って」と駅員のところに行ってタクシー代がいくらぐらいかかるか聞いたら当時15000円ぐらいかかると言う。「えっ15000円ですか他に何か方法は」と聞いたらサウナにでもとまったらどうかと言うが、しかしそれはできない、なんで俺が見も知らない韓国人にここまで振り回されなくてはならないんだと思ったが、仕方がないので「これで帰れるよ」と15000円を彼女に渡した。最初はすごくためらっていたが、しかしこんなところに置いていくわけにはいかないし季節は冬である。結局彼女はそのお金をうけとったが、お名前と住所を教えてくださいと聞くので「名前はウオンビン(当時のイケメンNO1俳優)だ、お金はいいからウリナラで日本人が困っていたら助けてやって約束ね、タクシーはそこから出ているからじゃあ」と言ったら、日本語で「アリガトウゴジャイマス。じゃあウオンビンシ」と深々とペッコプインサをしてタクシー乗り場に去って行った。彼女がペッコプインサをしたのは電車の中で私が女性のするペッコプインサは礼儀正しくて品があるから好きだと言ったから感謝の気持ちをこめてしてくれたと思うのだが、それにしてもマクドナルドのスマイル0円にたいしてペッコプインサが15000円だからかなり法外な値段であった。東洋の礼は西洋人にはない東洋人の素晴らしさだと思う。若い時は欧米人のようにふるまうことがかっこいいことだと錯覚していたが、しかし感謝の気持ちをこめて頭をさげてするおじぎは本当に相手の気持ちが伝わるものである。おそらくこの文化は西洋人にはわからないだろう。結局私はひとりの韓国人の女性を助けたと言うかホテルまで返したのだが、しかしこんなことを言っては何だがもし彼女がアメリカ人だったら同じことをしたかどうかはわからない。もししても事情を説明してお金は返してもらったであろう。なぜここまでしたかというのは彼女が自分の好みだったからとか、美人だったからとかそういうことではない。おそらく彼女とはどこかでつながっていると感じたからで、それはお互いが元をたどれば同じ人種であるからだ。日本と韓国は仲があまりよろしくない、しかし我々は共通する文化がある。深々とお辞儀をされた時に感謝の気持ちが伝わる。最近は韓国系の歌を聞いて感動すると言う日本人もいるが、日本人と韓国人はマウム(心)とカスム(胸)で気持ちや感情をとらえる。以前韓国人の恩やハンというのは自分が伝えたいのに伝わらないもどかしさの感情や気持ちだと言ったが、韓国人の歌を聞いてジーンと心にひびくのはその恩やハンを日本人は心でそれを受けとめそして胸でそれを感じるからだ。日本語でも心にひびくとか、胸いっぱいの幸せとか言う言葉があるが、英語の胸は空気をいっぱい吸い込めても気持ちや感情は入ってこない。すなわち西洋人と我々の心のとらえ方や感情のとらえ方が違うのだと思う。私自身は韓国と言う国は嫌いである。がしかし気持ちは伝わるのだからヒョンジェにはなれると思っている。

うちの子供によく言っているのは人種差別をしてはいけないだ。おそらく日本人の家庭でこういうことを言う親はほとんどいないと思っているが、しかしこれはこれからの日本にとって大事なことであり、こういうことを家庭でも教えていかなくてはならない時代である。

일쩨

2019-07-14 | Weblog
私が人を見る時ひとつの基準として見ているのが、その人間にはどういう人間が集まってくるかである。昔は少々わるかっても、今それなりの人たち教育レベルの高い人や責任のある仕事をしている人たちから、信頼を得てリスペクトされているならば、その人間は本物と言ってもいいだろう。一方同じような人間やそれ以下の人間しか付き合えない、そういう中であの人はえらいなんて言われるのはウジ虫がハエになった程度だ。私自身前者の人間をかなり信頼しているが、そういう人間は人をポジティブにさせる大きなエネルギーを持っている。

正直私自身もほめられた人間ではなかった。昔冗談で「俺がもし何かやって逃げるようなことがあったら、俺を見つけるのは至難の業だ」とあほ発言をしていたが、私の場合は言葉がわかるし、教育を受けているからたちがわるい。今からは想像できないが、たぶん私が道をはずしていたら要注意人物になっていたであろう。事実親が外国人だということは当時大きなディスアドバンテージだ。やくざとか暴走族とかいいとこ格闘家みたいなやつらが聞きたくもない武勇伝を語る、そこは見栄と虚偽の非常にみっともない世界だ。ジムでは私が弱い者の立場に立つ、暴力を徹底して排除するのはそういう世界を見て来たからだ。それでもそういう類のやつらと傷口をなめあって生きて行けばいいのだろうが、そういうことをしても先は見えている。ウジ虫がハエになってきたないものの上をぶんぶんと飛び回って俺は自由だ、これが俺の世界だと言ってもそこにあるのは一面Shit、まともな世界ではない。本当にまともな人間になりたかったら教育を重んじることだ。格闘技などで自信をつけるなんて言っているが、そういう自信はテンポラリーなもので、その世界でしか通用しない。そして教育を受けていなければそれはやがてコンプレックスにもなる。でも教育を重んじて教育を受ければそれは自信になるであろう。知識をたくわえて言葉をおぼえてまともな会話ができたら相手が自分を見る見方がかわってくる。忙しくて社会的に責任を持った人ほどどんなに忙しくてもその人に価値があると思えば、時間をつくって会ってくれるが、そのひとりになりたければ、しっかりとそこで教育を重んじて知識をたくわえ教養を身に着ける。ある意味相談される側の人間になることである。言葉をおぼえたり、本を読むということは決して無駄にならない、本当にその人の価値を高めるものだと思っている。私自身もまだまだもっとおぼえることも多いが、しかし教養を身に着けて言葉をおぼえることでたくさんの人と話すことができるし、自分の世界が広がって行くことがわかるであろう。

今日のタイトルは일쩨(イルチェ)である。イルチェと言うのは日本製とか日帝と言う意味。差別ではあるがうまいこといいよるなと思う。