意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

CO2 25%削減の家庭負担は?

2009年11月30日 | 自然・環境・エコ
政府のCO2削減タスクフォースの家庭負担の試算結果を非公開にするそうです。

「政治迎合は学者生命にかかわる」 温暖化試算、お蔵入りの背景は…
2009/11/29  
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/330075/

鳩山政権が国際公約に掲げる温室効果ガスの25%削減。その家計への影響を検討してきた政府のタスクフォース(有識者会議)が24日、試算をまとめたが、政府は非公表扱いとし、来年2月までの再試算を命じた。

報告書には、1世帯当たりで最小3万円から6万円、10万円、14万円…などと、さまざまな結果が羅列された。最大は76万5千円。前政権が民主党批判の材料とした「36万円」の2倍以上で、鳩山政権の意向に沿うはずもない。

■タスクフォースの試算

 2020年に温室効果ガス排出を1990年比25%削減する目標に関し、国内での削減と海外からの排出枠購入の組み合わせを4通り(25%と0%、20%と5%、15%と10%、10%と15%)設定し、1世帯あたりの可処分所得の目減りを試算。国内だけで25%削減の場合、16万~76万5000円と最大の負担。最小は「国内努力10%+排出枠購入15%」で3万~28万円。

・・・・。
最大76万円の家庭負担か・・・。
名前は言いませんけど環境副大臣は『36万円は嘘だ』といってましたよね~。
増えてやんの・・・。
まぁ、こういう場合の最大と言うのは現実的な数字ではないのですが、こういうときは半分の数字がだいたいの負担額です。
だから38万円くらいかな?
もっとも余り意味のある数字ではありませんが、それでも増えてやんの・・・。

しかも、試算結果が政治上不利になるから非公開だなんて・・・。
さすが脱税総理が指揮する内閣ですこと。
試算の意味ないじゃんね。
バカバカしい。
何回試算しても、結果は変わんないよ。
まぁ、数字を都合のいい数字に変えれば別ですけど。

それよりも、この問題で考えないといけないのは、『家庭負担』と言う嘘で、どんなことをしても、『総負担金額』は変わらないことです。
国内削減枠は基本的に家庭負担で、海外排出買取枠は税金・・・つまり企業が負担するのです。
最小3万円と言うのは、残りの負担を企業に課すだけでしょうね。
結局、誰かが払わないといけないのですけど、企業が払うのなら、企業は海外移転などをして人員を削減するでしょう。
大不況まっさかさま。
家計負担とか言うレベルを遥かに超えますね。

それなのに、我らが脱税総理は世界中に25%削減すると喧伝しちゃって・・・。
何にも考えてない思いつき内閣ですこと。
責任とって総辞職して欲しい。
コメント

JALの年金4,5%

2009年11月30日 | 社会
JALの年金が4.5%は高金利だから1,5%に下げたいと話題になってるみたい。
何でも下げないと国が救ってくれないから・・・らしい。

年間4,5%って大した金利ではないのですが・・・。
何年ものに渡る長期運用でしたら、普通、年平均5%は非常に堅いし、10%でも楽勝なんだそうです。
もちろん、これは平均での話。
去年ならマイナスでしょうが、これまでの積み重ねた利益を考えると耐えうるのではないのでしょうか?
それができていないというのは、どのような運用をしていたのでしょうね・・・。

だから破綻したといえばその通りでしょうけど、なぜここを問題にしないのでしょうね。
コメント

株価反動上昇

2009年11月30日 | 経済
今日の日経平均株価の終値 9,345 (+264)


前の日の-301円の大幅下げの反動なのでさして驚きません。
やはり、下がりすぎと判断されたようだ。

問題はここからどう動くか・・・。
パターンとして、このまま上昇するか、この数字近辺で動かないか・・・。
判断しかねます。

ここ数日の株価の暴落をみて、民主党が経済対策を『考えている』段階です。
遅すぎです。
さっさと出しましょう。
まだ考えている段階ですので、はっきりしないので、その辺りが見えるまで、市場は動かない方が可能性が高いと思います。

以上、ウソッコ株価予測でした。

・・・・民主党は何をするんだろう?
まぁ、順当にいけばバラマキでしょうね。
本当は、労働環境の規制緩和の方に動かないといけないんですが・・・。
それ以上に、経済の足を引っ張る対策をしそうで怖いのです。
コメント

かみ合わないスパコン議論

2009年11月30日 | 社会
スパコンの研究開発を中止するべきだと言う意見がある。
主に個人のブログ意見だけど。

曰く「日本のスパコンはコストが高くて国際競争力がない」
曰く「クラスターの方が安い」
曰く「海外から買ったほうが良い」
・・・などなど、だから中止するなのだ・・・だと。

その通りなのかも知れないが、これらはスパコンの価値の議論であって、『研究開発をしない理由』ではない。
そのため、議論が まるで かみ合ってない。

問題にするべき点は、事業仕分けのあり方でしょう。
「2位で良いではないか?」
と言う考えに反発があるのである。
こんなことを言い始めたら、全ての研究が「2位でよい」となり、研究開発事態ができなくなる。
そのため、これを発言したスパコン問題が反発の象徴になってしまったのだ。
その状況下で、スパコンの価値がどうのこうの言っても無駄でしょう。

そもそも論になってしまうが、この問題は本来なら、事業仕分けと言う目先の話ではなく『日本のグランドデザイン』という大局の話なのですが・・・。

それもわからずにスパコンの研究内容を論じる人間って、中途半端に知っている知識を開けだしたい、ただの知ったかぶりだと思う。
それか、知識が先行して正しい判断を下せないだけか。
どちらにしても、そういう人間の意見は信用しない方が良い。

・・・赤熊も気をつけよう。
コメント (1)

3ヶ月前の記事

2009年11月29日 | 政治
ちょうど三ヶ月前、総選挙がある前に書いた記事です。

___________________________
明日は選挙        2009年08月29日   政治

明日は選挙。

赤熊は何も言わずにニヤニヤと後ろで嗤いながら、死んで逝く人間に
「ほら、失敗した」と囁く趣味はありません。
必ず、警告をします。

民主党が政権を取っても、日本は迷走します。
なぜなら、財源がありません。
なぜなら、思想がありません。
なぜなら、主義がありません。
なぜなら、知恵がありません。
なぜなら、先見がありません。

今、手に入るだけの情報だけで分かる話です。
そんな政党が政権を取っても、未来がありません。

警告はしておきます。
苦言を聞かない人は多いでしょう。
いつの時代も苦言に耳を傾ける人は少ないものです。

でも、その投票に責任を持ってください。
もし、間違えたと分かったとき、どうやって正しますか?
赤熊は提示しておきます。
クーデター、テロ以外ありません。
粛々と受け入れてください。
___________________________

外れた方が良かったことだったのだけど、赤熊が正しかった・・・。

この後、日本はファシズムにおちいるんでしょうね。

最悪パターンだけは回避したいところだけど、難しいでしょう。
コメント

サーカスの終わり

2009年11月29日 | 報道・メディア
サーカスが終わった。

今はテントだけが残り、明日には片付けられ、旅に出る。

終わりはいつも物悲しいもの。

だが、大丈夫。

隣で新しいテントが建てられている。

明日にはサーカスがまた始まる。


事業仕分けと言うサーカスが終わった。

さて、次のサーカスの演目は何だろう?

直近の問題で言えば、
日米の外交問題、デフレと株価の暴落の問題、総理脱税問題・・・。

この辺りになるのだろう。

どの問題も、どうしようもない状態だ。

今後、どのようなサーカスが見られるのだろうか?

どの演目でも、日本が毀損されていくことに変わりはないが・・・。
コメント

支持率が落ちない理由

2009年11月28日 | 政治
鳩山内閣の支持率が落ちない理由をあれやこれやと話題にしている人がいる。

落ちない理由は『事業仕分け』が新鮮だったからだってさ。
・・・半分正解。

おそらく正答はこちら。
『振り上げた拳を下ろせないだけ』です。

選挙で民主党を選んだ人間が、2ヶ月で意見を変えることができると思う?
できないよね、自分の選択が大きく間違えていたことを認めるなんて。
人間は自己否定に繋がることは非常に苦痛なんです。
だって、『存在価値なし』っていわれているに等しいもの。

だから、何とか理由をつけて支持しようとしてるの。
その1つが事業仕分け。
これを「良かった、良かった」と言って自分を誤魔化そうとしてるわけ。
明らかに削減できずに失敗したことは認めてないでしょう?
曰く「透明化したことが素晴らしい」
曰く「自民党時代にはなかった」
などなど
擁護する人間でも「事業仕分けは成功だった」なんて言わないでしょ?

実際、内閣支持率が6割なのは、選挙の投票結果と符合する。
『民主:自民:その他』がそれぞれ『5:4:1』
つまり、6割の人間は『振り下ろせてない』ってわけ。
この支持率が正しければの話だけど。

単純にそれだけ。

でも、早く現実を直視した方が良いってことは確か。
見ないようにすれば するほど、対応が難しくなっていくから。
まぁ、こればっかりは解っていても できないんだよね~。

でも、誰か1人が振り下ろしたら、みんな振り下ろすんだよね~。
さてさて、いつになるかな?
コメント

事業仕分け・・・総括

2009年11月28日 | 政治
事業仕分けが終わった。

目標は3兆円だったが、結果は7500億円の削減。
しかも、この7500億円は本決まりではなく、スパコンやGXロケットなど復活するものがあるので、おそらく5000億円くらいになるのではないかと思う。
これなら民主党の新規事業を停止するだけで10倍以上の削減ができる。
明らかな失敗である。
赤熊は民主党の無能力でも、最低9000億円くらいの削減ができるだろうと踏んでいたが、やはり過大評価をしていた。

失敗した理由は明らかであり、過去に色々と書いた。
結論づければ、
事業仕分けをする前に、事業統合をしなかったことと、
どう予算配分するかの明確な指針がなかったことだろう。
2点に尽きると思う。

事業統合を図らないから400程度しか仕分けできないし、効率も悪い。
指針がないから、どうしていいのか判らず、無茶苦茶な理屈で削減する。
仕分け人の知性が高くなかったことも失敗の要因であろう。

本来なら、必要と判断すれば、増額も視野に入れて話し合わなければならないことなのだが、削減しか考えていないから、ただ削るだけ。
これでは国家のグランドデザインも描けず、ただただ縮こまるだけである。

それでいて、縮減できない巨額の予算95兆円とそれを補うための巨額の赤字国債50兆円規模の発行にどんな未来があるのだろうか?

かように、いくつもの致命的な欠点を抱いているのも関わらず、これを成功・評価できるという人間の脳みそには蛆がわいていることを疑わないといけない。
コメント

事業仕分け・・・マスコミの体たらく

2009年11月28日 | 報道・メディア
事業仕分けの報道がおかしい。

例えば、日本科学未来館館長の毛利衛さんに、
「事業仕分けで未来館が注目されて良かったですね」
といったコメントをしたのだ。

これには唖然とした。
ものすごく失礼だろう。
つまり、未来館は事業仕分けでもなければ、注目する価値もないと言いたいのだろうか?
本来ならメディアが率先して紹介して注目させる必要があると思うのだが・・・。

マスメディア的には価値はないのでしょうね。
CMを流さず、視聴率にならない・・・金にならなければ『いらない』ということだ。

メディアのおかしさは今更言うまでもないことだけど、
さすがに上っ面くらいを整えるくらいの矜持くらいはもってほしい。
よくメディアは電車内で化粧をしている女性を下品だと言い非難しているが、鏡を見、化粧をして上っ面だけでも整えている分、彼女達の方が上品ではないだろうか?
コメント

脱税総理の実母の十数億円

2009年11月28日 | 政治
脱税総理の実母が十数億円ものお金を渡して、脱税総理は知らないって・・・。

どんだけバカなのか?
バカ丸出しと言う範囲を超えている。
で、本人は
「ないと信じたい」だもの・・・。

・・・・。
それでも、この言い分を信じると実母と秘書が結託して脱税したってこと?
となると、実母の方が逮捕されることになるんだけど・・・。

とやかくは申し上げませんけど、今回もお母様が尻拭いをされるんでしょうね。
コメント

最大の支援は円安政策

2009年11月28日 | 政治
急激な円高を受けて、我らが脱税総理がまた たるいことを言ってます。

輸出企業支援策を検討=鳩山首相  11月27日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091127-00000136-jij-pol
鳩山由紀夫首相は27日夕、円高の進行について「輸出産業が相当な打撃を受けることが予測される。それに対する対策を、補正を含めて検討する必要がある」と述べ、2009年度第2次補正予算案や10年度予算案に、輸出依存型企業への支援策を盛り込むことを検討する考えを示した。
 一方で、首相は「国民も、無尽蔵な国債発行は、子供たちに借金を残してまで(はすべきでない)という思いは相当強く感じているから、そのことも重視しなくてはいけない」とも語り、財政支出の安易な拡大には慎重姿勢を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。


・・・・・。
この緊急事態にこの程度か・・・。
溜め息も出ません。

今、一番しなければならないのは、一刻も早く円安にし、輸出業者の収益を伸ばすことだ。
そもそも、円高を望んだのは脱税総理と元財務省の年寄りが主導してきたのだ。
その責任をどう取るんだろうね・・・。
まぁ、責任と言う高度な感情もないでしょうけどね。
コメント

株価は爆下げ!!

2009年11月27日 | 経済
今日の株価は爆下げ!!

日経平均株価 27日終値  9,081 (-301)

昨日、ウソッコ株価予測を出したけど、その通りになりました。
・・・まぁ、嬉しくともなんともないけど。
9000円を底にして、浮上するか、割るかですね。
さすがに下がりすぎだと判断しても良いけど・・・。
正直、現政権が何もしないので、それも危ういかな~。

ちなみにTOPIX(東証株価指数)も下げました。
これで、12日連続下げ。
12日連続下げは日本史上最悪で今回で2回目です。
前回は 1992年3月でバブル景気が終わって不況に入っていることを人々が認識し始め、経済企画庁も公式に認めた時期だそうです。

2ヵ月半で鳩山政権は経済破壊と言う偉業を成し遂げました。
お祝いの反対をしないといけないですね。
祝いの反対ってなんだろう?
呪いかな?

呪いで人が殺せたら良いのにね☆
コメント

国というものがなんだかよく分からないんです

2009年11月27日 | 資料室
昨日、国と言うものがわからないという脱税総理の言葉の前後の言葉がわからないが、善意的に解釈しても解釈できない・・・と書きましたが、政治記者、阿比留瑠比さんに前後の言葉が載ってました。

国を憂い、われとわが身を甘やかすの記
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/1339976/

≪私たちは、ただ政権交代がしたくて政権交代をしたわけではありません。やはり、この国の形を根本から変えなきゃいかん、そんな思いで行動して参った所でございます。私はいろんなご批判もいただいておりますが、友愛社会というものを実現をしたい、そのように思っております。それは、考え方などがいろいろ違っていても、それぞれむしろ違いというものを尊敬をしながら、違いを認め合う、そしてお互いに補い合う、そんな社会を実現をして参りたいと、そのように思っております。

 ということは今までのように、何でもかんでもいわゆる、国というものがあって、国というものがなんだかよく分からないんです が、国というものが力を持って、何でもがんじがらめで、地域を縛ってしまう、そういうやり方は一切やらないと。むしろそのように達している所でございます。それを私たちは地方分権というよりも、むしろ地方に権利を分け与えるという地方分権ではなくて、地域にこそ主権がある、地域主権の国造りに抜本的に変えて参りたいとそのように思っておりまして、だからこそ私はあえて所信表明の中で、国の政治の役割というものはさほど、むしろ大きくないものなのかもしれない。いやむしろその方が望ましいのではないかと、そのような事まで、あえてその時に申し上げたのでございます。

 地域主権、すなわち、地域のことは基本的に地域でかなえられるように、そのようにさせていただくというか、国というものはむしろ、ある意味で、皆さん方が地域でなさることをそれとなく、必要に応じて、それとなく支えることができる、そんな国と地域のあり方に変えていきたい、そのように思っておりまして、それを私たちはいわゆる補完性の原理に基づいて、国と地域のあり方を、むしろ地域があって国があるというような考えに基づいて、行動を強めて参りたいと、そのように感じている所でございまして、私たちは、地域主権を1丁目1番地の思いのように、歩きながらこれから新たな国と地域のあり方というものを、模索をして実現をして参りたいと思っております。≫

・・・・・・。
善意的に解釈しても繋がらないはずだ。

どう解釈したらいいんでしょうか?
自分じゃ、わからないから地方に丸投げしますで言いのかな?
それとも、国がわからないないから他国に渡しますでいいのかな?

さすが恵まれた家庭で育った脱税総理ですこと・・・。
国のトップがこれだから、株価が暴落するはずだ。
コメント

蛍光管型LEDリース

2009年11月27日 | 自然・環境・エコ
蛍光管型LEDって売ってるみたいだね。

お値段は何と、特別ご奉仕価格 1本2万1000円~。

って、買えるか!!!

W数や大きさ、会社によって違うんでしょうけど・・・。
普通の直管型の蛍光灯って500円くらいだよね?
この値段は・・・うーん。
いくら効率がいいからっていってもねぇ。

そこで、リース(貸出し)をやってるみたい。
ま、確かにこれだと、消費電力分で、賄えるんでしょうけど・・・。
どうなんだろう?
リースしているところのホームぺージを見ると30本で月々1万3000円だから、年15万6000円。
電気代が1本あたり、一月156円お得なんだそうだ。(1日14時間使用)
30本で4500円ほど得だから、年だと6万円くらいの得。
1年に1回蛍光管を変えたとしても30本で1万5000円だから年額7万5千円くらいコストが下がる。
差し引いたら、8万1000円。
・・・大体、1年間の電気代くらいだね。

得か損かの微妙なライン。
今より電気代が上がるか、24時間営業のコンビニなどなら収支はプラスになるとは思うが、休みが多かったり、照明を余り使わない事業所では損だね。
家庭では論外です。
1本2万円のものに補助金出してらお金がいくらあっても足りないので、リースに補助金をだして、普及させ、コストを下がらせるほうがいいでしょう。
あんまり補助金に頼るのもどうかと思うし、値段が安くなれば、補助金も切りやすい。

そうそう、それと冷陰極蛍光ランプ(CCFL)ってものがある。
CCFLっていうのはパソコンとかのバックライトなどに使われてるライトですね。
LEDと同じくらいの消費電力と長寿命で値段が半分以下なんだとか。
良くわかんないから、パス。
でも、一点だけ。
有害物質を含まないと言う観点も考えた方が良いと思うな。
コメント

さすが中国 CO2国際戦略

2009年11月27日 | 国際
中国がCO2の削減するんだって!!

で、削減量は40~50%。

すっごーい!!!

と思うけど、これ2005年比のお話。
今でも十分、CO2を出しまくりで経済成長をしているから、これからインフラの整備で効率の良い機械を導入すればいいから、特に苦もないわけ。
どこかの国の脱税総理は1990年比でした。
そてさて、どこから搾り出すのやら・・・。

さらに強かなのは、この40~50%の削減はGDP比なんだってさ。
つまり、GDPが増えれば増えるだけ排出しても良いってこと!!
中国の経済発展はめまぐるしいものがあるから、おそらく目標を守ったとしても排出量は増えるでしょうね。

それでいて、40~50%もの膨大に削減したと世界中にアピールできるってわけ。

したたか~!!
それに比べて、どこかの国の脱税総理ときたら・・・

あと、何でこの時期に発表したのかな?
小沢の600人の訪中団が12月に来ることがわかっているからだと言うのは勘ぐりすぎかな?
まぁ、どちらにしても、このときに日本の技術を渡せって迫るんでしょうね。

本当、したたか~。
コメント