意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

株価から見る民主党の無策さ

2011年12月30日 | 経済


これは赤熊が偶にしている過去の株価比較です。
日経平均とNYダウの過去5年分の週の終値をグラフ化したものです。(グラフが小さい場合は→拡大図

ちょど週末で年末なので、どのように推移したのかを出してみました。(※)

去年もグラフ作っても思いましたが・・・・・民主党になって、株価がダダすべりに悪くなっているのが良くわかります。

参照株価から見る政権後退http://blog.goo.ne.jp/matuba96/e/a80ba9180314aecf2795e6678d9e6bfd

世界経済が悪いから・・・と言い訳する人もいるかもしれませんが、日経平均株価とNYダウでは、元々日経平均株価のほうが上です。(単位の違いに留意。比率が悪化したということ)
そして、アメリカの経済・・・少なくとも株価はリーマンショック以前の水準まで回復していますが、日本経済は落ちていってます。

特に注目しなければならないのは、鳩山政権の終わりからずっとワニの口のように差がだんだん広がっていることです。
これは完全に日本経済だけが停滞していることを示すわけです。

民主党政権になって、経済は悪化しているわけです。

政権交代が一番の景気対策・・・と言っていたのはどこの誰でしょうね?
こんなクズに票を入れた人は今どんなお気持ちでしょうかね・・・。
踊らされたクズさんたちは深く深く反省してください。

それにしても、こういう風にグラフにすると一目瞭然にわかることがいくつもありますね。

例えば、東日本大震災で『大変だ、大変だ』と言ってましたが、株価の面で見ればそれほどのことではなく、リーマンショックが如何に酷かった事象かが良くわかります。
特に日本の実体経済にそれほど影響しなかったので、日本ではリーマンショックがあまり実感できないでしょうが、極めて異質な状況です。

そして、実体経済に影響が少なかったのは批判は多かったですけど麻生政権の経済対策があったからでしょうね。
その後の鳩山政権の半ばまで日本は回復をしていたのですから。

しかしながら、この時期に『政権交代・政権交代』と叫び、経済対策に賛成するどころか、邪魔をしていた民主党に政権を盗らせて・・・・・まぁ、言えこれ以上は言うまい。
しかしながら、こういうグラフがあの当時、流布していれば、今とは少しは違った結果になったのかな?
IFを述懐しても詮無きことですけど・・・・・。


※最終日のNYダウは明日の朝方にならなければわからないので、今日の終値で代用してます。
コメント (2)

離党者続出の民主党

2011年12月28日 | 政治
民主党から9人離党するそうです。
その目に1人離党届出してましたから、これで10人といったところです。
理由は、やんばダムと消費税増税の件らしい。

要は公約違反だからでしょうけど、だったらルーピーが辞めた時点で離党しろよ!!!
・・・・どうでも良いですね。

まぁ、それでも一応、簡単な考察をすると、
与党系が308人(10.19)ですから、そこから10人引いて、298人・・・。
フム。
衆議院の3/2ルールを使うには22人不足することになる。

で、公明党21議席、共産党9議席、社民党6議席、みんな5議席、立上がれ2。
あら、公明党だけでも足りなくなる!!(もっとも参議院で通せばいいですけど)

公明党が落ち目の政党に手を貸して自民の協力を得られなくなる愚など犯さないでしょうね。
となると、共産+社民で15議席では7議席不足。

まぁ、無所属が10議席ですからここに助力を得れば通せるでしょうけど、その協力が得られれば、こんな状態になってないよね・・・・・。
今は衆議院のみの離党者しか出てませんが、これから参議院の離党も出そう。

そうなると完全にアウトだわ。
さっさと負けを認めて、解散総選挙をするべきですね。
コメント (2)

提言  104  朝鮮人の名前はカタカナ表記で

2011年12月27日 | 提言
北朝鮮のキムジョンイル総書記が死亡して、幾度となく関連報道が続いています。
次の後継者はキムジョンオンだとか、韓国はリミョンバク大統領がどうとか・・・。

まぁ、そんなことはどうでもいのですけど、朝鮮人の名前を漢字で書くのは如何なものでしょう?
漢字で書かれても読めないのです。

例えば『金正日』。
日本では、どうあがいても金はキムとは読まないし、正もジョンとは読まない。
日も同様です。
そのまま音読みにするのなら別に漢字でもいいと思いますが、読めない漢字を使うのはどうでしょう?

別に朝鮮人が国内でどう書こうがどうでもいいのですが、日本国内においては不合理かつ不便でしかありませんね。

なので、素直に『外国人の名前はカタカナで書く』という法則通り、朝鮮人の名前もカタカナで書くべきです。
朝鮮の地名もすべて。

正直、熟字訓とか当て字系の難読地名も平仮名かカタカナで良いです。
少なくとも、マスコミは知らせるのが仕事ですから、そういう風にすべきだと思います。

あぁ、そうそう。
DQNネームもひらがなで表記していいと思いますね。
どうせ初見で読めないのですから構わないでしょう。

読めない名前なんて意味がないとつくづく感じます。
コメント

ようこそ、暗黒の政権交代制へ!!

2011年12月26日 | 政治
来年度の予算案がでてきました。

予算案を閣議決定 借金依存度、最も高く
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/51931881.html

・・・・・・これで、民主党が政権を盗ってから3回目の予算案になりますが、いずれも前年を上回っています。
民主党の予てからの主張「無駄をなくせば財源はいくらでもあるんです!!」はどうなったんでしょう?
そしてこんな戯言を信じた人は何と思っているのでしょうね?

それらはさておき、これほどまでに放漫財政を繰り返していれば、次の選挙の時に野党は堅実で地味な事、借金を返そうといった、緊縮財政を訴えるところが数多く出てくると思います。
国民も、というか、マスコミの『このままではいけない』キャンペーンに乗せられるでしょうしね。(今一番必要なのは、緊縮ではなく経済対策、特にデフレ対策だと思います)

まぁ、そんな難しいことなんて国民の大半は解りませんでしょうね。
なんせ2年前に民主党というクズ政党を選んでいるのですから!!

そうなると・・・・、次は緊縮財政の政権ができるわけですが、とすると、
                     ↓
次の政権で緊縮財政を行えば、当然、景気は悪化する。
                     ↓
それに耐えられなくなって、国民は「政府は何やっている」
                     ↓
次の選挙で、バラマキ政策を言っている政党にいれる。
                     ↓
国民「こんな放漫財政で本当に大丈夫か?」
                     ↓
・・・・・・・・・・・・エンドレスと。

まぁ、こんな感じで続くんでしょうね。
基本的にこの状況ってアメリカの状況なんですよね。
2大政党制で、民主党がばらまいて、それを共和党が緊縮&経済対策をするって。
まだアメリカの共和党は経済を重視しているから良いのですけど、日本は・・・・・。

それでも少しずつ良くなっていくんだ・・・という楽観もできないわけではないですが、あんまり楽観視はできないよね・・・。
はてさて、どうなるのでしょうね?
コメント (2)

野豚政権考  野豚の失敗理由

2011年12月24日 | 政治
野田政権が早くもレームダックです。
支持率が急低下、問責決議案が閣僚が喰らい、まぁ、もう無理でしょう。
まだ3ヶ月なんだけどね・・・。
来年はもう無理でしょうね。

さて、この政権に対しても文句を色々と言いたいのですが、なぜ失敗したのかを考えたほうが今後の糧になるでしょう。

まず、誰がどう考えても人事で失敗した。
ここまで見事に失敗するバカも珍しいわな。

一川を防衛大臣、山岡を国家公安、小宮山を厚生労働、安住を財務・・・その他ほぼ全員。
党内融和を図った結果、各派閥の人間を大臣に起用した・・・と言われてますが、これ自体は正しいのです。
ただし、(ここでは個々の議員の資質を云々はいいませんが)各大臣の選出の仕方が間違えてます。

赤熊は派閥政治というものを認めています。
というか、意見を1つに集約する方法って『派閥政治以外にない』と思ってます。
一回、一回、決を採ればいいという人がおりますが、いくら政治家と言えども自分の専門のこと以外だったらそれほど詳しくはないし、そういう意見で賛否を表明するよりも、専門の人に任せたほうがいいのです。
そのための機能が党であるし、それを細分化したものが派閥でしょう。
良いとか悪いではなく、単なる意見集約システムです。
弊害があるのも否めませんが、どんな意見の集約システムを採用しても同様の、もしくはそれ以上の害悪があるものです。(仮に個々の案件ごとに決を採る方法では今以上のポピリズムに陥るだけでしょう)

話が少しそれましたが、野豚は党内融和と言って、各派閥の人を大臣に起用したわけです。
これ自体は正しいのですが、問題は、派閥政治下の人事というのは、その派閥の長が『推薦者の太鼓判を押させる』のが基本です。
各ポストと人をセットで推薦させ『この人物なら適切な仕事をする』と紹介させる・・・要は推薦した人間にも責任を取らせるという形(ダメな人を推薦したらお前の派閥の立場が悪くなるだけだぞ)にしないといけないわけです。

が、野豚はそんな基本を無視して、派閥から適当に入れ込んだのです。

そりゃ、失敗するわな。
確かに自民党時代でも怪しい人事というものはあったけれど、ここまで露骨なものはありませんでした。
長年、与党にいたのですからそういうことは解っていたのでしょう。(ってか与党でなくとも当たり前のことですけど)
派閥政治をする時に最低限のルールなのですけど。


それともう一つ。
最重要なことは『嫌なら出ていけ』ということです。
いくら党内融和と言っても、党内から選出されたということは、つまり『党の総意』だということです。

なので、それを無視する奴は出ていけ!!と言えなければならないわけです。
これでやっと、党内を沈めさせることができるのに『ノーサイド』といって、それさえしない・・・・。
ノーサイドの意味をはき違えているのでしょうよ。
収拾がつかなくなって当然です。

まぁ、そのためにも『出ていくデメリット』を大きくしておく必要がありますけど・・・・人事さえまともにできない、考えが足りない野豚にできるわけありませんね。

失敗した理由は、こんなところでしょうね。
これから先、同じ失敗をしないように・・・・民主党のバカどもなら同じ失敗を繰り返しそうです・・・。orz


民主党が失敗した理由  2010年09月19日
http://blog.goo.ne.jp/matuba96/e/b56c8eea24ece0e0b13544d5c2449bf3


2011.12.26  補記
コメント (2)

それにつけても野田政権の無能さよ…

2011年12月22日 | 政治
キムジョンイルの死去からの民主党の対応がお粗末極まりないですね。
いつものこと・・・と言えばその通りですけど、国家防衛をする気があるのでしょうか?

19日の12時に死去の発表がありましたが、ちょうどその日は野田が街頭演説をする予定の日だった。(※)
で、その日の10時には北朝鮮で特別放送が12時からあることを事前にキャッチ。
北朝鮮で特別放送というのは、キムイルソンが死去した時にのみ使われた用語であるので、今回も『それに匹敵することが発表されるのでは?』ということも含めて官邸に伝えたそうです。
事実、それに匹敵することが伝えられたわけです。

しかし野田の行動はというと、12時に官邸をでて街頭演説の場所に向い、その知らせを聞いてすぐにUターン。
・・・・・お粗末極まりない馬鹿丸出しの行動ですね。

危機管理も何もなってませんね。
たしかに内容がはっきりわからなかったので予定していた街頭演説に行かないといけないのはわかりますが、12時から発表と知っていながら、12時に街頭演説に出発するって・・・・。
内容を聞いてから向かったって、誰も文句言わないでしょうに・・・。
せいぜい演説時間が10分のほど遅くなるだけでしょう!!

一体何を考えているのでしょう?
何も考えていないのでしょう。

しかも、すぐに開いた国家安全保障会議には国家公安大臣のマルチさんは欠席・・・・。
何でも事務方の連絡ミスらしい・・・・。(『安全保障』会議に国家公安の担当に連絡しないはずがない。 完全にワザとでしょう、馬鹿大臣から情報漏れを防ぐために)

官房長官の藤村も、キムジョンイルに哀悼の意を示す・・・・・。
日本人拉致を指揮した人物に哀悼ですか。
・・・・・・もう何も言いません。


日本にとって北朝鮮は最警戒国家なわけですので、動きに注視しているのに、それを取り扱う人間がここまでパーだと目も当てられませんね。
年を待たずに今すぐ、解散総選挙をすべきです。


※ 何で街頭演説なのでしょう?
  記者会見じゃいけないのだろうか?
  まぁ、記者会見だと質疑応答があるからでしょうね・・・。 情けないです。
コメント (4)

キムジョンイル死去

2011年12月20日 | 国際
キムジョンイルが死去しました。
でも、赤熊特に興味ないんですよね。

これで『内乱が起きるかも?』と人もいますけど、多分起きないでしょう。
危機の時に内紛を起こしても得るものが少ないですし、もし仮に起きたとしても死去とは関係がないことで起きるしょう。

なので、拉致問題も解決しない・・・と思ってます。
交渉次第だ・・・と言ってますが、『再調査したがいない』といったほうが北朝鮮的には得でしょうから、進展があるとしたらこのキム体制が崩壊してからでしょうね。

なので、今すぐどうこう・・・という可能性は薄い思います。

もっとも数年後に政権の基盤が安定した時にこそ動乱がおきると思いますけど。
交渉するにはその時だと思います。

それまでに交渉の前段階まで漕ぎ着けるか?
体制を築けるか?
ここを注視しなければならないと思います。

2011.12.22  補記訂正
コメント (2)

短信 どの口で言ってるんだろう?

2011年12月19日 | 短信
北朝鮮のキムジョンイル氏が死去したので何のニュースにもなっていない橋下大阪市長の話。
でも、話題にならなくてよかったねという話。

橋下市長就任会見(1)「国が僕の言うことを聞かないなら…」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/localpolicy/539022/


・・・・言うことを聞かなければって、一体いつから市長程度の人間が国に命令できるようになったのだろう?
要請が聞き届けられなければ・・・でしょうに。
何とも珍妙なご認識です。

些末な話だ・・・とも言われそうですが、これが初めてではなく同様の発言を何回も繰り返しています。
ということは注意をする人が周りにいない・・・周りはイエスマンだけだということがこの発言で解りますね。
状況としては、よろしくないのでしょうね。
まぁ、赤熊が心配する事ではないでしょうけど。

それよりも気になるのは、この人、昔、自分にたてついた言葉づかいが悪い職員に『民間なら社長にいっているようなものでありえない』とか言ってましたね。
一体どの口で言ってるんでしょう?

人のふり見てわがふり直せ・・・とは言いますが、だんだんと説得力がなくなる人だなぁ・・・と感じますね。
コメント (4)

文章の長さって重要かもしれない

2011年12月17日 | 言葉・言語・文章
同じ内容の日本語と英語の文章・・・古い本をまとめたものだと思うのですが・・・を比べて気付いたことです。

「日本の自然環境」
http://www.biodic.go.jp/reports/2-2/aa000.html


内容自体は基礎知識のようなものですが、左に日本語文、右に英文を配したレポートです。
英文を全部読んだわけではないですがおそらくすべて同じ内容でしょう。

そこは置いといて、文章の長さを比べてみると日本語のほうが短いのです。
日本語のほうが大よそ4分の1くらい短いのかな?
長い文章になればなるほど、その違いが顕著になってますし、日本語は全角、英語は半角で書かれてますので、英語のほうが短くなっても不思議じゃありません。(書き手が日本人なので硬い文章になっているのは否めませんが)

日本語の文章が短い理由は表意文字である漢字を使用しているためでしょう。
まぁ、子音と母音をばらさず表記するカナを使っているのも一因でしょうか?

こうして英語の文章と比べてみると、これって非常に重要な点なのではないかと思います。

というのも、短い文章に多くの情報を詰め込めれば、読み取る方も大量の情報処理ができるわけです。
必然的に文章を読む時間も短くて済むしね。

もちろん大して違わない・・・という意見もあるかと思いますが、ブログなど見ていても、長い文章ってそれだけで読む気しなくなりますよね?
短い中にたくさんの情報を詰め込めるのはそれだけで有利だと思います。
だからツイッターというものが流行ったのだと思いますけど、平易容易でも文章として短い方がよりよくわからせやすいのは確かでしょう。
これって意外とその国の知的レベルを向上させる要因かもしれない。

ちなみに、表意文字だけを使う中国語は主要言語の中ではもっとも文量が少ないようです。
ということは、中国語最強?

まぁ、それだけが決め手になるわけではないでしょうが、意外な要因かもしれないと思ったお話でした。
コメント (2)

カジノ作るって本気だったの?

2011年12月16日 | 政治
大阪市の橋下市長がカジノを作る・・・らしい。

橋下氏、人工島にカジノ検討…発電所は凍結?
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/51928782.html


今の時期にわざわざ言うってことは、わりかし本気ってことなんでしょうかね?

度々話題に上ってきてましたけど、赤熊、ただの冗談だと思ってました。
だってどう考えても収益を上げれるような計画じゃないでしょう?

諸外国、主にアジアに大型カジノができて収益を上げている・・・という話に飛びついたのでしょうけど、基本的には公営のカジノというなら外貨を稼ぐためのものですから、外国人を呼び込むものですけど・・・・物価の高い日本にカジノをしにわざわざ来るか?
エンターテインメント性ならラスベガスだし、中国から人を呼ぶとしてもマカオやシンガポールにもうあるし・・・。

・・・・ねぇ?

そういうところに負けない非常に豪奢な、または珍奇なカジノ・・・要は他の国にないカジノにしないとダメでしょうね。
それは一番難しいのでしょうよ。
日本にも賭場があってもいいよね・・・くらいならいいのですが、そのくらい感覚で作ったほうがいいでしょうね。
まだイギリスのブックメーカーを導入したほうがいいですね。
まぁ、途中でポシャる計画だと思うけど・・・もっと別のことに労力をつぎ込んで欲しいものです。


余談。
イギリスのブックメーカーって、スポーツの試合などがネット上でただで観戦できるって!!
詳しい仕組みまでは知りませんが、スポーツ振興もかねて日本でも導入したほうがいいと思います。
コメント

インターネットはタダじゃない

2011年12月15日 | 政治
良くネット選挙の解禁を叫んでいる人がおります。
赤熊も基本的にはネット選挙に賛成です。
でも、彼らの主張におかしな点があります。
その点さえ明らかにする・・・それをどう対処をするのか?を聞きたいのですが・・・・・・・どうやら誰も気づいていないようなので、誰もそのことを話題にしません。
なので、赤熊が指摘しようかなと思います。

ネット選挙の利点は次の2つを取り上げられることが多いと思います。

・ネットで広く主張を伝えられる
・ネット選挙にすれ選挙費用が安くなる

概ねこの2つでしょう。

1つ目はその通りで、街中での演説はまだし意義を感じますが、選挙カーでガナリ合っている様はただただ「黙れ!!」と言いたくなります。
是非ともどこかの会場を借りて出馬者同士で討論会をしてほしいですね。

問題は2つ目。

選挙費用が安く済む・・・・ということ。
ここが疑問なのである。

確かに使用者であるユーザーはインターネットの利用の多くを無料で行っています。
しかし、作り手や運営をする側は決して無料ではないのです。

まず当然かかる製作費。
ホームページやブログの設営、動画や写真のアップ自体にはお金はそうかからないでしょうが、それを『撮る』という行為には相応のお金がかかっているってことです。
わかりやすいように動画を編集したり、ブログの良い位置に表示されるように設定したり・・・。
こういう専門的なことは政治家(候補者)には難しいので、となると専門の人を雇うことになるわけです。
専門の人のお仕事ができてよかったね・・・とも言えるのですが、選挙の出馬者である発信者側からすれば、より魅力的なサイトを作ろうとすれば、専門のデザイナーを雇う必要があり、その経費はカリスマなんてろ・・・となれば雇用費は跳ね上がっていくわけです。
これがポスターといった物質に依存している媒体なら、価格がある程度の限定されるのですが、デジタルデータそのものには価値は一切なく、付加価値だけがついているだけです。
平たく言えば『原価がない』ってことですね。
ということは美術品と一緒で青天井な世界です。

で、そもそも選挙の仕方に厳しい規制をしているのは金持ちがお金を際限なくかけて派手な選挙戦術をしないようにするためです。
要はお金持ちだけが当選するようなことを防ぎたいわけです。
そのあたりをどう、整合性を保つのか・・・・。
難しいですね。

勿論、工夫次第で安くできるんだという主張も理解できますが、やはりお金があったほうが有利なことは否めないわけで・・・・。

だいたい、インターネットの多くは広告媒体・・・メディアとして収入を得て運営しているわけです。
ちょうど民間のテレビ局(民放)と同じ仕組みですね。
それでも、従来の選挙活動よりも安く済むからいいのだとというのはわかりますが、たとえば検索サイトの運営会社にお金を支払えば『選挙』とか『政治』といったキーワードで自分のサイトのトップにもっていくことだって可能です。
いえ、もっとえげつない方法だってあります。
検索サイトの設定次第では、出馬者の競争相手のブログなどを検索しても表示されないようにすることだってできるのです。

そういたことにどう対処するのか?
誰も議論してません。
『ネット選挙の解禁!!』とだけしか叫んでいないわけです。
もうちょっと、突っ込んだ議論をしてから言ってほしいと思いますね。

勿論、今では政治家や候補者がブログやホームページやツイッターを持っているのは当たり前でそれが選挙上有利なことは否定できないのに何の規制もとられてもいない現状はどうかと思いますが、単純にネットは安いだけで進めていい話ではないと思いますね。
コメント

NEWS人物伝  9  古賀 茂明

2011年12月13日 | 人物伝
元経済産業省の官僚さんです。
官僚時代、公務員制度改革案を批判して、冷や飯を食っていた人ですね。

まぁ、それは良いんだけど、本当にこの人にはがっかりしました。

というのも、昨日のテレビ出演・・・『TVタックル』で公務員の優遇に関することをしていました。
そのなかで公務員給与と民間給与の比較ということをしていた。

幾つかあるけど特にひどかったのが、公務員の平均給料が700万円くらいで民間の平均給料は400万円くらい・・・とボードで説明していたのである。

確かに平均すればそのくらいの数字になるでしょう。
でもそれは、パートタイムやアルバイトも含む数字からです。
フルタイムの、残業まである公務員と比べれば低くなるのは当然でしょうに・・・。
平均や統計というものは条件を一緒にしなければ、まったく意味のない数字の羅列に過ぎないことをわかっていないようです。
正直、この人が冷や飯を食わされたのは、本人が「過激な改革案」を出したからだと言ってますが、統計のとの字も知らない馬鹿だったからではないのか?と言いたくなりますね。

勿論、この人はそういうことは解ったうえで、この数字を使っているのだと思う。(解ってなかったらただのパー)
ではなぜ、こういう手法を取るのかというと・・・そのままの数字を載せれば地味でインパクトもなく、人々の耳目を引かない・・・無視されるからでしょうね。
自分をよく見せるために、相手をこき下ろす・・・そしてそれにのっかかる理解していない人の人気を得るというのは常套手段なのかもしれませんが、それが解る赤熊にしてみれば ただひたすら下品な考えですね。

赤熊は正しい情報と正しい認識をもとに議論をすべきだと思ってます。
というか、結論は正しい情報と認識さえあれば、自ずから答えが出るとさえ思ってますので、議論というものは正しい情報と認識を持つため・共有するためにすべきものだと感じてます。

だからこそ、こういう意図的なミスリードされると非常に不愉快なのです。
議論を捻じ曲げ、結論を大きく乱す行為であり、汚らしいです。

正直がっかりです。
冷遇されていてもなお自分を貫き、それでもやりたいことがあるんだろうな・・・と思っていたのですけど、この件で『人気を取れば後は何とかなる』程度の考えでしかないんだなと思えます。
それが、ここ最近の風潮で『時流に乗っている』といえばその通りなのですけど・・・赤熊こういう考えが大っ嫌いですね。(それがファシズムにつながることですから)

ハァ~、やれやれ。

だいたい公務員の給与体系は誰かが言っていましたが、GDPの数字の何%かを人件費として定めて、それを今いる公務員で分けあえばいいだけですね。
そちらの方がシンプルで利に適っているでしょう。
給与云々よりも、そういう提言をしてもらいたいものですね。

というか、彼に限らず、元官僚って、官僚批判をすることで飯食ってんですよね。
そういうところを加味してから聞かなければならないってことか・・・。orz


2011.12.15 追記・訂正
コメント (2)

パンプキンシャウト

2011年12月12日 | 社会
さぁ、今年もやってきました、12月。
後いくつか寝るとクリスマスです!!

なので、毎年恒例の、去年も一昨年も言ったことを繰り返し叫ぼうと思います。

何で、クリスマスはパンプキンケーキじゃねぇーんだ!!!!

はぁ、はぁ、はぁ・・・・。
これで3年目だじぇい。
少しは広がってくれてもいいのに・・・。
広まるまで、命続くまで書こうと決めたあの日。
未だに一向に広がってくれません・・・。
くれないどころか、話題にもならん。orz

んん~・・・どうにかならないものかね・・・。

いやいや、弱気になってはいけない。
このブログが続く限り、書きつづけるぜ!!


去年 カボチャの叫び
http://blog.goo.ne.jp/matuba96/e/2b388590557d3e51d3c3a72149f556e7

一昨年  今日がクリスマス
http://blog.goo.ne.jp/matuba96/e/5579fdc332778f2d2eab629934cfc282
コメント

こういう報道の仕方はないだろう!!

2011年12月10日 | 報道・メディア
国家公務員のボーナスが支給されました。
まぁ、そのこと自体はどうでもいいのですけど、報道の仕方が気に入りません。

<公務員ボーナス>4.1%増 「10%カット」どころか…(毎日新聞)
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/51926377.html


さすが、虚報大好き毎日新聞といったところか・・・。

文章中にも書いてあるのですが、4.1%増というのは、公務員の若い人の採用を差し控えられているため、結果的にボーナスの平均値が押しあがっているだけです。
それを見出しに持ってきて、公務員がボーナスを大量に掠め取っているかのような言い草には辟易します。

ついでに言うと、最初の文中の

> 国家公務員の冬のボーナス(期末・勤勉手当)が9日、支給された。管理職を除く一般行政職(平均35.8歳)の平均支給額は61万7100円で、前年より2万4200円(4.1%)の増額となった。政府は東日本大震災の復興財源を生み出すため、ボーナスの一律1割カットを目指していたが、与野党対立で関連法案の成立が間に合わず、現行法に基づき昨年度と同じ3.89カ月分が支給された。公務員の平均年齢が上昇したこともあり、支給額がアップした。

『約4か月分貰っている』と印象づけてバッシングしようという明らかな意図がありますね。
最初に冬のボーナスと書いて、文章を続ければ、誰でも『半年で約4か月分も貰っている』と勘違いを起こすでしょう。
(平均支給額61万7100円と書いているのですから、約4か月分とすれば、公務員の給与平均は16万円ぐらいになります。そんなことはないでしょう。たぶん年間を通してのボーナスだと思います)

ミスリードどころか完全に捏造ですね。
こうやって新聞というのは信用を落としていくのでしょう。(まぁ、毎日新聞だから仕方ない)

何で、赤熊が公務員を擁護しなければならないのかとも思いますが、ここまで酷い捏造をされるのなら擁護せざるをおえませんね。
マスメディアがもっと成熟しないと、批判もまともにできませんね。
コメント (2)

人はトップになると変になるのか、変だからトップになれるのか・・・

2011年12月09日 | 社会
ユニクロの社長柳井正氏がこういうことを言っているそうだ。

新卒一括採用の消滅!? ユニクロが検討する「大学1年生採用」の衝撃
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/51926339.html



>大学1年生の時点で採用を決め、在学中は店舗でアルバイトをしてもらい、卒業と同時に店長になってもらうこともあり得る」

・・・・・・・・だったら、高卒を入れたら?

バイトで4年間きちんと働けば、店長に抜擢される制度を作れば良いだけでしょう。
赤熊は素直にそう思います。

そもそも衣服の小売店であるユニクロに就職するのに大学という専門教育が必要とは思えないし、大卒を入社させなければならないという決まりもないでしょう。
だいたい、即戦力が欲しいのなら同業他社から引き抜けばいい話です。
新卒を採るより、そっちの方が早いと思うけど・・・。

しかし、この記事のコンサルタントはべた褒めですね。
コンサルタントが褒めるってことは・・・・まぁ、どうでもいいか。


どうも思うに、こういうトップに立つ人ってだんだんと言動が変になっていきません?
ソフトバンクの社長しかり、ライブドアの元社長さんしかり・・・。

だんだん言動が怪しい・・・というか支離滅裂になっていきます。
もともと考え方が変な人がトップになるだけか、それとも変なのが目立つだけなのか?
悪く言えば、ただの成金なのだから基本の素地がしっかりしていないのでメッキが剥がれやすいのかもしれない。

意外とこういうことを突き詰めていくとトップに必要な要素がわかるのかもしれない。
もっとも、これで出した答えは何の意味はないと思いますけど。
コメント (2)