意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

学力テストに疑問

2010年07月31日 | 教育
30日に学力テストの結果が発表された。

こういう指摘記事もあるが、それ以上の謎がある。

問題がおかしくないか?

例えば、中学3年生が受けるという中学国語A
>「私たちは全国大会出場に向けて練習していて、三年生にとって最大の目標です」という1つの文章を、2つの文章に分けるという出題(正答率43・3%) (PDF)
????
模範解答は
「私たちは全国大会出場に向けて練習しています」
「全国大会出場は三年生にとって最大の目標です」
の2つに分けるとのこと。
その通りだ。

その通りの問題かもしれないが、これが中学3年生に出す問題か?
小学3年生の問題だろう!!
誰がどう考えても、引っ掛け問題としか思えない。

そのほかの問題を見ていても、簡単なものばかり・・・。
中学3年生の問題ってこんなに簡単だったっけ?
もっと難しかったと思う。
多少内容を落としたとしても、ここまで酷くはないだろう。

この程度のテスト内容ならやらなくていいと思う。
別にハイレベルのテストをして欲しいとは思わないけが、もう少しレベルに合わせた問題にしてはどうか?

というか、これで何を調べたいのか???
疑問になってしまった。

関連エントリ
≪資料≫2010年全国学力テストの都道府県別結果を公開しています。
http://www.47news.jp/47topics/e/158966.php
≪資料≫2009年4月実施の全国学力テスト 問題、解答と都道府県別平均正答数(09年8月発表)がご覧いただけます
http://www.47news.jp/47topics/e/106221.php#reading
コメント

管直人メッタ刺しの両院議員総会

2010年07月31日 | 政治
民主党が国会が始まる前7月29日に参議院選挙の大惨敗反省会を行なった。

見るも無惨・・・というのが正直な感想。
内容は総理大臣である管直人の「吊るし上げ + メッタ刺し」だった。
そしてそれに意気消沈する全閣僚。
戦争に敗残した将校というのはああ言う表情になるものだと推測できる。
俳優はぜひとも見て、役の勉強にするといい。

ついつい皮肉を書いてしまうほど酷い内容だったが、こうなるのは解っていた話でもある。
ただ、消費税を掲げたことを敗残した理由に掲げるのは愚かだろう。
こうなると全責任は菅直人のせいであり、辞めなければ収拾がつかない。

こういう場合は、菅氏は敗残理由を反省するのではなく、この苦境を「どうやって乗り切るのか?」を力強く語る、一人一人の議員の不満を喋りっぱなしにせず、応答する。
たとえ何と揶揄されたとしても、そのほうが効果的であっただろう。
この辺が、管直人の・・・ひいては民主党の実力ということだろう。
まぁ、わかっていた話でもあるが。
9月と待たずに崩壊するのではないだろうか?


その他、いくつか気になる点。

この回を開くのが遅すぎないか???
選挙は2週間以上前なのにさぁ・・・。
少なくとも10日以内にしないと、引きずることになる。
頭が冷えるのを待ったのだろうが、煮えたぎったマグマが冷えることなどない。


閣僚の「閣僚として支えていきたい」というコメント。

「閣僚じゃなかったら支えない」といっているように聞こえる。
まぁ、邪推ですが。
それよりも明確に支持すると言わない閣僚がいたようだ。
内部対立が透けて見えるようだ。


前原の総会欠席をして、結婚式。

総会にでず、エビマオの結婚式に入ってたらしい。
閣僚の1人・・・責任者として、この態度はどうかと思う。
もっとも、出る価値がないパフォーマンス総会だったということだろう。
自爆しつつ、管内閣を追い込むのが仕事なんでしょう。
もっとも、こんなことで慶事を穢されたエビマオはご立腹だと思う。
コメント

NEWS人物伝  4   上杉 隆 3

2010年07月30日 | 人物伝
こいつは報道ヤクザだ。

そう思ったのは、政府機密費の件で野中氏への反論があまりにも下劣だからだ。

ぼやきくっくり  「アンカー」野中広務氏生出演 官房機密費とジャーナリズム(アンカーの書き起こし記事です)
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid859.html


この放送自体にはあまり価値はない。
せいぜい、野中氏が機密費を政治記者には配っていないこと、配ったのは政治評論家だけ・・・といったところにしかない。

この番組放送で、上杉の報道姿勢に対して文句を言っている。

>あの人、私にいっぺんもですね、インタビューなんかしたことないですよ。

それに対する反論が、

ダイヤモンドオンライン 週刊・上杉隆  野中広務氏の公共の電波を使った"華麗なる勘違い発言"に反論す
http://diamond.jp/articles/-/8903


この反論記事を読んで、非常に気持ち悪かった。

タイトルから解るとおり、この中で野中氏に対して「華麗なる勘違い発言」だの、「健忘症」だの、そして自身をその被害者と書いていることだ。
そして、「取材を受けていない」という言葉を「取材を断った」と正しい日本語で言えとまで言っている。

これ自体は否定しない。
上杉氏からすれば、きちんと取材をしたつもりなのだろう。
おそらく、取材をしたとかいう証拠も残していると思う。

だが、野中氏を擁護する気はサラサラないが、取材対象者からすれば、上杉など何十・何百いる記者の一人にしか過ぎない。
それらを全て覚えておけというのか?
無理とは言わないが、かなり難しいことだ。

間違いがあれば、淡々と事実だけを述べて反論すればよいのであって、「華麗なる勘違い発言」だの、「健忘症」だの書く必要性は一切ない。
他者の間違いをあげつらうというのは品性下劣であり、他者に対する慮り持つべきである。

これでは報道家ではなく、単なる報道ヤクザだろう。

一番最初にこの男のコラムを読んだときも思ったのだが、この男は非常に自尊心が強いのだ。
誇り高いといえば聞こえがいいかもしれないが、それを護る為の根本の性格が陰湿でネットリしているのである。

こんな人間を誰も相手したくないだろうし、されないだろう。


※2010年8月1日、意味が通りにくいところを加筆修正

関連エントリ
NEWS人物伝  4   上杉 隆 2

NEWS人物伝  4   上杉 隆
コメント (3)

みんなの党は、やっぱりダメだった。

2010年07月29日 | 政治
本日のお昼に、みんなの党の党首 渡辺喜美氏が出ていた。
議題は議員給与の日割り法案について。

この中での発言に耳を疑った。
「みんなの党は日割り法案を出す準備がある」といいつつ、
「細かいことを言っていたらできないから、とにかくやればいいんです」

唖然としました。
これが政治家の言葉なのか?

法案を出す準備ができているのなら、細かい事を聞かれても答えられるはずだ。
それができないとは、準備できていない証拠でしょう。

特に問題視されているのは、議員秘書の給与をどうするのかである。
それに関して渡辺氏はこういったのである。
「そういう職業だということで納得してもらう」

この程度のことしかいえない人間が行革できるの!!!
愕然としました・・・本当に。

秘書は雇用契約で働いているのである。
政治家が首になったからといって、給与を支払わないわけにはいかないし、急に首を切るわけにもいかない。
秘書だって生活があるのだ。
裁判沙汰になったら、誰が責任を取るんだ?
みんなの党が、渡辺氏が、全責任を取るわけではないでしょう?
責任を取ったからといっても、問題が消えてなくなるわけでもない。
てか、そんなくだらない事でいざこざを起こして欲しくない。

そもそも、みんなの党の案が正しいのなら、民主も自民も諸手を挙げて賛成するだろう。
反対できないはずだ。
しかし、賛成しないということは、どこかに不備があるということである。
その不備を正して行くために話し合う・・・というのなら理解できるのだが、それを「改革する気がない」と罵るとは言語道断だろう。
人としておかしい。

結局、みんなの党は正しそうなことを言って人気を取る、アジテーション政党だということだろう。
残念ながら、中身がなく煽るだけの政党には期待は一切できないようです。
でも、それに乗る冷静さを失った国民・・・。
こうしてファシズム化して行くのでしょうね。

その先は破滅とだけは言っておきます。

アジテーション【agitation】・・・煽動
コメント

千葉法務大臣の死刑執行サイン

2010年07月29日 | 政治
驚いた、というか呆れた。

千葉法務大臣が、先の参議院選挙で落選。
でも大臣を民間人として、続投することになった。
このこと自体は「できない」と法律上書かれていないし、今変えても法務大臣に小沢の息がかかった人間を据えてざるをおえないだろうし(そうなったら指揮権発動?)、9月の民主党の代表選によっては新任でも即辞任となるだろうから繋ぎ程度に使わざるをおえないだろう。
もっとも、民主党はあれほど「直近の民意」を言ってきたことに対する責任はどう取るつもりだろう?
まぁ、取らねぇと思うけど。
いちいち、ブーメランをする馬鹿共だ。

そんなことはさておき、千葉法務大臣が急に死刑執行にサインをした。
彼女は死刑廃止論者である。
そのこと自体は問題ではないが、死刑執行のサインは法務大臣の仕事であり、法律に死刑執行は「判決後、半年以内」と決まっている限り、サインしなければならない。
それが嫌だというのなら法務大臣になるべきではない。
それでも大臣がやりたいというのなら、法に従い執行サインをしつつも、死刑制度の廃止を訴え続けるべきだ。
それがルールだし、筋を通る。

しかし、これまでサインを拒否してきたのに、落選した途端にサインをしたのだ。
これには唖然とした。

これではパフォーマンスだろう!!
選挙前にサインしてたら、支持を失うから選挙後にサインをしたのでしょう。
そして法務大臣としての職務を果たしていたと見せかけたいだけである。
死刑囚とはいえ、命を使った最低最悪の殺人パフォーマンスに激しい嫌悪を覚える。

これを法務大臣の仕事だから執行したというのは言い訳にならない。
それならば、就任直後から死刑執行にサインをすべきである。
こんな下劣な人間を人間を大臣に据えておく必要ない。
即座に解任すべきだ。
コメント

NEWS人物伝  7  田原 総一郎 2

2010年07月29日 | 人物伝
やはり「老害だろう」と改めて思ってしまったコラムがあった。

田原総一朗の政財界「ここだけの話」・・・参院選の直後、辻元議員から相談された
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100728/238996/


まず、辻本氏に「気付くのが遅い」と叱責すべきだろう。
こんなもの、政治家になる前に気付いておかなければならないことだ。
彼女は政治家を目指す候補者ではない。
紛れもない政治家なのだ。

そもそも野党だから、批判だけしてれば良い・・・ではない。
批判をするならば、対案を出すべきだ。
赤熊は日本の政治の最大の問題は「野党に生産性がない」ことだと感じている。
与党が出した法案に賛成できない、だから反対する・・・ここまではいい。
でも、そうならば対案を出し、いつか政権を取った時に、その法案を即座に実行できるくらい練っておくべきだ。

それができていないからこそ、今の民主党は混迷しているのだ。

要するに彼ら彼女らは今まで「政治」で遊んでいたのだ。
それは常に叱責され続けるべきことで、それに気付いたからといって「政治家としての自覚が出た」などというのは、論理のすり替えであって、自己正当化でしかない。
こんなものを信じる人間がいたら、よほどの愚かモノだろう。

それに自民党に対して「下品でもいいから責めろ」と同コラムにあるが、それをやれば現在の民主党と同じ末路を辿るだけである。
そんなに政治の混迷が好きなのだろうか?
まぁ、混迷しなければ政治評論家など必要なくなるから飯のタネなのかもしれない。

結局、田原総一郎は自ら「与党批判は気持ちよい」と書いている通り、その通りの事しかいえていないのである。
理解していて、それをしろというのだから、害虫以下だ。
コメント

提言  52  議員歳費を前払いに

2010年07月28日 | 提言
なんだか議員歳費を日割りにする、と言う話が出ている。
別に賛成でも反対でもないが、『議員歳費』って、活動費なのでは?

1ヶ月働いてないから その日数分だけ・・・というのは合理的だとは思う。
思うのだが、それで政治家は活動できるの???

活動費なのに議員歳費を日割りにするということは、『給与』と同じく報酬扱いと言うことである。
これは明らかにおかしい。
これでは当選した日に事務所が借りられないおそれがある。
秘書の給与が支払えない可能性も十分にある。
新人議員は先立つものがないのですから、特に苦しいでしょう。

そうすると、議員になったときに議員支度金を出す?
それはそれで、変な気がする。
活動費であるというのなら、前払い・・・議員となった初日に支払うべきだ。

その上での、日払いなら問題ないと思う。

唯一、問題なのは歳費を貰った次の日に解散されることだが、
レアケースだし、解散したからといって、その日から経費が0になるわけでもない。
即座に歳費を打ち切られたら、色々と大変だと思う。
その辺のことには気にしない度量を持つべきだし、どうせ次の選挙まで1ヶ月以上空白になり、歳費もかからないのだから問題は少ないでしょう。 
コメント

ロシアの「対日戦勝記念日」法が成立

2010年07月27日 | 政治
ロシアで、「対日戦勝記念日」法が成立したようです。

日本の批判封じる戦術 「対日戦勝記念日」法が成立
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/51653637.html


どう考えても、この祝日は対日感情が悪化する話であり、看過できない。
記事を読んでみると、水面下で外務省が動いてはいたみたいだ。
ただ正式名称を「軍の名誉と記念日法」に変えられれば、日本は関係がなくなり、内政干渉となるので、取り下げることは無理でしょう。

本来なら外交上、止めることができないのならば、政治家・・・特に総理大臣が何らかのアクションを起こすべきですが、それもない。
もちろん「遺憾の意」程度のコメントではダメですけど。
赤熊なら「日ソ中立条約を破ったことを反省し、国際社会の一員となるべく新たに誓いを建てることは素晴らしい」と皮肉たっぷりにいい、この祝日の意義を穢します。
ついでに、この祝日の9月2日に同様の内容をロシア側に祝電と言う形をとり、ついでにそのコピーをロシアの各放送メディア、新聞社などに送りつけてやりますね。
・・・菅直人じゃ、絶対にしないと思いますが。

ところで、ロシアの目的は祝日を作りたかっただけ・・・ではないでしょう。
65年も前のことでは、ロシア国民も関心が持ちにくいでしょうし、『日ソ中立条約を破った』という国家としての恥が祝日では明らかに盛り上がりにかける。
そんな日を記念しても意味がない。
記事では、「歴史の歪曲や領土問題のため」と書かれているが、赤熊は、日本がどのように圧力をかけてくる・・・外交交渉をしてくるのかを試したのでしょう。

こういう場合は、日米同盟を機軸に対応するのが筋でしょうが、民主党の鳩山ルピ夫のせいで、日米関係が悪化している状況下ではできない。
そしてこの件で、アメリカ側も働きかけはなかったでしょう。
事実上、日米同盟が機能していないことを知られたわけです。
祝日が9月2日で、ロシアで9月9・10日にある国際会議もあり、これからロシアが高圧的にでてくるでしょうね。
完全に足元を見られているが、国際社会で足元見られるほうが悪いのでしょうね。

・・・民主党じゃ防ぎきれないだろうな。
変な条約を結ばされないことを祈る。

あと、どうでも良いけどマスコミの動きがない。
これはかなり重要なことだと思うが、テレビではスイスの列車事故をやっている。
不幸な事故であるが、事故なんてものはいつでも起きるものだし、起きてしまった以上、あとは結果待ちなのを朝から晩まで、特集を組んでまで報道している。
もっと他に報道すべきこともあるだろうに・・・。
報道局という名前を返上すべきである。
コメント

みんなの党 考

2010年07月24日 | 政治
みんなの党が大躍進した・・・と報道されている。
とりあえず、2回の選挙を経たのだから評価をくだすべきかな・・・。

メディアの支持は高いが、赤熊は胡散臭いと感じるし、能力を疑問視している。

と言うのも、発言を微妙に変化してきているからだ。
例えば結党宣言のときに、
「政権交代後の更なるステップとして、『政界再編』を究極の目標とする」
「政界再編の荒波の中で、政党横断的に改革派を糾合する『触媒政党』」
と言っていたのだ。
それが、選挙で10議席を取ったら、
次の衆議院選に
「理想は全選挙区に立てたい。最低3ケタ以上擁立したい」

触媒政党じゃなかったの???
キャスティングボードを握るだけなら、そんなに要らないよ!!
どうも権力に色気が出てきているようだ。

そもそも「政策課題(アジェンダ)を丸呑みしなければ協力しない」と言うのなら、「政界再編をしない方がいい」ということになるのでは???
その方がキャスティングボードを握っていられるのですから。

政界再編を目指していないにもかかわらず、10人以上の議席数を確保したのだから、法案を提出ができる。
今までは、政界再編の触媒だから・・・と言い逃れをしてきていたが、早急に経済、国防、外交、教育、憲法などの政党の理念を「どう考えているのか?」を指し示す必要がある。
今のところ、経済に関してはリフレといっているので、まぁ良い(赤熊はリフレは失敗すると思う)として、そのほかに関することが一切解らない。
「小さな政府」としか言えていないのである。
これでは、信用以前の問題だ。

こういうことは結党した時点で決めておくべき話なのですが・・・。
ここに違和感を感じるのですよね・・・。

というか、理念がない以上、今回の参議院選挙はどういう基準で候補者を選んだのだろうか?
そして、みんなの党の議員は、みんなの党の理念を解っているのだろうか?
理念がない以上、わかるはずがない。
それなのに、次の衆議院選挙に最低でも100人を擁立したいなどと言うのは、寝ぼけているとしか思えない。

所詮、野党の非現実的な理想論?
権力亡者?
なんだか民主党と同じ匂いがするよ!!

最後にどうでも良いですけど、
大躍進と言うと、中国の大躍進政策を連想するので、あんまり使って欲しくないです。
コメント (2)

政治家評  9  谷 亮子

2010年07月23日 | 人物伝
参議院選挙で、民主党から出馬した金メダリストです。

赤熊は彼女が嫌いです。
有名人政治家だから・・・ではなく、何がしたいのかさっぱり解らないからです。
スポーツ省を作りたいから・・・だそうだが、きちんとした構想があっていってはいないようなので詳しい説明もできていない。
しかも、プロスポーツ選手との2足のわらじを履きながら国会議員をするなんて・・・。
どうやって、両立するかのプランすら指し示すことさえできていない。
一番重要な所だろうに・・・。

もう1つ文句をつけるならば、「なぜ、国会議員にプロスポーツ選手が必要なのか?」が説明できていないのだ。
他の政治化との差別化を図るにはもってこいのテーマなのに、何ら一切説明をしないのは、もはや無能を通り越して、無駄な人間だろうに・・・。
逆に言えば、ここさえクリアできれば、国会議員として賛成できると思っている。
まぁ、選挙中に言えずに、いまさら言ってもご都合主義と感じて、遅いけど。

そんな人間に一体何が期待ができるのか?
一切ないとしか言えない。

比例34万票も獲ったという事は、この国に最低でも馬鹿が34万人のバカがいると言うことか・・・。
それが解ったことだけが、彼女の成果なのかもしれない・・・。
コメント

理解できないキムヒョンヒの来日

2010年07月23日 | 政治
大韓航空爆破事件の実行犯キムヒョンヒが来日し、拉致被害者と面会した。

特別待遇までして、来日する意味が分からない。
彼女は間違いなくテロリストであり、犯罪者なのだ。
明確な出国理由がないと、韓国で爆破事件の被害者の親族は釈然としないだろう。

遺族達の反感を買ってまで、来日させる意味があるかといえば・・・?
残念ながら「ない」としかいえない。

新情報や新たな証言が得られなかった。
この事実が物語っていると思う。
ただ、これは当たり前のことで、彼女は「北朝鮮の証言が欲しい」から生かされているだけであって、それを話してしまえば命の保障はない。
話すとしたら、彼女の死後、遺書と言う形で発表されると思います。
そもそも彼女が重要なことを知っていても、20年以上前の証言など意味はない。

そういう状況下で、しかも暗殺のおそれがある彼女を、何が目的で日本に呼んだのかさっぱり解らないのだ。
拉致被害家族と面会させたいのなら韓国に行き面会できるよう取り計らえば良いわけだし、来日により拉致問題が進展するかと言うと・・・?
期待はできない。

意味不明である。

この案件は選挙前・・・最低でも半年以上前から計画を立てていただろうから、選挙の敗戦隠しではなさそうだ。
となると、民主党が点数稼ぎのために呼んだ・・・と考えるのが自然か?
鳩山ルピ夫の別荘で会談しているのだから、それ以外に考えられない。

でも、点数稼ぎに呼んだだけなら意味不明すぎる。
その後の展開が、これで打開されるはずもないし・・・。

単純に呼んでみただけ??
無計画さが売りの民主党ならありえる話です。
コメント

今と昔の幕藩体制

2010年07月22日 | 政治
前回の記事に書いたけど、赤熊は地方分権を推奨する人たちの言うとおりに分権をしたら失敗すると思う。
失敗することを想定していない姿に危うさを感じるし、結局、失敗したら国に頼る以外ないのですから。

そうでなくとも、この地方分権は失敗すると見ています。

彼らのいう地方分権は、権限と財源を貰いたい・・・要するに「幕藩体制に戻したい」といっているわけだ。
このこと自体は否定しないが、成功するには極めて困難だろうと思います。

それは「なぜ、昔は幕藩体制が成功していたのか?」を考えて見ると分る。

成功した理由を端的に言えば、藩主・・・殿様がいたからです。
殿様の統治・・・どこを治水をするのか、凶作のときの対応はどうするのか、どの産業で金を稼ぐか・・・などなどを考えて差配していたのである。
それが彼らの仕事であって、それで飯を食っていたのだ。
よりよい統治ができれば安泰に暮せるが、悪政を働けば領民から一揆を起こされたり、場合によっては幕府からお家取り潰しになったりもする。
文字通り、命がけ・・・それも一族全員分をかけているのだ。
決して農民を搾取していたのではない。

翻って、
同様の仕事をするはずの知事はどうかと言えば・・・、
任期こそあるものの成功しようが失敗しようが公務員のため給料は一定だし、自身の命すらかかってない。
失敗しても、せいぜい政治の場から追放されるくらいだろう。
精神論を論じてもあまり意味がないと思うが、この覚悟の差は大きいと思う。
また、世襲があるからこそ、より良い統治を行い次世代に引き継がせるという善政の強いインセンティブになるが、知事ではそうはならない。
太く短く私腹を肥やした方が・・・と考える輩もでると思う。
そうなってしまえば、失敗する。

もう1つ現代と昔では大きな違いがある。
転居の難易度である。
昔は飢饉・・・今で言う経済危機・・・に見舞われたからといって、新天地でもう一旗あげようというのは難しい。
家族全員で知らない土地に家財道具をもって行くというだけでも何日もかかり大変な困難で、リスクが非常に高かったのだ。
そのために農村では飢饉になるたびに娘を売ると言う悲劇にもつながるわけだが、だからこそ人はその土地に居ついたのである。

でも現代では、東京まで一家全員、車でいけるし、住むところだって贅沢を言わなければある。
簡単に逃げられるのだ。
このこと自体は良いことなのだが、統治する方からすれば、景気が悪くなると人が出て行き、税収が落ち込み、ますます悪くなっていく。
一度、悪くなると蟻地獄状態になり、抜け出せなくなる。
そうなると・・・。

こう考えると幕藩体制って、現代では難しいね。

ちなみに、赤熊は地方分権・・・国からの権限譲渡をするのではなく、本当の意味での分権・・・国と地方行政の役割分担をはっきり分けるというのを推奨しています。
場合によっては国に権限を集中させることも検討し、業務が被っているところをなくすべきだと考えてます。
国と地方の行政がかぶってるところって、沢山あるしね。

というかまず、これをやらない限り、権限を委譲しても上手く機能しないと思いますね。
分権推進派はこういう段取りとか手順を考えているのか、いまいち疑問。
そういう話を一切聞かないので、おそらく考えていないのでしょう。

・・・ダメだこりゃ!!
コメント

地方分権を主張する人の隠し事

2010年07月21日 | 政治
大阪の橋下府知事が吼える。
「財源と権限を地方に委譲すべきだ!!」と。

でも赤熊はこの主張に賛同できない。
彼らはあることを隠しているのだ。

それは「失敗したらどうするのか?」である。

リターンにはリスクがつきものなのです。
夕張市みたいに財政破綻した場合どうするのか?
ここが一切わからないのである。

自力で再建? or 国に救済を求める?

もっとも「自力で再建」は無理である。
日本には転居の自由があり、自由に引っ越すことができる。
財政破綻をし、行政サービスが著しく落ちた場所には住みづらく、人が出て行くばかりだろう。
そうでなくとも、財政破綻する地方は、経済が落ち込んでいる地域なのだから、働く場所がない以上、人は出て行くしかない。
それで自力再建なんてできるわけがない。

となると、国に救済を求める以外に無い。
でも、だったら最初から地方分権などといわないで欲しい。
国の関与を否定したのに、困れば国に頼ります、など理屈にならない。
そういった甘い認識では失敗するのが目に見えています。

もう1つ、分権推進派が言わないことがある。

地方には監視するマスコミが少ないこと。
この国の主要メディアが首都に集まりすぎているのだ。
一応、地方紙やローカルテレビ局があるが、そういったところが積極的に県政なり、地方行政を伝えている・・・とは言い難い。
権力と言うのは監視・・・衆目に曝されないと『腐る』と言うのが実情で、権限を分けられた地域で十分な監視ができるのかというと・・・疑問です。
分権が進めば、マスメディアが監視するようになる・・・といいたいところですが、残念ながら、現在のメディアの不甲斐なさをみたら「期待できない」と言わざるをおえない。

そういう状況下で、分権を進めても今以上に不透明になるのではないかと懸念しています。

・・・もしかしたら、分権推進派は権力を欲しいままにし、利権を漁りたいのでは?
杞憂だと思いたいのだけども、このあたりの説明がない分権推進には賛成できません。
コメント

自民党の一番とみんなの党のピースサイン

2010年07月20日 | 政治
今回はどうでもいいネタ。

自民党のスローガン『1番』。
これは蓮舫氏の「2番じゃダメなんですか」へのあてつけと言われている。
まぁ、そんなことに興味はない。

でも、選挙の結果をニュースで流したとき気付いた。
自民党議員で指をつきたて、一番のポーズを取っていた。
あまりオシャレなポーズじゃないな・・・と思いつつ、次のシーンに変わった。
みんなの党の渡辺代表が10名の当選を喜び、ピースサインをしていたのだ。

!!

自民党1番、
みんなの党2番?

まさか狙ってた???

偶然だと思うが、妙に決まっていたので、納得してしまった赤熊でした。
コメント

民主党は恥ずかしい!!

2010年07月19日 | 政治
赤熊の予測どおり、国会が捩れた。
このことは想定内なので、どうでもいい。

どうでも良いけど、民主党がこう言い出した。
『野党にも協力していただきたい』

・・・・・・どの口で言ってんだ!!!!!!!!

リーマンショック後の経済対策を邪魔したのは許せないし、
ガソリン税のときはあれだけ反対してきておいて、政権とったら無視、
ついには、あれほどソマリア沖の自衛隊派遣に反対してたのに継続・・・。

これでは誰も協力したがらないだろう。
恥を知れと言いたい。

これまで、散々『反対のための反対』しかしなかったツケがここに来て、一気にでてきたと言うことだ。
そのツケはきちんと支払うべきだ。
まずは、野党のときの反対姿勢を全国民に謝る事からはじめるべきだが、現在のところ民主党の誰からも謝罪の言葉を聞いていない。
コメント (2)