意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

沖縄の基地負担というのが解らない

2014年01月28日 | 社会
普天間基地が辺野古に移すという問題が難航してます。
なんでも基地移設の反対派の町長が当選したとか?
普天間基地が危険だから、危険性が少ない辺野古に移すのが反対と言われましても・・・。

もう普天間固定でいい気がしてきた。
てか、普天間基地の住民が何人いるか知らないけど、もうそいつらをどっか余所にやったほうが安くて手っ取り早いんじゃね?


ま、そこはおくとして、沖縄が大きく基地を負担している・・・という人がいる。
赤熊はこの考えが解らない。

・・・・沖縄に基地を作るのは当たり前だろう、国境付近なんだから。

国境に砦を築く。
そうしなければ守れないのですから当然のことです。
なければ、他国に攻められて焼き尽くされ、殺されるだけだろう。
そうなりたいのだろうか?
そうならないためにも、逆にあって安心する施設だろう。

どうしてこんな呑気なこと言えるのだかわからない。

また、訓練場だけでも全国に散らばせて軽減をはかるべき・・・とかいう人もいるけど、訓練する機体で防衛するんですよ。
違ったら訓練にならないじゃないか?
つまり訓練場を別の遠隔地に置くということは、それだけ防御が手薄になるということだ。
本末転倒だろうに。

それに沖縄だけが基地負担してるなどといわれるのがおかしいのである。
今でも負担しているのである。
税金の面だけで言ってるわけじゃない。

例えば城下町。

細く曲がりくねった道にわざとしてあるのだ。
大勢で攻められないように、である。
だから今でも細く曲がりくねっている。
・・・ここに住むのがどれくらい大変か住んでる人しかわからないと思うけど不便なのである。
狭いから事故だって多いしね。
赤熊の住む地域じゃないけど、家を道に沿って建てるのが、斜めに建てて道を鋸の刃のようにジグザグにして有事の際に物陰に隠れられるようにしてるるところもあるそうだ。
それを聞いて、赤熊の地域がそうなってなくて良かったなと思うのと同時に、生活の不便さよりも他国の人間が攻めてくること・・・つまり生活をおぼやかされることに注意していたわけだ。

今はもう誰も攻めてこないのだけれども、そのことを今の人間が不便という形で『負担』しているのである。
しかもこれ、何百年も前の軍事の跡なんですよ!!
いやいや、お金を貰えないのだから負担し損なのですよ。
もし、それをしかたがないというのならば、沖縄の状況も仕方がないで済ませるべきだ。
いえ、まだお金がもらえる、基地という経済に貢献する施設があるだけましだと思えてくるんですよね・・・。

軍事なんてそんなものです。

あ、もしそれでも減らしたいのなら一番いいのは国境に接していなければいいわけですから、積極的に侵攻して国境線を変えるように主張したらいいと思いますね。
手間暇を考えると現実的では無いのですけど、1つの手ではあります。
ま、そんなことは主張しないと思いますけど国境に住んでいるということをどうとらえるか?それだけは考えるべきだと思います。
コメント

反捕鯨の浅薄さ

2014年01月25日 | 国際
ケネディ駐日大使がツイッターでこういうことを言ったそうです。

>米国政府はイルカの追い込み漁に反対します。イルカが殺される追い込み漁の非人道性について深く懸念しています

人道?
・・・・・・・アメリカ人はイルカが人間に見えるのか?
なるほど、アメリカでカウンセリングが流行るわけです。

まぁ良い方に解釈して、漁の方法が残酷だと言いたいのだろうか?
一カ所に集めて屠殺する・・・・・非常に効率的な方法だと思うのだけれども?
それ以外に楽に早く安く効率的な方法があるというのならば、それを教えれば済むだけだと思うけど?
ないというのなら口を挿むべきじゃないだろうに・・・・。

いやいやイルカを殺すのが残酷だと言いたいのかもしれない。

・・・・・・・生き物を屠殺して食べるのは残酷なことではないだろう。
殺さなければ食べられないのだから。
それとも生きたまま食べるつもりだろうか?

屠殺が可哀想という感性なのでしょうけど、牛も豚も鶏も、肉は誰かが殺してるから食べれるのであって、そこに可愛想も残虐もないだろう。
仮にそう思っても、思うだけに留めるべきだろうに。
なんなのでしょうね、こういうその場限りの優しさを発揮する人って・・・。
こういう人たちって、動物とかあまり好きじゃないんだろうね。
臭いとか平気で言いそう。
もしくは生き物を救う私いい人!!とかって思ってそう。
生業を邪魔してる時点で悪い人なんですけどね。

少なくとも屠殺が当たり前と思う人とは相容れない。
生き物にふれあわない人間が思いそうな浅薄さの現れだと思います。
コメント

日本の左翼が北朝鮮にシンパシーを感じる理由

2014年01月21日 | 社会
田原総一朗のブログを見ての感想。

今年どうする安倍首相、経済と安全保障はどうなるか?
http://blogos.com/article/78064/

>もちろん、僕も争を知る世代として、断固として戦争には反対だ。ただし、国家の安全保障を考えねばならないということも、一方ではよくわかっている。
>緊迫するアジア情勢を考えても、安全保障体制の再構築は必要だろう。ただし、ひとつ確実に言えることがある。日本を戦争をする国にしてはいけない、ということだ。

安全保障を考えたら戦争をする国にしてはいけない???
安全保障を考えたら戦争が『できる国』にすべきじゃないのか?
なら賛成というべきだろう。

戦争はなるべく避けるべきだ、最終手段にしなければならない・・・という意見なら理解できるが、戦争をする国にしてはいけないでは意味が通じない。
安全保障を考えたら戦争を常にできる国にしておかなければ抑止にはならないのである。

理想と現実の乖離における苦悩・・・それがこのポエマーな文章になるんでしょうね。
赤熊的には苦笑いなんですけど。

この記事で一番強く言いたかったことはおそらくここであろう。

>日本を戦争をする国にしてはいけない、ということだ

この人・・・というより日本の左翼という妄想集団の頭の中には『 戦争 = 悪 』という構図があるのでしょうね。
それが間違いの元なのである。
ここを取り違えるから、文章がグダグダになるのである。

戦争は正しいのである。
なぜか?
それは戦争をすると『決断した』ことが正しいからである。

戦争とはあくまで手段であり、そこに正邪善悪なんてものはない。
というか、そんなものを決めれる根拠は誰も持ち合わせていない。
だからこそ、特に民主主義において正当な手続きで決められたことはすべて正しいとされるのである。
そういうルールなのである。

もっと言うのならば『しない』と決めても正しいし、『する』と決めても正しい。
もちろん将来、振り返った時、結果的に良かったかどうかは別だが、どんな決断をしようと『決断する』ことこそが正しいのである。
例えそれで破滅したとしても、です。

逆に言えば、何の決断しないことこそが間違えであり悪なのである。
例えそれで結果的に良かったとしても、です。

決断こそが正しいのであり、戦争をすると決めたのであるのならばそれは『常に正しい』のである。

そしてもうひとつ・・・民主主義は全責任を全員で負う。
それが求められるのである。
これが理解できないのならば、民主主義なんてやめたほうがいい。

そういう意味では民主主義って苛烈だよね。
責任放棄なんて誰一人として許されずに決断を迫るのですから。
それなのに戦争が悪、だからしてはいけない・・・という考えを持つ人がいるんですよね・・・。
それを許させるという考えてる時点で甘っちょろい。
甘っちょろいというより、判断を国民に委ねないということは民主主義の否定であり、独裁と同じ思考ですね。

と、ここまで考えてこの世代の人間ってなんで北朝鮮にシンパシーを感じるだろうと昔々からの疑問(だって社会主義・共産主義のくせに身分差があるわけだよ!!)だったのですが・・・民主主義という不確かなものではなく、彼らは絶対の指導者が欲しかったのでしょうね。
その人に自分の考えを正しいとして肯定してほしいわけだ。
そういう存在を神様というのだと思うのですけど、そういう彼らは背中を押してくれる便利な神様を求めているのでしょうね。
なるほど、だからこそ彼らは北朝鮮が理想、少なくとも理想としていたわけですね。
偉大なる指導者がいて間違えずに導いてくれる・・・。

そんなものは存在しないのに。

不確かな王というものを追放して、民主主義を獲得しておきながら、それでそれを捨てる。

一体何がしたんでしょう?
はてさて。

昔は甘っちょろいことを言ってごまかしていたのでしょうが、インターネットが台頭してきてこういう甘っちょろい考えが許されなくなっている時代です。
その残滓が今もくすぶっているのが、上のわけの解らないブログになるわけですね。
この人、その時代を経た人だものね・・・。

日本が大人になった・・・とみるべきか、彼らが見捨てられたとみるべきか・・・・・。
いずれにしても(日本の)左翼の時代は終わったのでしょうね。


2014.01.25 訂正・補記
コメント

東京に何人の馬鹿がいるか調べる選挙

2014年01月17日 | 政治
猪瀬氏が都知事を退いたので、東京都知事選があります。
で、候補者の幾つか雑感。

1.宇都宮健児

日弁連の元会長。社民共産の推薦。
つまるところ極左の人ということですね。(赤熊的には極左ではなく、非現実的な妄想集団だと思ってますが)
日弁連は極左の集まり・・・などとネットではまことしやかに言われてましたが確定みたいです。
今現在の会長がどうなのかは知りませんが、司法は極左に乗っ取られている可能性が高いと見たほうがいいでしょう。
そうそう、鈴木達夫という中核派の弁護士も出馬するそうです。
・・・ますます司法って信用できなませんね。
この国は一度司法の大掃除をしたほうがいいのではないかと思います。


2.ドクター・中松

ちんどん屋さん。


3.舛添要一

公明党の推薦らしい。
小泉進次郎氏の「一番苦しいときに『自民党の歴史的使命は終わった』と言って出ていった人」という言葉が象徴してる人だよね。
裏切る奴はすぐに裏切る。
それが真理。


4.田母神俊雄

元航空幕僚長さんですね。今は軍事評論家ですね。
残念ながら政治的手腕は未知数。
しかし、東京は重要なヘマをしない限りそれほど問題になる役職ではない。
6年半後のオリンピックがあるため年齢的にはちょうどよくはある。
ただ、思想的に中韓との軋轢を生みそうだが・・・オリンピックを控えている状態でそれが吉と出るか凶と出るかは不明ですね。


その他、吉田重信、中川智晴、五十嵐政一

この方たちは良く知らないのでパス。


さてさて本題。

5.細川護煕

元総理大臣で、同じく元総理大臣の小泉氏から推薦を受けてますね。
他にも民主党の推薦で、鳩山由紀夫、菅直人、小沢一郎の疫病神、貧乏神、破壊神のダメダメ三人衆が応援してるのだとか・・・。
ま、そこはいいや、どうでも。
一番の問題が、東京都知事選の争点を原発にしていること。

なんで都知事選の争点が原発なん?
誰がどう考えてもオリンピックでしょう。
オリンピックまであと6年半です。
それまでに、世界各国から来るオリンピック客の宿泊施設や交通機関の整備やそれにともなく犯罪の増加の取り締まり等々を、どのように捌くか・・・それが争点なのです。
それ以外は争点ではありません。
原子力自治体でもない東京都の知事になって原子力行政にどんなことが関与できるか?
ほとんどありませんね。
それで反原発って言われても・・・・。
マスメディアも無責任に原発を争点としてを煽ってますが、傍から見ていて完全にしらけています。
こんなのに乗る人がいるんでしょうかね?
正直、この選挙で一番気になるとこは東京都民にバカがどのくらいいるかが得票数で解るところでしょう。

・・・・・こうして無理やり見る理由を作らないとバカらしすぎてますね。
ま、あの山本太郎に票を入れるクズな東京都民がいるわけですから、何も理解できない馬鹿が相当数要るんでしょうね。

それにしても猪瀬氏の不明瞭な5000万円のお金をバッシングをしておきながら佐川急便からの1億円の不明瞭なお金に関してはどうでもいいんでしょうかね?
猪瀬氏の続投がマシだったんじゃないの?
そうもいいたくなる選挙です。

選挙をすれば良くなるという幻想を粉々に打ち砕く良い話ですね。(棒)
コメント (2)

弁護士ってバカなんだろうね・・・。

2014年01月14日 | 社会
ちょっと前のブロゴスの記事に茫然とした。

安倍首相の「靖国参拝」 弁護士たちは「いいね!」と思っていない!?
http://blogos.com/article/77563/

元は弁護士ドットコムの記事ですね。
この中で、弁護士に靖国問題の賛否を問い、その上で意見を募っているわけです。

その意見にあきれ果てる。

全部で11の意見が寄せられている(賛成2件、反対9件)が、そのうち一番最初にある賛成の1件以外はゴミ。

弁護士ドットコムは(一応)法の専門家である『弁護士』として靖国問題を聞いているのであって私見を聞いたものではない。
だから、最初にすべきは法律に違反するかどうかの回答である。
そしてそれがどうしてそう考えるのかの解釈をすべきである。
その上で最後に少しだけ個人的な私見を述べるなら良いコメントだが、それがきちんとできているのは最初の賛成の1件のみ。
私見だけをベラベラ書くのは一体なんなんだろう?

弁護士としての法的に専門的な意見を聞きたいのであって、隣国との関係悪化とかどうでもいいのである。
国益を考えるのは『弁護士』の仕事ではない。
こんなこともわからないバカな人間の意見なんて価値ないでしょうに・・・。
靖国問題にいろいろ言いたいことがあるのかもしれませんが、そういう私的見解なら自身のブログやツイッターでして貰いたものです。

正直、賛成の1件以外の馬鹿な弁護士に弁護を任せたくないな・・・としか思えませんね。
弁護士ドットコムは弁護士の出来が悪いことを知らしめるサイトなのでしょうかね?

弁護士が増えすぎて食っていけない・・・とか言われてるけど、そりゃ、この程度なら食っていけませんわな。
コメント

無駄な天気の話題

2014年01月09日 | 報道・メディア
アメリカに猛烈な寒波が襲いました。
ニューヨーク-16℃、シカゴでも-17度も記録したとか。
・・・でもシカゴやニューヨークって札幌とほぼ同じ緯度ですから、そのくらいの気温になってもおかしくないんじゃ?
まぁ、それでも人が死ぬほどの寒波ですから、相当、凶悪なものだとは思います。

それでその寒波が日本にもやってくる!!とテレビで言ってましたが・・・・・。

そのレベルの寒波って東京には来ないでしょう?

多少は冷え込むと思うけど、朝の気温がせいぜい氷点下くらいになるのが関の山なんじゃないかな?
雪に閉ざされて難渋する・・・とかでもないし、そのくらいの寒さなら毎年来てるだろう・・・。
北海道や東北あたりならば、それこそ毎年のことで、今年が特別に寒いってわけじゃない。

お天気解説なんてやっているけど、本当に異常気象ならともかく、もっと他に伝えるべき話題とかあると思うのですけど・・・。
そういえば、検察庁から脱走した男がおりました(その後、捕まりました)が、そのニュースで伝えるべき需要なことは、容疑者の隠匿をさせないように、隠匿した場合の罪状などを伝え、行動範囲を狭めるようにすべきだと思うのですけど・・・・検察からどう逃げただとか、逃げて怖いですね、くらいしか言わないものね。

世間話の種に一番いいのは当たり障りのない天気の話題と言いますけど、そのために取り扱っているんでしょうか?
当たり障りのないニュースなんて伝えるほどの価値があるとは思えない。
それが視聴率に表れているのでしょうけど。

・・・斜陽化するわけです。
コメント

靖国参拝問題?

2014年01月05日 | 政治
当初よりは下火になってますが、未だに安倍総理の靖国参拝のネタが続いている。
赤熊は問題視することではないので無視してましたが、それがいまだに続くなんて・・・。
本当にいい加減にすべきだおともいますよ。

元来、安倍総理が何処にお参りに行こうと自由です。
それを「行くな」という方が頭がおかしいのです。

反対派は中韓との関係が悪くなるから「行くな」と言っているようですが、結局これは反対する人の都合であって、安倍総理には関係ない・・・・・安倍総理の行動を制限する理由にはならないのです。
この程度で悪くなるとは思えませんし、そもそも諸外国に反対されるいわれもないしね。
そこでなされた発言の方がよっぽど重要ですよ。

あとは、政治的パフォーマンスだからダメとか言う人がおりますが・・・・・政治家の行動なんて全て政治的活動でしょうに。
というか政治的行動か否かを切り離せると考えられないでしょう。
もし「これは政治的活動ではない」って政治家が言えばそれを信じるのでしょうかね?
こんなこと言う人は相当・・・ナイーブな人間ですね。(笑)

ま、どちらにしても個人の行動を制限する理由にはなりませんね。

もし、それでも行動を制限したいというのならば、相応の対価を支払うべきなのです。
一方的に押し付けてはダメなのですよ。
相手は総理大臣で自由な意思を制限するということですからかなり莫大なものを差し出さなければ、安倍総理は承諾しないと思いますが・・・・・。
はてさて、彼らは何を差し出すつもりなのでしょうね?
というか払えるものがあるのかが疑問です。
コメント

明けましておめでとうございます

2014年01月01日 | 日常
A HAPPY NEW YEAR!!!!

2014年です!!

安倍政権が誕生して、安定した一年でした。

経済も回復してるし今年も一年期待できそうです。

まぁ、だから政治ネタが全く盛り上がらなくてつまらないのですけど。

うーん、これ極めて贅沢なことだよね。

こんなこと言っちゃダメですよね。

てなわけで、本年もよろしくお願いします。
コメント