意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

民主党の1年を振り返って

2010年12月30日 | 政治
民主党政権下の1年でしたけど・・・・・・・・。
去年の記事に『来年は暗黒だ』と書きましたけど、その通りになりましたわ。
まぁ、どれをとっても最悪なことしかしませんでしたね。

もともと、赤熊は民主党に政権交代する前から、『民主党は無能』『夢物語以前の寝言』『現実不可能な詐欺フェスト』・・・・・・等々と散々に言ってきましたが、まぁ、その通りにしかならなかったわけです。
赤熊が頭が良すぎるのか、民主党に投票した人間が頭が悪すぎるのか、どちらでしょうかね。
まぁ、普通の理解力があれば、民主党に票など入れないでしょうけどね。

さてさて、振り返りたくもないのだが、一応ね。
今年は人物をキーワードとして振り返ってみようと思う。

(1)鳩山ルピ夫
6月のはじめに総理大臣を辞任した。
理由は普天間への基地移設問題、母親からの子供手当の脱税・・・・といったところ。
わずか8か月で退陣。
これが1分1秒でも長くいることが国益を害することだったので、それ自体はよかったことなのですが、その後を継いだのが『すっから管』なので何とも言えない話になってしまっている。

もともと、能力を疑問視されていたのだが、その通りだったということだ。
本当に愚かな人間でしたね。
最近では、『総理大臣を辞任したものはやめるべき』という持論を撤回して、継続を表明。
屑はどこまで行っても屑だ・・・ということをまざまざと見せつける人物である。
さっさと死ねばいい。

(2)仙石
こちらはもっと許せない人物。
尖閣諸島への中国船侵犯の問題を決定的に悪くした。

海保の船に中国漁船(?)が突っ込み、中国人船長を逮捕。
証拠の映像まであるのにもかかわらず、起訴せずに処分保留のまま釈放。
その理由が、『中国との関係を考えて』と、那覇地検が外交をするという暴挙。
政府(仙石)はそれを『諒』とするという異常事態。
その後、この件に関して民主党が証拠隠蔽をしたが、海保職員が内部告発して問責決議を受ける・・・・。

・・・・改めて書いてて情けなくなってきた。
まず、地検に圧力をかけ、犯罪をもみ消したことは万死に値する。
これでは、検察は犯罪者を起訴できない。
法の下の平等が失われたのである。
少なくとも指揮権を正式に発動すれば、それを回避できたんだけど・・・。
この一点だけでも、この政権は終わるべきです。
国家が融解した最大事案でしょうね。

本来ならこの件は中国に気を使う必要ない、ただの外国人犯罪者の話です。
すぐに証拠ビデオを公開をして、「法の下、さばきにかけます」と堂々と宣言すれば、特に何の問題もなく解決した事案でしょう。
その程度の話を国際問題にまでするのだから、無能さが極まってますね。
ため息以外でません。

(3)小沢
不明瞭なお金により、秘書が逮捕された。
その後、小沢は『何も知らない』と主張し、証拠がなかったので『秘書が勝手にやったこと』として起訴されなかったが、一般人が決める検察審査会で強制起訴が決まった。
で、そのことに対する弁明の場、政倫審に出るの出ないのと大騒ぎ。
・・・・終わった人間など、どうでもいいよね。
さっさと証人喚問すればいい。
それだけだ。
これがなぜできないのか、民主党内の分裂が浮き彫りになる事案だけど、やはり終わった人間。
どうでもいいとしか言えない。

(4)蓮舫、その他仕分け議員
阿呆だと思う。

事業仕分けで財源を確保しつつ、予算を組む・・・という流れだったわけだけど、もろくも崩れ去って、戦後最悪の予算案しか作れずに右往左往していると・・・・・。
去年も書いたが、こういうものは統廃合をやった後・・・大きく改革をした後に、細かく精査していくものである。
それをせずに仕分けようなど、壁に穴が開いているのに、部屋を暖めるようなものだろう。
全くの無駄である。

その結果、予測通り、内容は最低でパフォーマンスに終始した。
特に宇宙関連の予算を削減することという愚挙をおこない、ハヤブサが帰還したら復活・・・。
理念も未来も何もないクズの仕分けでした。
そんなものを2匹目のドジョウどころか、3匹目を狙ってやったのでしょうが、マスコミから管の支持率低下を受けて「パフォーマンス」と揶揄されていた。
去年は あれほど意味のないパフォーマンスにマスコミは好意的だったけど、世の中変わるものですね・・・。
・・・犯罪者は成功すると、味を占めて同じ犯罪を繰り返すというけど、事実のようです。

(5)柳田元法相
あえて書きませんが、失言で辞職したバカ。
これは柳田だけではなく、民主党議員に共通するのだが、言わなくていいこと、言ってはいけないことを平気で口にする。
管 然り、仙石 然り、蓮舫しかり・・・・・・・・。
何なのでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・。
ほかにも個々に書くことあるけど、気が滅入りすぎました。
ここら辺でやめとこう。

これほどの法治国家、民主主義に反することをやっておきながら誰一人、離党なり、辞職しないなど民主党には見込みのある人間はいないと見たほうがいいでしょうね。

そういえば、今年中に解散総選挙があるのではないかという予測を立ててましたけど、残念ながら外れました。
一刻も早い解散総選挙をしないと日本がそれだけ毀損され続けます。
来年、早々にあることだけが希望なんて・・・異常事態です。


去年の民主党のまとめ記事
コメント (2)

コンピュータ新調

2010年12月29日 | 日常
コンピュータが新しくなりました。
ブログ上は変わんないけど。

細かな設定などがあるので、ブログの通常運営は明日あたりからになると思います。
コメント

リーダーシップって何だろう?

2010年12月28日 | 政治
民主党が壊滅してますね。
政策の何一つまともなことが出来ないのだから当然ですけど。

そこで、メディアを見ると失敗した原因に、こういう論調があります。

『管にリーダーシップがない』

・・・・・・・・・リーダーシップって何だろう?

と疑問に思ったけど、ことさら考えるまでもない。
かいつまんで言えば、決断する力のことだし。

物事の方向性を決め、推進する能力。
と簡単に書いたけど、これが非常に難しいわけで、決めたは良いけど、誰もついてきてくれない・・・では困ります。
決めたことに対しての説得力や責任を負う気概など、要は統率力やカリスマ性ということでしょう。
虚ろな目で、官僚の作った答弁書を読み上げているようでは100年たっても無理でしょうね。

もっと卑俗的な方法でとなると、結局のところ、その人間の指示に従えば『得をする』と思わせればいいのですから、お金を配る・・・というやり方でしょう。
このやり方をやっているのが小沢で、そのために莫大なお金がいると。

手っ取り早いけど、お金の切れ目が縁の切れ目。
利用するだけ利用して、後はポイッ!!
お互いがそう思っているのでしょうから、お相子でしょうけど。
もっとも、傍から見てれば、気持ち悪い関係ですが。
それでも上手く回るのなら良いと思うけど、小沢システムは高度情報社会ではやはり不利は否めない。
もう時代ではないんだよね・・・・・。

やはりカリスマ性を持つものがリーダーとなることが望ましいことになるが・・・難しい要望だよね。
新しいリーダーシップのあり方を考えていかないとならないでしょうけど、現在、思案中。


2010.12.29 追記
思案中と書いたけど、要はどんな人間が好ましいか?ということだよね。
赤熊が好ましいと思うのは、『明確な人間』ですね。
これは右も左、保守や革新でも関係ないです。
明確性・・・論理的かつ合理的に説明できる人間には共感はできなくても、好感を持ちます。
赤熊が民主党議員や小沢が特に嫌いなのは、この明確さ・・・何がしたいのかがさっぱりと解らないからです。
理念を掲げてたとしても、荒唐無稽で支離滅裂だしね。
そんな人間、リーダー以前に政治家として要らんよね。
コメント (2)

KAGEROU を読んでの感想

2010年12月25日 | 社会
過去にネタにしてしまった以上、読まないわけにはいかないかなと思い、齋藤 智裕のKAGEROUを読んでみた。
といっても、本屋での立ち読みです。

なんだけど・・・・・。
最初の数ページで断念。
これは無理。
これを読むというのは苦行である。
最後まで読んだという人間は尊敬に値しますね。

何が無理なのかといえば、表現力のなさである。

さびた鉄粉を食べて、その表現を「血の味」だなんて陳腐以前の問題。
こういうところにこそ、独自の表現を入れて読むものを感心させるものだろう。
この表現では絶対に、錆びた鉄粉を食ったことがないでしょうね。

しかもこれは「あっさりとした文体」ではなく、劣悪で無駄な比喩表現で飾っている作品なのである。
「ヤスリで削ったような三日月」とか、「ゴキブリのように気配を殺し」とかはまだましで、とかく酷いのが「コンビニかなにかの袋」である。
『コンビニのビニール袋』では何がいけなかったのか作者に聞いても絶対に答えきれないだろう。
もっと読み進めると、ひどい表現がワンサカある。
荒削りとかいうレベルではない。
削ったカスの表現である。

ほめる部分があるとすれば、これを世に出した水島ヒロの『勇気』だろう。
あと、これに大賞を与えたというポプラ社の『勇気』である。
赤熊には絶対無理だね。
その部分だけは褒め称え、崇め奉り、崇拝してもいい。

赤熊は、まぁ、出来レースだろうけど、それでも最低限の表現力を持ち、絶賛はされなくとも、賛否両論あるちょっとした小品・・・程度のものを予測していたものだが、それをはるかに下回る出来だなんて。
この程度の作品なのでゴーストを使っていないのでしょうけど、それにしても酷すぎる。
なぜポプラ社は辞退した賞金2000万円でゴーストを雇わなかったのか、不思議にならない。
・・・いや、ゴーストを使ってこの出来なのかもしれない。
文章の繋がりが微妙におかしいもの。
どちらにしても、この程度では『出来レースです』とバラしているようなもので、ポプラ社に何のメリットなどないでしょうに。
今後どういう経営をするつもりなんでしょうね。

馬鹿しか世の中にいないのか疑問になってきましたね。
まぁ、民主党が政権をとるくらいだから、これくらい当然だと嗤われるのかも知れませんが・・・・。
世も末だ。
コメント

カボチャの叫び

2010年12月24日 | 社会
明日はクリスマスです!!

仏教徒にはどうでもいいけど。

毎年のことながら、ケーキだけは買ってます。(付き合いですけど)

イチゴのショートケーキです。

というわけで、去年も言ったけど、今年も言おう。

なぜ、カボチャのケーキじゃないんだ!!!!!!

クリスマスはもともと、ミトラ教の冬至のお祭りです。(という説)

なら、日本ではカボチャを食うべきだ!!!

赤がほしい?

なら、小豆を食え!!

これで風邪を引かない。

こうすれば、クリスマスも祝えて、冬至の伝統も守れる。

一石二鳥なので小豆と南瓜でケーキを作れと毎年言っているけど、浸透しないね・・・。

こうなったら、浸透するまで毎年書いてやる!!

と思ったり思わなかったりしている今日この頃です。

去年のクリスマス記事
コメント

パソコンが壊れました

2010年12月22日 | 日常
予測どおり、パソコンが壊れました!!
現在、人のパソコンを借りて、更新中です。

新しいパソコンは注文しましたが、来るのは来週の月曜日になりそうです。
まぁ、セットアップなどしないといけないでしょうから、ブログの本格的な更新は年末くらいになると思います。
それまで、他人のパソコンを借りて、更新しようと思います。
まぁ、不定期かつ短い、どうでもいい内容のブログになると思いますけど。

それにしても、コンピュータ内のデータが飛んだのが痛いな・・・。
バックアップをとっていたと思ってたのに取り損ねていたようです。(T・T)

まぁ、なくなったからといって特段の不都合があったわけではないのですけど、日々の日記・・・というより雑記ですが、いろいろと書いていたのがね、惜しいところです。

バックアップは常に確認しておくべきですね。
コメント

お知らせ

2010年12月18日 | 日常
ここ数日、どうもパソコンの調子が悪いみたいです。

たぶん、壊れる前兆だと思います。

可能な限り更新しようと思いますが、更新や返信が滞ると思います。

壊れてもすぐに買い換えようと思うので、すぐに復活すると思いますので、今後ともよろしくお願いします。
コメント

これが管内閣の実績だって!!

2010年12月17日 | 政治
仙石官房長官が管内閣の実績を聞かれ、答えられなかったので、次の日に列挙しました。
即、答えられないだけでOUTだと思うのだけど、その記者会見の内容が阿比留記者の国を憂い、われとわが身を甘やかすの記がかかれてますが、疑問符がつくものばかり!!

これが菅首相の実績だと、仙谷氏が宿題を解いてきました

これを真面目に取り上げるのがバカバカしいが、一応、考察。

全部で31項目あったようですが、なんてろ機関の設置とかって、設置するだけなら誰でもできるだろうに・・・。
排除。
それと、なんてろ会議の成功と言うのも排除。
日中首脳会談が成功???
ペーパー読みで世界に恥を曝したものが成功??
ありえない。
排除。
それから、やって当然のものも排除。
郵便配達員が郵便配達をしても評価されないだろう。
あと沖縄訪問とか、まだしてもいないことをリーダーシップと言うなといいたい。
排除。

口蹄疫の対応、待機児童、新卒者の採用などの明らかな嘘も排除。
というか、まだ解決していないことを実績だなんて、悪質極まりない!!
特に宮崎県は怒るべきだろう!!
それと、自民党時代から協議されてきているものも排除。
オープンスカイとか、安倍政権から続く、ただの横取りでしょう?

さてここで、残ったものを精査しようかと思ったけど、精査するほどのものじゃないものがある。
遺骨収集なんて成果じゃないだろうし、法人税減税も効果は薄いでしょうね。

管談話は日韓基本条約に反する内容だろうから実績ではない。
明らかに害である。

列挙すると、

①出先機関の権限の事務権限の委譲
②5500億の一括交付金化
③市民公益税制に50%の税額控除の導入
⑤諫早湾干拓事業についての上告をしない決定
⑱HTLV(骨髄性白血病)の施策
23イラン制裁
27日本とベトナム首脳会談で原子力発電の共同開発

と、4分の1も残ってない。
見るも無惨である。

その上、これらを評価せよといっても、出先機関の権限委譲や5500億の一括交付金化、HTLV対策、イラン制裁などはよくわからない。

その中でも首を捻るものもある。

例えば、
諫早湾の問題の上告しない決定も党内どころか、閣内から反発を受けているし、地元の県議会からは裁判を起こされそうである。
そもそも、「完全撤去を決めた」のなら理解できるが、所詮、5年間の調査である。
この先、どうなるか解らない。
「パフォーマンスに使われた」としか思えないのである。

ついでに言えば、
>海をきれいにしていこうという高裁の判断は大変重いものがある。
と管総理大臣いい、高裁の判断を重要視しているが、この言葉は三権分立・三審制を軽視している。
最高裁が判断したのなら三権分立上、尊重しなければならないが、ひっくり返る可能性がある高裁である。
今後の『海をきれいにする』話なら、政府は高裁の判断で決めるのかだろうか?
そんなことはできないだろう。
頭が軽すぎる発言である。

あと、市民公益税制に50%の税額控除の導入も変である
簡単に言えば『NPOに寄付したお金の半分を税の控除対象にします』ということらしい。
なにやら熱弁をふるっていたようですけど、
普通に考えて解るように、収支だけなら寄付しないほうが得だ。
それで、寄付が増えるか???
甚だしく疑問である。
これなら1万円寄付したら、1万円税金が安くなる・・・としたほうが良くない?
こっちのほうがよっぽど寄付が増えるよ!!

ああ、列挙された評価するものがなくなりました。
もう一度問い質したいところです。
まぁ、そんなものないでしょうけど。
コメント (4)

意味不明の法人税減税

2010年12月16日 | 経済
民主党は法人税の5%引き下げを決めました。

・・・5%程度引き下げて一体なんになるのか?
もちろん税金は高いより安いほうが良いけれど、何のための減税かが全くわかりません。

一応、これを決めた管総理は、

>企業が海外に行って雇用が失われることは経済にも雇用にもプラスではない。思い切って(税率を)5%下げて、投資や雇用を拡大することで働く人の給料を増やして経済成長を促し、デフレを脱却する。そういう方向にしてもらいたい

と、これで黒字の企業が雇用を増やすことを期待しているようだ。
スッカラ管もここまでくると笑えない。

そもそも基本的に法人税を安くするのは、

1.日本の企業を海外への流出を抑えるため
2.日本に外国企業を誘致するため

の2つのためにするものです。
要するに『日本の雇用』を確保するためです。
なので、法人税の減税は間違えていません。

ですが、日本は法人税率は約40%と高いので、これらの効果を期待するのに5%では少ないだろう。
諸外国で法人税は10%台というのも散見されるので、最低でも法人税率は25%前後にしなければ対抗しえない。
この程度の削減で、企業は雇う人間を増やさないだろう。
それなのに5%下げれば、雇用が増えると考える根拠は何なのでしょうね。

企業は必要な人員を雇うだけで、決して、黒字だから雇うわけではない。
そんなザルな経営をしないのだ。
しかも、減る税収分は各種控除や相続税の増税で賄うと・・・。
一般人にしわ寄せしてどうするんだ?

だいたい、この税金の恩恵は黒字企業しか受けられないし、多くの赤字企業は関係が無い。
7割が赤字企業とされる企業を黒字化させる政策に主眼に置く・・・景気対策のほうがよっぽどマシではないだろうか?
そもそも、民主党は「格差是正」を言っていたはずでは?

・・・・理念も方策も全てにおいてチグハグなのである。
要するに、訳が分からず批判されないために場当たり的に決めたというのが真相なのでしょうね。
まぁ、これは民主党の『いつものこと』なのだけど・・・。
コメント (2)

東京都の青少年健全育成条例・可決

2010年12月15日 | 社会制度・法律
東京都で青少年健全育成条例が可決しました。

条例内容は『強姦や強制わいせつなど刑罰法規に触れるか、近親者同士の性行為を「不当に賛美・誇張」して描いたものを規制対象』です。
要するに、そういう作品を『不健全図書』に指定して排除しようって話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
一見、悪くない・良さそうに見える条例ですけど、人の世というものは良さそうに見えるものほど問題を孕んでいるものです。
民主党が良さそうといって、どうなったか?
いわずにもわかりますよね?
世の中、そんなに単純にできてないことを学んだ方が良い。

この条例の問題は、明確な基準が無いことである
例えば、テレビ。
日本で放送してはいけないとされるのは成人の陰部だけです。
女性のバストはOKですし、見えなきゃアンダーヘアもOKです。
それ以外でボカシが入るのは全て自主規制です。

自主規制はその会社が決めることなので深くは言えませんが、国や行政が行なう社会が従う規制に明確な基準がないなんて、民主主義の冒涜だろう!!
現代の法治はそれを唾棄していると言うのに・・・・。

明確な基準があれば、程度によりますが納得のできる範囲の規制ならば反対はしません。
が、この件は基準がないのだから、害にしかならない。
即座に撤廃すべきものです。

ついでに言うと、審査会を開き、不健全図書指定するのだと思いますが、反論の場も与えるのかどうかも不明だというところがさらに問題ですね。
もっとも、仮に与えたとしても民間企業がそんな面倒臭いはしないだろう。
企業に争っている暇なんて無い。
なので唯々諾々と受け入れるでしょうね。
それだけでも大問題なんですけど・・・。

これだけで撤廃ものだが、その条例におかしなところがある。

改正案第2条
第7条(図書類等の販売及び興行の自主規制)
図書類の発行、販売又は貸付けを業とする者並びに映画等を主催するもの及び興行場(興行場法(昭和二十三年法律第百三十七号)第一条の興行場をいう。以下同じ。)を経営する者は、図書類又は映画等の内容が、次の各号のいずれかに該当するものと認めるときは、相互に協力し、緊密な連絡の下に、当該図書類又は映画等を青少年に販売し、頒布し、若しくは貸し付け、又は閲覧させないように務めなければならない。

一 青少年に対し、性的感情を刺激し、残虐性を助長し、又は自殺若しくは犯罪を誘発し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの。

二 漫画、アニメーションその他の画像(実写を除く。)で、刑罰法規に触れる性交若しくは性交類似行為又は婚姻を禁止されている近親者間における性交若しくは性交類似行為を、不当に賛美し又は誇張するように、描写し又は表現することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を妨げ、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの。


何だよ!!
実写を除くって!!
実写なら、賛美する内容を作ってもOKって事?
実写の方がよっぽど、阻害するおそれが強いだろう。

1で、
>青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの
を対象としておいて、実写ならOKって何ですか?
一体何がしたいのかさっぱりとわからない法文だ。

てか、そもそも、インターネットでそんなものが手に入る時代に、こんな下らない規制作っても無駄だろう。

はてさて、時代遅れで意味不明の規制なんて誰の得も無いだろう。
作って安心したいだけという人間のための条例です。
でも、この心理は『ホロコースト』と同じ心理状態だと思います。

さっさと撤廃すべきです。
コメント (2)

提言  66  テレビ局の生き残り方

2010年12月14日 | 提言
テレビをつければ海老蔵。
チャンネルを回しても、エビ、エビ、エビ・・・・。

ええ加減にせいや!!!!!!

この事件は海老蔵が酔っ払って、喧嘩して、大怪我した。
それだけだ。
1分もかからず終わる話だ。
それ以上でも、それ以下でもない。
そんなものを2、3週間、延々と続けている。
何が面白くてテレビで流しているのか全く理解できない。

同じ話を全ての局が延々と流して視聴者が見ると思っているんだろうか?
見ませんよ。
他局とは違うことを報道した方が、面白いと思うのですけど?
これで、視聴率がどうのこうの言っているのがチャンチャラおかしい。
スポンサーはもっと怒った方が良い。
そもそも、NEWSって新しいの複数形なのだから、次々と新しい情報を流さないと価値は一切無いだろう。

インターネットが台頭し、『映像を発信する』という能力を単独維持できなくなったために、斜陽産業と揶揄されているのにもかかわらず、この危機感の無さ・・・。
斜陽でも、強い危機感を持って、新しいことに挑戦しているのなら理解もできるけど・・・・。
まぁ、スポーツ番組を各局 同じ時間に流しているようでは無理でしょうけど。
同じ話題しかしないテレビ局が生き残れるわけがない。
早晩、統廃合が起こるでしょうね。

さて、テレビ局ってどうしたら生き残れるのか?
大手新聞社は一次情報の公開と巨大データバンクを構築できれば生き残れるんじゃないか?と思っているけど、テレビ局でそれはできないよね・・・。
課金制とか、ネット融合とかも考えたけど、今更でいまいち成功するとは思えないし・・・。

うーん・・・と思ってたら、アメリカは多チャンネル化していて何百局ものテレビ局が存在するそうだ。
そんな中で変わったテレビ局もあり、何と熱帯魚の水槽を一日中流すだけの局もあるんだとか???
すっげぇ~ニッチをついたテレビ局ですよね・・・。
でもこれって、商いの本質だよね。

日本でも応用すれば良いと思う。

思えば、テレビ東京はそうだよね。
基本的に経済とアニメと言う方針で行っている。
尖ってる分、テレビ東京の番組が一番面白いと思う。
『WBS』は元より、『ガイヤの夜明け』、『カンブリア宮殿』・・・と経済関係が多い。
日経がバックについているから、そうなるのは当然かもしれないけど。
まぁ、他にも『鑑定団』、『空から日本~』、『SHOWBIZ COUNTDOWN』とか尖ったものも多いしね。
ただ、業績は芳しくないけど。
これはニッチ過ぎるのか、後発だからなのか、放送されない地域が多いからなのか解らないけど。
経済においてニッチ過ぎてもダメだと言うことですね。

話が大幅にずれました。
でも基本的にこの路線だと思います。
各民放はバラエティならバラエティ、スポーツならスポーツ・・・と得意分野を作ってそれだけ放送すれば良い。
てか、朝日やTBSなんて報道するレベルの話など土台無理なのだから、スポーツだけでも放送しとけば事足りると思うけどね。

でも、こんな思い切った改革なんてできないだろうね。
ニッチ過ぎて、儲かる保証も無いしね。
ならば、アメリカのように多チャンネル化させて見るしかない?
そして、一日中、熱帯魚を見よう!! 
コメント (2)

大連立と連立と小沢切り

2010年12月11日 | 政治
何だか政界に動きがあるっぽいので雑感。

・自民党との大連立

ありえない。
なにやら自民党の大物議員が管総理大臣と会談をしているのでとりただされているため出てきた話。
野党の議員が与党の議員と会談し、腹を探るのは当然だ。
これを亡霊だとか魑魅魍魎だとかいう批評家やブロガーがいますけど、鼻で嗤う。

話題になっている大連立の考察なら読むに値するが、会談内容すらよく解らん話を批判するのは「馬鹿な人間だ」とせせら笑い、信用しなければ良いが、政治家・政党が毛嫌いしているのはどうにかならんものかと思いますね。
どう転ぼうとも情報収集は常に行うべきもので、誰がどのように動くのか注視しておくべきです。
今探っているのは、おそらく「いつ解散総選挙があるか?」だろう。
こういう情報を持てれば自分達の勢力を広げられて、それができるから大物議員は大物議員たらしめているのだ。

で、なぜ、「大連立がありえない」と一蹴するかというと、自民党には何の旨みもないのだ。
現状、民主党が どう足掻いても次の選挙で政権を維持できない。
そんな政党と手を組むだけ時間の無駄だ。
大連立をしたら、少なくともあのスッカラ管を頭にしなければならない。
いくらなんでもそれを許容できるわけがない。
なら、自民党はそれまで力を蓄えておけば良い。
それが分っているのに組む馬鹿はいない。
政界再編後ならありえるのでしょうが・・・。


・社民党との連立

赤熊は冗談だと思ってましたけど、管政権は社民党との会談後、武器輸出規制の見直しを凍結した。
そこまで追い詰められているのか・・・改めて実感しましたね。
解散総選挙も年内か、来年早々にある可能性が高まったと思います。

なぜ冗談かと思ったかというと、衆議院3分の2の再可決で予算が通るから社民党に協力を要請しているように見えますが、社民党とまた組んでも、3分の2ジャスト。
これは1人でも身内が反対したら法案を通せないということだ。
そんな状況で小沢が黙っているはずがない。
まさか、民主党は算数もできないから こういう話になった?
また自爆か・・・・・。


・小沢切り

小沢の国会招致で揺れている。
仙石の問責決議の総括が先だ、後だと、紛糾中。
さっさと呼ばないから尾を引き摺ることになるのである。
いまさら政倫審程度では済まないだろう。
激しくどうでも良いが、これが上記2つに繋がるんでしょうね。
小沢切りで小沢について行く人間がどのくらいいるのかも気になるけど、管につくのはどのくらいなのこの方が余計に気になるところ。
どちらにしても、解散総選挙は近そうです。
コメント (2)

日陰者を作るな!!

2010年12月09日 | 社会制度・法律
こういうニュースがあった。

日本生まれ長女に配慮、強制退去取り消し 名古屋地裁
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/51714930.html

要するに、偽造旅券を使って入国したペルー人夫婦が、学校に通う子供がいたために強制送還が取り消されたというお話。

一体、この裁判官は何を考えてるんだ?

この判決を認めると不法入国者は子供ができれば強制送還されないということだ。
これでは不法入国者が子供を作って10年隠れ潜むだけではないか?
コソコソしなければいけない人間を国家が暗に認めていることになるではないか!!
そんな人間を大量生産するなんて、それこそ人道に もとる!!
正当な手続きを経て日本に来た人間にも失礼な話である。

長女には非はないとはいえ、他の影響を鑑み、強制送還すべきである。
それとこんな判決を下した裁判官は首にすべきである。
コメント

政治家評  12  山内 康一

2010年12月09日 | 人物伝
みんなの党の議員ですね。

そんなに気にすることも無いかとも思ったけど、野党の政治家として「いかがなものか?」と思う程度の低い内容をブログを書いてましたので取り上げようと思う。

山内康一のブログ『蟷螂の斧』
「政界の魑魅魍魎の跋扈」
http://news.livedoor.com/article/detail/5195745/

詳しくは読んでもらいたいけど、
大雑把に言えば、野党にいる政界の大物と呼ばれる人達が与党と接触しているのを魑魅魍魎の跋扈で、古い政治の体質だと批難している内容だ。

・・・・・・野党が、非権力者側が権力者の動向を探るのは当然でしょう?
というより、そのために会談をし、腹の探り合いをすることが政治家の仕事だ。
情報収集というのは与野党、常にすべきことなのである。
そこに新旧は関係ない。
いや、古い人達の方が分ってるんじゃない?
(分っているから長く政治家として生き残ってる?)
そもそも、本当に重要なことはひっそりとするものです。

それを、
>みんなの党は、魑魅魍魎の跋扈する「永田町政治」からは距離を置き、地方選挙の現場で国民に直接訴えかけることを重視すべきだと思います。

このブログ内容を善意に解釈しても、呼ばれなかったので拗ねているとしか思えない。
普通に解釈したら、みんなの党は仕事をしませんと言っているようなものだ。
果たして、この人物でみんなの党は生き残れるか?
現在のところ、望み薄だと思います。
コメント (2)

NEWS人物伝  8  勝谷 誠彦 3

2010年12月08日 | 人物伝
この男がなぜ小沢に心酔している不明です。

先日、とあるテレビで「小沢が主張する『国連至上主義』『日米中の正三角形論』を支持する」と言いました。
で、「(三角形論で)日本がきちんと独り立ちし、対等になれば良い」
勝谷の頭の中には、米中と対等に渡り合えると思ってんだ・・・。
アホ臭いと思いましたが、その次が酷かった。
この三角形論ができる根拠を問われると、
なんと「地政学的上」 と答えたのだ!!!!!!

噴飯ものだ!!!
どんな考えがあって、小沢を支持しているかと思えば、この程度とは・・・。
心底 呆れ果てました。

昔に地理的に日本の同盟国を考えたものを書いたけど、地政学の見地なら日本はアメリカと組む以外ないのである。
理由は一番遠いから。

日本は軍事強国アメリカ、ロシア、中国の3ヶ国に囲まれている。
そして日本は中国、ロシアに近い。
日本が軍事力を持ち、この3国に対抗すれば良いと寝惚けたことを言う人間いるが、軍事費だけで国庫を逼迫するし、仮に軍事で対抗したところで、この3国に翻弄され蹂躙されるのがオチだ。
自分達と対等な軍事力・・・脅かすことができる国家を放置する国など無い。
というか、そんな能天気な国家などありえない!!
国連至上主義というのも、同様だろう。
いや、こちらの方が軍事力を持たないのだから,
もっと悲惨な目に合うだけだ。
こんなことを言っている政治家がいたら即座に落とすべきだ!!

なので、日本はこの3国のどれかと同盟を結び、残り2国に対抗するしかないのです。
では、どこと組むべきか?

これは日本との距離で変わる。
日本はアメリカにとって、中露への防衛ラインになりうるが、
中国・ロシアにとっては、太平洋を、アメリカを攻めるための軍事基地にしかならない。

中露はアメリカを攻めようとするとき、先ず日本を押さえないといけない。
アメリカにしてみれば、中露の動きを牽制・楯にできる。
これほど都合の良い場所は無いのだ。
逆に言えば、これが日本にとってアメリカに対するアドヴァンテージになる。
アメリカは日本を護った方が、アメリカ自身の脅威を減らすことができるのだ。
それが日本にとっても都合が良いのである。
これが日米同盟の意義だと赤熊は思っている。

この程度、地図を見れば分る話だと思いますが・・・・。
ついでに言えば、政治形態や文化的なことも考慮してもアメリカとしか同盟を結べないと思いますけどね。

一体どんな理由で小沢の日米中の正三角形論を支持できるのか謎ですね。
ロシアを無視している時点で、現実が見えていない。

これで軍事がどうのこうの言っているのに失笑も出ない。
ただの考えなしのバカだろう。

元々、頭のおかしい人間だけど、ここまでクルともういらないんじゃない?

関連エントリ
日本の位置と同盟国の話
http://blog.goo.ne.jp/matuba96/e/b7aafe5f2a53c8594fb45823a1682256
NEWS人物伝  8  勝谷 誠彦1
http://blog.goo.ne.jp/matuba96/e/44e7414cbb90ebfd8f5c17acc7941771
NEWS人物伝  8  勝谷 誠彦 2
http://blog.goo.ne.jp/matuba96/e/7d15e58b86d63e5884caf12896e9cc6b
テレビ評論家達 小沢から金を貰って擁護していた!
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/51537595.html
コメント (4)