意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

管? 誰それ?

2011年05月31日 | 政治
ドイツの高級紙 Die Zeit 5月26日付のイラストにG8の中で脱原発を掲げるメルケル首相が一人ぼっちだっていうイラストを載せてます。



ドイツのメルケル首相は脱原発を掲げ、国内から原発を無くすと宣言しています。
でも、ドイツは原発大国のフランスから電気を買ってますよね?
今後、メルケル首相が「穢れた電気は使わない!!」とまで宣言できれば別でしょうが、ドイツ経済や緊急時のエネルギー輸入を考えればそこまでの宣言はしないしょうね。
原発を利用しつつ、安全を確保する・・・・強かですこと。
欧米に特に多いですが、欧米に限らずどこの国でも こういう自分に都合の良い論理を振りかざすのが国際社会です。
くれぐれも騙されないようにしないとね・・・というか、これが正しい態度なのです。

そんなことはどうでもいいのですけど、よくよく後ろを見ると・・・・あの人は?

拡大



!!

まぁ、この1件だけなら赤熊も世界の評価だなんて思わないし、ただのミスだろうと思ったのでしょうが、実はもう一件同様のことがあるのである。
フランスのG8でのサミット開催の時の5月26日の国際NGOオックスファムの活動家が紙のお面を付けてのパフォーマンスです。



左から、米のオバマ大統領・独のメルケル首相・仏のサルコジ大統領・露のメドベージェフ大統領・伊のベルルスコーニ首相・加のハーパー首相・・・・で最後に日本の麻生首相!!

さすがにNGOの活動と高級紙双方でこのミスはないだろう。
ということは『意図的』と考えるほうが自然ですね。
・・・・残念ながら、これが世界の評価なんでしょうよ。

世界にアピールできない総理大臣など必要ありませんね。
打開のため、いち早く解散総選挙をすべきです。
コメント (2)

自然に逆らってどうする?

2011年05月30日 | 政治
新エネルギー計画として東北に太陽光パネルを設置するようだ。
今のところ『検討中』なのでしょうが、この考えのバカさ加減にあきれ果てる。

東北地方というのは、日本で一番冷夏の影響を受ける。
冷夏・・・要するに日照が少ない地域ということです。
そういう地域に率先して太陽光パネルを設置してどうする?

赤熊なら3秒で却下する話です。
この程度のことは学校で習うはずですけど・・・。
政治家って、学校出てないのでしょうかね?

これで、1000万戸にパネルを載せる?
相当の赤字を出して、財政を逼迫するでしょうね。
まぁ、公共事業をしたいだけでしょうけど、お粗末極まりない発想です。
コメント

赤熊が内閣不信任案を出せと言わない理由

2011年05月28日 | 政治
6月の上旬にも自民党が内閣不信任案を出すとか出さないとか?

まぁ、そこは良いのですけど、よく自民党に内閣不信任案を早く出せという人がいる。
でも、赤熊は自民党に一度も不信任案を出せって言ったことない。

というのも、自民党には不信任案を出すべき意味がないからだ。
もちろん、意義はある。
でも、メリットがないのである。

自民党の最大の狙い・・・一番の利益になることは解散総選挙でしょう。
現在の状況で総選挙をすれば、自民が大量議席を獲得できるでしょう。
しかし、これは極めて難しい。
絶対に無理というわけではないでしょうが、『被災地の状況が~』ではなく、民主党にとって政権を手放すことに意味がないので民主党議員(管派、小沢派両方とも)は死守するでしょう。
てか、この一点で民主党はまとまっているだけでしょうけど。

となると次点は、管を退陣させ次政権との期限を切った連立政権樹立か?
一時的な連立政権を作り、国難を乗り越えようということですね。
ただ問題は、これは組める相手かいるかどうか?

要は反管の筆頭の小沢と鳩山と組めるか?です。
でも、自民党的には小沢は公判を抱えており、国を誤らせたルーピーと組むのは論外でしょう。
となると、いわゆる中間派というものになるが、実態が不明瞭で数も少ない。
到底、組むべき勢力ではない。

要するに、出したところで無意味なのである。

他にも色々と考えたが、自民党にとって一番有利なのは、このまま何もしないで総選挙だろう。
今後、民主党がどうあがいたところで、この失点を覆せることはない。
なら、それまでゆっくり待てばいい。

そう考えると、不信任案を出さないほうが有利ではある。
否決されれば却って、自民党の求心力が落ちたイメージがつくのでださない方がいいでしょう。
まぁ、出さないなら出さないで求心力は落ちそうですから、不信任案を出して否決され管を変えない(信任される)でも、そう結果は変わらないので出してもいでしょうが。

まぁ、日本にとっては最悪ですけど。(※)

万一、出して不信任案が通ると管は辞任しなければならず、その後、どの議員が選出されたとしても民主党の面々では政治は一切動かないでしょう。
次の人物が自民党と期間限定で組むと決断できれば違ってくるのでしょうが・・・そういう人物なら、とっくに民主党から離党しているでしょうね。
望むべくことではないです。

通っても通らなくても変わらないのなら、自民党の判断に委ねてよいと思う。
出しても出さなくても文句言わず、少し政局が動いた程度のこととして、あらかた無視したほうがいいでしょうね。

※ 日本にとっての最良は、管が今すぐ自発的に解散総選挙を行い、民主党が消滅することです。
コメント

発電より節電!!

2011年05月27日 | 政治
管が、1000万戸にソーラーパネルを載せると表明しました。
なんでも、自然エネルギーで全エネルギーの20%を賄う気らしい。(※)

で、効率は?

太陽光というのはそれほど大きなエネルギーを持っているわけではない。
太陽の光に当たったからと言って、死なないでしょう?
大したエネルギーではないのである。
そこに風力を加えたとしても、さもありなん。
エネルギーとは安定供給に価値があるのであり、お天気任せの電気生成では不安定で使いにくいでしょう。
せいぜい設置したところで電力需要のピークを緩和するくらいです。
明らかに粗悪な発想でしょう。

こんな効果もはっきりしないようなことは後回しです。
今すべきことは発電より省エネの方でしょう。

日本はいくら省エネ技術が進んでいるとはいえ、まだまだ普及していないところも多いのです。

例えば、家屋に断熱材を多く入れ込み、効率的な空調をする。
それだけで、消費電力がぐっと下がるわけです。
ただ、伝統的な日本家屋・・・通気性が高い家と真逆の発想になっていることが気がかりですが。

それ以上に効率的な現在確立している簡単な省エネ技術があります。

回転ドア。

何年か前に子供が挟まって死亡したために悪者になって撤去されまくりましたが、効率を考えれば これほど良いものはないのです。
特に商業施設というのは、常に空調を利かせているにもかかわらず、常に人が出入りをしている場所なわけで、ここを自動ドアにしたところで、常に開けっ放しにしているのと同じことなのです。
大変エネルギー効率が悪いわけです。
まずはここを改善すべきでしょうに・・・。

主要な商業施設に取り付けるだけで太陽光パネル何千万枚分をつけなくて済むでしょうね。
まぁ、代わりに人が挟まれて死ぬでしょうけど、それは車に轢かれて死ねことに比べればレアケースとして諦めるべきです。

はてさて、バカな民主党は何を考えているのでしょうね?
自然エネルギーというと国民は賛成すると思っているんでしょうね。
まぁ、バカは賛成するでしょうけど。
このバカどもが民主党に票を入れた馬鹿どもと同じでしょうけど・・・。

※ 水力を再生可能エネルギーに加えたら、今10%くらい? 水力ってダムを作らないといけないから自然にやさしくないエネルギーだと思うのですけど・・・。
コメント

妥協するためには信用がなければならない

2011年05月26日 | 政治
政治とは妥協の産物である。
自らの意見を最後まで押し通せれば、なんと気持ち良くカッコイイことだろう。
でもそれは現実的にありえない。
他の人間にも自らの意見というものがあり、その意見を押し通そうとするわけで、それは対立する。
故に妥協が必要なのである。

前置きはこれくらいして、
管が原子炉冷却のために海水注入を止めさせた問題で、これに対して政治評論家やコメンテータたちは一斉に「そんなことをしている暇はない」「与野党一体となって」といったことをドヤ顔で言っている。
本人は「俺って、良いこと言ってる!!」と思っているのだろう。
明らかに間違えた考え方だ。

政治は妥協の産物である。
妥協する・・・つまり、自分の主張の譲れるところまで譲歩する代わりに相手も譲歩させて通すわけだ。
でも、こちらが譲歩したからと言って、相手が譲歩してくれるとは限らない。
妥協するには相手への信用がなければならないのである。

この問題は言った・言わないといった低レベルの話ではなく、明らかな嘘と責任の問題である。
詐欺師を信用する人などいない、してはならないのです。
そしてその嘘が見破られて、露見したが誰も責任を取らない。
さらに嘘を塗り固めようとする。

責任を取るというのは信用を取り戻す・得るためにするのです。
この件に限らず、すべての件で一事が万事、民主党は責任を取らない。
いったいこれで、どうやって信用しろというのか?

信用がない以上、妥協などできない。
与野党一体など夢のまた夢です。

なぜ、コメンテータ、政治評論家はこんな重要なことを無視してよいとドヤ顔で言えるのか?
赤熊には理解できません。
政治というものが、いいえ、人間というものが解っていないのでしょうね。
彼らは、いったい何を評論やコメントしているのでしょうか?
コメント

短信 横粂議員の離党届を受理しない?

2011年05月24日 | 短信
今日は時間がないので短く。

民主党の横粂議員が離党届を出したそうだ。
比例代表で・・・とか、色々と言いたいことがあるが今回は置いておくとして、届け出を岡田幹事長は『受理しない』で、離党しないように説得するという。

・・・・いいの、これ?

政党というのは政治思想や信条が一致しているから政党を組んでいるのであって、組めないという以上、一緒にいても仕方ないのでは?
しかも、離党届を出せば幹事長が直々に話をするということだ。
議員に『離党が脅しに使えますよ~』と言っているようなものでしょう。
さっさと離党届を受理する以外ないと思うのですけど・・。
コメント

管災 怒鳴り散らして、原発冷却停止?

2011年05月23日 | 政治
いまいちよくわからないニュース。

震災翌日の原子炉海水注入 首相の一言で1時間中断
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/51838780.html

確か、東電は海水を入れると廃炉しないといけないからそれを渋って、海水注入をしなかった。
それを政府、菅の指導で海水注入をさせた。
と、東電は『なんて不逞な奴らだ!!』と報道されていたわけです。

しかし、今回、浮かび上がった話は、

管が海水注入を止めさせた!!
しかも怒鳴り散らして!!
まるっきり逆なわけです。

で、福島第1原発 東電海水注入、枝野氏「政府は止めてない」
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/51839851.html

で、班目氏発言「再臨界、ゼロではない」と政府訂正
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/51839852.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

大雑把に経緯をまとめると、

・東電は冷却水を真水から海水に切り替えて注入を始めた。
・それを「聞いてない!!」と激怒し、管が中断させた。
・その約1時間後に再開させ、それを管の指導力と表明した。
・でも、事実は逆で管が海水注入を止めさせたことがばれた。
・即座に原子力担当の斑目参与に責任転嫁。
・『しらねぇよ!!』と斑目参与がキレた。
・政府が意味不明の訂正をだした。

という動きになっている。
・・・・流れを書いただけでもウンザリするが、いったい誰の指示で誰の責任なのか?

海水注入の時間などは工程表ですから事実でしょう。
事実関係が議事録といったものが残っていないので推測になりますが、東電側は冷やすという作業を行っていたのですから、それをわざわざ計器の異常といった理由もなくやめるというのは考えづらい。(東電側は中断した理由について「官邸から再臨界の危険性があるという意見があって政府の判断を待つ必要があるため、いったん停止した」と説明)
となると、管(政府)が怒鳴り散らして海水注入を無理やりに止めさせたというほうが信憑性が高い。
少なくとも、政府が『無理やり止めさせた』というのが事実でしょう。

とすると、斑目参与は否定しているけど、参与が指示したから止めたのか?
『原子炉は冷やし続けないければならない』・・・というのは専門家でなくともわかる話。
なのに、冷却を停止させた。
専門家であればあるほど、この指示は考えづらい。
逆に、このように指示していたというのなら、この程度の人間を参与にした任命責任を取るべきだ。

どちらにしても、菅(政府)が悪いとしかならない。

・・・でもまぁこれって、要するにいつもの責任転嫁党・民主党パターンで『トウデンガー』が『マダラメガー』に変わっただけですね。
しかも、誰一人やめていない・・・責任を取らないというパターンも加えてですね。
自己保身オンリーなクズどもです。

しかも、菅は保身のために東電が『廃炉を渋った』と嘘までついているのである。
マッチポンプであろう。

二重三重、十重二十重に この政権は信用できない。

・・・もしかしたら、このせいで燃料棒が融解したのでは?
そうでなくとも万死に値する愚行です。

やはり、さっさと解散総選挙を行い民主党を滅ぼすべきだ。
コメント (2)

電力対策あれこれ雑感

2011年05月22日 | 社会
今夏、電力不足が予測されますので、企業が様々な電力対策をしている模様です。

で、一番多いのがサマータイム!!

まぁ、この場合、国が1時間ずらすのではなく、企業が自主的に就業時間をずらしているわけですけど、・・・・・意味あんの?

これは『やった気エコ』の最たるものでしょう。
結論から言えば、電気の量を減らす = 生産力を落とす以外ないのである。
何時間ずらそうが、使う電気の量は変わらないのですから。
もし電力消費ピークをずらすことに意義があるというのなら、昼夜逆転をしないと意味がないでしょう。


電力不足を受けて、自動車の工場が土日を就業し、木金と休むそうだ。

・・・・・意味あんの?

電気消費量を考えると、土日が一番少ない。
これは、工場の多くが土日が休みのためだ。
なので、土日に働くのは間違えではない。
でもさぁ、それって部品工場も一緒に期日を合わせないといけないでしょう?

となると、部品工場は車だけの部品を作っているわけではなく、他の工業製品の部品も合わせて作っているでしょうから、そこの会社も土日出勤になるわけで・・・。
そうなると、他の分野の仕事も・・・。

一部の工場のみに留めたほうが余計なエネルギーを使わなくていいとおもう。


個別にしようとするからでしょうが、企業がやるエネルギー対策って、いまいちチグハグですね。
ここは政府がしっかり指揮をしやっていくべきでしょうが、・・・民主党には無理か。

・・・今年の夏は、停電を覚悟しよう!!
コメント

教育・危険なものから遠ざけるのが配慮ではない

2011年05月21日 | 教育
ヤフー知恵袋にこんな質問がありました。

6年生の娘が今日家庭科の調理実習でリゾットを作りました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011831645?fr=top_mantenna

質問の内容を簡単に書くと、小学校の調理実習でワインを使った料理を作って食べたところ、娘の具合が悪くなったとのこと。
どうやらアルコールを十分に飛ばしていなかったことが原因だとか・・・。
それで教師に配慮してほしかった・・・とか何とか。

はっきり言いますが気持ち悪くなることも調理実習です!!

質問者は急性アルコール中毒を併せて心配していますけど、さすがに料理に使う量くらいでは引き起こりません。
心配なのはわかるが、もう少し常識的な判断を下すべきだと思いますね。

お酒を料理に使うのは当たり前だし、アルコールを取れば気持ち悪くなることもあることも常識です。
そんなことは子供もわかっている話です。

でも、だからと言って口で言っても解んないでしょうから、やはり身をもって体験させるべきです。
それが調理実習で解せられたのだから、これほど良い機会はないでしょう。
きちんとレシピ通りの分量で作るのであれば、そう危険はないはず。
少なくとも、レシピに拠らず目分量でやらせるより何倍もマシです。
将来、お酒を強さが解らず飲んだときに急性アルコール中毒になる可能性がこれで少なくなったのだから感謝すべき・・・は微妙だけど、危険だからといって避けさせるのではなく、経験を教訓にするように子供に言い聞かせるべきでしょう。
身をもって体験したのですから、効果覿面です。

一点だけ気にすべき点があるとすれば、お酒を分量より少し多めに小分けにして配っていたか?ですね。
ビン一本でも悪くないんだけど、料理酒とはいえ勝手に飲まれるといけないので、そこだけの配慮くらいですね。
学校側に苦情を言う話でもないし、逆にもっとやれ!!と言ってもいいと思います。
コメント

では、なぜ反対した?

2011年05月20日 | 政治
今回もまた民主党の無様なニュース。
いい加減、辞めてほしんですけど。

マンガやアニメ保存で協定 文化庁と国会図書館
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/51837675.html

何? この手のひら返し?
民主党は、麻生政権時代にマンガやアニメにお金を使うことを猛批判していたのである。
それでなぜ、認めているのか?
まるで信用できない政党である。

というか、民主党は一事が万事このありさまだ。
これ以外のパターンはないのである。

これも『その事案をどうするのか、どのように位置づけるのか?』という議論を党内でしなかったのでしょう。
議論をし、漫画やアニメを『成長産業ではない』と位置付ける・・・それならそれで結構だし、それ以外の経済対策、文化対応を出せばいい。
『成長産業である』とするのならば、麻生政権下においての賛成すればいいだけだ。(または自分たちの意見を上手に反映させる)

そうすれば、このような信用を無残になくすようなことはなかっただろう。
それが政治だし、野党の在り方でしょう。

・・・何で政治家でもない赤熊が政治の在り方を政治家に説教せんとあかんのやろう?

まぁ、これができないのが民主党の病根で、与党なのに未だに現実的な提案ができないのですから、もはや終わっている政党ですね。
さっさと消えないかな・・・。
コメント

アホな参与ばっかり・・・

2011年05月19日 | 政治
まぁ、今回も民主党クオリティが良くわかる事案ですけど。

民主党参与の劇作家、平田オリザが韓国での講演でこういったそうです。

米要請で汚染水放出…平田オリザ氏、韓国で語る
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/51837232.html

・・・なんで韓国で?
と言いたいですけど、そこはあえて無視して、国際交流担当の参与らしいけど、それが、よくもまぁ、こんな対外的な不用意発言をするものだ。
だいたい これが真実としたら、自分が手を貸している日本の政府は『何も決めれない無能』と言っているようなものだ。

それで内閣参与???
協力したいのか貶めたいのかどっちだ?
自分の置かれている立場が解っているのだろうか?
解っていたら、こんな残念な発言はしないでしょうから頭に蛆が湧いてるのでしょうね。

それとも、包み隠さず話すことが国際交流とでも思ってんだろうか?
そうであるのなら、劇作家として下の下じゃない?
表現力がないと言ってるようなものですね。

・・・そもそも論ですけど、劇作家だからどうこうとは言いませんが、この人の何が良くて参与にしたのだろう?
劇作家としては、一論あったとしても、政治上の経験や一家言があるとはどうしても思えないんだけど・・・。

クズリべの左翼だから?
だとしても、もう少し質の良い人を起用したほうがいいよ。
民主党には無理でしょうが。

『民間の優秀な人材を登用すればいい』とかいう政治主導の一環でやってましたけど、民間人のほとんどは政治に関して無能だということを解っていない。
そんなに優秀な人物がいるのなら、その人が政治家なり、官僚なりになると思うのですけど・・・。
それを表した格好の事案でしょうね。

さてさて、案の定、原子力担当の誰かが否定して、本人も勘違いでしたって謝罪するだろうと踏んでましたが、当然そのような結果になりました。
これがどのくらいの波紋を呼ぶのでしょうね。
コメント (2)

孫正義は恐れている?

2011年05月18日 | 社会
ソフトバンクの孫正義氏が14日夜、東京・赤坂の日本料理屋で菅と会食したそうです。
そのあたりのことが阿比留記者のブログに書かれてました。

・国を憂い、われとわが身を甘やかすの記
菅首相を激励した孫社長とチャーチルと
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/2285658/

その中で、孫は管にこういったそうだ。

>嵐のど真ん中で船長を代えると言われても困る。そんなことはありえない。とことん頑張ってください。

・・・・孫らしくねぇな。

赤熊も阿比留記者に全面同意です。
代えることが正しいと考える。
嵐の真ん中で、乗り切れそうにない人物には託せないだろう。

そもそも、平時には急激な変化が起きないのですから無能でも代えなくてもいいでしょうが、緊急時は時々刻々と事態が急変しているわけですので、無能な人間に任せておけないのです。
即刻、代えるべきです。

ま、平時での無能が、緊急時に有能になることなどありえませんけどね。
そんなこと、いくつもの危機を乗り越えてきた孫ならわかっているでしょうに・・・。

でも、もし孫がこの言葉通りだと思っているのなら、恐れているのかもしれない。
今後、苦難にあってその能力・リーダー性を疑われ、緊急時に変えさせられることを。
平時なら犯罪でも侵さない限り排除されることはありませんから。

でも、孫らしくないよね。
リップサービスでしょうけど、それなら何を引き換えにこういったんでしょうね?
この人、意外と狡すっからいからな・・・。

ところで、孫氏は100億円の寄付をすると表明しているけど、いつ寄付するのだろう?
今のところ、寄付を行ったって話を聞いていないけど?
寄付の話なので、あまりどうこう言いたくないが、なるべく早めにした方がいいと思うのだけど・・・。
コメント

日本人は民主主義を理解していない・・・・。

2011年05月17日 | 政治
菅総理大臣が中部電力に対して浜岡原子力発電所の一時停止を要請したことについて、ANNの世論調査では7割以上の人がこの判断を支持したそうだ。

・・・これって結局のところ、日本人は独裁を認めるという表明に他ならない。

べつに総理大臣が原発を止める決定をしたことが間違いではない。
ただ、その過程に議論もなく結論を出すことが間違いである。

多くの人は自分にとって、感覚的に良いと思っているから支持してるんでしょう。
自分の裁量で責任を取れる・・・最大、自分が死ねばそれで収束する話であれば、感覚的に決めようが何しようがそれは個人の自由。

でも政治は違うのである。

そいつが死んでも他の人間は必死に生きていかなければならない。
個人の責任を取れる範囲を逸脱しているのです。
責任を負えないからこそ、全員での責任を取らなければならないのである。
全員で責任を取るという合意形成が民主主義・・・議会での決定なのです。

どんなに良い事でも、議会の結論に達することが求められ、民主主義を踏まえていないならば、どんな素晴らしいことでも否定すべきです。
それを無視するというのは単なる独裁なのです。
これを認めるというのは独裁を認めると同義なのです。

その覚悟があるのか?
最低限を踏まえていないものは評価さえしてはいけないのです。

民主主義は完璧な制度というには程遠いが、それでも歴史を踏まえ、少しずつでも着実な進歩をするための制度である。
しかし、この件が今後 前例となり、独裁につながる種になるでしょう。

衆愚政治は今に始まったことではないが、今のうちに正しておかないといけませんね。


追記。
同じANNの世論調査で菅内閣の支持率はと言いますと、前回に比べて1.1ポイント下がり、24%だったそうだ。
少しは考え始めた?
コメント

攻めに強くて、守りに弱い?

2011年05月16日 | 政治
『攻めは強くて、守りが弱い』
よく管を評して、こういう評論家がいます。

・・・・んなわけあるか!!

最初に誰が言ったか知らないけれど(妻?)、こんなことはありえません。

議論というのは論理です。
筋が通らない論理などありません。
攻めるときも守るときも隙間なく構築しなければ付け込まれるだけで、付け込まれれば敗北するだけです。
攻防一体であって、どちらかが強いということはないのです。

要するに「攻めは強くて、守りが弱い」というのは、何も考えずにしゃべっていただけ。
理論武装とか考えずに、感情的にしゃべっていただけで、そんな人間を誰も相手したくなかったから避けていただけでしょう。

それで勝ったと思い込んでいたのでしょうね・・・。

でも、こういう人って良くいるよね。
ワンマン系の人に多い。
たいてい大雑把で、細かな矛盾・・・くらいならいいけど、致命的な矛盾をした話を良くするのである。
あと、言ったことを忘れたりして、一貫性がないことが多い。

ひょっとして管は自分で気づいているのかも?
年が年だから、気付いていてもおかしくないけど、だからこそ、権力に人一倍、執着している?
そんな人間の話など無視するのが一番ですが、こういう人間が権力を握るとそれをふるって自己欲を満たすのでしょうね。
コメント

提言  91  役所は週一で夜間営業を

2011年05月14日 | 提言
公的書類を取らなければならない場合、役所に行かないとなりません。
「何をあたりまえな!!」
と思うかもしれませんが、働いている人にとって これがなかなか難しい。

仕事終わりに取れれば良いのですが、ほとんどの会社は役場と同じ就業時間ですものね・・・。
仕事中に抜け出して、抜け出して取りに行ければいいのですけど意外と苦慮するのです。
たかだか書類を取りに行くだけに遅刻や早退をするわけにはいきませんものね。

一番いいのは仕事帰りに取りにけることですけど、就業時間を長くするとそれだけ人件費・・・税金を高くしないといけない。
公務員の人件費を削減しようという風潮の中では難しいですね。
でも、夜間も対応してくれたら便利ですよね・・・。
電子化し、機械対応で24時間いつでもOKという手もあるのですけど、最低限カード化をしないとならない。
将来的にはそうなると思うがカード化はおろか全日本人のデータ統合もできていない状態ですから、何年も待つことやら・・・。
それに どうしても電子化しにくい文書もあるでしょうし・・・。
合理的ではないですね。

とはいえ、日常的に取りに行けないのは不便極まりないので、今すぐできる提言!!

週一で夜間営業をすべし!!

これしかないと思う。
5時終業を9時くらいまで伸ばしましょう!!
毎日すると人件費がかかるので、週一で!!
するなら、金曜日でしょうね!!(金曜が祝日なら木曜日で!!)

これくらいなら現行の人員体制でフレックスを取り入れて対応も可能でしょう。
人件費が多少上がるかもしれませんが微々たるものでしょうし、気になる金額でもないと思います。
コメント