意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

人質事件 煽動罪ってなかったっけ?

2015年01月28日 | 社会
イスラム・ステイトに2人の日本人が人質に取られる事件が起こっています。
盛んに報道されてますが、赤熊は正直、興味ありません。

というのも、この問題の最終的な討論対象が『報復をどうするか?』以外ないからです。

テロを誘発させないためにも、身代金を払うなどの要求に応じるわけにはいきません。
要求を撥ねつけるわけですから、助けることを諦める以外にないのです。

となると、残るは『報復をどうするか?』以外になくなるわけです。
赤熊的には爆撃するべきだと思いますけど。
まぁ、さすがに過激すぎますからやらなくていいですけど、テロリストの本拠地がシリアですからシリア政府や周辺国に任せる以外ないですし。

だから興味ないんだよね・・・。
打つ手のない、どうしようもないことですから。

そもそもイスラム・ステート側は交渉する気なんて最初からないみたいですよね。
ネット公開にしろ、古式ゆかしい(?)効果的な脅し方をしてない時点で本気じゃないでしょう。

ですから、これはプロパガンダの類なんですよね。

一番危惧すべきことは、それに乗っかかって政府批判をする人間が国内にいるということです。
こうやって政府批判なりをさせるのもテロリストの狙いなわけでしょうから、それにのっかる時点でどれだけ日本人を危険に晒しているのかわかっていないクズが多いのが恐ろしいことです。

赤熊的にはそいつらもテロリストの仲間だとしか思えませんね。
こういう国内のテロリストの排除しないといけないのですけど・・・・。

日本に煽動罪ってなかったかな?
今は破壊活動防止法だっけ?
それらで逮捕すべきですね。
コメント (5)

どうでもいい民主党代表選

2015年01月20日 | 政治
海江田代表が落選したため、民主党で代表選がありました。
結果、岡田氏に決まったそうです!!!!


はぁ、ふ~ん、そうですか・・・。

何らしかのコメントしたいな・・・とは思いましたけど、何も思い浮かびませんね。

今、民主党に必要なものは、明確な主義主張を打ち出すことです。
昔からそうですけど、この政党は主義主張もなければ、対案もない、反自民というだけの選挙互助会でしかなかったわけです。
そのせいで先の政権運営で完全失敗したのですが、その事実は動かしようもなく、ここを変えない限り自民党がいくら失敗しても『じゃあ、民主党』という流れは起きることはありません。
それならまだ、維新の会の方が新鮮味だけはあるわけで、こちらに流れるだけですね。
なので、ここで反自民ではない『何か』を打ちだしていかなければ評価は現状と変わらないどころか、ジリ貧なのです。

しかしながら、長妻昭、細野豪志、岡田克也の三人が立候補してましたけど、この3人の誰がなっても、いえ、この3人以外の誰がなっても反自民以外の何かを作るだすことはできません。
そんなことしてしまえばもともと自民党への恨みつらみだけで一緒になっただけの党ですから民主党は離散してしまいます。
もはや人物がどうのこうのと言うレベルを超えているわけです。

当然と言えば当然の結末ですけど、民主党から反旗を翻し離散し独立しても浮上の芽もなく、政界から消えるだけですね。
だからと言って、このままでも沈むだけでしょうけど。

引くも地獄引かぬも地獄・・・というわけです。
まぁ、全部『税金』で成り立ってますから『国民が』になるんですけどね。

一応、維新の党と一緒になる・・・という選択肢もあると思うけど、一緒になっても双方ともに旨みがほとんどないんですよね・・・・。
結局、反自民という一致点しかないわけで・・・それは規模が大きくなっただけの現状と同じですし、むしろ大きくなればガバナンスという面では難しくなりますから。


というわけでこのまま一党多弱が続きますが、それは民主党が政権を取るときにこうなることは解っていたことですので、今さらですので関心が沸かないんですよね。

あるとすれば・・・・いつまでこの状況が続くか?ですね。

次の総選挙で民主党やその他の政党が勝てる見込みはありません。
ハッキリ言って、自民党が相当大きなヘマをやらかしても自民党が勝つでしょう。

ではその次はと言えば・・・これも難しいでしょう。
なので、再浮上の芽があるのは最低でも3回目の総選挙・・・早くて10年後、順当に考えれば総選挙が5回くらいは必要でしょうから15年以上先の事でしょうね。

・・・・・それまで民主党があるとは思えませんけど。
仮に民主党が近いうちに四分五裂した結果、政界再編が起きるかと言えば・・・・起きないでしょう。
そんな状況じゃありませんので、今以上に小さな政党が乱立するだけで、まとまらないでしょうね。

これからの日本の政治がとても安定しているというのは歓迎すべきことなんですけど、次に代わる政党がないというのもそれはそれで問題が大きいわけです。
でもまぁ、それは日本人が選んだ結果だから仕方がないことでしょうね。



2015.01.21  タイトルが入ってなかったので入れました。
コメント (4)

大阪都構想の住民投票が決まったっポイ

2015年01月14日 | 政治
大阪都構想が5月にも住民投票を行うそうです。

大阪都構想、5月住民投票…法定協で制度案決定
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/52199949.html

え?
こんな与太話、まだ議論してたの?って感じですね。
てか、住民投票?
馬鹿馬鹿しい。

ええっと、まず、大阪都になったとしても赤熊はメリットはないと思ってます。
むしろ、『ある』と考えるほうがどうかしてると思いますね。

よく言われているのが、二重行政を統一化して無駄の廃止、それから区を作って住民の意見を反映させやすくできるでしょうか?

でもこれって明らかな『嘘』ですよね。
これが事実だとしたら、他の政令指定都市でも同様の都構想が出てもおかしくないわけです。
少なくとも横浜市は大阪市よりも人口が100万人も多く、380万人ほどいるにも関わらず、きちんと統治がなされてます。
横浜市に「二重行政が~」とか、「区の必要性が~」とかは寡聞にして聞かないわけです。

もちろん、そういう声が全くないってことはないのでしょうけど、各政令指定都市と都道府県はそれなりに折り合いをつけれてるわけです。
少なくともそれほど大きくは問題視はされていません。

なので、「現状のままでもできるじゃん!!」と言うのが赤熊の意見ですね。
ですから、正直この程度のものをメリットに挙げられても抵抗を感じます。
マッチポンプとは違うのかもしれませんが、それに近い感じのものを受けます。

それに大阪都構想の最初期は大阪府内全域での話だったはずです。
そもそもその時は、赤熊も賛成はしないまでも考慮の範疇でしたし、少なくとも大阪府内にあるもう1つの政令指定都市である堺市と一緒でしたら意味が出てくるのではないかと思ってました。

まぁ、その場合も単純に合併したほうが手っ取り早いとしか思いませんでしたが。

それで『堺市が大阪都構想に与しない』と決まった時に終わったなと感じたのですが、それでもズルズルと大阪都構想を引きずってどうするんだろう?と思ってましたが、振り上げたこぶしを下ろせないまま、行きつく先まで来たって感じなんでしょうね。

しょうもない・・・。

そもそも大阪市が巨大すぎて住民の意見を集約しにくいというのなら、単純に大阪市を分割すればいいだけなんですよね。
上の記事も区を5つに分ける、と言ってるわけで・・・・それって、大阪市を5つの分割し、5つの市を生み出し、政令指定都市を返上するのと何が違うのかもわかりませんね。
5つの市になったほうがより高度な自治ができますよ!!
マジで。

加えて言うのなら、5つに分割する・・・いままで一カ所に集中して処理していたものを分割するわけですから、各地に人を再配置せざるをおえないわけです。
つまるところ人件費等が増える結果になるのは避けられないわけです。
給与を安い方に合わせるわけにはいきませんし。
さすがにそれで人件費が5倍になるとは言いませんが、2倍くらいは増えるでしょう。
それで削減効果(笑)を掲げてるのですから、ちょっとね。

住民はこういうこときちんと理解できてるんでしょうかね?
理解できてないと思いますけど、何かが変わればいいやって言うのは破滅思想なんですよ。
もし、これで大阪都に変わったしても、3年後くらいに「こんなはずじゃなかった」って声が聞こえてくるんでしょうね。

ま、赤熊が知ったことじゃないか。
警告は発したし、後は野となれ山となれ、です。


2015.01.20  読みやすいように訂正(文意そのまま)
コメント (2)

公務員バッシングとファシズム

2015年01月07日 | 政治
別に今に始まったことではないのですけど、ここ最近の傾向として公務員バッシングが酷くないですかね?

例えば、選挙中はわざわざ取り上げもしませんでしたが、維新の党のマニフェストかどうか不明ですけど、代表者である橋下氏が公務員給与を2割削減して5兆円を作り、5千万人に1人10万円ずつ クーポンを配る・・・みたいなことを言ってました。

バラマキ部分にもツッコミ入れたいのですけど、そこは無視したとしても無茶な提言ですね。

まず、理由もなく削減できませんて。
そりゃ、人件費が安くなることはいいことでしょうけど、少なくとも経済対策に使う・・・などと言うふざけた理由では通りません。
削減したとしても裁判を起こされたら確実に負けるでしょうね。

加えて言うなら、公務員というと役所に仕えている人だけでなく、警察官や消防士、海保、自衛官、検察や裁判官の司法関係や医者や看護師などの医療関係、教師など多岐にわたる人たちなんですけど・・・。
おそらく、こういう人たちの給与は下げられないでしょうから、ここ以外の公務員の給与を4割くらい下げないと5兆円の捻出は難しいでしょう。
他にも国と地方の予算をどうやって合わせんだ、とか細かいところあるんですけど、まずやるべきことは公務員の業務改善であって、削減額などというのはその結果に過ぎないのですからわからないのですよ。
それでも数%の削減くらいでしたら可能でしょうが4割削減などというのは荒唐無稽すぎる話ですね。

ちょっと考えれば・・・考えなくともわかる話なのですが、これを称賛する人達がいるんです。
赤熊から言わせてもらえば、「頭、大丈夫?病院いったら?」って聞き返すレベルです。

まぁ、良いように解釈すれば、本人たちも荒唐無稽であることを理解していてワザと乗っかっているだけかもしれませんが、でもファシズムってこういうところから始まるんだろうな・・・って感じますね。
反論しにくいことを言う人間がいて、それを面白がって煽る人間がいて、それに賛同するバカがいて、ますます反論できない空気が作られて・・・・・後は破滅まで突き進む、と。

むーん・・・。
ちょーっと警戒しなければならないことですね。
コメント (4)

あけましておめでとうございます

2015年01月01日 | 日常
あけましておめでとうございます。
本年も一年よろしくお願いいたします。

昨年を振り返れば、政治面は安心して見ていられる一年でしたね。
安倍政権になってからずっとそうですけど。
そのせいでネタがないのですけどね・・・。
まぁ、とてもいいことなのですけど。

そんな中で気になるのは左翼やマスメディア系ですね。

左翼の凋落が著しいのはここ数年の傾向でしたが、そこにマスメディアの没落が目立った気がします。
ウチワ追求や政治とカネの問題などであれほど騒いでも、支持率の下落がそれほどないのですから信用のなさが浮き彫りになってますね。

多分、今年は(も?)存亡をかけての悪意と偏見に満ちた報道をするんだろうな・・・と思うとちょっと気が滅入りますね。

今、左翼がすべきことは現実を直視し、その上での主義主張を確固としたものにすることなんですけどね・・・・。
そんなことは期待できないでしょうけど、それでもニュー左翼が出てきてくれれば、と思いますね。

さてさて、今年も一年、良い年になりますように。
コメント (2)