意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

金 玉 の話

2010年02月28日 | 言葉・言語・文章
別に変な意味じゃないよ!
金正日の奥さんの話でもないよ!
単純に、金と玉を使った四字熟語をまとめた物です。
他の意味を期待した人はごめんなさい。

金科玉条・・・貴ぶべき法律やルールのこと。科条(箇条)は項目の数のこと。

金枝玉葉・・・天子の子孫など高貴な身分のこと。枝葉とは、子孫のこと。

金券玉冊・・・天子より賜わる詔書のこと。

金烏玉兎・・・太陽と月のこと。金烏は太陽、玉兎は月に住む架空の動物。

金声玉振・・・知徳が備わっている様。金と玉は楽器で、これらの合奏から。

金殿玉楼・・・金や宝玉で飾った宮殿。非常に美しくてりっぱな建物のこと。

金賞玉句・・・優れた詩句のこと。

金韲玉膾・・・おいしい料理のこと、韲はあへもの、膾はなますの意。

金漿玉醴・・・金漿も玉醴も仙薬のこと。美酒を譬えて言う。

金芝玉草・・・伝説上の仙薬の原料になる草。

金盤玉盆・・・金の平皿と玉のお盆。みごとな器具のこと。

金縷玉衣・・・中国漢代に金糸で玉片をつづってつくった、遺体をおおう衣。

ちょい例外
炊金饌玉・・・食物の美しい形容。


・・・・・・。
こうしてみると、色々あるね。
コメント

フィギアスケートってスポーツなの?

2010年02月27日 | 社会
スポーツの祭典オリンピック。
色々と熱狂しているみたいです。

フィギアスケート良かったですね。
真央ちゃん 銀、高橋 大輔選手 銅、おめでとうございます。

ただ・・・、フィギアスケートに疑問があります。
特に男子の方ですけど、難易度が高い演技をした選手の方が基礎点が低く順位が低いとか、そういう素人目に見て解らない規定です。

正直、『曲の解釈』と言うものに点数をついているのには・・・ねぇ・・・。
『それはスポーツではないだろう』と思います。
ピアノの発表会と同じような、芸術コンクールです。
フィギアだけではなく、シンクロナイズドスイミングや、モーグルとかでもそう思います。

別に、そのこと自体を問題視しているわけではありません。
問題は、『何を競っているのか?』です。
美なのか、技術なのか・・・。

「両方です」とか言われそうだけど、だったら、余計に分かりませんね。
だって、難しい技が美しいとは限りませんから。
簡単な技でもトータル・・・流れでみれば、美しかったりするかもしれない。
今みたいに、1つ1つの技の出来ばえを見ているのは、何か違う気がする。

そういえば、前回の金メダリストの荒川選手のイナバウアーは点数がない滑りだとか??
優美な反りだったのにね・・・。

こういった採点競技の難しさはよくわかりますが、明確な規定・・・特に素人が見ても解るルールにしないと、納得しないよね。
美しさとか、曖昧でしょう???

いっそのこと、2回 演舞をするのだから、分けて評価すれば良いと思う。
1回目は技術だけで評価すれば良いと思う。
技の難易度と出来ばえのみでの評価。
難しい技がバンバンで見ごたえありそう!!
淡々と技だけ繰り返す様がシュールになって別の意味で楽しかも!!
まぁ、時間制限があるんだから音楽に合わせて舞うでしょうけど。

2回目は芸術性で評価すれば良いと思うね。
評価基準は、音楽、所作、姿勢といった美を競う。
難しい技が美しいとは限らないので、低難易度でもOK。
とはいえ、簡単な技ばっかり見せられてもつまらないから、競技中の全ての技の難易度の、平均を出し、それを基点にすれば、競技としてやりやすいんじゃない?
例えば10個の技のうち、8個はAランクの物で、1つはB、もう1つはSランク・・・だったらAランク。
で、基点は○○点で、その上で芸術点を、細かくだすとかね?

考え方としたら、シンクロに近いのかも?(テクニカルとフリー)
この方が選手も自由に演舞できて、審査員も楽でしょうね。
コメント (2)

高校無料化よりも・・・。

2010年02月27日 | 政治
高校無料化法案が審議されています。

朝鮮学校も無料化するかどうか、などとほざいているが、
赤熊は何度も指摘しているが、審議するまでもなく、憲法違反のため無理です。

日本国憲法 第89条
公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。

これに則れば、朝鮮学校どころか、日本の私立高校でさえ、無償化(授業料の減免)することは憲法違反です。
こんなことも知らないなんて、本当に国会議員なのかな・・・と思います。
憲法を無視するなど、法治国家としてありえないです。
即座に、解散すべきレベルの失態なのです。

まぁ、子供手当てを中学生までとしたときに、高校生がいる家庭の負担増に猛反発があったので慌てて盛り込んだ政策なんでしょうね。
だから、こんなに整合性が取れていない・・・。
場当たり的な、最低最悪政権です。

それは、ともかくとして、
なぜ、高校を無償化しないといけないのだろうか?
無償化は貧困者に対する支援とも取れる。
実際、そのようなことを民主党議員は言っているようだ。

だが、高校は義務教育ではない。
社会に適応できる人間を作るのが義務教育の意義です。
中学卒業までに最低限の教育ができないのなら義務教育内容を見直すことが先決でしょう。
無償化する理由はどこにもないのである。

能力がある人間が貧困で就学できないのを支援するのであるのなら、奨学金制度を拡充すればよいだけです。
なぜ、予算も無い中の一律の無償化なのだろうか?
『公平だから』とか 寝言をいいそうだけど、残念ながら人の能力は公平ではないのです。
能力に合わせて、お金を配った方が効率的だあろうに・・・。

そもそも、なぜ、ほとんどの人間が高校へ行くのか、大学へ行くのかを考えると、そうしないと良い就職先がないからでしょう。
だからこそ、バカで貧困者も高校に行かなくてはならなくなってしまっている。
結果、頭が足りない上に経済的な理由により満足に勉強もできず、こぼれて行っているのである。

はっきりと問題点が見えているので、解決するのは簡単である。
無理に、頭も悪い上、働かなくては喰っていけない人間が高校に行くなど時間の無駄だ。
それよりも、手に職を付けさせてやるほうが、よっぽどの支援だろう。
15~18歳の人間に専門学校へ通うなら、その授業料の一部を扶助するといった政策をとれば良いのである。

貧困層でも手に職がついているのなら、何とか喰っていけるでしょう。
高校無償化より遥かに感謝され、貧困対策にもなる方法です。
なぜ、こういう発想ができないのか不思議である。
コメント

千葉法務大臣を更迭せよ!!

2010年02月26日 | 政治
この人間ほど、害になる人間はいない。
害になっているのは脱税総理以下、全民主党議員だが、この人物はその陰に隠れて、様々な日本国の破壊活動をしている。

この人物に関して、資質に欠ける話は枚挙に暇がない。
しかし、その最たる破壊活動は、法治国家の否定である。

殺人の時効撤廃=政府、刑訴法改正案提出へ-過去の事件にも適用
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/51567893.html

この記事を読んだときに愕然とした。
時効の撤廃に関して、疑問もある。
100年経っても捜査するのか?とか、時効をなくても、昔の事件として再捜査が行なわれなくなり、事実上の時効のような物ができるだけだとか、捜査員や捜査するためのコストはどうするのか?とか、色々ある。
しかし、この辺りのことは考え方次第であることも確かであり、議論が必要である。

だから、時効撤廃に関してはどうでも良い。
その陰に隠れてこうか書かれているのである。

>(法制審議会は時効撤廃を)新制度施行時に時効が成立していない過去の事件にさかのぼって適用することも盛り込んだ。これを受け、政府は刑事訴訟法改正案を今国会に提出する方針だ。

法は遡及しない。

『事後法の禁止』とも言いますが、刑法における原則なのです。
簡単に説明すれば、実行時に適法であった行為を、事後に定めた罰則により遡っての処罰は禁止されています。(ただし刑事被告人に有利になる場合は、軽い刑の方で処罰する)

憲法39条にもかかれてますし、法学の基本中の基本の話なのです。
それを、延長させるだなんて・・・・。

こんなことを『検討する』という言葉を発するだけで恥です。
いえ、これは法治主義対する叛逆です。
こんなことがするのは、独裁国家です。

この国はいつから独裁国家になったんでしょうね。
民主主義を採っている国なのに・・・。
まぁ、名乗るだけなら、北朝鮮も民主主義ですけど。
同じ匂いがプンプンしますね。

こんなことを認めるような政治家は要りません。
即座に、更迭すべきです。



日本国憲法 第39条
何人も、実行の時に適法であった行為又は既に無罪とされた行為については、刑事上の責任を問われない。また、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問われない。
コメント

提言  31  再婚禁止期間を男性にも

2010年02月25日 | 提言
民主党が女性の再婚禁止期間を180日から100日に短縮しようとしてます。

意味不明です。

この規定は『生まれてくる子供のための制度』です。
母親が離婚してすぐに再婚した場合、父親と類推される人間が前夫と次の夫の2人となり、父親の推定が難しいのです。
結局、推定ができないことによって起きる不利益を被るのは子供なのです。(※)
それに短縮しても、何の問題解決にもなっていません。
この規定が正しいから『撤廃』ではなく『短縮』としかいえないのでしょう。

そもそもですが、子供と大人の権利の矛盾が起きたときは、『子供の権利を優先する』ものです。
子供は意思表明が無理なのですから、当たり前。
それなのに、なぜ、こんなことを言っているのか意味不明ですな!

ま、それはさておいて、
女性にだけ再婚禁止期間があるのはおかしいと思うのは感覚的にわからないわけでもない。
理論的に言えば、『子供の権利のため』で納得するしかないけどね。
でも、それでは感覚の違和感は消せない・・・。
じゃあ、どうすれば良いかなと思うと、
男性にも再婚禁止期間作れば良いじゃんね!!

ポンポン結婚離婚なんて繰り返さんのだから、問題ないでしょう!!
っていうか、男女平等の観点から考えると、そう主張すべきなのだと思います。

法には必ず、意義というものがあり、それを理解できないと、大多数の不利益になる。
ここら辺りが、(程度の低い)フェミニズムの主張が解らないところ。
よくもまぁ、無視できるなと思います。

あと蛇足だけど、男女共に再婚禁止期間をつけたら、前夫との再婚は禁止期間が不適用になるので、再婚は紙一枚でできます。
そのため、ペーパー離婚を行ない、夫婦別姓を実現している人間(公的書類が必要なときだけ離婚して旧姓に戻す)もいるのだとか。
でもエコの観点や手続きのコスト(人件費)を減らすため、元夫婦でも、再婚禁止期間を作った方が良いと思います。



(※)再婚禁止期間の不当性を訴えた裁判でも

>再婚禁止期間が廃止された場合、嫡出推定が重複する場合が現在より増加することは明らかであるが、父の決定がすべて裁判所によりなされなければならないとすれば、その間父が不明となるという子の不利益、裁判に要する労力、費用等のことを考えただけでも、子の福祉にもとる結果となることはいうまでもなく、従って、親子鑑定が容易に正確になし得るというだけでは、再婚禁止期間が一見不合理であるということは到底できない。(判決文)

と言った判決が出ています。



関連自エントリ
再婚禁止期間短縮に疑問。
コメント

植物学講座  6  ウメ

2010年02月24日 | 植物学講座
『梅』・・・ バラ目 バラ科 サクラ亜科 サクラ属 スモモ亜属 ウメ

バラ科の落葉高木。中国中部原産。日本には奈良時代前に渡来していた。
アンズの近縁種であり、容易に交雑する。
花は2月から3月、早春ころ いち早く咲くので『花の兄』とも呼ばれる。(ちなみに花の弟というと菊)

それらはさておき、ウメは身近な植物なので、特に書くことないかな。

(1)毒性
未熟な果肉や種子に、青酸配糖体アミグダリン、遊離シアンが含まれている。
生のまま食べると青酸配糖体アミグダリンは、酵素の働きによって、青酸(シアン化水素)ができる。
こうやって、梅は未熟な時に実を食べられないようにしてます。
青酸は麻痺毒で、幼児なら数個食べたくらいで中毒死を起こすことも。
ただ、危険だけど薬にもなり、一口かじった程度じゃ、さほど害もないのでつまらない・・・じゃなかった、非常に有用な植物です。

(2)抗菌性・殺菌効果
梅と言えば梅雨。
元々、梅雨は『黴雨』と書き、黴(カビ)が生える雨といった意味だったものが、ちょうど梅が熟す頃の雨であり、梅の音読みも『バイ』だったので、梅雨になったそうです。
そのため「梅は三毒を断つ」といわれるほど、非常に高い抗菌・殺菌性を持っており、梅干にされてお弁当に入ってます。(三毒とは食べ物・血液・水の毒のこと)

さてさて、じつは抗菌性があるのは日本の梅だけで、原産地とされる中国の梅には抗菌性が無い(弱い)とされます。
中国と日本では梅雨の時期が違い、また雨の量も違うので、高い抗菌・殺菌性は必要ないのでしょう。
でも・・・そうすると、梅は日本に奈良時代前に渡来して、その間に高い抗菌性を実に付けたことになります。
鎌倉時代には薬用とされていたことも考えると、非常に早い時期に抗菌性を獲得したと考えられる。
・・・何世代かで身につくものなのかな?
突然変異があれば、ありえないことも無いけど・・・。

じつは梅は中国から渡来したとする説と、元々日本の自生していたとする説もある。(大分・宮崎辺りに自生していたとされる)
梅の抗菌性を考えると自生説の方に信憑性はあるかな~って思います。
ま、仮説の域を出ませんが・・・。

関連
なんでも梅学
http://minabe.net/gaku/seibutsu/bunrui.html
コメント

長崎県知事選の結果を受けて

2010年02月23日 | 政治
長崎県知事選がありました。
結果は、9万票という大差で自民公明推薦の前長崎県副知事が当選されました。

予測通りの結果とはいえ、ここまで大差がつくとは思いませんでした。
9万票以上、得票率差にして12,3%もの大差です。
長崎県って、衆議院選挙で全4区、民主党が議席を取っていました。
それから比べると、考えられない数字です。
なんか、各議員の応援演説で、脅しまでしているようです。
国民は、民主党にNOを突きつけたと考える方が自然かな?

選挙考察は他の人に任せるとして、これで脱税総理と小沢はどうするでしょう?
辞任しない・・・という選択肢は無いと思います。
党内・・・特に反小沢派からの突き上げも激しいと思いますし、同時辞任という確率がぐっと上がったことは事実です。

辞めるとしたら、いつごろになるでしょうね・・・。
7月参議院直前に辞めたら、国民があきれ果てて、いえ、そもそも選択肢から外されて、負けるでしょうから、一番ありそうなのは、5月の普天間の問題を棚上げにして(首と引き換えにして現行維持案を出し)辞める・・・というのが可能性高いでしょうか??
・・・赤熊は予算案を出し、通した辺り(3~4月)で辞めると思います。
でないと、これ以降だと、選挙直前で選挙対策として あざといですし、
大失態で終わった政党と言うイメージが強過ぎて、大敗を喫しかねません。

もっとも、赤熊は脱税や基地移設だけが支持を失った理由とは思ってません。
支持、不支持の基本は、この国を『どのようにするのか?』のビジョンの問題であり、民主党じゃ何のビジョンを示せてないから、支持率が上がるのは無理でしょう。
この2人が辞めたからといって、支持が回復するのは難しいと思います。
正直、辞めて当然という気もしますしね。
(赤熊は党首が変わっただけでなぜか世論調査の支持率が高まるのかわかりせん)


2010.02.21 長崎県知事選 結果は以下のとおり
【立候補者:7】有権者数: 1174280人 投票者数: 705465人 投票率: 60.08%

316603   中村 法道  無所属       前長崎県副知事
222565   橋本 剛    無所属民主推薦 前農林水産省改革推進室長
*98200   大仁田 厚  無所属       元参院議員、タレント
*30902   押渕 礼子  無所属       前長崎県議会議員、医師
*21291   深町 孝郎  無所属共産推薦 「民主県政をつくる会」事務局長
**6634   山田 正彦  無所属       会社役員
**2889   松下 満幸  無所属       会社経営
コメント

感性は騙しやすい

2010年02月22日 | 社会
昨日、撮り溜めといた『所さんの目がテン!』を見た。
この番組、実験の取りかたが、変ですけど、良い番組ですよね。

それはさておいて、『バーゲン』と『バイキング』の回を見ました。
その中で、
人には『数が少ないとより良いものだ』と感じる効果があるそうだ。
その検証実験では、同じワインをAとBにわけ、Aは2個、Bは6個用意し、どちらかおいしいかのみ比べたら、数が少ないAが美味しく感じるそうだ。

もう1つ、
人に『自分で選んだのは間違いがない』と感じる効果があるそうです。
その検証実験では、同じカレーをAとBとわけ、Aは1つ、Bは3つから1つ選んでもらうと、3つから選んだ方が美味しく感じるそうだ。

この2つの実験は矛盾してそうでしないところが面白いなぁと感じる。
(前者は、グループ内は同じ物としているが、後者はグループ内でも違う物と人々に認識させているから)
人間の感性は簡単に騙せるんだね。
騙されないようにしないとね。

関連エントリ
所さんの目がテン!  バーゲン!! 値札のワナ
http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/10/01/0123.html
所さんの目がテン!  バイキング元取り作戦
http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/10/01/0130.html
コメント

生活保護と年金

2010年02月21日 | 社会制度・法律
赤熊が、年金制度で悩んでいること。

それは生活保護と年金の、その整合性が解らないことです。

かいつまんで言えば、
年金を払わなかった人間も、老後にお金に困った場合、生活保護を受けます。(受けられます)
じゃあ、年金保険料、払うだけ無駄じゃね???

と感じることです。
だからと言って、生活保護を出さずに、見殺しにする訳にもいかないし、『年金制度辞める』と生活保護が増加するだけだもんね・・・。

とすると、最低限の基礎年金額を決めて、全員に払うべき??
でも、そうなると企業は65歳以上の年金を貰っている人を雇うかも。
年金貰ってるんだから、賃金は最低で働かられるし、場合によっては、サービス業務もやらせればいいよね。
『若い人間イラネ』状態になると・・・。

ダメだろうよ・・・。

整合性を取ることできないようです。

赤熊では、この辺りの整合性が取れる案がないから、誰か整合性の取れる案でも考えてくれ。
パスだ!!
コメント

年金 あれこれ雑感 2

2010年02月21日 | 社会制度・法律
前回の続き。

年金の一元化が叫ばれているけど・・・。
赤熊は無理だと思います。
だって、年金のコンセプトと言うか、考え方が違うからです。

国民年金は、小額の保険料で、基礎年金を貰うというもの。
農家とか、事業をしている人間とか、基本的に定年が無い人用。
対して、厚生年金は、定年後の生活を立てるための物です。
仕事が無い彼らの生活の基盤にするんですね。
で、最後に共済年金。
まぁ、厚生年金の公務員版ですね。
彼らも、定年後は仕事ないですから。

このように、コンセプトが違うわけです。
それなのに、一元化するというのは非常に乱暴です。
ってか、そもそも需要に応じて、制度設計されているのに、その需要を無視して一元化しても成功しないでしょう。
国民年金を払っている人たちに、厚生年金の保険料は支払えないし、かといって厚生年金を払っている人間の保険料を下げたら、生活が立ち行かないでしょう。

誰も得しないですよね、年金の一元化って・・・。

何でこんな変なことをやっているのか、赤熊は理解できません。
単純に、制度をいじって仕事してますって見せたいだけだと思います。
どう考えても、無駄な作業ですね。
コメント   トラックバック (2)

年金 あれこれ雑感

2010年02月21日 | 社会制度・法律
赤熊は公的年金で思うこと。
雑感なので、まとまってません。

一番気になるのは、共済年金を敵視している人間がいます。
曰く『年金の記録漏れのない共済年金は、公務員優遇だ!!』とか何とか・・。
『だから、年金を一元化すべきだ』とかも言ってますね。
カツマーとか、モリナガーとか、オギワラーとか・・・ですね。
でも、赤熊は単純に、システムの違いだとしか思わないです。

企業の場合、業績不振などで年金保険料が変わるけど、公務員は変わりません。
それどころか、お金の流れも一定です。
簡単に言えば、国家機関から国家機関にお金が動くだけです。
『給料を貰う』 = 『保険料の納付』 なのだから漏れるわけが無い。
もちろん、これらは見える範囲では公務員も同じように給料天引きという形で処理されてますが、会社員の天引きとは根本的に仕組みが違うわけです。

だから、赤熊は共済年金というものを厚生年金と別枠で作っているわけだと思います。
だって、そっちの方が手続きが楽だもん。

赤熊は3種類の年金体系があると聞けば、3種類必要だから3種類作ったとしか思いません。
でも、なぜか年金を一元化しよう主張する人間は無駄だとしか言わず、効率を考えません。
なぜ、なのでしょうね。
不思議な連中です。
コメント

タイガーウッズの会見で思ったこと

2010年02月20日 | 社会
コネタを1つ。

タイガーウッズが不倫騒動で初の記者会見。
内容はどうでも良い、謝罪内容。

そんなことよりも気になったのは、

タイガーウッズって、意外と白い・・・。

正確には、肌の色が黒人にしては薄いなのかな?
あれって、日焼けだったんだね。

ちょっと以外だった。
それだけ。
コメント

再婚禁止期間短縮に疑問。

2010年02月19日 | 社会制度・法律
女性が離婚した場合、再婚するために禁止期間があります。
現在は180日。
民主党が夫婦別姓と共に、進めている民法改正にこの再婚禁止期間の短縮がある。
その案では100日なんだとか・・・。

なぜ、短縮する理由があるのかさっぱり解らない。
女性差別だから??
違います。

再婚禁止期間の合憲性   甲斐素直 
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kaisunao/seminar/821prohibitation_period_of_remarriage.htm

詳しくはこちらを読んでもらうとして、なぜこの規定が作られているのかといえば、子の嫡出推定の問題があるからです。(要は子供のためにある制度です)
母親が離婚してすぐに再婚した場合、父親と類推される人間が2人となり、父親の推定が難しくなるのです。
そのため、期限を儲け、自動的に親の確定をしているわけです。

当たり前だけど、制度に完璧な物はないわけで、若干の不都合もあります。
離婚後、再婚禁止期間が終わる前に母親が次の夫となる人との間に、子供を妊娠・出産をしてしまった場合です。
この場合、前の夫との間の子供と認定されます。
これは離婚調停が長引いた時に起きやすいみたいです。
そのため、100日に短縮しようという話になってるっぽい。

・・・でもさぁ、これって関係なくない?

そういう特殊事情があるのなら、
子供の父親認定を生まれる前に、次の男性との子供だと認められるようにすれば良いだけですし、又は、父親と子供のDNA鑑定をもって、父子と証明できれば、親子関係を切り替える事ができる制度を作れば良いだけです。
そう主張するのならわかるんですけど・・・、なぜ、再婚禁止期間を短くする必要があるんでしょうか?
意味不明です。

それに男女平等を掲げるのなら、男性にも180日間の再婚禁止期間をつけるように要求すべきだと思うんですけど??
特に、この国、国籍を取得するのに、結婚と言う要件で軽くなるんですよね?
密入国ブローカーにこれの制度を悪用されてんじゃないの??? とも思います。

これらの不正を防ぐために、1年くらい再婚禁止期間を延ばしても良いのではないでしょうか?
そんなに結婚・離婚を繰り返す人間なんていないし、大して不満もないですよ。
長くする理由があっても、短くする理由が一切ありません。
なぜ、こんなことを主張するんでしょうね。
わかりません。

それにしても、『男女平等』と主張している人間は、イデオロギーのために、秩序を破壊することを望んでいるようです。
少なくとも、この件からいえることは、男と同等とありたいというより、自分勝手な都合のために制度を変えたいと望んでいることが解ります。
じゃないと、普通、男性にも再婚禁止期間をつけろと主張するはずですので。

なぜ、このような珍妙な発想になるのでしょうね。
多分、密入国ブローカーから賄賂を受け取っているのでしょう。
そうじゃなければ、一切理解できませんから。
彼ら、彼女らは日本国の敵ですね。
それが、日本の中枢にいるのですから、目も当てられません。
コメント (2)

提言  30  政治家は離党したら辞任せよ

2010年02月18日 | 提言
赤熊、ここのところの政治家の離党劇を見て感じました。

赤熊は離党したからといって裏切り者だとは思いません。
でも政党といった物が何なのかを考えたときに『離党する』というのは、政治家の職を一度辞するべきだと思います。

政党とは『共通の政治的主義・主張をもつ者の組織』で離党するというのは、主義主張が合わないわけだから、離れるわけです。
このこと自体は、特に問題はありません。
自分の思想信条が合わないのならば、離党すべきです。

ただし、有権者にとっては大問題です。

政治家というのは選挙によって選ばれる国民の代表です。
選挙によって、有権者に信を問い、代表者を決めているのです。
有権者の投票判断に、所属政党の主義主張と概ね一致していると思いますので、政党から離党してしまえば、選挙のときに掲げられた主義主張が消えてしまうことになります。
それでは信もありません。

信がない政治家など、政治家としての資格が無いのですから、やはり辞めるべきです。
というか、民主主義を標榜するなら、一度辞めて、再度選挙で信を問い直すことが当然だと思います。

現在のように、政治家が離党し、他の政党に何の罰則も無く入ると言うのは、選挙の意味をなくしているようなものです。
それは有権者を騙しているのと同義ですので離党するのなら、再選挙を行なうべきですね。
もっとも、それ以前の問題に、自分の思想信条が間違えており、意図せずとも有権者を騙していたわけなのだから、その責任は取れと言いたいです。


追記
ちょっと感情的になりすぎてますね。
振り返って冷静に考えると、離党しただけではその必要もないと思います。
ただ、裏切って、その党に反旗を翻したい場合はその限りではないと思いますけど。
コメント

医療改革から見る民主党の無能さ

2010年02月17日 | 政治
昨日も民主党の珍言に突っ込みいれたんだけど、今日も入れないといけないのか・・・。

なにやら、健康保険に統合医療を加えるとさ・・・。

医療統合と言うのは、元来の治療(対処療法)に、他の様々な治療を追加し、治癒や快癒を促すというものらしい。
で、民主党が考えている内容は、中国医学やインドの「アーユルベーダ」、イスラムの医学「ユナニ」、断食療法や瞑想、磁気療法、オゾン療法、気功などなど。

・・・・・・・・。
そんな金、どこにあんだよ!!!!

効果があるのならまだいいが、怪しいものもあるもの確か。
これらに効果が全くないとは赤熊も言わないが、人によって効果の振れ幅が大きすぎて、実証が難しい物に、保険の適用・・・公金の使用はダメでしょう。
ある程度の規定を作っても、その規定では意味がないと騒ぎ立てる人間はでるものです。
それに、何か新たな利権の匂いがするしね。
まぁ、民主党もそれが狙いでしょうけど。

それに気になるのは、推進する理由に『医療費の削減』を掲げていること。
それなら、いの一番に、人間ドックやそれに準ずる検査に対して保険適用を考えるべきではないだろうか?
いや、もっと厳しくし、検査を受けないと、健康保険料が上がったり、医療費の自己負担額が上昇するような強制的な処置をとっても良いと思います。
最低でも若い人でも5年に一度、高齢者でも2~3年に1度もペースで検査をしておけば、個々人の細かなデータが残り、病気の予防にも役立てられるでしょう。
今はコンピュータがあるから、管理も楽だしね・・・。

早期発見、早期治療。
赤熊は これに勝る医療費圧縮はないと感じます。
こんな疑わしい物を検討する時間よりも現実的に減らすほうを考えるべきです。
今の制度に不満があっても良いが、優先順位を間違えてはいけない。
一番、効果が高そうな物から検討する。
民主党は、なぜ、こんな当然のこともできないのか理解に苦しむ。
大方、無能だからですけどね・・・。

関連エントリ
首相、医療改革も“宇宙人流”瞑想、催眠療法に保険適用!?
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/51562050.html
地域で連休ずらし法から見る民主党の欠落点
http://blog.goo.ne.jp/matuba96/e/4be13328b88bc316788966ef93199df6
コメント