意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

進化論の理解が・・・・・。

2016年09月30日 | 教育
愕然とした話。

妊娠時のつわり、流産リスク低減に関連 研究
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-00000013-jij_afp-int
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/52326924.html(リンク切れ時・赤熊の資料館)

内容自体は、大したものじゃありません。
つわりが酷いと、流産しにくくなるのでは?程度のことで科学的検証もまだまだ先のことです。
まぁ、つわりが酷いことはデメリットばかりじゃないって話です。

もっとも、つわりが酷いと健康なこともが生まれやすいというのは昔から言われてることですし、つわりがある期間はちょうど胎児の脳神経が形成される時期なので、その時期に妊婦が毒物を食べないようにするためではないか?という話もあるわけです。
なので、つわりが酷いと流産に強くなる効果まであるってのは不思議ではないですね。(ただつわりが酷くて動かないから流産しないだけなんじゃ?、もっともそれ込みでつわりの有用性なんでしょうが)

愕然としたのはこれに寄せられていたコメントですね。
いくつか抜粋すると、

>胎児が毒素に晒される危険性を減らす為につわりがある…とか書いてるけど、それは納得いかない。(略)食べづわりの人も結構いる。
>じゃあ全くつわりがなく順調なのは何なんだ。

とか、あるんですが・・・それは単に個性なんですけど。
多様性といってもいいですけど、つわりが重いと子供が健康に生まれて子孫繁栄になる、またはつわりが軽いと子供をもっと生みたいというインセンティブが生まれて子孫繁栄になる・・・・・という話で、どちらが良いかは不明。(おそらく、つわりが軽すぎても重すぎても支障がある)
不明な分、正解がありませんから単純に良いとか悪いとかではなく生き物として総当たり戦をやってるだけです。
個性や多様性・・・幅を出して、何事にも対応しようとしてる、別の言い方すれば人間という種が体を張った実証実験をしてるだけですね。

・・・こんなもの進化論の基本なんですけど。

もちろんそういうことがわかっているコメントもたくさんあるんですけど、進化論がこれほど普及してる国で理解されてないとは・・・・・。
人間が動物であることを失念してるだけならいいのですが、アメリカの一部で宗教上、進化論を教えないなんて言って笑ってるけど、ちょっと笑えない状況ではないかと思います。
コメント

マイナスをプラスにできない民進党

2016年09月23日 | 政治
2重国籍で問題になった蓮舫氏が民進党の代表になりました。

何かのギャグでしょうかね・・・・・。

呆れたことに、保身のために『台湾は国じゃないから2重国籍にならない』と言いわけし、外交問題にさえなってるのである。
代表に選出後「台湾は父親の故郷なので、台湾の皆様もぜひ応援してほしい」とかいってたり・・・・。

何かの病気なのかと疑ってしまう。
聞いた話によると代表が決まったあとの民進党の両院議員総会は半数の議員が欠席したそうです。

民主党あらため民進党はどこに向かっていくのだか。

ま、それはともかくとして、不思議なのは蓮舫氏が国籍に関して今のところ、どういうスタンスなのか見えないことである。
蓮舫氏は2重国籍を推進するのか、しないのか、その理由やメリットやデメリットを言わないのである。
それどころか、国籍というものをどのように思っているのかさえ何1つ言わないのである。(便利な道具くらいにしか思ってなさそう)

不思議どころか不気味です。
そういう不穏な人物を支持したいとは誰も思わないでしょう、何をするかわからない人物なんて気持ち悪いだけでしょう。

こういう問題は良い切っ掛けなんですから、一応の結論さえつければプラスにだってなるわけです。
なのに、プラスにできないまでも、マイナスを少なくしようとする動きが皆無なんですよね~。
どうも『たいした問題ではない』として、逃げ切ろうとしてるようです。
そういう不誠実な人間を支持したいとは誰も思わないでしょうし、今のままならマイナスが大きく圧し掛かるだけでしょう。

少なくとも民進党としていつごろまでに結論を出したい、建設的な意見が聴きたいけど・・・・・まぁ、非建設的なのが民主党ですからね。
外国人から献金を貰ってた事案で、役職を辞職した前原氏が、代表選に出て何事もなかったかのようにしてるわけですから。

これで、政権奪還を目指す、なんて言ってるのですから鼻で嗤えます。
最低限、民進党がいることに意味があると思わせられないのですから、どんなに蓮舫氏が目立っても無理でしょうね。
コメント

無戸籍問題のその前の話

2016年09月16日 | 社会制度・法律
無戸籍問題なるものがあります。
何らかの理由により、出生届を出さなかったため子供の戸籍が作られなかったため、不便な生活を余儀なくされているってやつですね。
その救済をしなければならないと思いますが、その前に考えなければならないことがあると思います。

主にこの問題を起きる理由は、離婚調停が長引いてしまい別の生活をしているときに子供ができ、その子供は通常、夫婦の子供とされますので前夫の子供として出生届を出さなければならなくなったためなようです。
それを嫌って出生届を出さないみたいですが・・・・・でも、結論から言うと『それでも出せよ!!』ですよね。

確かに、前夫の名前で記載されるのが嫌というのは解らなくはないのですが、記載された父親欄を消すのは簡単とは言いませんが、それでも不可能じゃないのです。
でも、無戸籍・・・その人間が本当に無戸籍なのかどうかなんて確認のしようがない。
親が出さなかっただけだと言ってもそれを信じるにたる理由がないのです。
本当は戸籍があるのもかかわらず、無戸籍といって、新しいまっさらな戸籍が欲しくて言ってるだけかもしれませんし、誘拐された子供を実の子にしたかったという可能性すらあるのです。

でも、そんなもの調べようもない。
『有を無』にはできても、『無を有』にはできないのと一緒ですね。
なら、どんな事情があれ出すべきです。

それでも出したくないというのであれば、相応の行動を取らなければいけないのです。
例えば、即座に司法に訴えるとか、出せなかった理由を戸籍係やその上司のサインつきで証明書を書いてもらうとか、確実に記録を残していかないといけないのです。(そうすれば新戸籍を作るときの証拠にもなるうる)

無戸籍問題なんて言われてるけど、全ての親がこういうことをきちんとしてたら、深刻な問題にならないのだと思います。
でもねぇ・・・・この問題を見てると戸籍がない本人を矢面に立たせて、親が出てこない態度がちょっとねぇ。
単に可哀想というものではないと感じますね。

少なくとも、戸籍を出さないという特殊なことをやっているという自覚を持つべきなんですよね。
正直、戸籍を出さないで受ける不利益は全て子供が被るのですから、赤熊的には虐待だと感じますね。
まず、この最初のアクションをどうにかしたほうが、この問題自体を起こさないで済むのではないかと思います。
コメント

政治家評  10  蓮舫 3

2016年09月09日 | 人物伝
この人を取り上げるのも3回目なのか・・・。
現在、民進党の代表選に出てますが、二重国籍問題で窮地に立ってます。

蓮舫氏、民進代表選で圧倒的な強さだが…「国籍」問題全否定もネットは大炎上
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/52321902.html

正直、二重国籍自体は氏が日台(正確には台湾に帰化した中国人)ハーフであることを考えると決して些末な問題ではありませんが、そこまで重大な問題でもありません。
並の問題くらいでしょうか?
ただ、『国会』議員が『国籍』・・・ひいては『国』という根本的なものに対して何も考えてない・・・それは国会議員としての『資質に欠ける』という汚名は受けるでしょうけど、それくらいです。
挽回できないレベルじゃないです。

問題は、この問題の応対を完全に間違えたことにより致命傷を負ってしまったところですね。

例えば、
テレビに出演し、「二重国籍」かどうかと問われ「私は生まれたときから日本人です。高校3年で、18歳で日本人を選んだ」といいましたが、二重国籍かどうかと訊かれているのですから、答え方はイエスかノーしかないのです。
なのに、この答え方では何の釈明になってませんね。
むしろ、何かを誤魔化してる風にしか聞こえません。(実際、出生時は台湾籍で、その後に日本国籍を取ってるのですからこの発言は明らかな嘘です)

政治家たる者、明言を避けることをしなければならないときもあるでしょう。
なので上手くはぐらかせる、誤魔化せるってのは政治家として大事な資質の1つです。
特に今回の件は数十年も前のことですから、いくらでも誤魔化しようがあったわけです。
仮に二重国籍であったとしても『当時は離籍届と勘違いしてた』とでも言って収束を計れば良かったわけです。

なのに嘘までついての誤魔化しなんて最悪の一手でしょう。
これなら素直に非を認めて謝ったほうが遥かにマシですね。

これで党首を目指してるわけで、お笑いですね。
党首って攻撃するだけじゃないく、防御したり、引き際を見極めたりが重要なわけで、それをできない人を選んでも、まぁ、盛大にコケるでしょうね。
赤熊的には蓮舫氏が選ばれて、笑える方が良いですけど。
非常にコストパフォーマンスが悪いお笑いにしかならないのですけどね。(苦笑)
コメント (2)

筋が悪い築地移転の延期

2016年09月02日 | 政治
東京の築地市場の移転を延期すると小池都知事が発表しました。

理由は、

①土壌汚染の調査の未完了
②不透明な費用
③情報公開の不足

の3つらしいですが・・・・明らかに筋が悪いですよね。
特に②と③は当事者には全く関係ないし、①にしても過去7回の調査では異常なしであり、2か月後の移転で関係者は納得してたわけです。

なので、完全に言いがかりレベルの延期理由であり、これは政治パフォーマンスでしかありません。
移転先に豊洲に何か問題があるような報道がなされてるけど、ほとんどが移転後、調整していけばいい物ばかりです。
むしろ築地の方が余程問題(老朽化、アスベスト、衛生状態等)がありますよ。

そもそも施設も完成しており、どう延期しても白紙撤回にはならないわけで・・・・延期しても何の意味もないどころか、余計なお金がかかるだけです。
舛添氏の高額出張費で辞めさせたけど、そんな金額をはるかに超えるお金を浪費するだけです。
延期を求めるのであれば、工事が始まる前、最低でも基礎が終わる前までにしなければならないわけで、なぜ直前になってから延期だのなんだの言い始めるのか・・・何を考えてるんでしょうね。

都議会の人間との対立をこの件で何とかしたかったのでしょうけど、正直、都議会程度なら深刻な不正って見つからないと思う。
なので、敢えて、この件に目を瞑って貸しを作り、他の政策を有利にした方が良かったでしょう。
完全にやり方を間違えてます。
ここでこんな対立しても意味をなさないどころか進退窮まるだけでしょう。

もう先が見えましたね・・・・・・また都知事が変わるのか。(笑)

追記・橋下氏が同様のことを言ってますね。
小池都知事の築地移転延期。まずいな、政治戦略・戦術としては失敗するだろう - 8月30日のツイート(ブロゴス)
http://blogos.com/article/188640/
赤熊は橋下氏の言は好みませんが、この件に関しては正しいと思います。
コメント