意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

夏日と真夏日と熱帯夜と感覚と

2011年07月21日 | 自然・環境・エコ
台風の影響で、北からの風が入ってきているのでしょう。
ここ数日涼しいです。
避暑地って感じで、夜は肌寒いくらいです。
夏の間中、こんな感じでいいのにね。

そう思っていたのですけど、車の温度計を見てみれば、きっちり30度を超えてます。
30℃を超える・・・つまり真夏日です。(※)
でも、極めて快適なのです。

もちろん、湿度の問題、風の影響、太陽光(曇りがち)も関係するので正確には比較できないのでしょうが、30℃って、さほど暑いと感じないです。
暑いと感じるのって、32℃~33℃を超えたあたりから?
寝苦しいとされる熱帯夜・・・一日の気温が25℃を下回らない日を言いますが、25度なんて快適でしょう、マジで。
『夏日でした』と、ニュースで流れても春の延長線くらいの感覚ですものね。

単純に赤熊が暑さに強いだけなのか、この基準を作ったやつが暑さに弱かったのかは解りません(若干、前者だと思う)が、この感覚の違いには戸惑いますね。
5℃づつくらいずらしてもいいのでは?
猛暑日(35℃以上)はさすがに暑いと感じるので、難しいのかも知れませんが、もう少し、感覚的に作ってほしかったですね。

そんなことはさておき、この快適な夏がずっと続けばいいよね。
まぁ、冷夏が来て困るってパターンになりそうですけど。

※ 正確には百葉箱の温度計が越えなければ真夏日ではありませんが
コメント

結局、再生可能エネルギーは蓄電池まち

2011年06月15日 | 自然・環境・エコ
電気は溜めることができない。
いくら発電量を誇っても、常に供給し続けることが優先されるのです。

例えば、お米を炊いているときに、電気が止まれば生煮えになって食べられない。
もったいない。
まぁ、家電ならいきなり止まってもそこまで気にしなくてもいいでしょうが、工場などの機械・・・・・特に精密機器は壊れる原因にもなり、その時の損失は計り知れない。
それを防止するためには常に消費量を少し上回る電力を供給する必要があるわけです。

要するに電気は『如何に安定供給をするか?』に尽きるわけです。

今までは、原子力でベースになる電力を作り、火力などで消費量が上がった時に対応していたわけです。
では再生可能エネルギー・・・特に推進されようとしている太陽光や風力発電はどうか?
風や太陽光では発電量が安定せず、出力を上げたいと思っても上げられない。
このどちらも担うことができないのです。
安定供給が見込めないのであるなら選択肢から外すべきで、素直に火力発電に定めて、どの燃料を使うのかを考えたほうがマシですね。

もっとも、再生可能エネルギーに全く芽がないというわけではない。
電力を安定供給できる装置・・・蓄電池があればいいのです。

蓄電池さえあれば、電気を溜めて出力を一定に保つことは可能です。
そうなれば、十分に電力供給の一翼を担うことができます。
でも逆に言えば、これがない以上、いくら太陽光パネルや風車を普及させても無駄なのです。

ならば、蓄電池の開発に力を注ぎ込むべきじゃない?
蓄電池なら、車に船に飛行機に・・・もっと言えば、潜水艦などの軍事転用も可能でしょう。
所詮、風車や太陽光パネルなんて応用の利きにくい末端技術ですね。
仮に、風車や太陽光パネルの技術開発が負けても、蓄電池で儲けたお金で最高水準のものを輸入すればいいだけです。
太陽光パネルなどの普及は、良い蓄電池ができてからしない限り無駄に終わるでしょう。
少なくとも税金を今すぐに大量投入するより、安く済みます。

結局、再生可能エネルギーは蓄電池まちなのです。

もっとも、世界中が蓄電池の開発しているのに、未だ高効率のものはありませんね。
チャンスと言えばチャンスだけど、いつになるのことやら・・・。


ところで、一度蓄電池に溜めてから使おうとすれば、発電効率が悪くなるよね?
たぶん良くて7~8割くらい?
そうなるとただでさえ発電効率が悪い再生可能エネルギーなのに実用化は難しいのでは?
少なくとも火力発電とどちらが効率的かも併せて考えないといけませんね。
コメント (2)

『乗り遅れたらいけない』って、脅しの言葉だよね

2011年06月14日 | 自然・環境・エコ
海外では~
再生可能エネルギーに関して嫌なコメント。

続く言葉は「実用化されてる」や「予算が多い」だのですね。
そして、今取り組まないと日本は取り残される!

・・・・・・だからどうした!!
他所は他所、家は家。
子供のころ教わったはずです。
海外がどうであれ、日本に適応できなければ無用の長物でしょう。
ならば、日本に「合うか、合わないか」を論じればいいのです。

赤熊はこういうコメントする人間を信用しません。
これは脅し文句だからです。
もっと言えば、詐欺師の常套句。
不安を煽り、唆す時の言葉です。
そんな言葉を弄する人間を信用する気がしれない。 
コメント

東北地方太平洋沖地震発生

2011年03月12日 | 自然・環境・エコ
東北で巨大地震が発生しました。
赤熊が住んでいる地域は何の影響もありませんでしたが、東北から関東にかけて甚大な被害を出しているようです。

地震そのものの被害はあまりなかったのでしょうが、やはり津波は防ぎようがないですね。
特に東北の沿岸部はリアス式になっているため、昔から「津波で村が消えた」ということが度々あってましたが、今回はそれを輪にかけてひどいみたいです。

こんな状況で民主党政権で大丈夫かと思いましたけど、おそらく大丈夫でしょう。
官僚が動くでしょうから。
ただ、くぐもった声でペーパーを読み上げるのはやめてほしい。
嘘くさく聞こえる。
そうじゃなくても嘘くさいのに・・・。
こういうときに信用度が試されるものですね。

さて、被害の全貌がこれから分かっていくでしょうが、一刻も早い救援・復興を祈っております。
コメント (4)

サンプロ 福山 哲郎の愚かさ

2009年12月07日 | 自然・環境・エコ
12月6日のサンデープロジェクトを見た。
お題は、経済・CO2削減・西九州新幹線だった。

経済に関しては、無視。
意味のない議論である。

問題にしたいのはCO2削減問題。
民主党のCO2削減対応者は福山 哲郎が出ていましたが、見るも無惨であった。
脱税総理が何を血迷ったか、30%削減を立ち上げて立ち往生しているのだ、脱税総理が削減量を言ったから、アメリカ・中国が数値を出したと絶賛しているのだ。
誰がどう考えても、アメリカ・中国は経済になんら負担にならないような数字目標を出したのだから、日本の1人負けだ。
愚かしい。
それを必死になって、擁護していたが実に無惨であった。

何より耳を疑ったのが、家庭負担を試算させといて、その試算に『将来、新たな科学技術ができるはずだから、家庭負担は少ない』と盛んに喧伝していたのだ。
あきれ果てる。
できなかったら、どうするつもりなのだろうか?
未だ確立されていないものを当てにしてどうするのだろうか?
愚かにも程がある。
こういうことを昔から取らぬ狸の皮算用といって軽蔑されてきたのだ。

この問題は「今ある技術をどう普及させるか」又は「新たな技術革新が為されたとき、どのように変えるのか」の問題なのである。

そんな、できてもいない技術を当て込んでも時間の無駄だ。
脳内お花畑過ぎる。
現実を見ろ!!
こいつら将来性がなさすぎる。

最後に一番、カチンと来た一言があった。
福山 哲郎「政府が率先してやればいいんです」
お前達が、その政府なんだよ!!!!!!!!

非常に愚かな人間が環境対策をやっている。
期待は一切できない。
コメント

CO2 25%削減の家庭負担は?

2009年11月30日 | 自然・環境・エコ
政府のCO2削減タスクフォースの家庭負担の試算結果を非公開にするそうです。

「政治迎合は学者生命にかかわる」 温暖化試算、お蔵入りの背景は…
2009/11/29  
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/330075/

鳩山政権が国際公約に掲げる温室効果ガスの25%削減。その家計への影響を検討してきた政府のタスクフォース(有識者会議)が24日、試算をまとめたが、政府は非公表扱いとし、来年2月までの再試算を命じた。

報告書には、1世帯当たりで最小3万円から6万円、10万円、14万円…などと、さまざまな結果が羅列された。最大は76万5千円。前政権が民主党批判の材料とした「36万円」の2倍以上で、鳩山政権の意向に沿うはずもない。

■タスクフォースの試算

 2020年に温室効果ガス排出を1990年比25%削減する目標に関し、国内での削減と海外からの排出枠購入の組み合わせを4通り(25%と0%、20%と5%、15%と10%、10%と15%)設定し、1世帯あたりの可処分所得の目減りを試算。国内だけで25%削減の場合、16万~76万5000円と最大の負担。最小は「国内努力10%+排出枠購入15%」で3万~28万円。

・・・・。
最大76万円の家庭負担か・・・。
名前は言いませんけど環境副大臣は『36万円は嘘だ』といってましたよね~。
増えてやんの・・・。
まぁ、こういう場合の最大と言うのは現実的な数字ではないのですが、こういうときは半分の数字がだいたいの負担額です。
だから38万円くらいかな?
もっとも余り意味のある数字ではありませんが、それでも増えてやんの・・・。

しかも、試算結果が政治上不利になるから非公開だなんて・・・。
さすが脱税総理が指揮する内閣ですこと。
試算の意味ないじゃんね。
バカバカしい。
何回試算しても、結果は変わんないよ。
まぁ、数字を都合のいい数字に変えれば別ですけど。

それよりも、この問題で考えないといけないのは、『家庭負担』と言う嘘で、どんなことをしても、『総負担金額』は変わらないことです。
国内削減枠は基本的に家庭負担で、海外排出買取枠は税金・・・つまり企業が負担するのです。
最小3万円と言うのは、残りの負担を企業に課すだけでしょうね。
結局、誰かが払わないといけないのですけど、企業が払うのなら、企業は海外移転などをして人員を削減するでしょう。
大不況まっさかさま。
家計負担とか言うレベルを遥かに超えますね。

それなのに、我らが脱税総理は世界中に25%削減すると喧伝しちゃって・・・。
何にも考えてない思いつき内閣ですこと。
責任とって総辞職して欲しい。
コメント

蛍光管型LEDリース

2009年11月27日 | 自然・環境・エコ
蛍光管型LEDって売ってるみたいだね。

お値段は何と、特別ご奉仕価格 1本2万1000円~。

って、買えるか!!!

W数や大きさ、会社によって違うんでしょうけど・・・。
普通の直管型の蛍光灯って500円くらいだよね?
この値段は・・・うーん。
いくら効率がいいからっていってもねぇ。

そこで、リース(貸出し)をやってるみたい。
ま、確かにこれだと、消費電力分で、賄えるんでしょうけど・・・。
どうなんだろう?
リースしているところのホームぺージを見ると30本で月々1万3000円だから、年15万6000円。
電気代が1本あたり、一月156円お得なんだそうだ。(1日14時間使用)
30本で4500円ほど得だから、年だと6万円くらいの得。
1年に1回蛍光管を変えたとしても30本で1万5000円だから年額7万5千円くらいコストが下がる。
差し引いたら、8万1000円。
・・・大体、1年間の電気代くらいだね。

得か損かの微妙なライン。
今より電気代が上がるか、24時間営業のコンビニなどなら収支はプラスになるとは思うが、休みが多かったり、照明を余り使わない事業所では損だね。
家庭では論外です。
1本2万円のものに補助金出してらお金がいくらあっても足りないので、リースに補助金をだして、普及させ、コストを下がらせるほうがいいでしょう。
あんまり補助金に頼るのもどうかと思うし、値段が安くなれば、補助金も切りやすい。

そうそう、それと冷陰極蛍光ランプ(CCFL)ってものがある。
CCFLっていうのはパソコンとかのバックライトなどに使われてるライトですね。
LEDと同じくらいの消費電力と長寿命で値段が半分以下なんだとか。
良くわかんないから、パス。
でも、一点だけ。
有害物質を含まないと言う観点も考えた方が良いと思うな。
コメント

電気ショックボート

2009年11月12日 | 自然・環境・エコ
ちょっと資料的に残しておきたいニュース。

外来魚の駆除に電気ショックボートを使うんですって!!
電気ショックを放ち、魚を麻痺させ、ショック状態で浮いてきた外来魚だけすくって駆除する。
ショック死する程の電気を流すわけではないので、魚はしばらくすると動き出す。
駆除方法としては画期的なんじゃないかな?

でもこれって、禁止漁法と同じだよね。(笑)
______________________
電気ショック!で外来魚駆除 予想以上の効果で本格導入へ 長野・諏訪湖
http://mainichi.jp/select/photo/news/20091111mog00m040038000c.html?inb=yt
◇3日で3000匹以上
 調査は、北海道立水産孵化(ふか)場から借りた米国製の「電気ショッカーボート」を使い、県の特別採捕許可を受けて10月31日~11月2日に実施した。その結果、在来種の生態系に影響を与えているとされるブラックバス1210匹、ブルーギル1853匹の計3063匹(総重量274キロ)を捕獲した。

 電気ショッカーボートによる捕獲は、ボート先端に取り付けた2本の電極ワイヤから数百ボルトの電流を水中に流し、感電・まひして浮いてきた魚を網ですくう手法だ。今回、船を1日に2時間半稼働させ、3日間かけて外来魚が多い岸辺を中心に回った。

 漁業が行われている湖沼では全国初の試みで、在来魚にも感電などの影響が心配されたが、フナやワカサギはまひから覚めると蘇生し、水中に戻ったという。

 諏訪湖では外来魚によるエビやワカサギ、コイやフナの卵の食害を受けており、漁協がこれまでにも刺し網による捕獲や、外来魚釣り大会を実施して駆除してきたが、対策には決定打がなかった。

 同試験場によると、電気ショッカーボートは1隻450万円ほどで、国内には4隻あり、北海道の湖沼や皇居のお堀で実績を上げているという。

 諏訪湖漁協の吉沢忍代表監事は「大変な効果があり、みな目を丸くした。4~6月の(外来魚の)産卵期に稼働させれば、より効果がある」と話す。漁協では外来魚駆除に毎年数百万円を費やしており、ボートを購入しても十分見合うと判断。国や県とも協議したうえで導入を目指す方針だ。
コメント

直管型LEDを

2009年10月25日 | 自然・環境・エコ
電球型 発光ダイオード照明が話題です。

ダイオードは電球に比べ、長寿命で、低燃費です。
ただ、これがCO2削減にはならないでしょう。

まず、白熱電球を使っている家なんて、ほとんどないでしょう。
だいたい、ほぼ蛍光灯です。
赤熊の家だって、廊下と階段以外は蛍光灯だもの。
LEDを使う必要がない。
廊下や階段だって、通るとき以外点けないから1日15分つければ長い方だし。
1日6時間使えば、電球1個4000円でも、元が取れるというが、赤熊の家なら24年かかる。
そんなに待てねぇっての!!
だから、そんなに効果があるのか、非常に疑問。
(階段は電球を変えるの大変だから、その部分が利点だけど、エコは関係ない)

電球なら、そうだけど蛍光灯の代わりならどうだろう?
どこでも使われているし、家庭用だけではなく、
お店では煌々と照らし、コンビに至っては24時間不夜城状態。
そこを変えることができれば、相当エネルギー効率が良いんじゃない?

いやまぁ、もう研究開発してると思うけど、難しそう。
点発光してるから光が広がらないんだよね。
面発光してるのも作ってると思うけど、あんまり見たことないしね。
あと、発光ダイオードの光って、蛍光灯以上に冷たい感じがするから、そこは考えないといけないよね。
コメント

鳩山のCO2 25%削減演説

2009年09月23日 | 自然・環境・エコ
鳩山が、ついに25%ものCO2削減を国連で正式に表明した。

一応、ほとんどの国が参加することが前提と言っているので、一安心・・・・できるわけが無い。

国際社会は、削減に失敗した場合「あの時、表明したじゃないか」と非難するだろう。
そのとき、いくら前提があるからといっても無駄でしょう。
他国にとって、何の不利益も無いため、容赦なく攻撃すると思われる。
その時、耐えられるのだろうか?
難しいでしょうね。
おもねる可能性が高い。
・・・気が滅入ります。

ところで、この件、国際社会では高く評価されていると報道されている。
国連の潘基文事務総長は最大限の賛辞を贈ったそうである。

・・・でもこの人、無能と罵られており、ニュースウィークからは『即刻退任するのが世界のため』(※)とさえ書かれている。
そんな人が褒めてもね・・・、ありがたみがないね。

とはいえ、明日になればすぐに世界がどのように評価しているのかが分かる。
日本の株価。
株価は、よりドラスティックで、リアリストですから。
今日まで休みだったので、動かなかったけど、
さて、どう動くかな・・・。

※ やっぱり危険な事務総長、潘基文
http://newsweekjapan.jp/stories/world/2009/08/post-467.php
コメント (4)

CO2を減らす公約

2009年09月08日 | 自然・環境・エコ
鳩山はCO2を90年比25%減らすと公約すると言っている。

CO2を減らすってことは、エネルギーの使用量を減らすことと同義であり、生産量を減らすと言っているのだ。
セメントや鉄鋼の製造料を減らさないといけないと言う話も ちらほら。
どうやって、メシ喰うねん!!!!

産業界だけでも壊滅的打撃だが、家庭ではどうか?
エコカーに、高断熱住宅、ソーラーパネルに風力発電?
それらに年間36万円の家庭負担が のしかかると言う。
それで効果があるとまだ許せるが、効果的とは到底いえない!!

まず、自然エネルギーの利用だけど、
エネルギー・・・だけでなく全てのものに言える事だが、安定供給できるからこそ、利用できるのだ。
例えば、バス。
1日1本でも、時間が決まっていれば利用はできる。
これが不定期運行で、来るのかこないのか分からなければ利用できないでしょう?

エネルギーは、それに輪を掛けて、使えないのだ。
昼間だけ、風が吹いているときだけ、電気が使いたいわけじゃない。
恒に使いたいのだ。
太陽や風のエネルギーを増やしても、ただの自己満足である。
結局、火力発電に頼るしかない。
本当、馬鹿馬鹿しい。

高断熱?
高断熱と聞くと一見良さそうに聞こえるが、落とし穴がある。
それは断熱材と保温材は同じモノだと言うこと。
屋内に真夏の昼の温度を保温するようなもので、夜に温度が屋外に出ないのだ。
だから暑くてたまらない。
エアコンが嫌いなため滅多に使わない赤熊でも、家の温度を下げるためにクーラーをつけなければならない。
かなり、本末転倒なことをやっているのだ。
高断熱と言うのは年中、屋内の温度を一定にするために電気を使い続ける生活スタイルなのだ。
要するに、ヨーロッパなどの寒い地域の生活様式なのであって、日本のように高温多湿の国では向かない。
その証拠に日本家屋は風通しを一番に考えられている。
高断熱を目指すというのは伝統的に間違えているのだ。
・・・一番いいのは、断熱材を夏になると外せるようにすることなんだけどね。
ま、それはそれで面倒か・・・。

エコカーにしてもそう。
今時、高燃費の車が、どこを走っていると言うのか?
企業努力の結果、何倍も燃費はよくなっているのだ。
これ以上燃費を良くするより、車を使わない方にシフトしたほうが効率が良い。
そもそも、スポーツカーが街中を颯爽と走っている姿はかっこいいではないか!
エコエコ言わずに、美観とか美学とか言うものも考えろ!!!

だいたいエコカーとか言う前に、まず軽自動車をどうにかしてはどうか?
あれ、結構、ターボつけて走ってんだぞ!!
排気量が低く、力がないのはわかるが、それで馬力を高めたらエネルギー効率が悪いだろう。
普通車を買えば、ターボつけなくても何の問題もないのだが、維持コストが高いので軽自動車にしているのは良く聞く話。
どこが、軽自動車は環境にいい車だ?
今は車を排気量で区別しているが、重量で区別するべきだがね。
それと軽自動車(市町村管轄)と普通車(県管轄)の二重行政を撤廃すれば、もっと効率よく税金を利用できるんだよ!!

どうやって、10年で25%もの削減に達するつもりなのかね?
本当、屑の妄想に付き合ってられない。
コメント

CO2 25%減らすって・・・

2009年09月07日 | 自然・環境・エコ
鳩山が二酸化炭素を25%減らすって表明した。

いいから即、死んでください。

どれだけ経済音痴を披露したら気が済むのだろうか?
この経済状態の中では実現不可能である。
努力目標なら、もっと低く設定しろ!!!!!!!

勿論、絶対できないわけではない。
日本の製造業を海外に移転させれば、日本では二酸化炭素は出ません。
数値上の目標達成はできます。
ああ・・、このための製造業の派遣禁止なんでしょうね?

途上国に技術協力?
なんで、金払って、技術を教えて他国にイニシアティブを与える意味があんねん。
日本が衰退するだけだろう?

どちらにしても、本末転倒、甚だしいんですけど。
大不況で雇用がなくなり、日本はどうなるんでしょうね?

本当、屑の妄想に付き合ってられんわ・・・。


20年に温室ガス25%減「政策総動員で実現」鳩山氏が明言
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/environment/299092/
コメント

秋の気温

2009年08月26日 | 自然・環境・エコ
気象庁が、秋の3ヶ月予報を出した。

それによると、全国的に高め・・・

ないわ!

8月の今でさえ、窓を閉めて寝なければいけないのだ。
これから気温が回復するとでも言うのか?
少なくとも、残暑はないと思える。

それに、前回壮大に外しただろう。
懲りないね~。
赤熊が当ててやったぞ、冷夏だと・・・
反省しな!!

まぁ、仕方ないので今回も予測してやるでおじゃる。
じゃかじゃかじゃじゃじゃん。

雨は多く、平年より気温は低い。

かな?

全国的に気温高め=9~11月の3カ月予報-気象庁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090825-00000172-jij-soci
コメント

今年は冷夏だよ

2009年08月03日 | 自然・環境・エコ
いまだ梅雨が明け切れず、夜は秋風が吹いてます。

赤熊が『今年は冷夏だぜ』※① ※② 
って書いたら、本当に冷夏になりかけてます。
はっはっは!! 赤熊を褒め称えるがよい。

冗談はさておき、
梅雨が長引いている理由は、南の太平洋高気圧が今年は弱いからです。
理由は解りません。
ペルー沖の海水温がどうのこうの言っていますが、そんなもん実証不可能です。

で、一つ気付いたことがあります。
日本の平均気温って、梅雨明けで上下するんじゃない?

本格的な夏って梅雨が空けないと来ないでしょ?
梅雨明けが遅くなると冷夏だし、結果、平均気温は下がるはず。
と言うことは、日本において温暖化って、梅雨明けが早まっているって事?
まぁ、冷夏の年は冬が暖冬で、バランスが取れるのかもしれないけど・・・・。

でも、要因の一つとして検討しておかなくちゃいけないと思う。
日本の気温一つで調べるのに、大変だね~。
赤熊がやってもいいけど、梅雨明けのデータがないんだよね・・。
ま、仮説って事で・・・。
コメント

温暖化の原因?

2009年06月11日 | 自然・環境・エコ
2020年までにCO2を15%減らすそうです。

正直、無理でしょう・・・。
CO2を削減する・・・と言うのは、『エネルギーを減らす』ことと同義です。
正直、この経済危機のさなか、できるとは思えません。
そんなことすれば、経済が麻痺するだけです。
まぁ、ただの努力目標なら、目くじら立てる必要もありませんが、そうじゃないのが、困ったところ。

前に指摘したように、私はCO2が温暖化原因だなんて思っていません。
『CO2・1PPmあたりの温度上昇』がいえないのに原因だと考える方がおかしいでしょう。
と言うわけで、今の温暖化が、なぜ、起きているのか、わかりません。
ただ、どうしても原因を探れというのなら、
おそらくですが、『森林の減少』と『都市化』だと思います。

コンクリートやアスファルトが増えれば、ヒートアイランドが起きるわけです。
ヒートアイランドはご存知の通り、局地的な温暖化なわけで、それが地球規模で起きている・・・と考えた方が自然です。
と言うより、これを無視できないと思います。
まぁ、CO2説と同様、証明されていませんが・・・。

森林が減少しても、やっぱり同じことが起きると思います。
森林があるところは、温度上昇が緩いのは確認されているわけです。(色々水が関係してくるんでしょう)

そもそも、温暖化が怖い・・・ではなく、それによって引き起こる現象が怖いのでしょう?
仮に温暖化しても、温度上昇がマイルドになる森林を増やせば、被害も少なくなるはずです。
木々をあるところは涼しい、ないところは暑い。
単純にそう考えて、CO2を減らす努力より、荒地を植樹した方が一番効率的だと思いますね。
コメント (2)