意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

自民党総裁選 雑記

2018年09月22日 | 政治
自民党の総裁選がありました。

結果は安倍総理が続投。

予想通りというか、当たり前ですね。
当たり前すぎて何も言うことはないのですが、対抗馬となった石破氏が戦術・戦略がまったくもってダメだという事が露見しました。
あまりにもダメすぎて、正直な話、防衛大臣どころか政治家としても失格レベルです。

これは状況分析が全くできていないのでしょうね。
現状、安倍総理を変える理由はありません。
政治が非常に安定しており、経済も比較的好調、外交に関しても精力的でオリンピックを控えているしで変えるべき理由というのが何一つ見当たらないわけです。
これが安倍総理の足元が大きく揺らいでいるのなら勝負に出るべきでしょうけど、そんなことをしても全く価値がないどころか大きなマイナスにしかならないわけです。

ということで、今回の総裁選は誰が挑んでも負けは確定してるわけで、はっきり言ってセレモニーに過ぎなかったのですが・・・・なので興味がなかったのですけど、石破氏に、そして小泉進次郎氏が安倍総理と本当に対立するなどという頭が非常に悪い戦術をしてるものですから、今回はそこが嗤えました。

なぜ、こんなに無様を晒したのかといえば、独自性を出そうとして結果でしょうね。
独自性がなければ安倍総理でいいわけで、そうじゃないからこそ石破氏なわけですが・・・・独自性を出そうとすれば、今やってる政策の否定をしなければならず、独自性を出そうとすればするほど安倍総理と対立が鮮明になるわけです。

それでアホを晒したわけですね。

本来、石破氏は最大限 得点を稼げば良かったわけです。
もっというと安倍総理をアシストすれば良かっただけですね。
簡単に言えば、安倍総理を批判するにしても、安倍総理のやり方は生ぬるい、もっと速く政策を推し進めるべきだと攻め立て、マイルドな安倍総理の政策をやりやすくすればいいわけです。
少なくともそれで党内での評判は上がりますし、政策を独自に考える必要もなかったわけです。(もし万一それで総裁になっても、安倍総理のやり方を踏襲できますし、マイルド路線に変更すればいいだけ・・・現実的だっていう評価もついてくるわけです(笑))

たったそれだけでよかったのにね。
愚かしいとしか言いようがありませんね。

まぁ、今後、石破氏が登板することはないでしょうね。
小泉氏も。
コメント

朝日新聞は潰れるべき

2018年09月15日 | 報道・メディア
朝日新聞には心底呆れました。

朝日新聞社「検索回避タグは設定ミスと後日確認作業の設定ミスです。すいませ~ん」(保守速報)
http://hosyusokuhou.jp/archives/48822966.html

内容を掻い摘んでいえば、朝日新聞の慰安婦問題に関する英文記事に検索回避タグを付けて、検索できないようにしてた検証記事です。

で、その言い訳はというと、

>1:記事の体裁等を最終確認するため、検索回避タグを設定して外部配信
>2:確認後に順次、タグを解除
>3:このうち2本で設定解除作業が漏れる

ありえない。
嘘丸出し。

赤熊は、コンピューターシステムにそこまで詳しいわけじゃないですけど、そんな赤熊でも即座に気づく程度の嘘をつくなんて・・・・。

まず、どんな理由があっても、確認してない記事を外部配信したらダメだろ。
確認が必要な記事は非公開領域でやるべきだし、それを検索回避タグでやるって・・・・・ありえない。

これが真実だとすると、平の記者が承認も得ずに勝手に記事を上げられるってことになる。
情報産業である新聞社がこんな杜撰なシステムを使っていいわけないだろ!!

正直、そんなゴミみたいなシステムを使ってるとは思えないので完全な嘘だと思いますが、検証で嘘つくってどういう神経してるのかわからないし、真実だとすると情報の扱い方さえ分かってないという事になる。

どちらに転んでもお粗末極まりない。
そんな朝日新聞は廃刊すべきです。
コメント

政治家評  17  橋下 徹 2

2018年09月08日 | 人物伝
やっぱりゴミだった。
政治家時代から赤熊はこの人に手厳しいことを言ってましたけど、間違えはなかったみたいです。

そういうのも次の寄稿文を読んだからです。事前に言っておきますが読む価値はありません。

橋下徹「靖国神社参拝よりも大事なこと」(PRESIDENT Online)
http://blogos.com/article/319638/(ブロゴス)

・・・・内容を掻い摘めば、政治家の靖国に参拝は一筋縄でいかないとかなんとかだと思う。
正直、内容が稚拙すぎて、要約できないのでいくつか抜粋しますけど、

政治家を集団で参拝することを『ファッション強気』などと、揶揄してるけど、他者の信仰のあり方をファッションなどと揶揄するのは信仰に対する冒涜でしかありません。
どのような心持で参拝してようと他者が干渉すべきではないです。

>僕も無責任なコメンテーター時代は、戦勝国が勝手に決めた戦犯というものに日本が従う必要はない、靖国参拝に反対するのは中国、韓国くらいで世界の多くの国は靖国参拝に賛成してくれている、などと主張していた。
>ところが現実の政治を経験すると、無責任なコメンテーターの主張がそうは簡単には通らないことを目のあたりにする。

・・・・・こんなの政治家にならなくても解ってる話でしょ。
むしろ、政治家にならなければわからないなんて、頭がおかしすぎる。
てんで話にならない。

なお、赤熊はいくべきともいかないべきとも思っていない。
慰霊に限りませんけど儀式とか儀礼とかって、正直、興味がなく価値を感じないので。
その方の心のありようにお任せするだけです。

しかしながら、それでも、なお行くべきだと思ってます。
理由は、靖国参拝で中韓が国として批判してるからです。

赤熊は、国際的な問題よりも思想信条の自由の方がより大事です。
文句が出るのなら、行って思想信条の自由の方が重要だと知らしめるべきなのです。
これだけは折れるわけにはいかない。(赤熊がマスコミを批判するのは自由を叫ぶくせに他者の自由を認めないのも一因です)

政治家がどう思って行かないのかは問いませんけど、行かない理由に国際問題を言えば批判します。(言い訳をするなら、単に日どりが悪いのでいかないというべき)
自由というのはそれほど重要なものなんですけど、それが弁護士であるこの方が蔑ろにするのですからもう終わってるなと思います。(左翼系の弁護士ってだいたいそうだけど。)
コメント