意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

野党が勝てる見込みはない

2017年02月24日 | 政治
珍しいことにお昼の生番組に自由党の小沢一郎氏が出ていた。

小沢一郎氏、野党が共闘すれば「自民党に勝てる」
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/52357981.html(赤熊の資料館)

・・・・・過去の威光や威厳はないわな。
踏み込んだ発言もないし。

特に今後の野党の方向性については、

>野党がばらばらでは勝てっこないから、それは国民にとって一番不幸なこと。野党共闘で選挙戦を戦う。

とのことで、まぁこれは従来の主張のままだからいいと思いますけど、野党共闘だけで勝てると思ってるところが度し難いです。

まず、野党共闘で勝てないのは、現在の野党のどの政党でも与党を担うことができないことです。
少なくとも国民は『担える』とは微塵も思ってません。
むしろ『野党が無駄』とすらする風潮さえあります。

赤熊的には試みが失敗してもいいから政権を担えると思える試みをし続けていれば可能性はゼロではないと思えますが、そんな行動は全くしてません。
真逆の、今いる支持者を逃さないようにするための言動を取ってます。(安保関係・経済政策等・・・ただし、これらも極めて稚拙)
そのため間口が広がっておらず、支持者が減っています。

小沢氏のお得意の票読みでも、

>自民党の持っている票数は2000万票だから投票率60%近くになると、数字的には勝てる

とのことですけど、与党と野党が拮抗すれば、投票率がいくら高くても無党派層は半々別れるだけですから勝つのは無理でしょう。
地滑り的勝ち方を期待してるのかもしれませんが前述のとおり、そもそも国民に選ばれる素地がないのですから、こちらも無理です。
国民が民主党政権の悪行を忘れえる期間・・・・20年以上はお鉢は回ってきません。(てか、公明党を忘れてません?ここがいる限り無理ですし、公明党を利するだけです)

それでも政権交代をというのであれば、一番現実的で芽のある方法は野党が1つの政党になることです。
もちろん、現実的な政策の実現性や党内のガバナンスなど高い壁がありますけど、これが最低限の条件でしょう。

民進党と共産党と自由党が一致した政党・・・・・そんなものは100年たっても無理でしょう。
これが、かつての剛腕の考え方では自民党は安泰ですね。(もっとも小沢氏自身はこれで勝てるなど微塵も思ってないでしょうけど存在感を示すための方便でしょうね)
コメント (4)

どーでもいい豊洲移転

2017年02月17日 | 社会
現在、よくメディアで取り扱われていますけど豊洲移転問題で石原慎太郎元知事の責任問題をやっている。

どーでもええわ!!

豊洲に決まった理由が不明瞭などと言ってますけど、建物ができてからやっても意味ないでしょう。
こういうことは工事に着手する前にするべきことです。
現在、移転するのかしないのかすら決まっておらず、これを解明したところで何の判断材料にもならない。
加えて言うと、豊洲以外に候補地はないのですから、こんな議論をするだけ時間の無駄ですね。(一応、築地の改修する案があったようですが、さすがに現実的じゃない)
むしろ時間をかければかけるだけ維持コストがかさむのですから、今現在、大赤字を垂れ流してるわけです。

そういえば、豊洲の運営は100億円の赤字を出ると都が試算を出してきましたが、これは減価償却を入れてだそうです。
100億円の赤字って聞くと、毎年、100億円が出ていくような気がしますけど、減価償却・・・平たく言えば建設費用を使用年数で割った数字ですね。
あくまで会計処理で必要な考えで、この手の議論では普通、赤字に入れないのですが・・・・・なんでわざわざ、こんな数字を出してきたのかがわかりません。
むしろこの数字が独り歩きしてる悪影響が大きいです。

ネガティブ情報を出して撤回しようって魂胆なのか、建物ができているから100億の赤字を垂れ流すから移転すべきと主張したいのか・・・・・。
普通は明らかに後者なはずですけど、検証チームの結論がそうなってないのはなぜでしょうかね?

さてさて、この先どうなるのか?・・・・・なんて、豊洲への移転しかないので、ただのから騒ぎでしかないです。
から騒ぎで100億円の赤字を垂れ流してるんですから、東京都はとてもお金が潤沢なのでしょうね。(笑)

もう1つ気になるのが小池氏の今後です。
ヤフーニュースのコメント欄・・・コメント数の多く玉石混交すぎて当てにはならないところですが、国民の感性の大雑把な雰囲気や方向性をつかむのには最適なところです。
これにざっと目を通すと、どうにも小池氏に否のようですね。(この問題の当初は豊洲移転なんてとんでもないって意見が多かった)

現在、勢いがあるって言われてますけど、残念ながら勢い自体はないでしょうね。
7月の都議会の選挙で確実に選挙争点になると思いますけど、これを明言できない小池氏では芳しくないと思われます。
消極的な選ばれ方を期待するってところが狙いになってくるのでしょうね。
コメント

メリットのない入国禁止騒動

2017年02月10日 | 社会制度・法律
今回もトランプネタ。
アメリカのトランプ大統領が出した入国禁止令は差し止めだそうです。

米高裁、入国禁止差し止め支持=トランプ政権に打撃―法廷闘争継続へ
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/52354841.html

まぁ、それはそうでしょう。
ビザがあってもいきなり入国禁止するには根拠がないですから。
これを擁護するのって無理です。
弁護士、困っただろうな・・・・。

仕事が雑どころか、よーこんなアホな大統領令を出したものです。

赤熊自身は移民や難民の制限などはその国の行政府の専権事項ですからとやかく言いませんが、だからと言って何をやってもいいわけではありません。
一応、この7か国は審査情報が得にくい国だから禁止するというのが理由らしいんですけど、それならば、ある程度の期間を設定してそれらの国に対して情報を出せる体制づくりを促したうえで、その体制づくりをしないのであれば、そこで禁止すべきです。(今ビザを持ってる人を入国禁止する必要はない)

即座禁止しなければならないほど逼迫した状況ではないですし、もしそれで問題が起きてもそれは前オバマ政権(民主党)のせいにすればいいのですから、これを強行する必要もない。
名指しされた7か国の国民感情が悪化するだけで、そっちの方が余計に面倒くさいと思うのですけどね。

何なんでしょうね、これ。
『仕事してるぜ!!』アピールなんでしょうか?

猶予期間を与えてから、きちんと段取りを踏んでやっていけば、手法を評価される案件なんですけどね。

最高裁まで行ってもおそらく勝てないでしょうからどうするつもりでしょうかね・・・。
いやまぁ、
>ツイッターに「法廷で会おう。国の安全保障が危機にひんしている」と投稿した。

とのことだから、最高裁まで持って行くんでしょうね。
いくら国の安全保障の問題でも、なんとなくではダメですが、それ以前に最高裁で審議中に入国禁止の期限が先に来る気がしますから意味ないような?

というか、いくら保守派の判事でもこれを覆すだけのメリットもないでしょうから、最高裁に持っていくだけ判事から嫌われると思いますけどね。
そっちの方が政権運営にマイナスになる気がします。





コメント

こいつ、やべぇ・・・何も考えてねぇ!!

2017年02月03日 | 国際
トランプ氏が大統領に就任して2週間。

このジジイ、やべぇ・・・何も考えてねぇ!!

薄々そうではないかと思ってましたが、確信したのは日本の円安誘導してると批判したことです。
赤熊が見るところ日本とアメリカの景気・経済格差から判断するに1ドル135円前後くらいが妥当なところではないか?と思うわけで、批判自体が的外れだなって感じます。

ただこれは、あくまで赤熊の感覚ですので、ほかの人は違うと感じることもあるかと思います。
なので、トランプ氏の考えが的外れであるとは言いません。

問題はこの発言をしたのが製薬会社との会合の時なのです。
アメリカは薬の輸出国なわけで、ドルが強い(円が安い)方が儲かるわけです。
つまるところ、製薬業界に対して『お前たちの利益など考えない』と言ってるようなものです。
確かに積極的に味方するべきだとも思いませんが『味方しない』と明言する必要もない。
日本を牽制するために発言したとみる向きもありますが、発言の機会など他にいくらでもあるわけで・・・・。
あえて製薬会社との会合で目の前の相手から信頼されない発言をする理由もないのです。

これ一件ならまぁ、単なるミス(ありえませんが)かもしれませんが、この2週間はそれがわんさかあります。

メキシコとの国境に壁の費用をメキシコに払わせる・・・それで、ツイッターでメキシコのペニャニエト大統領に払わないなら(予定されていた)首脳会談を止めるべきだと発言し本当にそうなり、代わりに電話会談をして、「あいつは良いやつだ」「有効な電話会談だった」などと発言してるのである。
メキシコ側が壁の建設費用を払う可能性はないわけで、にもかかわらずこんなリップサービスは不可解です。

単に周りのスタッフに しこたま怒られたってだけな気がしますけど、まぁ、支離滅裂ですね。
イスラム教国家7か国の当然の入国禁止令もそうですけど、どう考えても突然そんなことをすれば混乱は確定ですから、考えなしで確定だと思います。
これらをトランプ氏の戦略とか作戦とか思ってる人がいますけど、はっきり言って深読みのし過ぎでしょう。

・・・・・どうも鳩山くさいですね。
方向性は全く違いますが、理想論だけで後先考えずにものをいうところはそっくりです。
半分は支持してる・・・とか言ってますけど、この支持者らも単に浮かれてるだけでしょう。
鳩山も就任当初は見当外れなことを言っても『素晴らしい』って褒め称えてた人間がたくさんいましたから。(笑)

それからすると数か月もすれば飽きられる、または冷静になり、批判が強まっていくのでしょうね。
正直、4年満了は難しいにしても3年は固いだろうと思ってましたが、1年どころか、半年も危ういなぁ・・・って感じてきました。
いずれにせよ世界は混迷に・・・・あれ? 大統領が辞めても副大統領が繰り上がるだけですから、混乱しないような?

これはこれでそのうち安定しそうです。
コメント