意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

時代錯誤というやつが時代錯誤

2017年11月25日 | 社会
4人以上出産した女性を表彰してはどうか、という話があり、それに批判が出てるそうだ。

・・・ええっと、表彰よりお金貰ったほうが嬉しいって言うならわかりますけど、批判するほどのものでもない。
批判する人間の意見を取り上げると、

>子ども産まなくても結婚しなくても、みんなが幸せ感じる社会築きたい。
>子供を授かることのできない夫婦の苦しみを理解しているのか。
>ナチスドイツとかでやってた、時代錯誤だ

とかなんとからしい。

・・・・・なんだろ、この他人ごとなのは。
現在進行形で、子供が少ないと問題になってるんですけど、それを知らないのでしょうかね?(笑)
よっぽど批判する奴の方が時代錯誤です。

では表彰制度に意味があるのかというと・・・・・可能性論を言えば、ゼロじゃないでしょうね。
紫綬褒章とか黄綬褒章とか、そういったものだけでなく、オレオレ詐欺に引っかかりそうになった人を助けて感謝状が出たなんて話はマスコミでも毎年されてるわけです。
貰った人にたいして、『ゴミクズが!! 賞なんてもらいやがって』なんていう人はいないわけです。(いたら怖い)

ということは、毎年(というか数か月おきかな?)に表彰をしていけば、国家が真面目に扱っている、もっというと子供がいることは正しいという認識が持てれば、人は子供を産むわけです。
少子化の原因って、周りが生んでないから産まないっていう風潮の面が大きいですから。

そのためには10年・20年と続けないといけないでしょうし、これだけではダメでしょうけど効果はまぁまぁあるのでしょうね。

この方法が適切かどうかは置くとしても、少なくともやらないよりはましといったところでしょうけど、批判するなら少子化に対してどう思ってるか?くらい付して批判してもらいたいものですね。
コメント

小池氏と野党のグダグダは原則を失ったから

2017年11月18日 | 政治
今週の気になったニュースは2つ。
小池氏が希望の党の代表を辞めたことと、加計学園に獣医学部の新設許可が下りたことに野党が文句を言ってることですね。

双方ともに共通して思うのは、原理原則がしっかりしてないとグダグダになるんだなってことです。

小池氏の方は・・・無様の一言ですよね。
さすがに『共同』代表を決めて、すぐに辞めるのでは無責任極まりない。
共同代表選というのは一体なんだったんでしょうね。
辞めるのであれば、衆議院選挙後に責任を取ってすぐでしたし、そうじゃなければ腹をくくってやり通すしかない。

その代表戦もなぜか結党メンバーは誰も出ず、逃げネズミの民進党議員だけで決まるという始末・・・・・。
最低限、結党メンバーを立てるべきだろうに。
それもこれも選挙時に、自分の子飼いの手駒を20人は比例を優先しないという愚かさのためです。
少なくとも側近中の側近である若狭氏は比例の一番上にして落とさないようにしておくべきしょうに・・・・・そんなものは基本中の基本です。
こんな基本すらできないのですから乗っ取られるのである。

何でここまで対応を間違えるのでしょうね。
そもそもの希望の党の立ち上げは良しとしても、民進党議員の引き入れ方で間違えて、その後の対応も間違えて・・・・・ここまですべて間違えるなんてまるでコントです。
これで小池氏は国政復帰は絶望的でしょうね。
ここまで落ちてしまっては都政の方でも成果は出せないでしょうから立て直しも利かず、仮に都知事の任期を終え国政選挙に通っても、この人を担ぎ出そうという人はいないでしょうから政治的には死亡したと同義です。

ここまで落ちぶれるとはねぇ・・・。


加計学園側の方も・・・・こちらも野党の無様さが出てますね。

この問題を追及するといっても、適正に処理された申請を却下なんてできるはずもない。
行政府は恣意的に運用するわけにはいかないので要件が満たしていれば通す以外ないのです。
それを『アベは恣意的に法律を運用した(お友達に便宜を図った)』と言ってるのに自分たちが法を恣意的に運用しようとするさまはアホとしか言いようがありません。(というか、申請を門前払いしてきた文科省は極めて悪質な違法行為者ですのでこちらを断罪したほうが政権も責められて一石二鳥のはずなんですけど・・・)

ていうか、行政府が法を恣意的に運用するので阻止しようと立法府・司法府が苦心してきた歴史があるのですが、立法府に所属しておきながらそんなことも理解できていないって、政治家として何がしたいのでしょう?
正直、政治家としてゴミですので、今すぐ辞職すべきレベルの無能さです。
そもそも理由もなく却下したら、学園側から訴訟を起こされ莫大な賠償金を支払うことになるんですけど・・・。

おそらく、憲法改正とか、テロ等準備罪とかそういう議論を避けるためにすり替えのための話題なんでしょうけど、そのために莫大な賠償金を支払えって言ってんだから、本当、政治家として廃棄物レベルのゴミですね。

イラネェ、こいつら。

小池氏もそうですけど、もはや政治家として何がしたいのかわからないのでしょうね。
この2つのグダグダ感はそういう原理原則がわからずに迷走した共通性があるように思えます。

そういうことがわかってるから、マスコミも報道のトーンを落として避けてきてますよね。
これから先、小池氏と野党が盛り返すことは・・・・・・もはやないでしょうね。
今すぐ、追放したほうが日本のためになると思いますが、それができないのがなんとも歯がゆいことです。
コメント

政治家評  19  小泉進次郎

2017年11月11日 | 人物伝
小泉進次郎氏が何やらいってます。

何でも、教育無償化などに向けた約2兆円の財源確保をめぐり、不足分の3000億円を経済界に拠出するよう要請したら、党内議論を経ていないって怒ってるそうです。

・・・・・正直、何に怒ってるのかさっぱりです。
手続き論にすぎないのならどうでもいいわけで、共感できませんね。

そもそも氏への赤熊の印象は『非常に気持ち悪い人』です。
有名で選挙に強い・・・・・そんなことが頻繁に報道されていますけど、氏の政治的主張が全く分からないのである。
例えば、上記の不足分の3000億円をどこから捻出するのか・・・といった個人的な意見は言わないのである。
個人的意見がなければ議論する意味なんてないんじゃ?

そういうことを本人が言わないのか、周りが取り上げないのか、中身なんてどうでもいいと思われてるのか・・・・そこは定かではありませんが、誰一人、口にしないのである。
演説がうまいとか、人を呼び込む力があるとか、そういったことだけがとりただされますが、それ以外の報道はされず中身がまるで見えてこないのである。

それって気持ち悪くありません?
赤熊はすっごく気持ち悪いです。

これがアイドルや芸能人なら別に何とも思わないのですけど、政治家なのに政治的主張がない(見えない)という人をどうやって支持しろと。
おそらくは対立を避けるために政治的な主張を避けているだけだと思います(と思いたい)が、それって政治家としてどうなのでしょう?

これを不気味じゃないと思える人は政治というものを軽視してるんでしょうね。
世の中、そんな奴らばかりだと言ってしまえば、その通りなのかもしれません。
なんせ、どう考えても政権運営ができない頭がおかしい民主党政権を許した国なのですから。

マスコミが持ち上げている政治家はダメって法則に当てはまりそうですし、あまり言いたくありませんけど、頭がパーな人ほど支持してるんじゃないかと思えます。
コメント

これからの政治

2017年11月04日 | 政治
選挙も終わり、今後の政治がどうなるのか?ってところですね。
もっとも、与党の3分の2という勢力図に全く変化がないので、基本的には何も変わらないです。
問題は野党が全滅状態だということです。

まず希望の党。
これまでに何度も言ってますが、なぜここが失敗したのかといえば、立憲民主党を作られたため。
狙うべきは民進党への固定票であり、これが希望に回らなかったせいですね。
この時点で敗北でした。

今後、この政党がどうなるかといえば、フレッシュさがなくなっていく、アンド、実態は元民進党議員の集まりである以上は現在の維新の党と同じ末路と同じく減衰していくしかないでしょう。
ご愁傷様です。

なので、この党自体はどうでもいいのですが、問題はこの党が民進党の分裂で生まれた政党だということ。
もう1つの分裂政党である立憲民主党とは理念が違うから分れるしたわけで、容易には組めないわけです。
近づけば有権者を馬鹿にしてる、遠ざかれば何もできない・・・まぁ、これまで野党は何もできてないから変わらないとも言えますけど、これまで通りの批判しかしない政党が分裂の結果、パワーダウンして存続するという、およそ、非生産的なことこの上ない事態になってるわけですね。

そもそも躍進したとか言われてるけど、立憲民主党ってのも政党名からして変だしね・・・。

立憲・・・憲法を新しく作るの?って言いたくなりますが、まぁ、憲法の通りにしますって意味なんでしょうけど・・・・・この世の中、憲法通りにしませんという政党なんて存在しませんよね?
まぁ、解釈改憲をしないって意味かもしれませんが、憲法は理念めいたものしか書かれていないのですから、それを現実に落とし込まなきゃいけないわけです。
厳しい現実に対処するために解釈改憲をしてるわけで、それを無視っするってことは『非現実的な妄想を言います』って意味にしかならないのですよね・・・。
あと、現憲法には非常事態への対処が一切書かれてないわけで、憲法通りにするって非常事態が起きたときに何の対処もしないってことなるんですけど・・・それはいいのでしょうか?(憲法には書かれてはいませんが、非常事態の時に秩序を取り戻させるためなら憲法を無視することは認めてはいるっぽい・・・・・なお、それは国民側からも言えることで憲法を無視した政府なら革命を起こす権利もあるとしてるようです)

この辺の話も設立者でもあり党首である枝野氏の発言が珍妙なことを考えればおそらく考えてないでしょうね。
だって『リベラルであり保守である』って発言するわけですから・・・。

リベラルって自由主義って訳されますけど、本来はリべレーション・・・・・解放とか釈放とかいう意味が原義なわけで、何からの解放といえば、国家権力からの解放なわけです。
国家権力からの指図を受けない、正確には干渉を最小にしようという考えというのはつまり国家の庇護・保護もまた最小にするって考えなんです。
なので個人的には自由主義って言うより解放主義って訳したほうが解りやすいと思うのですが『格差社会になっても仕方ないよね』って言う人たちのことなんですけど・・・・そんな主張でしたっけ?

明らかに違うでしょう。
どちらかというと、富の再分配機能を強めて平等にする、社会主義や共産主義に近いのですけど。

政党名や党首の立ち位置もブレブッレなわけで、残念ながら民進党への元来の固定票だけしか獲得できておらず、これから先、今以上の支持が集まることもないでしょうね。

いずれにせよ、希望と立憲は別れた以上、組めないのでこれにより与党に対抗するのが昔以上に厳しくなっているわけです。
その状況下で、上向きになるかといえば・・・・無理でしょうね。

また、これから先、理念じゃなく現実的にどう対処するのかをみられるようになると思います。
となれば、理想主義的な主張は受け入れられなくなるでしょうね。
もっとも、すぐにそういう人たちがすぐに消えるわけじゃないにですから、左翼はゆっくりと衰退していくのでしょう。
最終的には立憲民主党は現在の共産党ポジションになり、共産党は今の社民党のポジションになっていき・・・・・野党のポジションスライド現象が起こるのでしょうね。
次の次の選挙くらいで、どこかが潰れて、また生まれて、また繰り返す・・・・。

逆に言うと、自民党はずっと安泰ってことですな。
この状況を打破したのでしたら、野党を全て壊滅させて自民党に全議席をとらせ2つに割るしかないと思います。
コメント