意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

つまらない参議院選挙

2019年07月17日 | 政治
はーい、今週末は参議院選挙です。
みんな、選挙にいこう!!

・・・・なんて書いたけど、今回の選挙は特につまらないですよね。

自民党はどうでもいいです。
現政権を担ってて、非常に盤石。
その実績がある以上、それ以外を評する必要はありません。(問題があろうがなかろうが無意味)

なので、野党がどのように攻勢を仕掛けるかってところに注目してましたけど・・・・・。

こいつらやる気あんのか!!(怒)

どこもかしこも、生活保障、家庭保障、年金保障、ばらまきます、ばらまきます・・・・・・・・・。
んで、増税はしません・・・・・。

増税して保証を増やす、もしくは保証を減らして増税しませんなら、理解できますけど、そんなことできるわけないっしょ。
因みに、維新だけ毛色が違いますけど『年金を積立方式に』っていうバカ丸出しの公約を出してるし・・・・・。
もうねぇ、どこもかしこもリアリティが皆無なんですよ。

政権を取ろうとする意志を感じません。
別に今回、政権を取れとは言いませんけど、その足掛かりにするってくらいの意気込みさえ感じないのです。
そんな奴らに票を投ずるわけないだろって思います。

正直、この程度の野党ならいりません。
むしろ害悪なだけです。
なので潰しましょう。

よって、自民党以外に票を投ずるしかないのです。

わざわざ投票所に行って、これかよって思いますけどねぇ・・・・。
コメント

大火傷したがる人たち

2019年05月18日 | 政治
北方領土の返還問題で、日本維新の会の丸山穂高氏が「戦争」という言葉を用いたということでバッシングされてますね。
問題となっているのは、

>「団長は戦争でこの島を取り返すことには賛成ですか? 反対ですか?」

とのことらしい。
それで、非難決議案やら辞職勧告決議案までだされているようですけど・・・・。

正直、「ビザなし交流」の訪問団で話ような内容ではないですので、その点が批判点だと思いますけど、その点以外の批判をすべきではないとおもいます。
もちろん、批判でも避難でもなんでもすればいいと思いますが、そうなるとこう思われるのである。

じゃあ、どうやったら北方領土が帰ってくるの?

交渉? 話し合い? それとも黙ってたら返ってくる?
70年もやってるのに?
それでロシアが返してくれると?
クリミア半島を軍事制圧するような国が?

戦争以外で取り返せるわけないじゃん!!

それが当然の帰着なのです。
そして、その手段を選ばないのでしたらもう帰ってくることはないのだから諦めろ!!!!と言わざるをおえないのです。
要するにこの問題に触れれば、大火傷を負うのは必至なのです。

なので、黙殺するのが実は一番いいんですけどねぇ・・・・・。
もちろん言いたければ言えばいいと思いますけど、誰もかれもがこんなわかりきったことなのに何で触れたがるかな?
赤熊には理解できないです。
コメント

埋め立て反対という逃げ

2019年02月27日 | 政治
沖縄の辺野古の埋め立ての是非について住民投票がありました。

結果は投票率は半分ほどで7割が反対と・・・。

・・・全くの無駄ですね。
これに5億円をかけたんだ、沖縄人は馬鹿丸出し。

まず、そもそもの設問が埋め立て反対という逃げ。
やるなら『普天間固定』か『辺野古移設』にしないと何の価値もない。
というか多分、負けたときの言い訳として『あれは埋め立て反対の是非であって基地の賛成ではない』っていうつもりだったんでしょうね。
そのせいで中途半端な投票になって、何の意味も出ておらず馬鹿丸出しって感じですけど。
これじゃ、辺野古移設は賛成ってことじゃんね。
なのに新聞の見出しは辺野古反対。(笑)

マスゴミなんて今に始まったことじゃないので もう とやかくは言いませんけど、で、結果は7割が反対と言ってますけど、全数からすると3分の1ほど。
・・・・・・意外と少ないのね。

推し進めても問題ない数字です。

法的拘束力もなく、軍事を考えた結果でもなく、投票率は低いは、反対者数も低く、辺野古移転に賛成にしかなってないという・・・・・。
で、5億円。

繰り返しますけど、馬鹿丸出しですね。
コメント

悪夢を追求する民主党

2019年02月16日 | 政治
安倍総理が民主党政権時代を悪夢と評しました。
・・・最低限でも『地獄』と評するのが正しいと思うのですけど、悪夢だなんて ずいぶんと優しい表現ですよね。(笑)

そこはどうでもいいのですけど、これに民主党だった面々が反発している・・・まではポーズとしていいとしても、こともあろうに岡田氏が国会で安倍総理に詰め寄ってるのである。

ばっかじゃねぇの、こいつら・・・・。
詰め寄って安倍総理が『悪夢なんていってごべんなちゃい』とでも言うと思ったのだろうか?
そんなこと聞いても余計に傷口を広げる結果にしかならないのは明白で、政治的センスが壊滅的すぎるでしょ。

まず、誰に聞いても・・・・・民主党の残党を未だに支持してる奴でさえ良かったなんて言わないのに、そんなものを自分から蒸し返したら馬鹿にされるどころか、人々にその記憶が呼び起こされ、ますます支持を失うだけです。
黙殺するしかないのですよ。

それとも民主党政権が良かったと思ってたってことでしょうかね?
きっとそうなんでしょうね・・・・・そうじゃないとこんな愚かなことはしないでしょう。
反省がないとか言いますけど、それ以前の問題ですね。
本人たちは良かったって思ってるんですから。

それにしても衆参W選挙があるとか言われてる時に、こんな馬鹿みたいなことを言ってるわけで・・・本当にW選挙あるかもね。
今やったほうが壊滅的打撃を与えれるのですから。
コメント

韓国で軍事クーデターが起こるでしょう

2018年12月29日 | 政治
韓国軍が日本の哨戒機に火器管制レーダーを照射しました。
どういう事かといえば、これは人間に安全装置を外した銃口を向けたってくらい危険なことで、明らかに敵対行為であり、そういうことをするのは友好国ではなく敵対国だという事です。

赤熊はそんな国、さっさとミサイルを撃ちこめって思います。


それはさておき、本来ならば、韓国側は即座にこの船の指揮官を処罰して、個人がやったこととして謝罪し、二度と起こらないようにしますって言えばそれで収まった話なのですけど・・・・現在、韓国政府は謎の言い訳に終始してます。

それで収まるわけないのにね。

要するにこれって、韓国政府が軍を抑えることができてないってことです。
シビリアンコントロールがきいていないから、こういうことが起きるわけで、このままいけば、韓国で軍事クーデターが起きる可能性が極めて高いという事です。

・・・成功するかどうかはわかりませんが。
大統領が数年で逮捕される国ですから、もうそれしか残ってない気もしますけど。

まぁ、少なくとも大混乱は必至ですので、今のうちに日本人を全て引き揚げさせたほうが良いと思いますね。
コメント

自民党総裁選 雑記

2018年09月22日 | 政治
自民党の総裁選がありました。

結果は安倍総理が続投。

予想通りというか、当たり前ですね。
当たり前すぎて何も言うことはないのですが、対抗馬となった石破氏が戦術・戦略がまったくもってダメだという事が露見しました。
あまりにもダメすぎて、正直な話、防衛大臣どころか政治家としても失格レベルです。

これは状況分析が全くできていないのでしょうね。
現状、安倍総理を変える理由はありません。
政治が非常に安定しており、経済も比較的好調、外交に関しても精力的でオリンピックを控えているしで変えるべき理由というのが何一つ見当たらないわけです。
これが安倍総理の足元が大きく揺らいでいるのなら勝負に出るべきでしょうけど、そんなことをしても全く価値がないどころか大きなマイナスにしかならないわけです。

ということで、今回の総裁選は誰が挑んでも負けは確定してるわけで、はっきり言ってセレモニーに過ぎなかったのですが・・・・なので興味がなかったのですけど、石破氏に、そして小泉進次郎氏が安倍総理と本当に対立するなどという頭が非常に悪い戦術をしてるものですから、今回はそこが嗤えました。

なぜ、こんなに無様を晒したのかといえば、独自性を出そうとして結果でしょうね。
独自性がなければ安倍総理でいいわけで、そうじゃないからこそ石破氏なわけですが・・・・独自性を出そうとすれば、今やってる政策の否定をしなければならず、独自性を出そうとすればするほど安倍総理と対立が鮮明になるわけです。

それでアホを晒したわけですね。

本来、石破氏は最大限 得点を稼げば良かったわけです。
もっというと安倍総理をアシストすれば良かっただけですね。
簡単に言えば、安倍総理を批判するにしても、安倍総理のやり方は生ぬるい、もっと速く政策を推し進めるべきだと攻め立て、マイルドな安倍総理の政策をやりやすくすればいいわけです。
少なくともそれで党内での評判は上がりますし、政策を独自に考える必要もなかったわけです。(もし万一それで総裁になっても、安倍総理のやり方を踏襲できますし、マイルド路線に変更すればいいだけ・・・現実的だっていう評価もついてくるわけです(笑))

たったそれだけでよかったのにね。
愚かしいとしか言いようがありませんね。

まぁ、今後、石破氏が登板することはないでしょうね。
小泉氏も。
コメント

パヨクは障碍者を殺す

2018年08月25日 | 政治
LGBTに生産性がないって話をまだしてるみたいですね。
この騒動で思ったことは、パヨク達は現実を見ていないという事です。

この騒動のLGBTを障碍者に置き換えるパヨクもいますし、生産性でものを見る社会は恐ろしいとか言ってますけど、あえて、それに乗って赤熊も置き換えてあげましょう。

はっきりと言いまして、障碍者に生産性なんてものはない、です。
少なくとも健常者に比べれば低くならざるをおえません。

それが嫌だとかなんだとか、どう言いつくろうとも現実は変わりません。
ないものはない。

ゆえに、赤熊はないことを認め、どうやったら社会に還元できるのかを考えるべきだと思ってます。
そうじゃないと前に進めないでしょ。
目をそらし手も物事は解決しないのです。

もし、現実を見ずに目をそらし続ければ、行くつく先はそういう人たちの排除しかないのです。
パヨク達はそれがしたいってことにしかならないわけです。

これがこの件で問題視するパヨク達と、憲法9条を墨守しようって人間たちが同じ理由でしょうね。
現実を見たらありえないと一笑に付される程度のものをありがたがっているのは現実を見てないからでしかありません。

多分、パヨク達の心の中では自分たちこそ心優しい人間とか思ってるのでしょうけど、現実は弱者を窮地に立たせようとしてるわけですね。

地獄への道は善意で舗装されているなんて言いますけど、なんともはや・・・。
コメント

パヨクは負け続ける

2018年08月04日 | 政治
LGBTに生産性がないって言ったら猛批判をしてる人がいますね。

生産性がないなんてひどいとか言ってるけど、生産性なんてないでしょ。

はっきりいって、どうどこを読んでも問題のない言葉です。
子供を産めないという意味で使ってるのは明白で、そんな下らない勘違いをする余地なぞない。
これを勘違いできるのは相当のバカぐらいでしょ。

・・・それがパヨクでしょうけど。

ちなみに生産性という言葉は批判される言葉ではあるわけです。
ただし、それは50年以上前の話ですけど。

当時、経済学で生産性という言葉をつかったら『人間を人間としてみていない』とか言われて猛批判されてたんですよ。
今ではご覧のとおり、ネコも杓子も生産性、生産性というわけですけど、そんな話を知ってると、このアホどもっていつの時代の人間なのか?と呆れるしかありませんね。

まぁ、より良く受け取っても、こいつらって、曲解して批判したいだけのクズでしかないわけで、そんなのみんな御見通しなわけです。
もうそんな時代じゃないのにね、何でそんな愚かなことをしてるのか?

結論から言えば、愚か者が一定数いるからでしょうね。
愚か者を駆逐するのが、まずやるべきことなんでしょうね。
コメント

ヤジを無くそうってやつに呆れる

2018年06月23日 | 政治
国会で参考人にガン患者にヤジを飛ばしたって言ってますね。

煙草の分煙化に関する参考人招致だったのですが・・・ガン患者?
販売禁止の参考人招致ならまだわかります(それでも関係性は薄いと思います)が、ちょっとどころか極めて奇天烈な参考人招致やがね。
まず、そこにツッコミ入れろよって思ったんだけど。

赤熊的には、煙草を喫みませんし、実のところ調子が悪い時に煙草の煙を吸うと、頭痛がするので吸って欲しくもないのですから消えてなくなってもらって結構です。
しかしながら、煙草は嗜好品である以上、それを見闇に禁止するものではないと思ってます。

そもそも、煙草よりお酒の方が遥かに害悪(直接的に死人を出すレベル)なのですけど、煙草と同じように病害性の有無で禁止しようって言わないのは理屈として合いません。(お酒もせいぜい料理に使うくらいでそれほど飲まないので別に禁止されてもどうでもいい。)
こういう人たちって結局のところ、自分の好き嫌いで判断してるだけで何か理屈とかあるわけじゃないんですよね。
個人的に嫌いなものなど多々ありますけど、それらを感情的に禁止せよって言わないのは個人の自由を認めてるからなのですが、そういうのがわからない人が多いのは辟易します。

で、話を戻しますがこういう問題が出ると、国会でヤジを無くそうとかいうやつが出てくるんですよね・・・。
これにはちょっとどころか、かなり呆れます。

ヤジ、つまり不規則発言というものを無くすということは、それ、議会って必要ないよね?
全部、書面でやり取りすればいい。
そっちの方が正確にやり取りできるでしょう。

演説がしたければどうぞ、勝手にどことなりでやればいい。
誰にも迷惑をかけませんし、お金だってかかりません。

だからと言って廃止せよって言いませんが、議会の廃止まで言ってくれるのなら、賛成するかも知れませんけど、単に自分が許せないとか聞きたくないというだけでしたら、あまりにも幼稚だと言わざるをおえません。

煙草を禁止せよって叫ぶ奴と同じレベルの人間ばかりで辟易しますね。
コメント

外形的公正性(笑)

2018年06月02日 | 政治
最近、維新(?)の橋下氏が外形的公正性とかいうものを盛んに言ってる。
主に加計学園の問題(つまり総理と友達だから)で言い始めてますけど、アホ臭い。

要は疑われるような付き合いはするなってことでしょうけど、あまりにも頭が悪いとしか言いようがない。

というのも、大臣って所管の範囲ってとんでもなく広いわけです。
広い以上に、その分野に強いからこそ、その地位についてるわけで、その分野の知り合いなどいくらでもいるわけです。
畑違いの奴にやらせる方がよっぽど問題を起こすでしょう。

特に総理大臣なんて行政トップですから、全ての案件にかかわってるわけで・・・・・・友達付き合いどころか人間関係すべてを止めないと無理でしょ?
下手しなくとも人権問題です。

それに、いまどき電話もメールもいくらでもあるわけで、合わなくとも意思の疎通なんていくらでもできるし、人を介せばいくらでも伝え合うくらいできるわけで・・・やる意味がないですね。
そもそも記録に残らず会おうと思えばいくらでもあえるわけで・・・・ヤバい話をするのに記録に残すわけないだろ!!
正直、そんなことも知らないのかよって思います。

さらにいうと、そもそも政治って、ルールの制定・変更なわけで、外形的にはすべて公平性がないのです。
例えば、既得権益打破なんて誰もかれもが調子のいいこと言ってますけど、その本質は、自分が利益を得たいがために言ってるだけですね。
だいたい大阪都構想だって、誰かに利益を与えるがためにやってたんでしょうに・・・・外形的にはそう見えますね。
見えないって言うやつがいたら節穴すぎて嗤われてしまいます。

もっというと、これって禁酒法の顛末とか丸暴の話と同じなんですよね。
こういうのって、ひどく取り締まったって、闇に潜るだけで、何の効果もないどころか、かえって悪くなるんですよね。

むしろ、堂々とあって記録に残してくれた方がましです。(それでもヤバい話は記録に残しませんけど)

そういう機微がわからず、法案作ってもダメってよくわかる見本ですね。

所詮この人もこの程度なのでしょうね。
コメント

国民が官僚に求めるものは・・・

2018年03月24日 | 政治
今週も文書書き換えの問題をしてますね。
今のところ、財務省の失態隠し以上のものは出てませんし、この先も出るとは思えません。

それはそれとして、この議論やっぱりおかしな方向にいってますね。
書き換え前の文書で、籠池氏が『良い土地ですね』と言ったとする発言で昭江夫人を国会に呼ぶべきだとかなってるのである。

・・・文書書き換え問題に飽きたのかな?
まぁ、ただの魔女狩りでしょうけど。

まず、夫人が言ったか言わなかったか証明するのは極めて難しい。
やるだけ時間の無駄。

次に、言ったとしても籠池氏に言ったのであればただの社交辞令でしかない。
社交辞令で犯罪に仕立て上げるなんて、完全に魔女狩りで人権問題だろう。

で、最後に、これが重要だけど、それが夫人の指示だと証明できたとしても何の価値もないのである。
なぜなら、これまた証明が極めて難しい上に、そもそも国民を望むのは、たとえ政治家がどんなに強要したとしても『法令上できない』と撥ね退ける官僚なのだ。
『政治家に言われましたから不正を行いました』っていう官僚なんていらんのよ。
正直、そんな官僚なんていくらでも死んでくれても結構です。
死ぬ分だけ不正が減るのですから。

この問題を追及したところで、なーんにも解決しないどころか、時間の無駄。
いえ、それどころか問題の本質がぶれてしまっている以上、利益すら忘れているのですから害悪とさえ言えます。
そんなことしてる暇なんてないだろう。

結局、問題解決なんてどうでも良くて騒ぐのが目的なんでしょうね。
しょうもないです。
コメント

文書改竄 危惧すべき場所が違う

2018年03月17日 | 政治
財務省における決裁書の書き換え問題があります。
へぇ~そんなヤバいことを書き換えたのかなって思ったら・・・・・元の文書を見た感想。

何、このエピソード記録?
こんなもの決裁書じゃねぇよ!!


正直、こんなものを決済書ですって上にあげられて見たら、書き換えを指示するよ、マジで。
このまま公開したら、仕事できないって思われ、役所の存続にかかわるレベルです。

本来、決裁書って部下が上司に提案しその可否を表すものなので余計なことは書かない。
もしかしたら公官庁では別の意味があり違うのかと思ったけど、元官僚の人たちもあり得ないって言ってるからあり得ないのでしょうね。(少なくともこの決済書として整ってるっていう人は見たことない)

で、こんなあり得ない決裁書は『官僚が政治的圧力があったからだ、その責任回避として残すためだ』って言ってる人がいますけど、可能性は皆無でしょうね。

というのも逆も言えてしまうからです。
この文書では官僚が籠池氏側から見返りを貰える約束をしており、無理やり通すために政治家の名前を入れ込んで決裁した、ともとれる。
責任回避の書類にこんな書き方するかな?ってのが素直な疑問。
もっというと、仮に政治的圧力が正しかったとしても、責任を擦り付けられてしまってもこの書き方では抗弁できない。
二重の意味でそれはないだろってのが感想ですね。

なので、政治的圧力より、官僚の私利私欲って方が可能性が高いと思う。

もっとも赤熊はその説を押してませんけど。
単に職員(少なくとも決裁書を書いたやつ)がアホだったのだと思います。

おそらく上司も良く見ず決裁したんでしょうね。(もっともハンコを押した以上、責任は発生しますけど)
正直、アホがのさばっているってことで、こっちの方が日本の危惧ですね。
コメント

異常値が出たからなんだ?

2018年03月03日 | 政治
働き方改革のデータに異常値があるから再調査しろっていうアホがいる。
具体的には民主党系の議員だけど。

何でも、一日の残業時間で40数時間というやつが1件、23時間労働になるから数件、そういったってのが200件くらいあったらしい。

・・・・・・1万件以上の企業に聞いたデータで、一社1人にしか聞いてないってことはないでしょうから全部で数十万件あると思うのだけど。
まぁ、仮に1万件だったとしてもその内、数百件のデータが異常値を示したとしても誤差の範囲でしかない。

そのためにたくさんのデータを取るんだし、おそらく異常値を省いても数分くらいのずれしか出ないと思います。
だったら何の意味があるの?

データ的におおよその傾向をつかむだけでよく、厳密な統計を取らないといけないような案件じゃないですので、それを厳密にやる意味が解らないし、細かな統計調査っていうのは相当なコストがかかるんですが・・・。

コスト意識のなく、仕事できない奴の意見やな。

これが、学術上というなら、データ補正のないものと補正理由を付しての補正データとの比較したものを出さないといけないでしょうが、実務上なら傾向をつかむだけのざっくりで良いデータのなのでする必要など感じません。
単純に補正するって言っても、例えば20時間労働は『常識的にあり得ないから入れない』なんていうけど、じゃあ19時間労働は? 18時間は? 17時間は・・・・と、そういう根拠を考えて除外しなければいけないのですが、そんなのを考えて補正する時間のほうが無駄ってものです。
そもそも、補正っていうけどデータ改竄だしね。

ちなみに一日の残業が40時間というデータは『常識的にありえなーい』とか言ってますけど、それを省くべきかってのは、実は難しい問題です。
実のところ、これを省く根拠ってないですから。
もしかしたら次の日休日で2日連続で働いたことを言ってるのかもしれないわけで、だったらそれが間違いともいえないわけです。
事実は『アンケートに40時間と答えた人がいる』ってだけです。(40時間と答えた人のデータが信じられないというが9時間労働だと答えた人のデータの信憑性も実はない)
それを厳密にやりたいのなら答えた人にもう一回聴きに行くべきですけど、コストがねぇ・・・。

まぁ、赤熊的には無根拠に省いてもいいのですが、省くには省く根拠がやはり必要でそれを考えるのが面倒くさいし、それが数件程度なら入れ込んでも数字に大きな影響はないので、入れ込みますね。
もちろん厳密なデータ・・・残業時間が3時間と3時間1分の違いで対応を変えなければいけないのなら補正データを作りますけど対応が変わんないならしませんね。(学術的に厳密なデータが欲しければ、学者が勝手にやれば!!って感じです)

アンケート調査って徹頭徹尾コストの問題なんですよね。

それで、再調査せよって言ってるのですから再調査するのは賛成するためですよね。
最初っから反対なら調査しなくていいですから。
少なくとも再調査をするのならデータが○○だから賛成、××だから反対って明確に掲げてからしないと無駄にしかなりませんし。

ま、言ってる奴ら、そんなこと露ほども考えて言ってないでしょうけど。(笑)

日本の問題はコスト意識が希薄すぎるってところですね。
他人がするので正確なものを出せって喚いてるだけでしょうけど、これで働き方改革なんて言ってるのだから何のブラックジョークだって思います。
コメント

小池氏と野党のグダグダは原則を失ったから

2017年11月18日 | 政治
今週の気になったニュースは2つ。
小池氏が希望の党の代表を辞めたことと、加計学園に獣医学部の新設許可が下りたことに野党が文句を言ってることですね。

双方ともに共通して思うのは、原理原則がしっかりしてないとグダグダになるんだなってことです。

小池氏の方は・・・無様の一言ですよね。
さすがに『共同』代表を決めて、すぐに辞めるのでは無責任極まりない。
共同代表選というのは一体なんだったんでしょうね。
辞めるのであれば、衆議院選挙後に責任を取ってすぐでしたし、そうじゃなければ腹をくくってやり通すしかない。

その代表戦もなぜか結党メンバーは誰も出ず、逃げネズミの民進党議員だけで決まるという始末・・・・・。
最低限、結党メンバーを立てるべきだろうに。
それもこれも選挙時に、自分の子飼いの手駒を20人は比例を優先しないという愚かさのためです。
少なくとも側近中の側近である若狭氏は比例の一番上にして落とさないようにしておくべきしょうに・・・・・そんなものは基本中の基本です。
こんな基本すらできないのですから乗っ取られるのである。

何でここまで対応を間違えるのでしょうね。
そもそもの希望の党の立ち上げは良しとしても、民進党議員の引き入れ方で間違えて、その後の対応も間違えて・・・・・ここまですべて間違えるなんてまるでコントです。
これで小池氏は国政復帰は絶望的でしょうね。
ここまで落ちてしまっては都政の方でも成果は出せないでしょうから立て直しも利かず、仮に都知事の任期を終え国政選挙に通っても、この人を担ぎ出そうという人はいないでしょうから政治的には死亡したと同義です。

ここまで落ちぶれるとはねぇ・・・。


加計学園側の方も・・・・こちらも野党の無様さが出てますね。

この問題を追及するといっても、適正に処理された申請を却下なんてできるはずもない。
行政府は恣意的に運用するわけにはいかないので要件が満たしていれば通す以外ないのです。
それを『アベは恣意的に法律を運用した(お友達に便宜を図った)』と言ってるのに自分たちが法を恣意的に運用しようとするさまはアホとしか言いようがありません。(というか、申請を門前払いしてきた文科省は極めて悪質な違法行為者ですのでこちらを断罪したほうが政権も責められて一石二鳥のはずなんですけど・・・)

ていうか、行政府が法を恣意的に運用するので阻止しようと立法府・司法府が苦心してきた歴史があるのですが、立法府に所属しておきながらそんなことも理解できていないって、政治家として何がしたいのでしょう?
正直、政治家としてゴミですので、今すぐ辞職すべきレベルの無能さです。
そもそも理由もなく却下したら、学園側から訴訟を起こされ莫大な賠償金を支払うことになるんですけど・・・。

おそらく、憲法改正とか、テロ等準備罪とかそういう議論を避けるためにすり替えのための話題なんでしょうけど、そのために莫大な賠償金を支払えって言ってんだから、本当、政治家として廃棄物レベルのゴミですね。

イラネェ、こいつら。

小池氏もそうですけど、もはや政治家として何がしたいのかわからないのでしょうね。
この2つのグダグダ感はそういう原理原則がわからずに迷走した共通性があるように思えます。

そういうことがわかってるから、マスコミも報道のトーンを落として避けてきてますよね。
これから先、小池氏と野党が盛り返すことは・・・・・・もはやないでしょうね。
今すぐ、追放したほうが日本のためになると思いますが、それができないのがなんとも歯がゆいことです。
コメント

これからの政治

2017年11月04日 | 政治
選挙も終わり、今後の政治がどうなるのか?ってところですね。
もっとも、与党の3分の2という勢力図に全く変化がないので、基本的には何も変わらないです。
問題は野党が全滅状態だということです。

まず希望の党。
これまでに何度も言ってますが、なぜここが失敗したのかといえば、立憲民主党を作られたため。
狙うべきは民進党への固定票であり、これが希望に回らなかったせいですね。
この時点で敗北でした。

今後、この政党がどうなるかといえば、フレッシュさがなくなっていく、アンド、実態は元民進党議員の集まりである以上は現在の維新の党と同じ末路と同じく減衰していくしかないでしょう。
ご愁傷様です。

なので、この党自体はどうでもいいのですが、問題はこの党が民進党の分裂で生まれた政党だということ。
もう1つの分裂政党である立憲民主党とは理念が違うから分れるしたわけで、容易には組めないわけです。
近づけば有権者を馬鹿にしてる、遠ざかれば何もできない・・・まぁ、これまで野党は何もできてないから変わらないとも言えますけど、これまで通りの批判しかしない政党が分裂の結果、パワーダウンして存続するという、およそ、非生産的なことこの上ない事態になってるわけですね。

そもそも躍進したとか言われてるけど、立憲民主党ってのも政党名からして変だしね・・・。

立憲・・・憲法を新しく作るの?って言いたくなりますが、まぁ、憲法の通りにしますって意味なんでしょうけど・・・・・この世の中、憲法通りにしませんという政党なんて存在しませんよね?
まぁ、解釈改憲をしないって意味かもしれませんが、憲法は理念めいたものしか書かれていないのですから、それを現実に落とし込まなきゃいけないわけです。
厳しい現実に対処するために解釈改憲をしてるわけで、それを無視っするってことは『非現実的な妄想を言います』って意味にしかならないのですよね・・・。
あと、現憲法には非常事態への対処が一切書かれてないわけで、憲法通りにするって非常事態が起きたときに何の対処もしないってことなるんですけど・・・それはいいのでしょうか?(憲法には書かれてはいませんが、非常事態の時に秩序を取り戻させるためなら憲法を無視することは認めてはいるっぽい・・・・・なお、それは国民側からも言えることで憲法を無視した政府なら革命を起こす権利もあるとしてるようです)

この辺の話も設立者でもあり党首である枝野氏の発言が珍妙なことを考えればおそらく考えてないでしょうね。
だって『リベラルであり保守である』って発言するわけですから・・・。

リベラルって自由主義って訳されますけど、本来はリべレーション・・・・・解放とか釈放とかいう意味が原義なわけで、何からの解放といえば、国家権力からの解放なわけです。
国家権力からの指図を受けない、正確には干渉を最小にしようという考えというのはつまり国家の庇護・保護もまた最小にするって考えなんです。
なので個人的には自由主義って言うより解放主義って訳したほうが解りやすいと思うのですが『格差社会になっても仕方ないよね』って言う人たちのことなんですけど・・・・そんな主張でしたっけ?

明らかに違うでしょう。
どちらかというと、富の再分配機能を強めて平等にする、社会主義や共産主義に近いのですけど。

政党名や党首の立ち位置もブレブッレなわけで、残念ながら民進党への元来の固定票だけしか獲得できておらず、これから先、今以上の支持が集まることもないでしょうね。

いずれにせよ、希望と立憲は別れた以上、組めないのでこれにより与党に対抗するのが昔以上に厳しくなっているわけです。
その状況下で、上向きになるかといえば・・・・無理でしょうね。

また、これから先、理念じゃなく現実的にどう対処するのかをみられるようになると思います。
となれば、理想主義的な主張は受け入れられなくなるでしょうね。
もっとも、すぐにそういう人たちがすぐに消えるわけじゃないにですから、左翼はゆっくりと衰退していくのでしょう。
最終的には立憲民主党は現在の共産党ポジションになり、共産党は今の社民党のポジションになっていき・・・・・野党のポジションスライド現象が起こるのでしょうね。
次の次の選挙くらいで、どこかが潰れて、また生まれて、また繰り返す・・・・。

逆に言うと、自民党はずっと安泰ってことですな。
この状況を打破したのでしたら、野党を全て壊滅させて自民党に全議席をとらせ2つに割るしかないと思います。
コメント