意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

中韓スワップ協定の延長・・・・

2013年06月29日 | 政治
中国と韓国が通貨スワップ満期延長をしたんですと。
中国の中央銀行は消極的だったみたいですが、トップ会談で韓国側の要請で終盤に共同声明されたのだとか?

・・・・・・・え?

通貨スワップとは、要は経済危機になった時に、あらかじめ決めていたお金を融通し合う・・・というか借りれるってことなんですけど、これにより自国通貨の信用性をあげるものですね。
ただ、円やドル・ユーロなど主要通貨と組むのならわかるのですけど、中国・元じゃあ・・・ねぇ?

それにこの契約は相互の契約なんですけど。
中国経済に色々問題が出てきているこのタイミングで?

まぁ、中国経済よりも韓国経済の方が市場も小さくやばいのですけど。
それ以上に問題なのは、韓国と中国の経済構造が似通っているって点です。
それってつまり同じタイミングで没するわけで、共倒れするんじゃ?
危険な賭けに出たな・・・。

日本との通貨スワップが一部延長が切れるからそれに代わる所として結んだ・・・・のでしょうけど意味がよくわかんないですね。
貧すれば鈍すってことですか。
コメント

東京都議選

2013年06月25日 | 政治
東京都議選の結果が出だ。

予想通りというか、それを軽く超えて、自民党の全員当選って・・・。
おいおいおい。
ついでに公明党も。(ここは人数絞ってるので不思議はないけど)
野党が総崩れしたというのもあるけど・・・この結果はいったい?

それはともかくいくつか気になったこと。


1.共産党が第3政党って・・・。

共産党議員は、受け皿になったとか、庶民の味方だから支持された・・・とか言うのでしょうけど、それはない。
投票率が低かったため、でしょうね。
得票率自体が増えてないんですから。(※)
むしろ、投票率が10%以上も下がって得票率はそれほど上がってないのですから、支持は下がってるとみるべきでしょう。

とはいえ、そんなこと共産党議員もわかってるでしょうね。
わかっていても『支持された結果じゃない』なんて、冷や水かけるようなこと言えないでしょうし。
いわゆるB層と呼ばれる人をひっかけるためには必要か。(そういう人は得票数の増減なんて見ないでしょうし)


2.維新の会が2議席・・・。

惨敗ですな。それも惨敗の上の惨敗。
実際、みんな党の得票率7%以上の、8%もの得票率があったのですから、それでみんなが7議席で、維新が2議席・・・。
完全に戦略ミスやね。
こんな致命的なミスをする政党には未来はないわな・・・。

橋下も舌禍事件が敗因・・・という見方があるけど、実際はそれほど支持を下げるものではないと赤熊は見てます。
赤熊が見る限り、一番の問題は維新の会の立ち位置でしょう。
これが明確ではない。

よ党でもや党でもない、ゆ党。
どっちつかずのコウモリ。
得体が知れないから票を入れる人が少ないんでしょうね。
ま、この政党じゃ、どうあがいても得体がしれませんが。
太陽の党と合併したのはそこを何とかするためだと思いましたが・・・・このまま消えるんでしょうね。
特に期待もしてないので、消えても問題ありませんが。


3.自民党のカンスト・・・。

候補者全員通すって・・・すんごいことですね。
同一選挙区に2人立てて、それを2人とも通したってことですよね。
かなりすごいんですけど。

ただ一つ気になるのは全員通して半数に達していない・・・。
検証が必要ですが、これって大問題じゃない?
全員通して半数取れないのならば、つまるところ過半数を獲得することが無理(極めて難しい)ってことでしょう?
それは政治システムとしては欠陥だと思いますね。
早々に選挙制度を見直すべきです。


取りあえず、気になるのはこんなところですね。
この選挙は、参議院選の前哨戦と言われてますが、おそらくこの通りになるでしょうね。
でもそうなると、共産党が議席を伸ばすのか・・・。
それはそれでいやだなぁ。


※ 東京都知事選の得票率・・・43.50%(54.49%)

○各党得票率(括弧内は前回の数値)
自民党 36.04%(25.88%) 59人
公明党 14.10%(13.19%) 23人
民主党 15.24%(40.79%) 15人
共産党 13.61%(12.56%) 17人
維 新  8.25%(-)    2人 
みんな  6.87%(-)    7人
コメント

免許証の更新

2013年06月19日 | 日常
先日、免許証の更新に行きました。

いつもながら思うけど・・・写真写り悪いな・・・・。
なんか悪人臭いというか、生気がないというか、辛気臭いというか・・・。
普通の写真で見た場合、こんな感じじゃないんだけど。
なんでなんでしょうね。
免許証って身分証明にも使うものでなんだけどね・・・。

これ、人に見せたくない!!

まぁ、それは置いといて、なんか免許証の情報を見るのにセキュリティのために4桁の暗証番号を2つ入れなければならない。
覚えやすい番号を・・・と思って簡単な番号にしたのですが、今思い返したら、もう覚えてない・・・。
紙に書いたはずだけど無くしたし。

まぁ、使わないと思うから別にいいけど、2つも暗証番号はさすがに覚えきれないな。

そう思ってたら、携帯電話の番号にすればいいことに気付いた。
これなら覚えてるし
次はそうしようと思う。

次ある・・・かな?
まぁ、いいか!
コメント

地方分権は失敗する

2013年06月16日 | 政治
何だか下火になったなと感じる地方分権のお話。
今は憲法改正だものねぇ・・・。

それはともかく、赤熊は地方分権は失敗すると思います。

その理由は幾度となく書きましたが、
①財政破綻した時どう責任を取るのか?
国に尻拭いしてもらう以外ないわけで、責任が取れないけどやりたい・・・では通用しないし、そんな中途半端な覚悟でそうそう成功はしないだろう。

また、
②議会の監視はどうするのか?
地方議会も権力。
権力は監視しなければならない。
でもマスメディアの国の監視もいまひとつの現状で、多くの議会を抱えてそれらを監視ができるかというと・・・無理でしょうね。
監視しきれないのであれば、不正や腐敗が多く起こるでしょうね。

主にこの2つの理由で失敗するだろうね・・・。

と思ってましたがもう一つ懸念しなければならないことがありました。
ロビー活動。
もっというなら諸外国からのロビー活動です。

ロビー活動・・・簡単に言ってしまえば圧力団体ですな。
自分たちの都合の良い言動のものを支持して、操って、自分たちの意見を通すわけです。
これ自体は合法的なものですが、これがまともな団体がやるのならいいのですが、大半は国民の支持を得られそうにもない程度のクズい物ばかりです。(そもそも多数意見ならロビー活動なんてしなくていいわけですので当然ですけど)
赤熊的には民主主義への冒涜だと思いますけどね。
・・・少なくとも多数の国民(住民)の総意とはかけ離れているわけです。

問題は、普通なら『バカじゃねぇの?』で一蹴される話ですが、こんな変な奴らが意見が通るわけです。
そうなったらお終いだよね・・・。

いえいえ、もうそうなってますしね。
共産党系の議員が天皇陛下への出迎えをしなかったりする不敬な輩が出たりするわけです。

しかもこれが諸外国とつながってるロビー活動だとさらに厄介です。
アメリカだと地方の慰安婦系の議決とか。(この問題に関係のないアメリカが絡んでもややこしくなるだけでなく、少なくともアメリカの得にはならないわけです。そんなものを通すとは、裏の事情が透けて見えるわけです。 ・・・これ、地元のアメリカ人はどう思ってるんでしょうね? 赤熊が住民なら非常に気持ち悪いですね)

やはり、こういう乗っ取りは防がなくてはいけないわけです。
地方分権にすればより地方議会は議員数が少ないわけですから掌握されやすくなるわけで、住民の意図しないことが頻発するでしょうね。

そういう意味でも地方分権は反対ですね。
さすがに国会レベルになれば、変な団体が掌握することは難しいので、滅多なことがない・・・あぁ、民主党という事例がありましたね。
でも、国民の監視もできたので取り返しがついたわけです。
地方議会じゃ難しいよね・・・。

国会議員を増やして地方議会を廃止した方がよいと思います。
少なくとも安易な地方分権は国を滅ぼすことになるでしょうね。
コメント

大学の入試が複数回

2013年06月10日 | 教育
予てから赤熊が主張していた大学のセンター試験の複数受験が実現するかもです!!


センター試験廃止も 教育再生実行会議、「到達度テスト」導入議論を開始
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/52075469.html

今から4年以上前の一番最初の提言だったんだね・・・。
なんか感慨深いものがある。

それはさておいて、早くて5年後ですね。
アメリカなんて最高5回くらい受けられるそうだけど、そこまで必要ないと思う。
赤熊は2回でいいと思いますけど、3回の方が『負担』という意味では少なくなっていいかもね。


問題は、記事には書かれてないけどスケジュールですね。(記事中の序列化って意味わからん)

いつまでに高校3年生の授業を終えるか?
受験が、例えば夏休み期間にあるのならば、春までに全ての履修をおえなければならないわけです。
そうしなければ受験できひんわ。

結構、厳しいやね。
でもまぁ、3年の授業ってだいたい春までのような気がする。
自分の時ってどうだったっけ?
多分そんな感じだったと思うけど、仮にそうじゃなかったとしても、これくらいなら対応できるでしょう。

問題は2学期って、学校行事が一杯あるんですよね・・・。
部活は引退してるだろうから問題ないでしょうけど文化祭とか体育祭とか。

最近は体育祭を春に持ってきてるけど、さすがに両方を春にするわけにはいかない・・・、いやそれでもいいのか。
でも、後半がつまらん学校生活になりそうだね。
再度受験できるのだから、秋にしてもそれほど問題ないか。
でも2回だと、部活やってる人間にちょっと不利な気もする。
なので、3回・・・8月と11月と1月くらいで受験を開催すればいいと思う。
まぁ、複数回受けられても日本人は毎回、本気出すだろうな・・・。

何はともあれ、2~3回受けられるのならば便利になると思うので、はやく実現してほしいです。(5年と言ってるけど、多分10年近くはかかると思うのだよね・・・)
コメント

株価乱高下中

2013年06月07日 | 経済
株価が下がってます。
今日も上下500円以上の幅(終値は26円安)で乱高下。
ここのところずっとですね。
為替も円高になってます。


・・・なんて書いてみたけど、これってほぼ適正範囲内じゃないかな?

民主党政権が終わったときの株価は大よそ8000円くらいでした。
それがわずか半年で1万6千円弱をつけたわけです。
なんと2倍弱ですよ!!
ここって、なんていう発展途上国?
そう言いたくもなるくらいの上げですよ。
為替にしても、同じ時期には1ドル約80円くらいから一気に105円まで円安が進んだわけです。

正確には民主党政権が株価を低迷させすぎたとみるべきでしょうが、どう考えても上がりすぎなわけです。
なので調整が入りこむのは当然で、アベノミクスとかそれほど関係ないし、その過程で乱高下するのも当然ですね。
まぁ、マスコミはアベノミクスの失敗が~とか叫ぶんでしょうね・・・。
ああ、テレビつけたら叫んでますな。

さしあたっての問題は、現在の適正価格はいくらか?ということだろう。
こんなものの予測を付けるのは難しいのですが、だいたいこういうものは最大上がり幅の半分くらいだと思う。

そう考えると株価は1万2000円くらいで、為替は1ドル93円くらいか?
今が1万3千円弱で1ドル96円くらいですから、あと一つくらい下がる可能性があると。
でもさすがに、これくらいとなると下がりすぎだと思います。
ので、ここらで底ででしょうし、この乱高下もここいらで収まるでしょうね。
・・・・・次のステップは上に抜けるか下に抜けるか・・・さて。

ああ、あと一つだけ。
赤熊は経済の専門家ではないので、あくまで感ですよ。
コメント

夫婦別姓訴訟、敗訴

2013年06月01日 | 社会制度・法律
完全に下火になってしまってどこも取り扱わないだろうと思うけど、一応、昔からネタにしてるので取り扱ってみる。

夫婦別姓訴訟で訴え退ける 東京地裁
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/52073028.html

まぁ、当然と言えば当然か。
ちなみにこの人たちが訴えると言っていたのは2011年の1月の記事に『2月にも訴えをおこす』と言ってましたので、地裁が終わるだけに2年以上かけてるのね・・・。
さすがに時間かけすぎだろう。
高裁に上告するそうですが、この調子だといつ終わるんでしょうね。
てか、裁判所もやる気ないんだろうな。

まぁ、昔も書いたけど、赤熊は夫婦別姓に反対です。
理由はメリットがないからです。
いつも通りです。

少なくとも賛成者はメリットを指し示す必要があると思うのですが、されておらず、する気もないのでしょう。
その姿勢を取り続けても賛同者は出てこないと思いますし、一向に埒があきませんね。

まぁ、赤熊は反対なのでどうでもいいですけど。

ところで、1つ気になるのは賛成者って、姓をなんだと思ってるのでしょう?
赤熊はこの言い方だと語弊があるかもしれませんが、単なる所属名だと思ってます。

例えば、電話口で『○○の××ですけど』と名乗りますよね?
○○に入るのは住んでる地名や勤めてる会社名とかでしょう。
それで住んでる場所や勤めてる会社が変われば、次の地名や会社名を名乗りますよね。

いってしまえばこれが苗字の定義なんですけど、氏姓というものはそれと同じにすぎないわけです。(現在ではですね。昔は明確に違いました)
その人の所属が変われば、氏姓も変わる。
それだけ。

難しいことも何もなく、当たり前の事だと思います。
たぶん、このあたりが賛成者と考えが違うのでしょうね。

まぁ、とにかく姓に関する考えを明確にしない限り、この問題が進展することはないのでしょうね。
赤熊は反対なので、進展しないほうがいいですけど。


関連エントリ
日本の姓の歴史を踏まえれば、夫婦同姓が筋
http://blog.goo.ne.jp/matuba96/e/bf4e61b5d23dbf29bd580c40c1d1ca02
コメント