意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

高齢者運転、免許返納政策は無駄

2016年11月25日 | 社会
最近、高齢運転者の事故が取り扱われてます。
それを見ていて気づいたのですが、グラフに『事故全体の高齢者が占めるパーセントが増えている』という値が使われているのです。

毎年の高齢者の事故件数の変遷を出せばいいわけで、なのになぜパーセントなのか?
まぁ、調べれば答えが出ましたよ。

少し古いですが『平成26年中の交通事故の発生状況』の22ページ
H26hasseijokyo.pdf(PDFです)

65歳以上の事故件数はほぼ横ばいだからですね。
むしろ高齢者が増えてる現状を考えれば減っているとも解せます。
というか、交通事故の件数自体が減少傾向で10年で6割くらいになってますよ!!

そのため増えた印象を付けるために、50代以下で大きく減少してるため高齢者の事故件数をパーセントにして多くあるように見せかけてるわけですね・・・・。
このような印象操作は卑怯・卑劣すぎます。

ざっと表を見る限り40代が事故が一番多いので40代の人への対策をしたほうが良い気もしますが・・・・・・・・・事故件数自体が大きく減少してるわけで、そんな減るような革新的な技術って発明されましたっけね?
そうしたことはないと思いますので、おそらく安全意識が向上したからではないかと思います。

そう思うのは、例えばいまの50代以上の人ってシートベルトをせずに運転するんですよね。
昔はシートベルトって固かったから圧迫感を受けたからする習慣が身につかなかったのでしょうけど、今の人ってきちんとシートベルトするんですよね。
こういう差異が運転する意識にも出てるのではないかと思うわけです。

要するに昔からの運転習慣が古いままだから事故を起こしている・起こしやすいってことですね。
30代以下で事故件数が10年で半分にと大きく減っていますし全体的に減ってますから、何もしなくとも世代が進めば進むほど、事故件数も自然と少なくなっていくと思います。(高齢者は絶対数が増えますのでそこまで急激には減らないと思いますが)

少なくとも免許返納では事故は減らないでしょうね。
そもそも車の運転をする人は運転が必要だから運転するわけで、返納に特典を付けて促そうとしても応じるわけもないです。
応じる人は『運転しない人』なんですから、そんな人に促しても余計なお金がかかるだけで完全に死に金ですね。

もっと別のことにお金を使いましょう。
コメント

憲法9条の改正が必要

2016年11月18日 | 政治
トランプ氏がアメリカの大統領に選ばれました。

赤熊はヒラリー氏が選ばれると思ってたんですけどね・・・・。
まぁ、正直、どっちもダメだけど消去法的にってだけだったんですけど、さすがにトランプ氏を選ばれるのは厳しいだろうと思ってたわけです。

耳目を引くための過激な発言(メキシコに壁を作るとか、世界各国から米軍を引き上げるとか)は、大統領になった後、当たり前だけどそんな非現実的なことはできないわけで現実路線に切り換える必要があるわけです。
でも、切り換えたら切り換えたで、しつこく問われ続けるわけです。
人間ってこういうところは容赦しませんからねぇ。

最初の1年くらいは問題ないかも知れませんが、2年目3年目となると人気を維持できなくなり・・・共和党と操り人形になるか、さらに過激なことを言って内紛が勃発するかはわかりませんが、だからそういう人を選んじゃいけないのですが、まぁ、そういう人は得てして人気がありますからね。(苦笑)
もしかしたら『名大統領』になるかもしれませんが、現在のところ不穏なものしか見えませんね。


それはさておいて、これがアメリカ内部の話で終われば別にどうでもいいのですけど、アメリカがゴタゴタすると世界中がゴチャゴチャになるのが困りものです。

で、さしあたって考えなければいけないのは・・・軍事ですよね。
アメリカが世界の警察を辞めれば、当然、中国やロシアが力による現状変更をしてくる・・・そこまではなくとも力を背景に迫ってくることは想像に難くないわけです。
アメリカの力が弱くなれば、そこに付け込んでくるのは当然ですから。

というわけで、憲法9条の改正が求められるのですが、現状、国会で憲法改正の動きが出てきてちょうどいいのですが・・・民進党がよろしくない。
いや、いつものことですけど。(笑)
例えば、民進党の白真勲氏の発言に、

>現行憲法を守ることが今、求められている。改憲議論の前に憲法違反や立憲主義、法の支配のあり方を調査しなければならない

いまごろ、調査っすか・・・。
昨日今日の話なら、それでも・・・いや、でもダメか。
そもそも『求められてる』からではなく、自分たちは『どうしたいのか?』のはずなんですが・・・・。

赤熊は自民党の改憲案が悪いものとは思ってませんが、100%完璧なものとも思ってません。
なので、より良いものにしてするために議論してほしいのですけど、チーン。

このまま自民党の改憲案で大枠は決まりそうですね。
あとは時期を読んで決まりそうです。
それで問題がないって言えば問題がないですが・・・・・本件はこれでいいかも知れませんが、こういう決め方をし続けるのも危ういのですけどね。
この国の政治の欠点が浮き彫りになってます。
コメント

良い話じゃない

2016年11月11日 | 社会
良くある話。

みすぼらしい格好の男がお店(車とか高級品店など)に来て、そんな男には店員は誰も相手にしない。
しかし、一人の店員がその男に話しかけ、真摯な対応をした。
その対応に男は感心し、高級品をたくさん買って帰っていきました。
そう、みすぼらしい格好の男は大金持ちだったのです。

・・・なんていう良い話風なものがありますけど、赤熊はこう思います。
お店に行くときはちゃんとした格好をしようぜ。

バリエーションとして、店員がお金持ち風の客と自分とあまりに対応に違いがあって、むかついたってのもありますが、そもそもまともな格好でお店に行く、というか、人に会うのはマナーでしょう。

例えば、結婚式に呼ばれて部屋着で行くか?って話です。
いくらお祝いの気持ちがあるから良いといってもねぇ・・・。
それと同じ話で、まともな格好をするというのは最低限のマナーで、自らがマナーを尽くしたうえで相手の礼儀を求めるべきで、自分はマナーも守らないくせに相手に求めるなど単に厚かましいだけです。
そもそも、店員も商品が売れなきゃ生活できないわけで、そういう人間を思いやるべきですね。(当たり前だけど店員にへりくだれって言ってるわけじゃないですよ)

厚かましいだけの話を良い話風にされてもねぇ、釈然としないんですよね。

でもこういう話って昔からありますよね。

ギリシャ神話かローマ神話か忘れましたが、大神ゼウスがみすぼらしい格好で家々を回ったが誰も受け入れてくれなかったけど、老夫婦だけが受け入れて歓待し、感心したゼウスはお礼に願い事を聞いてくれたそうです。(ちなみにお願い事は老夫婦が最後の時を一緒に迎えられますように、だそう)

・・・・・人間、進化しないんだな。(笑)
コメント

根幹に触れない

2016年11月04日 | 報道・メディア
忙しいので、短く。
最近、というか昔からですが、マスコミってニュースの根幹部分に触れませんよね。

例えば、蓮舫氏の二重国籍問題。
この問題自体は根深いものがあるようですが・・・・しかしながら最低限、このような問題を抱えている人間に問うべきことは『国籍とは何か?』なはずです。
党としての見解は一致してないから答えられない(それはそれで情けないけど)、蓮舫氏個人の考えなら答えられるはずです。
しかしながら、今現在でも蓮舫氏はこの回答から逃げてます。
一番知りたいところってここではないかって赤熊は思うのですよね。
ここを逃がすっていうか、この質問に蓮舫氏から真っ向に答えさせるってのは、蓮舫氏の応援にもなるわけです。(そんな深い考えなんてないだろうけど)
安倍が~とか、左翼誌の方たちが言ってますけど、何でこうやって野党の党首を盛り立てないのでしょうかね。(そんな深い考えがあるわけないので聞かないのかもしれませんが)

こういう問題って、こういう問題だけじゃないんですよね。
豊洲の問題にしても、建物が使えるのか使えないのか?って議論をすべきなのに、そこは無視・・・。

問題だ、問題だって騒ぐけど、なにもならない・・・。
結局、見ても見なくても一緒になり、その結果、新聞は発行部数の低下や、テレビの視聴率の低下につながってるわけですよね・・・・。
ちゃんと根幹に触れて、きちんとした報道をすれば、少しは支持され、発行部数の低下は軽減できると思うのですが・・・・。
ここまで来ると難しいのでしょうね。
コメント