備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

猪苗代地ビール館

2013-07-31 22:08:27 | 北海道・東北・関東
JR磐越西線・猪苗代駅から猪苗代湖方面(南西方向)に車で10分弱の越後街道沿いにある館。
世界のガラス館に隣接しています。
建物の1階に何があるかは確認していませんが、2階はビアレストランで9:00~16:30L.O.のノンストップ営業。
 
目前には磐梯山がバーンと見えます。
*デラックスコース(猪苗代地ビール5種類+おつまみ)
 
 ピルスナー、ヴァイツェン、ゴールデンエンジェル、ブラウンヴァイツェン、ラオホが各250mlで¥1,500。
 ビール1,250ml(+おつまみ)でこの値段はお手頃です
*ノンアルコールビール
 
 麦芽ジュース風味の炭酸飲料 
*ソーセージ盛り合わせ
 
*トマトラーメン ミニライス付(期間限定メニュー)
 
そして、1階テラスで食後のデザート
*猪苗代地ビールソフト(ゴールデン・エンジェル使用)
 
 ・・・何とも不思議な味。
時間を問わず飲食できる、珍しい施設です。
    (2013.07.31)
コメント

野地温泉ホテル

2013-07-31 22:04:47 | 北海道・東北・関東
土湯峠温泉郷の1つ、野地温泉へ。
野地温泉の名であるのは、こちらの野地温泉ホテルのみ。看板が渋いです。
 
日帰入浴入口から入り、
 
入湯券(大人¥800)を購入し、湯めぐり開始!
 
男女専用大浴場各1つの他に、3時間毎に男女が入れ替わる湯が3つあり、利用できる性別にライトが点きます。
まずは「鬼面の湯」へ。
 
石の露天風呂で広々。結構な白さです。
 
 源泉名:野地温泉1号
 泉質:単純硫黄温泉(硫化水素型)
そして、掃除をしたばかりの「千寿の湯」へ。
 
檜風呂で浴槽が3つあり、奥から手前へとぬるくなります。
 
注ぎたてほやほや、一番奥は熱くて入れません。
 
休憩ベンチもあり、
 
窓からは源泉の湯煙を見ることができます。
 
奥にはデッキもあり、涼む用?の水が。
 
標高1,200mのせいか気温自体それほど暑くなく、水も冷たく気持ちいい。水をかぶり、湯に改めて浸かります。
いー湯です
そして、女性専用の大浴場「扇の湯」と露天「羽衣の湯」、
 
最後は「天狗の湯」へ。
 
ちょっと変ったお風呂で、内湯と露天風呂が
 
引き戸で繋がっています。
 
ほぼ貸切で、しかも制覇できて大満足♪
 
休憩所もあるので、湯あたりしても安心です。
    (2013.07.31)
コメント

御宿 かわせみ②

2013-07-30 22:01:49 | 北海道・東北・関東
半年ぶりの宿泊。
夏なので簾戸になっていました。
 
簾戸越しに透けて見える緑が格別です
梅雨明けしてないせいか、7月末なのに庭にはまだ紫陽花が咲いていました。
 
こんな時期まで梅雨が明けないことは、滅多にないそうです。
こちらの部屋の利用は初。唯一のメゾネットタイプです。
 
2階も簾戸で涼しげでした。
 
部屋付露天風呂もありますが、大浴場へ。
 
露天風呂と、
 
かまくら型の遠赤外線低温サウナもあり、広々としています。
 
湯上り後は、大浴場の隣りにある“寛ぎのサロン”で水分補給。
 
夜は桑の葉茶とフルーツジュース?、朝はレモン水と飲むヨーグルトが置いてあります。
~夜の献立~
*北海蛸と万願寺 *焼茄子豆腐 *夏穴子入麺
 
*七夕月の盛合せ①・・・真ん中は短冊
 
*七夕月の盛合せ②・・・糸車とかじの葉 *本鮪造りと鯒薄造り
 
*低温真空調製した黒あわびの棚板焼き
 
*もろこし擂流しとフォアグラアイス *天然鮎塩焼き
 
*火取太刀魚梅とろみ *食事
 
*フルーツかん *紅茶のアイス
 ~朝ご飯~
  
 今回はとろろです。
  
 デザートとおめざ水(金剛水、龍泉洞の水、秘境の湧き水を選択)
  
とても高価ですが、間違いのない宿です。
唯一の難は料理のボリュームが多すぎること、・・・もっと量を減らしてくれたらいいのになぁ。  
    (2013.07.30)


→過去の記録はこちらから
コメント

シングルモルトと地ビールを楽しもう(第0回)

2013-07-29 23:24:33 | その他の会
M氏主催の会(議)に参加。
会場は六本木の“アントンビー”
本日のテーマは「スコットランド会議」のスピンアウトで、『シングルモルトと地ビールを楽しもう』と言うものです。
まずは、前夜にM氏が体を張って確かめた、相性が良いと思われる3種の地ビールとモルトを飲み比べました。
 
 *ベアレン ラードラー 2.5%(ビールのレモネード割り)×グレンリベット12年
 *志賀高原 インディアンサマーセゾン 7%×I.W.ハーパー
 *いわて蔵 スタウト 6%×マッカラン12年
その後は各自、20種類の地ビールと10種以上のウィスキーを飲み放題で楽しみます。
*ひでじ アンバーピルス 5.7%  *ブリマー ポーター 5.5%
 
*箕面 おさるIPA 6%  *レッドアイ(黒ビール使用)
 
飲むばかりでは酔っぱらうので、もちろん料理もあります。
*サラミ
 
*野菜スティック
 
*フッシュ&チップス
 
*ペンネ
 
そして、M氏秘蔵のモルトも登場。
*MAGDUFF 36y 1965-2992 Old&Rare PLATINUM 49.2%  *LITTLEMILL 12y 54%
 
そんなにウィスキーを飲んだつもりはありませんが、結構酔っぱらいました。
ビールをチェイサーにしがちですが、間違いなく危険な組み合わせです。
     (2013.07.29)
コメント

ぎょうざ会館 磐梯山

2013-07-28 23:03:43 | 江東・墨田・江戸川区
JR両国駅東口から南東へ徒歩2分、横綱通り沿いにある餃子・ラーメンのお店。
「何か食べたいょ~」とふらふらしていたところ、日曜なのに営業している同店を発見し入店しました。
1階はカウンター10席とテーブル3卓、2階は座敷があり宴会などもできるようです。
酔っ払いですが、餃子を食べるならビールも必要と注文したところ、何故か大瓶。ひょぇ~
 
枝豆をつまみながら、餃子を待ちます。
*餃子1枚
 
 “ぎょうざ会館”というからには、いろんな餃子があるかと思いきや1種のみ。
 意外にあっさりしています。
*磐梯ラーメン
 
 野菜たっぷり。あっさり醤油スープが空腹に沁みます。
常連さんが「やっぱこれでしょ」と頼んでいた、夜限定?の“アブラメン”が気になる。
    (2013.07.28)
コメント

クラフトビール&ソサエティモルト in POPEYE

2013-07-28 21:28:54 | その他の会
SMWS主催?のクラフトビール&モルトイベントに初参加。
毎年恒例ですが、今回やっとタイミングが合いました。
会場はお馴染みのポパイです。
 
入口で会費を支払うと、クラフトビール&料理用4枚とモルト用5枚のチケットとリストが手渡されます。
 
クラフトビールは24種類、
 
ソサエティモルトは12種類とラム1種がずらりと並びます。
 
まずは、ビールから↓
 
 *Brewdog ネバーマインド・アナボリックスIPA 6.5%(160ml)          
 *Brewdog アブストラクト AB:10 11.5%(30ml)
  
そして、引き続きビール↓
 
 *Brewdog サンディエゴ・スコッチエール 11.9%(30ml)      
 *Brewdog 黒ブラックTOKYO ホライズン 17.2%(30ml)
  
量は多くありませんが、度数が高いせいか酔いが回ります・・。
お腹に何か入れようと、追加チケットを自販機で購入し、
 
 厨房へ向かいます。
*アンコウのホップ唐揚げ
 
そして、モルトに突入。全て20mlでのサービスです。
*7.78 ロングモーン 20年 53.6% リフィルホグスヘッド
*26.78 クライヌリッシュ 26年 58.1% リフィルシェリーバット
 
*35.78 グレンマレイ 14年 58.5% リフィルホグスヘッド
*64.42 マノックモア 22年 55.6% リフィルホグスヘッド
*R5.2 ロングポンド(ジャマイカラム) 10年 81.0% リフィルシェリーバット
 
ラムの強烈さにはビックリでした。
     (2013.07.28)
コメント

ブランデーで作る果実酒と料理を楽しむ会

2013-07-24 23:31:31 | その他の会
「ブランデーで漬ける時には、果実をどう扱うのだろうか」と気になり、ベターホームの「食文化セミナー」に初めて参加してみました。
会場は南青山のビストロ“ヴァン ブリュレ(Vin Brule)”
 
店内に入ると、パッションフルーツや
 
マンゴーなどを漬けた瓶が、
 
カウンターに並べられていて、そのカラフルさに目を奪われます。
 
講師はサントリースクールの稲葉氏。
まずは、予め漬け込まれていたオレンジブランデーとトニックウォーターでブランデースプリッツァー作り。
ブランデー:トニックウォーター=1:3の割合でグラスに入れ、優しくひと混ぜして完成です。
 
乾杯をして、ブランデーの製造方法などの基礎知識を学んだあとは、自家製フルーツブランデー作りの実習。
道具は、フルーツ、ブランデー、密閉瓶の3つのみです。
 
オレンジの場合は、皮をよく洗い、果肉と皮とその間の白い部分に切り分け、
 
果肉と皮だけを瓶に入れ、ブランデーを注ぐだけ(※白い部分は苦みがでるため取り除きます)。
 
1日待てば完成です。
ちなみに、ブランデーはサントリーV.Oを使用したのですが、1本(640ml)に対し、果物はオレンジやりんご、マンゴー、グレープフルーツなら1個、パイナップルなら1/4個、レモンやトマトなら2個。柑橘類ならオレンジ同様に白い部分を取り除き、その他は皮やヘタを取って1口サイズに切って漬けるだけ。
飲み頃は、オレンジ、パイン、レモン、グレープフルーツが1日から、りんご、マンゴー、トマトが3日から。漬けた果実は、果肉が崩れたり、液体が濁ることがある為、1週間をめどに取り除くのがおすすめだそうです。
実習の後は、マンゴー、ソルティ・グレープフルーツ、レモン&バジルコ、3種のオリジナルフルーツブランデーを試飲し、料理と合わせます。
 
前菜は荒削りにんじんサラダ、パテ・ド・カンパーニュ ブランデージュレ添え、パンとキウイのフロマージュ。
メインは葡萄牛ステーキグリル、デザートはブランマンジェ オレンジブランデーソースでした。
 
他に、アップル、パイン、パッションフルーツ、プラム、オレンジ&ペッパー、シトラスジュレップ(ライム、レモン、ミント)の味見が自由にできたのですが、
 
パッションフルーツが好みで、(考えてみればそうなのですが)食事には意外にレモン&バジリコが合いました。
漬け込んだオレンジ果実酒は、密閉容器に入れてお持ち帰りと聞いていたのですが、さらにオリジナルグラスとV.O1本のお土産も
 
何と太っ腹なのでしょうッ!サントリー様、ご協賛ありがとうございます。
     (2013.07.24)
コメント

TOSA DINING おきゃく

2013-07-23 23:56:36 | 銀座・新橋・有楽町
銀座にある高知県アンテナショップ「まるごと高知」の2階にあるレストラン。
「美味しい魚が食べたい」とのA嬢のリクエストに応えるべく、お邪魔しました。
畳敷きの居酒屋を想像していたのですが、フレンチかと思うようなお洒落な店内で、価格も安くないせいか、お客さんも40代以上の落ち着いた雰囲気です。
*藁焼きカツオの塩たたき
 
*おすすめ五点盛り(海援鯛、カンパチ、イサキ、ウメイロ、オジサン)
 
 1.5cmほどの厚みがあり、とても食べ応えのある刺身たち。
*龍馬友情利き酒セット(龍馬、弥太郎、慎太郎)
 
*枝豆
 
*久礼トコロテン~土佐カツオ出汁から
 
*米茄子のはちきん地鶏そぼろあんかけ
 
*カツオの酒盗とクリームチーズ
 
*馨和 KAGUA(馬路村柚子入りベルギービール)
*龍馬(麦)、すくもの芋(芋)、ぶんたんたん(文旦)
 
約8年振りの再会に酒もすすみ、ずいぶん酔っぱらってしまいました。
   (2013.07.23)
 
コメント

Bar de Ollaria

2013-07-21 23:58:02 | 銀座・新橋・有楽町
銀座コリドー街にあるスペインバル。
カウンター10席、アベックシートテーブル5卓ほどで、女性1人客も見受けられます。
バックバーにはシェリーがずらり、初めて見るボトルが目白押しです。
カウンターに座り、おまかせでいただきました。
*La Guita Manzanilla Lanlicar de Barrameda HIJOS DE RAINERA PEREZ MARIN
*PASADA BAREN Manzanilla SALCAAR DE BARRAMEDA
 
*CAYDSA AMONTILLAD LAUREADO EMBOTELLADO POR
*BARBADILLO OLOROSO BODEGAS BARBAOILLO,S.L.
 
*BURDON Dry Oloroso John William Burdon
*Alburejo OLOROSO ALVARO DOMECO,S.L.
 
*お通し
 
*生ハム盛り
 
切り出します
 
*おすすめタパスの盛り合わせ
 
ベネシアンドールで空気に「触れさせた」ものと「触れさせてない」ものとを飲み比べたり、
 
色々なシェリーをいただきました。
でも、まだまだ他にいっぱいあるシェリーが気になる
   (2013.07.21)
コメント

BOURBON&AMERICAN WHISKY Festival 2013

2013-07-21 23:32:38 | その他の会
スコッチ文化研究所主催のウイスキーイベントへ。
バーボンは得意ではないのですが、初企画なので行ってみました。
ビールなどもあり惹かれます。
 
ミントジュレップや、スコ文研会員限定のSMWS No.29.58(Laphroaig,1993-2006,12y,54.5%)
  
WILD TURKY 8yの1998年と1958年の比較など。
 
ステージでは生ライブも。
 
セミナーにも参加しました。
<フォアローゼスの魅力~10種類の原酒造り分けとブレンドについて、マスターディスティラーが語る>
マスターディスティラーのジム・ラトリッジ氏。
 
割高でも非遺伝子組み換えの原料を100%使用し、貯蔵庫は平屋建てこだわっていると言うお話が印象的でした。
1日の温度差が20℃もある様な地域なので、1階と6階では熟成に大きな差が出るそうです。大量の商品の品質を一定に保たなければならない、大手ならではなのかなぁ、とも思います。
 
ティスティングは4つの原酒と限定販売商品でした。
 
 *OESV *OESQ *OESO *OBSO *OBSK(=SINGLE BARREL LIMITED EDITION 2013)
次のセミナーは、
<伝統と革新、新生ウィレットのユニークな造りと夢を若きオーナーが語る>
ドリュー・カールスビーン氏。弱冠32歳だそうです。
 
まずは乾杯。試飲をしながら話を進めます。
 
 *Noah's Mill 57.15%
 *Rowan's Creek 50.05%
 *Willett Pot Still Reserve 47% Barrel No.9540
 *Willett Family Estate Bourbon 66.75% Barrel No.787
 
こちらの熟成庫は8階建てだそうで、今回試飲したボトルは1,2階、6~8階、3~5階の4~18年、3階の10年。そんなボトリングもあるのかとビックリ。
暑いこともありすぐ熟成が進むので、スコッチと違い熟成年数に意味はなく、フレイバーを左右するマッシュの発酵こそが大事とのことでした。
セミナー終了後は、新発売のJIM BEAM HoneyやJIM BEAM BLACKのミントジュレップをもう1回飲んだり、
 
バーボン樽やキルトを撮影したり、
 
カクテルブースで、ハンターツイストや
 
カリフォルニアレモネードを飲むなど、ラストスパート。
 
チャリティーオークションがあり、入札したのですがハズレ、
 
何か買おうかとウロウロしていたところ、ドリュー・カールスビーン氏のサインボトルを発見!
 
『Very Old St.Nick 18y Ancient Rye』を購入しました。
・・・しかし、翌朝気づくと、持ち歩き時に擦れたのか、文字が消えかかっていました。。。
   (2013.07.21)



 
コメント

The SESSION 2013 片倉真由子トリオ

2013-07-18 12:47:29 | 音楽・演劇・イベント・文化
NHKみんなの広場・ふれあいホールにて、番組観覧。
 <メンバー>
 *片倉真由子(ピアノ)
 *井上 智(ギター)
 *中村健吾(ベース)
<曲目>
*C Jam Blues
*Sweet And Lovely
*It's Alright With Me
*These Are Soulful Days
*Nuages
*Caravan
 片倉氏がリーダーの回は今回が2回目。
 以前もこの会場でしたが、メンバーは違います。
 こんなにほわッとした雰囲気は初。
 ノリノリでした
   (2013.07.18///2013年09月15日(日)午後10時30分~午後11時30分FMにて放送予定)
コメント

ナステビュウ 湯の山

2013-07-15 19:31:33 | 信越
松之山温泉街の手前にある、日帰り温泉施設。
まずはお風呂へGo!
 
 源泉名:湯坂温泉
 泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
湯の色は茶色っぽく、香りについては以前感じたほど強く感じませんでした。
湯上りは、食堂『雪明里(ゆきあかり)』で休憩。
 
生中とおつまみチャーシュー、当たった枝豆。
 
実は、7月は生ビール祭りを開催中で、生中を買うとスクラッチカードが貰え、生中や枝豆が当たるのです。
 
そして、おつまみ3点セットと
 
〆の湯の山しょうゆラーメン。
 
麺はツルツルな中華麺かモッチモチな玄米麺のどちらかを選ぶことができ、後者にしたのですが、よくわかりませんでした。
売店で野菜を購入し、
 
バスで帰ります。
 
途中に、お洒落な看板を発見
 
これも、まつだい駅周辺のアートと関係があるのでしょうか。
    (2013.07.15)
コメント

松之山温泉 凌雲閣

2013-07-14 23:30:26 | 信越
2年半振りの松之山温泉。
今回の宿は、前回日帰り入浴をした秘湯を守る会員宿『凌雲閣』です。
 
本館は国の登録有形文化財だそうで、艶々した廊下が素敵です。
 
部屋は予想外に広く、
 
お洒落なソファーまであり、モダンな雰囲気も感じさせます。
 
動かない障子があるなど建物は歪んでいますが、それはご愛嬌。
 
松之山特産七彩漬とお茶で一息ついてから、
 
大浴場へ。
 
 源泉名:松之山温泉 鏡の湯
 泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
やや黄みがかっていて、燻したような?香りのする湯です。
 
家族風呂もあり、
 
こちらは源泉かけ流し。
 
 源泉名:鷹の湯3号泉
 泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
こちらの方がもっと濃い感じがして、何となく好きです。
晩ご飯の会場は大広間。
 
わらびやなら茸の玉子豆腐、
 
沢アザミの煮物や山菜のっぺ、
 
ミズの浅漬けや岩梨のゼリーなど、地元っぽい料理で嬉しい。
 
お酒は雪中梅とたかの井をセレクトしたのですが、徳利とお猪口の見た目にシビレました。
 
朝ご飯の会場は、ラウンジ脇の食堂。
 
ややッ!バッタ!?
 
いえいえ、板さんが葉っぱで作ったとのこと。
 
素晴らしい手先の器用さです。
   (2013.07.14)

→過去の松之山温泉の記録はこちらから
コメント

まつだい「農舞台」フィールドミュージアム

2013-07-14 21:33:23 | 信越
ほくほく線まつだい駅の南側、田畑、森林、遊歩道に広がるフィールドミュージアム。
時間があったので、散歩に繰り出しました。
上の画像は[D-001/棚田/イリヤ&エミリア・カバコフ]
他に、[D-061/花咲ける妻有/草間彌生]
 
[D-060/かまぼこアートセンター/小沢剛]
 
[D-155/ゲロンパ大合唱/大西治・大西雅子]
 
[D-064/記憶と再生-時の舟/井上廣子]や、
 
さらに橋を渡ると
 
マップがあり、やっと全体像を把握。
 
広範囲にわたり、地域の歴史や風物、人間、自然を題材とした、約40のアート作品が点在しているようです。
坂を上って行くと、[D-006/かかしプロジェクト/大岩オスカール]
 
[D-002/砦61/クリスチャン・ラビ]
 
[D-184/リバース・シティ/パスカル・マルティン・タイユー]
 
[D-002/○△□の塔と赤とんぼ/田中新太郎]
 
[D-005/関係-大地・北斗七星/河口龍夫]などが、
 
この奥や
 
畑のすぐわきに現れます。
 
途中で引き返しましたが、全部回って見ても面白そう。
いつからあったのか?不思議な風景が広がっています
   (2013.07.14)
コメント

妙高山麓直売センター とまと

2013-07-14 19:29:53 | 信越
関山駅から18号線を南下した所にある直売所。燕温泉~関山駅の路線バスに乗ると近くを通るため、以前から気になっていたのです。
ちょっと離れたところにしかバス停がなかったのですが、(他に乗客がいなかったせいか?)手前の信号で落としてくれました。
 
ありがとうございます!運転手さん!
10時頃でしたが、中に入ってみると多くのお客さんで賑わっていました。
 
店名になっている「とまと」はもちろん
 
「なす」や
 
「山菜」、
 
「かぼちゃ」や
 
「瓜」など、盛りだくさん。
 
これほど様々な種類の野菜が採れるのねと羨ましくなります。
さらに、「金魚」や
 
「めだか」などもいて、ビックリです。
 
買物を済ませた後は、関山駅までとぼとぼ歩きます。
 
GOINKYO CLUBの看板にぷっと笑ったり、おたまじゃくしを探しながら歩くこと約30分。
 
何とか駅にたどり着くことができました。
私は、「大粒ブルーベリー」と「ミニトマト」
 
そして、「山もち」を購入。
 
栃餅の様なものかと思っていたら、こしひかりにくるみ味噌をのせた、おはぎの様な一品でした。
 
直売所は9時からですが、11時からは食事処も営業するそうで、こちらも気になるところです。
    (2013.07.14)
コメント