コージーアンティークの日記

日記や修理・メンテナンス、アンティーク情報などもろもろをご紹介してゆきます。

Frederick Weinberg フレデリック・ワインバーグ

2008-10-15 20:02:16 | アート
いつ頃からか不思議に思っていたこと・・・『抽象』ってどうして生まれたのだろう・・・。
絵画でも彫刻でもそうですが、昔は具象や写実主義が当たり前だったのに・・・。

もうひとつ、何故か抽象(アブストラクト)のものって、現代の生活に全く違和感無く、スムースに溶け込んでしまうのです。

何故???

というわけで、今回ご紹介するのは、Frederick Weinberg フレデリック・ワインバーグです。



抽象が全て良いものとか、クールだというつもりは全くありません。むしろ人により好き嫌いがはっきりすると思いますし、作品の出来の良さも様々です。

彼の作品の中でもいろいろありますが、この作品はわたしのテイストにマッチしたので思い切って買いつけた物です。一応、『ランプ』って言うことになってます(笑)もちろん、機能します。

ただ、どうしてもマッチするシェードがイメージできません。というのもランプそのものの存在が強くて、すさまじい主張をしているからです。まあ、アートってそういうものかもしれません。



シェード・フォルダーもオリジナルです。



置くだけで主張してますね・・・



ブロンズの削り出しでは無く、鋳造による手法で製作されています。





ピッカピカです。結構重たい。。。

シェードをつけてみると・・・







Table Lamp designed by Frederick Weinberg for Laurel Lamps USA 1950's
Origin:U.S.A.
Designer:Frederick Weinberg
Condition:Very Good
Metal Construction
Measurements
Height:86cm
Depth:18cm
Width:20cm

お問い合わせはこちらから。。。

Frederick Weinberg フレデリック・ワインバーグ

1950年代以降のミッドセンチュリー期に代表的な作品を数々残しているデザイナー、フレデリック・ワインバーグ。ブロンズやワイヤーなどを媒体として、独自の個性溢れる抽象的な造形芸術のスタイルを確立し、彫刻という表現手段を用いて活躍しました。形や色、テクスチャーを表現する抽象的オブジェクト作品を多く残しているほか、家具や照明、時計といった製品のデザインも手がけました。





コージーアンティークは、毎週水曜日~日曜日に営業中です♪月曜日もしくは火曜日においでになりたい方は、事前に電話でご連絡頂きますよう宜しくお願い致します。


★コージーアンティークの店舗についてのご紹介

★コージーアンティークへのアクセスのご紹介




コージーアンティークのサイトにリンクしています。
随時更新していますので、是非ごらんになってくださいネ~。それでは・・・。

日記@BlogRanking

ここと

人気ブログランキング

ここに応援クリックを宜しくお願い致します!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 空が狭い・・・ | トップ | 秋なのです・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アート」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事