アキバ系ギャンブラーの賭け

ギャンブルで儲けてアニメに貢ぐという崇高(?)な目的のため、ありとあらゆるギャンブルに手を出すギャンブラーの日記

(中央競馬)今日は満足

2006-11-26 22:53:05 | Weblog
 今日はジャパンカップ。
 昨日のレースで気分は最悪ですが、済んだことは仕方ありません。しかし、大きく賭けて外してしまったので、今回は絞っていくしかありません。ということで、2強の相手はドリームパスポートの1頭に絞りました。菊花賞はレコードタイムの2着なんですから、今年の3歳馬はレベルが高いのかもしれません。追い込み馬有利な東京競馬場では、ハーツの先行策は通じにくいと見て、ディープ→ハーツの順番は固定。ここに、1,2,3着のいずれかにドリームパスポートが来る買い目としました。1,3着のいずれかなら、JCダートの負け分も一気に取り返せてお釣りが来ます。
 とはいえ、一応人気の2頭は海外開けなんですから、どちらも着外に消える可能性はあると思い、大穴馬券は買ってしまいましたが・・・。

 結果。
 ディープは、着差こそ2馬身とはいえ、完勝でした。ドリームパスポートも来たのですが、肝心のハーツクライが惨敗。2着に入っていれば大当たりだったんですけどね・・・。
 とはいえ、本当に良かったと思います。もしここで負けていれば、本当に嫌な思い出ばかりがファンの心に残ってしまうところだったでしょう。今回、金銭面では一番損をした金子オーナーの本当に嬉しそうな顔が印象的でした。池江調教師にしても、裏でオーナーからどんなことを言われたのかは分かりませんが、とりあえず少しでも汚名を返上できて、ホッとしているのではないでしょうか。

 ということで、有馬記念は大穴狙いで行きますんで・・・。ディープは中山向きではないし、ドリームパスポートが今回と同じだけ走れば、こちらが勝つと思います。今回は外に出したくても出せずに、馬場の悪い内を走っての結果ですから、中山なら・・・という好内容のレースでした。少なくとも、ディープ1着の馬券は買わないと思います。今回のことで汚名は返上できたので、引退レースくらい負けてもいいんじゃないかな・・・?
コメント

(中央競馬)あり得ない

2006-11-26 22:52:16 | Weblog
 今日はジャパンカップダート。
 難しい一戦となってしまいましたが、一応シーキングザダイヤが本命。ここまで勝ちきれないと、そうそう信用することはできないですが、それでも最低3着は守ってくれるでしょう。
 相手に選んだのはメイショウバトラー。距離に不安のある1頭ですが、芝2000mで2着gあるので、何とかなるのではないか。シリウスステークスの勝ちぶりが鮮やかだったし、GⅠも2着だったし、十分通用の余地はあると思います。
 この2頭から手広く狙いました。

 結果。
 考えられない結果となった。いったい何から書けばいいのか・・・。
 まず勝ったアロンダイト。いくら4連勝中とはいえ、まさか重賞経験もない馬がGⅠをいきなり勝つとは思いもしなかった。前走については生で見たし、確かに苦しい展開になりながら末脚鋭く伸びたので内容は良かったと思いますが、今回の単勝15倍という人気では、とても手が出るオッズではないです。時計は前走のものより5秒もいいし、決して低レベルだったのではないのですが、ちょっと考えられませんね・・・。
 2着のシーキングザダイヤ。これでGⅠ2着9回目。この馬の場合、前の馬に敵わないと少しでも思ったら走る気をなくしてしまうんでしょうか?2着3着が多い馬は過去にもいましたが、ここまで極端な馬は初めてです。とはいえ、この馬のこの結果については想定の範囲内です。
 3着フィールドルージュは、武蔵野ステークスで私の大当たりをパーにしてくれた馬ですから、一応押さえていました。しかし、今回増えていた馬体が更に増えたので、苦しいと思ったんですけどね・・・。今後は絞れていれば注意が必要だと思います。
 4着ヴァーミリアン。馬体は戻りきっていませんが、休み明けでこの内容なら合格でしょう。順調だったらこの馬が勝っていたかもしれません。
 5着のサンライズバッカス。昨年と同じ着順。この馬にとって、この距離は少し長いのでしょう。思ったより切れませんでした。
 8着のハードクリスタル。この馬の実力ならこの程度だと思います。そんなに強い馬じゃありません。
 9着のブルーコンコルド。全く想定内の結果です。この馬が2番人気だなんて、いい加減にして欲しいです。競馬ブックの予想オッズは11.8倍だったのですが、その程度が適当でしょう。1600mまでしか実績がない馬が2100mというのは無理がありすぎます。それでも、GⅠ馬としての格があるので、押さえざるを得ませんでした。今回の惨敗で、調子を崩さなければいいと思います。
 12着のメイショウバトラー。一番想定外だったのがこの馬です。いくら内枠とはいえ、まさか逃げるとは・・・。前走は早めに動いて差されたわけで、距離の不安もある今回は前走以上に控えると思ったのですが・・・。スタートが良くて勢いが付いてしまったというところかもしれませんが、これは騎手のミスと言わざるを得ないです。キングヘイローが惨敗したダービーを思い出しました。中団付近からレースを進めたけと伸びなかった・・・という内容なら納得できますが、今回の敗戦はちょっと納得できません。
 13着のフサイチリシャール。この馬に濃い印を打つような記者は、「芝の方が偉い教」に犯されていると言っても過言ではありません。前走は54kgの負担重量で楽な展開でも全く伸びなかったのです。それが今回はGⅠで、更に距離も延長。この馬がこの距離向きでないのは、芝の実績で十分に分かったと思いますが・・・。父がクロフネというだけで、ここまで過剰な期待をするのはいかがなものでしょうか。逃げたメイショウバトラーすら捕らえられないようでは、もうダートは駄目の烙印を押した方がいいかもしれません。

 同じハズレでも、納得のできるハズレと、納得のできないハズレがありますが、今回は完全に後者でした。このレースは実力のない馬が意味不明な好走をすることが多々ありますが、アロンダイトがそれに当たるかどうかは、今後を見守らないと分かりません。しかし、12月の東京大賞典については、「JCダートの結果は東京大賞典につながらない」という格言を信じて、狙っていこうと思います。しかし、今回はアジュディミツオーが休み明けになるということもあり、そう簡単ではなさそうですが・・・。
コメント

(パチスロ)耐えられなかった

2006-11-26 22:51:20 | Weblog
 この日は相変わらずツインエンジェル。

 朝一で即ボーナスを引くもREG。そして、初の天井に到達してしまいました。その天井もリプレイを先に引いてしまい、いきなり気分は最悪です。しかし、ベルの出現率が良かったので、もう少し様子を見ることに・・・。
 すると、すぐに赤7が出現。そして、1回目のエンジェルタイム中に再び赤7を引き、あっさりと歌も聴けました。その後は、1000G以上のハマリが嘘のようにコンスタントに当たりを引き、更にエンジェルタイム中にボーナスが次々と当選。何度も歌を聴けて、どんどんモチベーションが上がっていくのでした・・・。

 何とかチャラになったかな?というあたりで、やや遅めの食事に行ったのですが、ここで予想外の落とし穴が待っていました。

 食事休憩終了後、30分くらい経過して、なんだかお腹の調子が悪いな・・・なんて思っていたら、だんだん苦しくなってきました。そして、徐々に吐き気まで感じるようになり、ついにホールのトイレで吐きました。
 以前も(家にいた時ですが)似たようなことがあり、その時は吐いたら楽になったのですが、この日は何度吐いても楽にならず、下痢も伴って苦しさはピークに・・・。100Gごとくらいに席を立ち、車に戻って少し休憩したり、トイレで吐いたりしていたんですが、一向に体調は戻る気配がありませんでした。

 その間の展開はほとんど覚えていないのですが、ベルの出現率は引き続き良好で、更に設定判断に有効な単7(小役同時成立ではないBIG)が何度か出現しました。エンジェルタイムの引きが悪かったのですが、設定推測ではあまり悪くないという雰囲気で、普通なら続けるところでした。

 しかし、午後4時半頃、苦しさはピークに達し、続行を断念(結果はマイナス600枚くらい)。カーナビで近所の内科を検索し、飛び込んだのでした。幸いにもすぐに看てくれて、抗生物質と栄養剤を点滴してもらった(1時間以上寝てたので退屈だった・・・)ら、かなり楽になったので、1週間分の薬をもらって、無事家に帰れました。食中毒かとも思ったのですが、お医者さんが言うには風邪の一種で、最近流行っているということです。ただ、その夜は下痢ラッシュに襲われ、夜中に軽く10回以上目が覚めましたが・・・。

 ということで、どんなにいい台をつかもうと、病気には勝てないということを身をもって知りました。今回の台についても、後で自作した設定判別プログラム(エクセルで作ったもので、そんなに偉そうに言うほどのものではない)で調べてみると、設定5以上の可能性は70%。2以下の確率は10%未満ということでした。やはり続行が正解だったということで、不本意にも途中ヤメになったことは本当に残念です。

 なお、その翌日も休みだったし、夜中に頻繁に目が覚めた割には体調もだいぶ良くなったので、打ちに行ったのですが、体力が落ちていて、粘る元気が出ませんでした。風邪を引くとこうなってしまうので困ります。


 写真は、葵の部活動演出「ど真ん中いただきます」の復活パターン。神無月家に伝わる伝説の弓なんでしょうか?なら、最初からそれでやれよ(怒)。
コメント

(アキバ系)本命はこっちか?

2006-11-22 19:35:49 | Weblog
 さて、11月27日付けのオリコンウイークリーチャートが発表されましたが、声優の水樹奈々は、見事4位にランクインしました。
 しかも、今回はゲームタイアップ。それで2.3万枚の初動となり、あの長渕剛の初登場作品とわずか500枚弱の差でした。

 今回、デイリー最高位は5位で、常に彼女を上回っていた曲を抜いてしまいました。これこそアニメイト効果なんでしょうが、それなら先週のネギま!?が振るわなかった理由が分からなくなります・・・。

 しかし、ゲームのタイアップという、宣伝力に劣るタイアップ曲でこの内容は本当に立派です。実際、私もこの歌一度も聴いたことありませんし・・・。

 次の作品は、自身で声優初の2位を記録した「魔法少女リリカルなのは」の第3期シリーズの主題歌になると思われます。今度こそ、相手次第では声優初の1位も狙えるでしょう。声優ファンの夢を叶えるのは、ネギまでもなく、涼宮ハルヒでもなく、彼女なんでしょうか?改めて期待します。

 なお、涼宮ハルヒ御一行は、今日のデイリーチャートで、初登場14位となりました。今回はアニメではなく、ラジオ番組の主題歌ですから、これで十分でしょう。この位置をキープできれば、ベストテン入りは可能ではないでしょうか。
コメント

(アキバ系)あれ?

2006-11-22 19:18:49 | Weblog
 ネギま!?の地上デジタル放送を見てみました。とはいえ、放送時間までに帰れなかったので、デジタル高画質録画で録画たビデオで見たのですが・・・。

 横が切れてるなあ・・・。なんで?

 AT-Xの放送は、上下が黒くなっているので、16:9で作られているのは間違いないと思いますが・・・。
 しかし、なぜか字幕放送対応ということで、しかも高画質で撮ったおかげで確認できました(他の画質でも出るかどうかは分からない)。キャラのセリフが一言一句残さず文字になっているので少し驚きました。

 きっと、まだ本放送じゃないからだな。うん、そういうことにしよう・・・。
コメント

(アキバ系)これは参ったなあ・・・

2006-11-21 19:19:35 | Weblog
 岡山でも12月から地上デジタル放送がスタートしますが、それに先駆けて、各局が試験電波を出しています。

 ということで、今日初めてチェックしてみましたが、本当に地上波とは思えないほどの綺麗さ。本放送が本当に楽しみです。

 そんな中、私の大問題はアニメです。私の持っているDVDレコーダーは、地上デジタル放送も受信及び録画できますが、コピーワンスがかかるため、色々と面倒が起こります。従って、地上波については当分アナログでいいかな・・・なんて思っていました。

 今日までは・・・。

 6時半前に、色々チャンネルを回していたのですが、テレビせとうちを選ぶと、ディー・グレイマンというアニメをやっていました。

 両端が切れてないじゃん・・・。

 デジタル放送の場合、4:3画面で撮影された映像については、両端が切れたような映像が映ります。ハイビジョンカメラではない普通のカメラで撮影された映像などは、全てこのようになります。岡山のローカルニュースの場合も、現時点では、NHKとOHK以外は両端が切れていました(中継映像などは、ほぼ全て両端が切れている)。
 しかし、ディー・グレイマンは、両端が切れていないのです。
 まさかと思い、隣の部屋のテレビを付けてみました。すると、キャラクターの手が、アナログ放送では左の端で切れているのに、デジタル放送では、手は切れておらず、左手はまだ余裕がありました。

 16:9映像のアニメは、地上デジタルではきっちり16:9で放送されるのか・・・。初めて知った・・・。

 オリコンで話題に挙げた「ネギま!?」については、実は16:9映像で作られていて、アナログ放送では両端を切って放送しているということに、つい先日気づいたのです。ついでに、この作品については、地上波アナログより画質がいいスカパーのAT-Xで見ていたのですが・・・。
 地上デジタルと比較したら、地上デジタルの方が綺麗なのは間違いありません。しかも16:9なんですから・・・。4:3の放送であるスカパーについては、上下が黒くなった映像で放送しているのですから、画面の大きさを生かせません。それが、地上デジタルなら画面いっぱいに絵が映し出され、それでノイズもなく、色も綺麗なんですから、その魅力は非常に大きいです。

 しかし、先ほどのコピーワンス問題があるし、更にハイビジョン映像をそのまま録画すると、ハードディスクの容量がすぐになくなってしまいます。ハイビジョン映像を、画質を落として保存しておくとしても、一度ハイビジョン映像で録画した映像を、DVDなどに保存できるレベルまで落とすには、録画時間と同じだけの時間が必要で、その間は他の映像を見たり、録画したりすることができません。

 とはいえ、この16:9の高画質を捨て置くわけにはいけないので、対策を考えたいと思います。
コメント

(中央競馬)今週も合格

2006-11-21 18:58:28 | Weblog
 週単位では連勝中の中央競馬ですが・・・。

 土曜日は、今までの好調がウソのように泣かず飛ばずで全敗。
 そして日曜日も、最初の方は散々だったのですが、結果をいい加減に調べた後、マイルチャンピオンシップの馬券を買うと、なんか残高が妙に多いんですが・・・。
 はい、東京の10レースが当たっていました。1万円ソコソコの配当ですが、300円くらい買っていたので一気に取り戻し、マイルチャンピオンシップを買う前で考えればその時点では土曜日も含めてプラスでした。
 更に、東京の11Rでは、人気薄の30倍台の馬が差のない2番手評価だったので、思い切ってこの馬から狙ったら、何と勝ってしまいました。しかし、マルチで買っていたので2,3着のうち1頭まで手が届かず・・・。頭固定なら買えていましたが、2番手評価の馬を頭固定で買うのはちょっと考えられないので、まあ仕方ないです。しかし、80万馬券とは・・・。

 そしてマイルチャンピオンシップですが、ダイワメジャーを頭に据えるも、大穴狙いだったので大ハズレ。予想通りダンスインザムードが伸びなければ当たっていたんですが・・・。まあ仕方ありません。

 ということで、今週はさすがに赤字でした。しかし、東京10、11レースのマイニング予想はお見事で、合格と言ってもいいでしょう。今週も期待したいと思います。JC、JCダートは自分で予想しますが・・・。
コメント

(アキバ系)何と言えばいいのか・・・

2006-11-15 21:34:19 | Weblog
 久々のオリコンネタです。

 秋の新番組の主題歌が、続々とランクインしていますが、アニメソングについては、春ほどの躍進は今回あまり見られません。
 堀江由衣がリーダーを努めるAice5の曲で、「乙女はお姉様(ボク)に恋してる」の主題歌、「Love Power」が、強敵が多い週に発売された影響で初登場13位に甘んじたものの、枚数に関しては1.7万枚と、U局系深夜アニメとしては大健闘といえる数字を記録。その後も、20位、26位と上位に踏みとどまっています。

 そんな中、大注目のアニメソングが11月8日に発売されました。アニメ「ネギま!?」の主題歌で、出演声優の4人が歌う「1000%SPARKING!」です。

 前作のアニメ「魔法先生ネギま!」の主題歌で、歌う声優を変えて7枚もリリースされた「ハッピー☆マテリアル」は、毎回毎回オリコンの上位を賑わしました(以前、全てが5位以内・・・と書きましたが、これは間違いでした。すみません。)。その新作ということで、相手次第ではついに念願の1位獲得まで期待されました。

 しかし、発表された11月20日付オリコンウィークリーでは、順位は7位にとどまりました。しかも、枚数は1.6万枚にも届いていません。今回の1位(モー娘。)は4.1万枚弱というレベルで、「ハッピー☆マテリアル」のレベルの売り上げなら、或いは1位もあり得たというほど、今回のオリコンは低レベルだったのですが、売り上げは全く伸びませんでした(それでも、声優でオリコン7位なら立派なんですが・・・)。

 この件に関し、思うことは2つあります。
 まずは、今回売り上げが伸びなかった原因です。以前、このブログで「ネギま!?」について書いたことがありますが、その内容が予想以上の反感を買ったのではないでしょうか?また、肝心の歌についても、テレビで流されたのはサビ以外セリフが延々と流れるというものでした。本当は、サビ以外の部分にも歌は付いているのですが、それが放送で流されることは、少なくともCD発売までには1度もありませんでした。私も実はこのCD買いましたが、もしかしてサビ以外歌はないんじゃないかと思ったくらいです。製作者側としては、意表を突いたのかもしれませんが、これが裏目に出たのかもしれません。

 もう一つは、今回の売り上げの数字についてです。
 オリコンでは、デイリーランキングも発表していますが、この曲の順位推移は8,6,7,9,12,14位と推移しました。しかし、このデイリーチャートには、アニメイト、ゲーマーズといった、アニメグッズ販売店での売り上げが計上されていないらしく、それらが計上されてくるのがウィークリーチャートからということで、そのせいでデイリーチャートで20位に一度も入らなかった曲が、ウィークリーでは7位にランクインしたことがありました。このような現象を、「アニメイト効果」などと呼ばれているようです。
 ということで、デイリーチャートが先ほどのような状況なら、普通に考えても5位以内は堅く、或いは史上最高位の2位まであり得るのではと考えられていましたが、結果は7位ということで、初日より1ランクアップしただけにとどまってしまいました。
 今回のジャケットについても、声優の顔写真などは全くなく、メインヒロインである神楽坂明日菜に、主人公のネギ・スプリングフィールド、後は歌のメンバーに加わっている近衛木乃香、桜崎刹那がジャケットを飾っているわけで、一般のレコード店で購入するのは少し恥ずかしいデザインです。従って、アニメ専門店でかなり購入されたと思うのです。Aice5の場合は、アニメ専門店の売り上げで1万枚以上上乗せがあったと推測されており、今回同程度の上乗せがあったとすれば、少なくとも2万枚~3万枚程度の売り上げはあったと予想できるのですが、実際は1.6万枚未満でした。
 もし、デイリーチャートが全て20位程度という結果なら、今回の結果も納得がいったのですが、今回のあまりに「アニメイト効果」が表れていないというのは、いったいどういうことなんでしょうか?普通に考えれば、アニメ専門店での売り上げが散々な結果だったということなんでしょうが、それなら一般の店舗の売り上げであると考えられるデイリーチャートで上位に入った理由が説明できません。そう考えると、今回から実はアニメ専門店の売り上げも、デイリーチャートに入っていたか、或いは(うがった考え方をすると)、何らかの理由で、今回はアニメ専門店の売り上げが、ウィークリーチャートに反映されなかったのではないかと思うのですが・・・。
 現実的に、一番考えられるのは、集計方法が違うってことでしょうか?1.6万枚という数字の信憑性について、頭から疑うわけではないのですが、腑に落ちないという気持ちは捨て切れません。

 個人的な感想を言うと・・・。
 セリフ演出は私もどうかと思いますが、歌としての出来は決して悪くないと思います。印象に残るオープニングについても、過去の新房監督作品である「月詠」「ぱにぽにだっしゅ!」に負けないインパクトがあると思います。少なくとも、売り上げが半分以下になるほどひどい曲だとはとても思えません。
 ただ、「ネギま!?」という作品全体として考えると、少々物足りなさを感じています。前作は、本当に1話を見ただけでDVDの購入を決めましたが、今回は5話くらいまで見ても、まだ踏ん切りがつかないです。別にネギまに対して、あるべき姿というものを自分の中で持っているわけではないのですが、何か違うなあというものを感じているのも事実です。
 アニメソングの場合は、いくら曲が良かろうと、作品の人気が大きく売り上げに影響する事は言うまでもありません。そういう意味では、その点が受け入れられなかったのかなという気もします。

 ということで、今後もネギま関係のCDは出ると思いますが、声優初のオリコンウィークリー1位は、かなり遠ざかったように思います。やはり涼宮ハルヒに期待するしか・・・。

 おまけ。
 今日は今週の新曲がデイリーチャートに登場していますが、声優の水樹奈々が5位に入っています。実はアニメソングではなく、プレステのゲームの主題歌ということなんですが、デイリーで5位とは、素晴らしいスタートと言っていいでしょう。上位進出を期待したいですが、彼女は声優としては最高位である2位を獲得したことがあるし、1位はいくらアニメイト効果があっても無理でしょう(ミスチルの新曲があるから)。とはいえ、4度目のベストテン入り、2度目のベスト5入りを果たして欲しいと思います。
コメント

(中央競馬)ある意味良かった・・・

2006-11-15 21:33:43 | Weblog
 今日はエリザベス女王杯。
 古馬のスイープトウショウと3歳馬のカワカミプリンセス。どちらも、牝馬としては能力が一歩も二歩も抜けている感じ。ということで、この2頭が軸。
 この2頭の馬連は4倍程度と、予想以上に高く(2倍程度と想定していた)、これなら表裏を買うという手もあったのですが、やはり宝塚記念を勝つような牝馬はそう何度も出てくることはないだろうということで、スイープトウショウ1着、カワカミプリンセス2着に固定するという、強気の予想で行きました。ただ、押さえとして、3番手最有力はディアデラノビアだと思っていたので、この馬を加えた3頭ボックスだけは買いました。

 結果。
 カワカミプリンセスは内を突き、力強く抜け出して1着。スイープトウショウは伸び一息も、何とか3着を確保。その内から一緒に伸びて2着に入ったのが、ディアデラノビアだと思っていたので、何とか押さえで的中したと思っていました。
 しかし、映りの悪いカーテレビで見ていたため、番号や帽子の色などがよく見えていなかったため、見間違いをしていたのです。気づいたのは実況が「2着はどうやらフサイチパンドラ」と言ったときで、この時点ではショック大でした。ディアデラノビアは4着でした。フサイチパンドラもそれなりに評価していたため、こちらを買うべきだったかなあ・・・という感じです。

 すると、レースは審議になりました。フサイチパンドラが降着になったら、馬券は(押さえだけど)当たるんだけどなあ・・・という感じですが、スローVTRを見ると、どうやら審議の対象は1位入線のカワカミプリンセスのようです。その時、フサイチパンドラは外を回っており、とても審議に関係しているようには見えません。残念・・・。

 と思っていたら、審議は15分間に及び、フジ系の競馬中継は、検量室内を映していましたが、場内に審議放送が入る前に、本田騎手が勝負服を脱ぎだしたり(優勝した場合は表彰式があるため、勝負服を脱ぐはずがない)、調教師が指でバツを作ったり、更に着順を書くホワイトボードの1着16番のところから、赤で右の方に矢印が書かれたりと、明らかに降着であることを示す出来事が次々に映し出されました。その後、場内審議放送がかかり、どよめきの中、カワカミプリンセスの1着降着が放送されたのでした。

 1着馬の降着ということで、当たり馬券をパーにされた人も多かったでしょう。しかし、抗議などのトラブルは、予想以上に少なかったようです。翌日のスポーツ紙を見ても、「降着は仕方ない」というニュアンスの記事が多かったように思います。もし、降着にしようかどうしようか・・・という感じだったとしたら、無敗でGⅠ制覇ということもあり、温情がはたらいたのではないかと思います。それで降着になったということは、明らかに進路妨害だったということでしょう。また、JRAはパトロールビデオをすぐにホームページ上で公開しました。しかも、いつもなら1方向からの映像を流すだけなのですが、今回は反響の大きさを考えてか、2方向からの映像を流していました。以前なら抗議の電話が殺到していたと思いますが、それがあまりなかったのも、パトロールビデオのおかげではないかと思います。

 私はというと、とりあえず当たらなくて良かったと思います。もし最初に勘違いしたとおりに決まっていたなら、払い戻し見込みは12万円くらいでした。それがパーになって大きなショックを受けるくらいなら、当たらなくて良かったと思います。また、今回棚ぼたで当たり馬券となった組み合わせですが、いくらスイープトウショウ本命だったとはいえ、カワカミプリンセスが3着を外すとは考えにくかったし、現にレース内容だけ見れば、そんな馬券買う必要なかったということが証明されたと思います。今回のような想定外のトラブルまで想定して当てることはできませんので、「スイープ軸のマルチ馬券を買っていれば・・・」なんて思いは、全くありません。

 ということで、GⅠはまたまた外れてしまいましたが、前日の福島記念の当たりがあるので、僅かならが今週も黒字でした。しかし、そろそろGⅠを当てたいところです。来週は、大混戦となるところ、昨年2着で今年の天皇賞を勝ったばかりのダイワメジャーが出るため、堅い頭になるのではないかと思います。
コメント

(中央競馬)今週も・・・

2006-11-15 21:33:04 | Weblog
 データマイニングの絶好調ぶりは、今週土曜日も止まりませんでした。

 この日は調子に乗って9レースから開始。いきなり東京9レースが、データマイニング予想の2,1,3着予想で決着。とはいえ、1,4,3番人気だったので、3連単でも73倍にとどまりましたが、2400円しか賭けていないので上々の滑り出しです。
 10レースは全部ハズレ(福島はデータマイニング抜きで、難波君の単勝1点勝負でしたが、悔しい首差2着)。そしてメインレース。福島は見ることが出来ず、先に東京のメインである京王杯2歳ステークスを見ました。このレースについては、6番人気のマイネルフォーグを1着予想としていたため、この馬を軸に3連単マルチで購入。すると、見事にこの馬は2着に入線。しかし、残念ながら残りの2頭はどちらも圏外予想だったため、的中には至りませんでした。それを確認した後、福島のメインレース福島記念を確認したのですが・・・。

 1,2,3着予想の馬は、見事に1,2,3着でした。

 予想時計についても、この3頭が抜けていました。そこで、この3頭を軸に手広く流した後、この3頭についてもボックスをかけていました。
 人気は4,2,1番人気の順なんですが、人気が割れていたおかげで3連単は18,830円となかなかの好配当。しかも、ボックス分があるので、払い戻しは10万円を超えました。

 その後、京都のメインも見ましたが、1着予想が3番人気、2着予想が7番人気だったのに、その2頭の着順は1,3着。2着が抜けたので外れましたが、2着馬は10番人気ながら評価は6着だったため、マルチで買うのが正解だったかと少し悔やみました(結果は10万馬券)。それにしても、データマイニングの好調ぶりには驚かされるばかりです。

 まあ、私の好調ぶりはデータマイニングのおかげなんですが(地方競馬はデータマイニングでは買えないので、私の力(?)なんですが)、私としてはどのように買うかの判断を誤らないようにしたいと思います。

 でも、GⅠは参考程度にしかしません。エリザベス女王杯についても、データマイニングの予想は私の予想と全然違うので、自分の予想で買おうと思っています。
コメント