アキバ系ギャンブラーの賭け

ギャンブルで儲けてアニメに貢ぐという崇高(?)な目的のため、ありとあらゆるギャンブルに手を出すギャンブラーの日記

(中央競馬)結局のところ・・・

2010-06-28 22:26:39 | 中央競馬
 宝塚記念の結果・・・。

 勝った馬については、特に何も言うことはありません。

 ブエナビスタ。強い馬だと思いますが、どうも詰めが甘いですね・・・。
 思い起こせば、エリザベス女王杯で行った行ったを喰らってしまい、主戦のアンカツが乗り替えられてしまったのですが、先行してもこのように差されてしまうのでは、結局のところアンカツの取った方法が最適ということではないでしょうか。
 今回も、控えていれば勝っていたように思います。結果論と言われるかもしれませんが、今回は先行馬がそれなりにおり、極端なスローペースになる可能性は低かったことを考えると、後方からの競馬で良かったのではないかと思います。

 まあ、3着にいらないと思ったアーネストリーが粘ってしまい、仮にナカヤマフェスタがいなかったとしても、当たってはいないのですが・・・。
コメント

(中央競馬)直前予想

2010-06-27 15:02:04 | 中央競馬
宝塚記念は、馬場がやや重まで回復して時計も出ているようなので、波乱の要素は少ないと見ました。

ということで、本命はブエナビスタ。これはもうレベルが違いすぎるでしょう。よほどのことがない限り負けないと思います。
2番手筆頭はドリームジャーニー。それなりに仕上がっているようだし、格の違いを見せつけてほしいものです。一応1着でも買います。しかし、不安もあるのでジャガーメイル、フォゲッタブルあたりは押さえておこうと思います。3着も、人気サイドを買いますが、こちらは穴目も押さえます。とはいえ、とても圏内とは思えないメンバーもおり、無理はしません。3,6,12くらいでしょうか。

人気馬のなかでは、アーネストリーを低く見ます。金鯱賞組はあまり頼りにならないし、内枠なのでハナを切らされそうなのがマイナスです。

自信はそんなにありませんが、今週はパチンコで負けたんで・・・。
コメント

(パチンコ)間違ってますよ

2010-06-23 22:40:45 | パチンコ
 昔、「ドラえもん」のことを、「ドラエモン」とか「ドラエもん」とか書かれると、なんだか安っぽい偽物のように感じたことがある方も多いのではないでしょうか。
 パチンコでアニメや漫画のタイアップが増えていますが、それに伴い、パチ屋の記載ミスも多くなっています。今日は、いくつか紹介したいと思います。

 「新世紀エヴァンゲリオン」の略称を、「エヴァン」や「エバ」

 最近はさすがに減りましたが、パチンコが導入された当初は、この記載が結構ありました。「エバ」は論外ですが、「エヴァン」と書いてしまうのは仕方ないですね。

 「イタズラなKiss」を「いたずらなKiss」

 イタズラをひらがなで書かれると、なんか下品になったような気がしますね。

 「舞-HiME」を「舞-HIME」や「舞-Hime」

 これは間違っている方が多いくらいです。まあ、気持ちは分からなくもないです。ちなみに、「HiME」はHighly-advanced Materializing Equipmentの略語ということになっているので、Hi・M・Eとなり、「i」だけが小文字なのです。

 「釣りバカ日誌」を「釣りバカ日記」

 先日来たメールに書いてあって驚きました。20代前半くらいの若い店員が書いたのでしょうか。こんな間違い、さすがの私もしたことがありませんよ・・・。


 とはいえ、かく言う私も、ずっと「怪盗天使」だと思って疑いませんでしたから、偉そうなことは言えないんですが・・・。
 しかし、作品のタイトルは、ちゃんと色々な意味がある上で名づけられているんですから、なるべく間違えないようにしていただきたいと思います。
コメント

(パチスロ)赤っ恥

2010-06-22 20:29:53 | パチスロ
 グラヴィオンは、どうもロデオではなくビスティから出るようです。

 見間違えたのでしょうか。それとも、見た記事が間違えていたのでしょうか。どうも申し訳ありません。

 ビスティはエヴァンゲリオンのイメージが強すぎるですが、それでも萌えスロと呼ばれるものはなかったように思います。ただ、そのエヴァ以外はどうもイマイチな機種が多いため、あまり導入されないかもしれませんね・・・。

 なお、ビスティはグラヴィオン以外に、アニメ「アベノ橋魔法☆商店街」のタイアップ機種も用意されているようです。これは、いかにもガイナックスとの付き合いで買ったような感じですね(笑)。一応全部見ましたが、いったいどんなパチスロになるのでしょう。
 声優は松岡由貴、久川綾、小山力也など、結構いいメンバーが参加しているのですが、確か主人公はサエキトモですよね・・・。病気になった関係で仕事がめっきり減って、今は名前を全くお見かけしませんが、参加されるのでしょうか・・・。



アベノ橋魔法☆商店街 Vol.1 [DVD]

キングレコード

このアイテムの詳細を見る
コメント

(パチスロ)ロデオ初の・・・?

2010-06-21 21:50:49 | パチスロ
 ロデオと言えば、サミーの子会社ながらも、サミーのパチスロとは一線を画した独特の雰囲気を持ったパチスロを作り続けている会社です。最近は勢いが衰えたのかと思いきや、今年登場した新鬼武者が大人気機種となり、一気に盛り返してきました。
 そんな中、ロデオの次(次の次かも)の機種として名前が挙がってきたのが、アニメタイアップ「超獣神グラヴィオン」です。

 「超獣神グラヴィオン」は、形としては「熱血ロボットアニメ」です。内容はいたって大真面目です。しかし、外見は完全な「萌えアニメ」です。先日パチンコになった「神魂合体ゴーダンナー」は、どちらかと言えば「萌え」より「エロ」の方が濃い作品でしたが、こちらは完全に「萌え」です。

 メインとなるロボット「グラヴィオン」は、6人のパイロットによって操縦(?)されるのですが、その六人の性別比が2:4で女性の方が多く、その4人の女性はロリ系、無口系、アダルト系、メイド(笑)と多彩。しかも、このグラヴィオン側の基地にあたる「サンジェルマン城」で情報収集などにあたるオペレーターの多くが「メイド」なのです。

 ついでに声優についても、パイロットの4人は池澤春菜、桑島法子、浅川悠、中原麻衣と、少し抑えめ(?)のキャスティングなんですが、メイドの方は高橋美佳子、水樹奈々、釘宮理恵、桃井はるこなど、いろんな意味で超豪華(笑)。パチスロでも、この全員が登場するのかどうか、心配してしまうくらいです。

 話は戻りますが、こんなタイアップをロデオが行うことについて、本当に驚いています。ツインエンジェルのサミーや、或いはアニメタイアップの多いタイヨーエレック(セガサミーグループ)あたりが出すのなら何の疑問もありませんが、どうしてロデオなんでしょう?

 しかし、逆にロデオがこんなパチスロを出すのなら、果たしてどんな台に仕上がるのかという期待も同時に持てます。なかなかパチスロを打つ時間はないかもしれません(実際、初打ちで快勝できた新鬼武者は、あれ以来1回も打ってないです)が、何とか機会を見つけて打ってみたいと思います。


 一方、我らが岡山の山佐も、まともな萌えスロは出したことなく(マジカルポップスは違うでしょ(笑))、果たしてどうかと思っていたら、携帯サイトで「スマイル☆シューター」なる企画が進行中。今のところはスロと関係ないようですが、そんなスロとは全く関係ない企画を行う意味は全くなく、将来のスロ化が期待できそうです。
 その際は、決して声優をケチらないようにお願いします。まあ、「燃えよ!功夫淑女」の主人公チーパオの声にこおろぎさとみ、他にも水島裕、青野武、石丸博也、山崎たくみなど、渋いところで豪華声優を起用している山佐のことなので、その辺は大丈夫だと思いたいです。

超重神グラヴィオンDVD-BOX

メディアファクトリー

このアイテムの詳細を見る
コメント

(中央競馬)やっと応えてくれた

2010-06-15 23:12:50 | 中央競馬
 で、その競馬の話・・・。

 この日の重賞は障害しかなかったのですが、とりあえずメインレースだけ買うことにしました。

 京都の方は、データマイニングで岡山出身の古川君が1着予想。この馬を頭固定して8頭流しました。すると、中団から徐々に上がっていき、前を追い詰めます。しかし、勢いはあまりなく、直線途中ではもう諦めていました。結果はクビ差でした。1,3着馬はどちらも買っており、抜いていれば8万馬券でした。

 そして東京。こちらは、良馬場なのを確認して、牝馬ラヴェリータを狙いました。今年牡馬相手に地方交流重賞を勝っており、今回のオープン特別メンバーなら実績上位です。牝馬ながら56kg背負わされており、それで人気が控えめになっているので、こちらも1着固定で勝負です。同じく相手は8頭選びました。
 直線は1番人気のマチカネニホンバレと叩きあい。粘られかけましたが、最後はこれを競り落として1着。2着は1番人気だったわけですが、3着も7番人気とそれなりの馬が来てくれたおかげで8万馬券。今年は10万馬券がまだ当たっていないので、多分今年の最高記録だと思います。久々にまともな馬券が当たったので、パチンコの収支がどうでも良くなるほど嬉しいです(笑)。

 ラヴェリータはフェブラリーステークスなどでも狙っていましたが全く走ってくれず、地方専用なのかと心配しましたが、中央でも力があることを見せてくれたので本当に嬉しいです。更に大きいところを狙ってほしいと思います。
コメント

(パチンコ)一人でも気楽に・・・

2010-06-15 22:23:48 | パチンコ
 この日は一人打ちでした。

 新台のスーパーマンでも打とうかと思うものの、一人打ちだし貯玉の範囲以上は打ちたくないところ。しかし、それでは当たらず終了する確率が50%を遥かにオーバーしており、どうしようかと思ったところ、またまた天上のランプマスターに天上の台を発見。そして着席して3回転で、何と出玉ありの大当たりを引いてしまい、ある意味天上を無駄にしてしまいました。
 これが堅実に連チャンを重ね、4箱半の出玉を叩きだしたところで、天上後わずか1回目の当たりで時短を抜けてしまい、時短後の天上チャレンジも失敗。これでこの台を打つ理由がなくなってしまいました。

 そこでスーパーマンを見ると、1台空いていました。ここは出玉を持って移動しました。
 仮面ライダーMAXライクなスペックで、潜伏確変の判定もできません。すると、打ち始めて100回転程度でモード移行発生。レベル1だったし、どうせ小当たりだろうと思ったその3回転後、いかにも当たりそうな予告と、いかにも当たりそうなリーチになり、あっさり当たったのでした。
 これが最初から11ラウンドで連チャンは7回と平均的な結果。とりあえずは一安心です。

 しかし、一箱二箱と飲まれ、小当たり(多分)は来るものの当たりそうな気配もありませんでした。そんな中・・・。

 競馬が久々の大当たり!!

 こうなると、ハマリが全くつらくなくなりました。

 そして・・・。

 移動する前の出玉も含め、全てなくなりましたとさ(笑)。


 最近はずっとパチンコの調子が良かったのですが、競馬が当たった途端にこれですか・・・。まあ、ギャンブル性の高い台だけに仕方ないのですが・・・。


 感想ですが、それでもまあまあ面白かったです。時短消化スピードが速いのは本当だし、通常時もまあそれなりという感じです。とはいえ、ギャンブル性が高すぎて、あまり打ちたくない台なのは間違いないですが・・・。
コメント

(中央競馬)当たる気せず

2010-06-06 18:33:22 | 中央競馬
 今日は安田記念でした。

 最初は香港馬フェローシップから総流しでもしようかと思っていたら、前日のグリーンチャンネルで「腹が巻き上がり気味」とのコメント。馬体重は、前走馬体重はレースの2日前だったということを考慮しても減りすぎで、今日のテレビでも解説が同じコメント。これはさすがに評価を下げました。

 もまれ弱いのに最内を引き、更に前走実績としてアテにならないマイラーズカップを勝って1番人気になっているリーチザクラウンは完全に無視し、前で競馬で来そうなスマイルジャックやキャプテントゥーレ、フェローシップ以外の外国馬などを狙ってみました。

 結果。
 ショウワモダンは一応買っていましたが1着では買っておらず、更にスーパーホーネットはあまりに臨戦過程がイマイチだったので、やはり全く買っていませんでした。まあこれは当たりません。


 ついでに、ユニコーンステークスは兵庫チャンピオンシップ組を信頼したら痛恨の1着3着。もう当たる気がしませんね・・・。

 これで、宝塚記念を残して中央のGⅠシリーズは終了しました。なんかホッとしてます(笑)。
コメント

(パチンコ)釣り日記

2010-06-03 20:28:38 | Weblog
 解説を書いてからだいぶ間が開きましたが、「男のマグロ一本釣りM2」の実践記です。一人打ちです。

 (回転数)3 B(ロング開放) 単(大当たり1回で終了)

 わずか3回転でロング開放を引いた上に一発で大当たり。絶好のスタートですが、残念ながら単発でした。

 41 R(ショート開放) 2連
 60 R 空振り  10 B 単
  1 R 空振り  22 R 3連
 31 B ハズレ  13 R 3連
  9 R 空振り 26 R 空振り 15 B ハズレ 70 R 空振り 10 B 単

 ショボい連チャンが続いた後、4回のチャレンジをスカって、やっと当たったものが単発。一番危ない場面でした。

  6 B 2連
 22 R 空振り 1 B 3連
 47 R 空振り 20 R 空振り 53 B 2連
  6 R 単
 67 B 2連
 32 R 8連

 早い連チャンが続いて、最後にとどめの8連。一気に出玉を増やしました。

 73 R 空振り 7 R ハズレ 6 B ハズレ 1 R 単
 15 R 空振り 10 B ハズレ 60 R 空振り 16 B 単
  9 R 3連
 13 B 2連
 26 R 空振り 14 B 単
 11 B ハズレ 29 R 空振り 52 R 4連
  7 R ハズレ 24 R 空振り 26 B 4連
 38 R 空振り 27 B ハズレ 87 B ハズレ 12 R 単
 21 B 6連
 15 B ハズレ 39 B ハズレ 29 R ハズレ 10 B 2連
 12 R 空振り 57 B ハズレ 37 ヤメ

 その後は、あまり連チャンが伸びないもののハマリらしいハマリもほとんどなく、スペックを考えれば十分満足できる結果で終わることができました。

通常時回転数 1345回転
大当たり回数 53回
初当たり回数 20回
ロング開放  22回
ショート開放 28回
うち、入賞  12回

差玉 +11316発
イン  17834(アウト-差玉)
アウト 29150(大当たり×550)


 ロング、ショートともに確率を大幅に上回っていて、マグロバトルの勝率も若干確率を上回っているのですから、まあ勝って当然という内容です。回転数は、大当たり出玉が550個だったと仮定すると、回転率は19回弱とイマイチでした。勝てて良かったです。
 しかし、1日中打ったはずなのにショボい回転数です。大当たり中が結構長いということでしょうか。止め打ちをしていれば、余計に長くなります。


 で、感想。

 面白い!!
 
 リーチはあっさりしているものが多いですが、熱いものは熱いし、何しろショート開放も含めれば37分の1です。この日は1回も100回ハマりませんでした。そして、そのショート開放が興奮するのです。一瞬の開放で玉が飛び込んだ瞬間は、何事にも変えられない喜びがあります。
 1日飽きずに楽しめたし、その後も何度も打ってしまうくらい気に入ってしまいました。

 一方・・・。
 打っている時に、オヤジの声が内海賢治だということは分かりましたが、双子姉妹については分かりませんでした。公式ホームページにちゃんと載っていましたが、何と松岡由貴と後藤邑子でした。

 「鶴屋さんと朝比奈みくるかよっ!」

 一方、内海賢治と松岡由貴は、「ぷりぷりユーシィ」という作品で、親子関係で共演しています(下のアフィリエイト画像の右側のキャラが、松岡由貴が演じたグレンダです)。

 こんな、とても売れたように見えない上に、そもそも萌えを売りにしていないパチンコでも声優名を公表しているのに、いまだに声優名を公表しないパチンコがある理由が分からないです。

 でも、双子姉妹はなかなか・・・。二人とも良く似ているのですが、血液型が違います。ということは二卵性・・・?

ぷちぷり*ユーシィ Carat.2 [DVD]

パイオニアLDC

このアイテムの詳細を見る
コメント

(アキバ系)蓋を開ければ

2010-06-02 22:31:19 | アキバ系
 先日、貢献の危機について書いたばかりですが、蓋を開ければ購入予定が着々と増えています。きっかけは、先日楽天が行ったポイントセールで、私が勘違いしていなければ、購入額の10%以上がポイント還元されるため、勢いに任せてどんどん買ってしまいました。

 ○けいおん!!
 ○恋姫無双~乙女大乱~

 1期を購入していた作品については、基本的に特に考えもせず2期以降を継続して購入しています。それぞれ1話くらいまでしか見ていないですが、とりあえずは期待通りだったので、買い続けても大丈夫かなと思っています。

 ○迷い猫オーバーラン!

 「にゃんこい!」「おまもりひまり(結局買うことに)」に引き続き、またまた猫がテーマの作品を買うことにしました。別に猫好きということはないのですが・・・。絵の感じや、まったりした雰囲気、伊藤かな恵のマシンガントーク(?)なども魅力ですが、一番魅力的なのはオープニングの曲です(笑)。
 5話くらいで、画質がえらく崩れたのが少し気になりますが、まあ許します。

 ○会長はメイド様!

 以前買った「S・A(スペシャル・エー)」と近い雰囲気を持っていますが、こういう作品は大好きです。主人公の美咲は可愛いしカッコいいし、最高ですね(笑)。一方、決して完璧ではないところがむしろプラスです。藤村歩は元々上手いと思っていましたが、こういう実力がまともに出るキャラクターでも全く無理なく演じられています。

 ○B型H系

 いろんな意味でナンバー1なのがこの作品です。
 久々に田村ゆかりが主役を張ったと思ったら、その主人公の山田は「H友(エチトモ)100人できるかな」とか言ってるとんでもない子で、作品中にもエロ用語が頻繁に出てきます。しかも、親友役が堀江由衣で、二人そろってエロ用語を連発。もう涙無くしては見られません(笑)。
 とはいえ、この作品の見所はむしろ「純情ラブコメ」で、Hに興味を持ちながら、いざとなると舞い上がって何もできない山田の様子は、見ていて本当に楽しいです。何度も笑わせてくれます。「絵的」にエロいという意味では、恋姫無双やおまもりひまりの方が上だと思います。

 ○刀語

 こちらは正直かなり迷いました。面白くなくはないのですが、色々不満があるのです。主人公の声の演技もアレですが、何より12巻も発売されるのが個人的に嫌でした。
 しかし、この作品もヒロインは田村ゆかり。しかも、ゆかりん史上最高クラスの台詞の長さで、ある意味ゆかりんの熱演を聴いているだけでも思わずうなってしまいます。当然、ストーリー自体は「化物語」の西尾維新の作品だけに、(萌えがあまりなくても)見応えがあります。1話の長さは普通のアニメの倍ですが、今のところは飽きることなく見られています。

 とりあえず追加は以上。ついでに、少し悩んだものの見送った作品についても紹介します。

 ●Angel Beats!

 挿入歌でもオリコンの上位を賑わしている大人気作品。予約ランキングでも、テレビアニメの中では断トツ(?)で1位のようです。
 私はミーハーな部分もあるので、こういう作品をすんなり買ってしまう傾向にあるのですが、この作品については躊躇してしまいました。1話だけ見たのですが、正直私が苦手な雰囲気です。

 ●いちばんうしろの大魔王

 マーベラスの製作アニメだし、とにかくエロ満載の作品なので、18禁ゲームが原作なのかと思いましたが、違うようです。
 エロさ以外の注目点としては、何といっても声優の(無駄な(笑))豪華さ。アニメキャラクターとして初めてオリコン週間1位を獲得した、「けいおん!!」内に登場するユニット「放課後ティータイム」を構成する5人のキャラクターを演じる声優(前置きが長くなってすみません)が4人出演していて、残りの1人である佐藤聡美についても、この作品のCDドラマには出演しています。更に、主題歌はその放課後ティータイムから2人が参加している声優ユニット「スフィア」が担当しています。こちらについても、メンバー4人中3人が出演、残り一人はCDドラマで出演しており、それを含めれば全員出演していることになります。
 このように、声優が豪華という点については十分にプラスなんですが、18禁ゲームっぽさが悪い意味で安っぽい雰囲気となっており、今回は見送ることにしました。

 ●ジャイアントキリング

 萌え要素などひとかけらもないサッカーアニメ。サッカーにも大して興味がなく、キャプテン翼もあまり見た記憶がなく、この作品も一応ビデオには撮っていただけで見ていませんでした。しかし、ある日ちょっと気が向いて見始めると、自分でも驚くほど次々と見続けてしまいました。ストーリーもさることながら、美術面が素晴らしいです。
 声優的には、主人公の監督が関智一。一方、ベテランで中心的な選手を演じるのが置鮎龍太郎。この二人と言えば、フルーツバスケットを思い出します。当時は、関智一が熱血猪突猛進高校生で、置鮎はその勢いをサラッと受け流すような感じですが、この作品では見事に立ち位置が逆になっています。
 で、それくらい熱心に見ている作品なのですが、これもDVDのみ・・・。まあ、DVDでもいいかなという気もするんですが、なぜか買おうという決断までは至りません。もう少し様子を見ます。

B型H系 1 こわいもの知らず(笑)無修正版 [Blu-ray]

Happinet(SB)(D)

このアイテムの詳細を見る
コメント