アキバ系ギャンブラーの賭け

ギャンブルで儲けてアニメに貢ぐという崇高(?)な目的のため、ありとあらゆるギャンブルに手を出すギャンブラーの日記

(株)これまでの展開

2005-11-16 18:08:10 | Weblog
 久々の書き込みになってしまうなあ・・・。

 私の主要絵柄の、11月1日以降の展開について。

 セガサミー。
 4000円台をずっとキープしていたが、ゴールドマンサックスが弱気のレポートを出したのがきっかけで4000円を割り込んだ。また、分割株式の取引可能日が間近に迫っていることもあり、需給悪化も懸念されている。しかし、昨日中間決算の上方修正により、今日は大幅に反発。しかし、戻り待ちの売りに押されて、終値では3950円と、4000円を割り込んだ。
 実は、私は今売れる株式を全て売ってしまった。理由は、新株交付が迫っていることもあるが、IPO抽選申し込みがラッシュ状態になっていて、資金が足りなかったというのが最大の理由である。月曜日に3910円で売った所へ、昨日の上方修正。結局買値を上回ってしまった。しかし、今回程度の上昇なら大丈夫だろう。ただ、全部買い戻すかどうかは正直迷っているところ。

 SANKYO。
 こちらも6000円を割り込んでいる。
 ただ、今日は反発。これまでずっと、25日移動平均を下回ったところで反発に回っていて、今回もその流れかも・・・。

 マーベラス。
 30万円台はキープの傾向も、不安定な値動きが続いていた。ここ数日もずっと下げていたが、今日は2.6万円高と急上昇。35万円台回復となった。理由は全く分からない。

 バンダイビジュアル。
 こちらは上昇傾向だったが、ここ数日は利益確定売りに押されている。ただ、40万円台はまだキープしているが・・・。Zガンダムはコアなファンに強烈な支持をされている模様で、早くも発売されたDVDはかなり売れている模様。


 さて、今日のIPOは当たっただろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(株)今度の戦略

2005-11-01 20:06:56 | Weblog
 今日の株式市場はトラブルにより午後1時半まで全く取引が出来ない状態だったが、そんなトラブルも何のそので、日経平均は年初来高値を更新した。

 しかし、私の持ち株は平凡。しかもマーベラスは、昨日の上方修正はほとんど影響はなく、+4千円という平凡な上昇で引けた。まあ、通期の修正はないので、そんなものかもしれないが・・・。

 あと、先日あるゲーセンに行くと、ムシキングの横にひっそりと、「恐竜キング」というゲームが置いてあった。

 出したのは当然セガ。システムなども、ちょっと見た感じでは、ムシキングとほとんど同じの模様だが、人間キャラクターの絵が、ポリゴン風から、二次元アニメ風に変わっていた。

 おそらく、ムシキングの筐体がそのまま使われている感じなので、投資は少なく展開できそうだ。仮に外しても、損害はそんなに出ないような気がする。とはいえ、人気が出るに越したことはないので、再び大人気となるよう頑張ってほしいと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(中央競馬)天覧競馬

2005-11-01 20:00:32 | Weblog
 今年の天皇賞秋は、明治天皇以来という天覧競馬になった。

 予想としては、ゼンノロブロイを信頼し、相手は毎日王冠の内容が悪くなかったスイープトウショウ。この2頭で行く予定だったのだが、スイープトウショウは調教がイマイチのようで、それなら毎日王冠を勝ったサンライズペガサス。快勝だった割りに人気がないので、(この馬には散々騙されたが)懲りずに買うことにした。

 レースは、家の外で見た。NHKでも放送があったので、フジテレビよりはマシということで、そちらで見た。数年前から、NHKは独自でラップタイムを表示してくれるので、展開がわかりやすいのだが、今回のレースは、本当にNHKで見て良かったと思う内容だった。
 なにしろ、1000mの通過が62秒である。まるでダート並だ。フジテレビはラップを出さないので、ペースが分かるかどうかは実況アナウンサー次第ということになる。
 その結果、レースの上がりタイムが33秒台という決着になった。スイープトウショウは32秒台、サンライズペガサスも33秒台の末脚を使っているのだが、これでは届くわけがない。
 しかも、年度代表馬ゼンノロブロイを、GⅠを勝ったことがない牝馬ヘヴンリーロマンスが差しきるという、とんでもない結果であった。3着も最近冴えなかったダンスインザムードが入り、3連単は当たり前のように100万馬券となった。

 天皇陛下はどう感じたか分からないが、せっかくの天覧競馬だけに、もう少しきちんとしたレースをして欲しかったように思う。2000mのレースで上がりが33秒台というのは、もう極端な話、騎手の怠慢としか言えない。ペースを言い訳にしている騎手が多かったが、ペースが遅いなら、自分から動いていってかき回すくらいのことを、一人でいいからしてほしかった。ジャパンカップでは、同じようなレースにならないことを切に願う。

 ただ、天覧競馬ということで、マスコミの扱いは大きかったし、勝った松永幹夫騎手が、馬を天皇陛下の方に向けて、帽子を取って頭を下げるシーンは、何というか凄く格好いいと思ったし、そう言う意味では印象に残るレースだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加