アキバ系ギャンブラーの賭け

ギャンブルで儲けてアニメに貢ぐという崇高(?)な目的のため、ありとあらゆるギャンブルに手を出すギャンブラーの日記

(株)取り残されてます

2006-08-20 22:34:29 | Weblog
 私の持ち株は、徐々に回復基調にあります。

 顕著なのはマーベラス。金曜日は87400円まで回復。2度目の買い戻しからは、既に1万円以上上昇し、1度目の買い戻しから見ても5千円以上のプラスとなっています。正直、まだ業績に対する不安感が消えたわけではないのですが、とりあえずはほっと一息と言った感じです。

 他でも、実はIPOで当たってからずっとほったらかしのスポーツ用品メーカー、アルペンは、一時3千円も割り込みましたが、現在は回復基調。公募価格の4千円も、一時回復しています。また、ある投資格付けを参考に買った日新電機なども、金曜日は大幅高となり、私の買値を上回ってくれました。

 そんな中、サッパリなのが先日四半期決算を発表したGDHです。

 四半期決算の結果は、赤字転落ということなんですが、通期の業績修正は行われませんでした。そんな中、それほど多くない売り気配の中下落していったので、成り行きで追加の買い注文を入れたのですが・・・。その当日こそ、プラス圏内で推移したのですが、終値では私の買値と同額まで下がってしまい、木曜、金曜に至っては軟調な展開。20万円もキープできずに終わってしまいました。

 現在公開中の映画、ブレイブストーリーの興行成績により、業績が上下する可能性があると、四半期決算の発表の書類に書かれていたため、これが下方修正につながる可能性があると考えられているのでしょうか?しかし、並み居る夏休み映画の中健闘していると思うし、業績に大きな影響が出るとはそんなに思えないんですが・・・。

 まあ、下がっても下値は限定的だと思うので、もう少し様子を見ようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(etc.)トラックバックについて

2006-08-17 20:52:50 | Weblog
 左下にトラックバックという、リンクみたいなものがあります。私も良く分かっていなかったのですが、要するに相互リンクみたいなものです。

 ただし、これは相手がこちらに何のことわりもなく作る事ができます。私としては、特に規制や削除することをしていません(今のところ)。以前は、出会い系サイトのようなリンクが貼られたこともありました。

 しかし、トラックバックをそのままにしているからと言って、相手の内容を認めているわけではないということを、ここで明記しておきたいと思います。従って、リンク先の情報についての正確性や安全性について、私は一切責任をもてませんので、よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(アキバ系)今度のオチは?

2006-08-16 11:44:00 | Weblog
 声優ネタも書いとこ・・・。

 マーベラスが最近また提供クレジットに出るようになった「ふたりはプリキュア Splash☆Star」。前作、MaxHeartのDVDは今月12巻が発売ですが、47話までのようなので、最終巻は13巻となるようです。新シリーズのDVDは、その後でしょうか。

 そんな中、この作品でも、声優に関する「ネタ」が発動いたしました。どういうことかというと・・・。

 ふたりはプリキュアが放送されている時間帯は、長年女子小学生向け(かつ、アキバ系にも大好評な)アニメが放送されています。2作前は「おジャ魔女どれみ」、1作前は「明日のナージャ」なんですが、この2作品いずれでも、声優が誰かということが、物語に大きく関わったということがありました。

 おジャ魔女どれみでは、主人公のどれみたちに魔法の力を与えた、魔女界の女王様が、エンディングのクレジットで、キャストが「?」になっていました。4年にわたって放送されたシリーズ中、ずーっと「?」のまんまだったのですが、これは、声優をバラすと、女王様の正体がバレてしまうことが原因でした。
 結果としては、女王様は人間界では「ゆき先生」として人間界を見守っていました。声優は今井由香(敬称略、以下同じ)。女王様については、4年間(毎週じゃないけど)ずっと出続けましたが、その間ずっと声優は「?」のままでした。しかし、彼女のホームページでは、女王様が正体を明かす前から、出演作品に「魔女界の女王」とありましたが・・・。

 明日のナージャでは、世間を騒がせる盗賊のキースの声が「?」になっていました。しかし、こちらはおジャ魔女どれみのケースと大きな違いがありました。キースの声は斎賀みつき。彼女は、フランシスという貴族の若者の声も演じていました。しかし、キースの正体はフランシス・・・ということではなく、フランシスの双子の兄だったということでした。それが発覚した後は、「フランシス、キース・・・斎賀みつき」という感じの表記に替わりました。要するに、早いうちに名前を出してしまうと、フランシスとキースは同一人物かと誤解されるため、「?」にしておいたのでしょう。
 それにしても、キースの声は男性がやっていると、ずっと思っていました。実際、彼女(斎賀みつき)より高い声で演技する男性声優はいくらでもいます。低くて美しい声だと前から思っていましたが、この時は本当に驚きました。

 そしてふたりはプリキュア。1,2年目は、特にそのようなことはありませんでしたが、3年目に再びやってくれました。

 咲と舞の敵として登場したふたりの少女、霧生満と霧生薫。感情を押し殺した演技で、新人声優を使っても問題なさそうな感じなのに、演じたのは中堅声優の岡村明美と渕崎ゆり子。まあ、ずーっと感情を押し殺したまま・・・なんてことはありえないので、最後のシーンのためにこの二人を使ったのかなあ・・・と思っていましたが、結局彼女たちは、最後はアクダイカーン(敵のボス)を裏切り、咲と舞をかばって消えてしまったようです(実は、この話は録画ミスで見れなかった)。

 しかし、消えた二人とバトンタッチするように現れた妖精ムープとフープ。この妖精が、プリキュアの二人に新たな力を与えるのですが、この妖精を演じているのが、岡村明美と渕崎ゆり子なんです。

 さて、これは何を意味するのか・・・。途中の会話で、ムープとフープは満と薫に会っているようなことを言っているので、同一人物ではないということでしょうか?しかし、今回は「?」を使っていないため、実は単なる声優の使いまわしということかもしれません。できれば、ネタに関係して欲しいなあ・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(中央競馬)やっぱり駄目

2006-08-16 10:45:56 | Weblog
 夏競馬に入りながらも、重賞や、気になるレースについては少しずつ手を出しているのですが・・・。

 簡潔に言えば、驚くほど当たりません。

 春までは、それでも時々は当たっていたように思うのですが、とにかく安いものすら当たらないという現状。パチンコで勝った分を、セコセコと競馬口座に入れている状態です。

 まあ、最近はあまり興味がないってこともあって、当たればデカくなるような馬券ばかり買っているというのもあるのですが・・・。まあ、いつかは当たるでしょう・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(株)下げ止まりなのか・・・

2006-08-16 10:45:21 | Weblog
 8月に入ってから、ようやく下げ止まってきたように思います。
 大部分売却したセガサミーについては、その後も横ばいとなっているわけですが、アニメ系はいずれも完全に下げ止まった感があります。中でもバンダイビジュアルは、アニメ系銘柄が軒並み下方修正をする中、業績は順調に推移している模様です。

 また、業績発表で半分売却したマーベラスについてですが・・・。気づけば、元の鞘におさまってしまいました。8.1万円で、売ったうちの半分を買い戻したことは以前に書きましたが、先日の四半期業績発表の翌日、残りの半分も買い戻してしまいました。その時の値段は7.6万円くらいだったと思いますが、現在は8万円まで回復しています。
 取り扱っている作品は明らかに増えているし、関係する作品ではグループ会社の録音スタジオを使用するなど、事業は順調に進んでいるように思います。今会社が倒産したら、この銘柄に関する収支は確実に赤字になるわけですが、何だか前回の売却である程度スッキリしたので、もうこのまま覚悟を決めて保有し続けたいと思います。

 そのほかの銘柄についても、概ね底を打ったと思われる物が多く、私の保有資産合計もあまり減らなくなりました。とりあえずほっと一息という感じです。

 さあ、これからは上向いて欲しいと思うのですが、果たしてどうなるでしょうか・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(パチンコ)絶好調が続く

2006-08-14 23:08:57 | Weblog
 しばらく更新をサボっていましたが、その間のパチンコの状況は絶好調続きでした。

 まずは、最後まで打つ事が出来ない日で、一度打ってみたかった「CRパチクエ」を打ちました。

 この台のスペックは非常に複雑なものになっています。雑誌がないので正確なスペックを書けませんが、大当たり確率は99.3分の1、状態には、通常時、隠れ確変中、確変中の3種類があります。確変確率は60%なんですが、これには隠れ確変状態も含まれます。
 隠れ確変中は、外部からは判別が付かないのですが、確変状態に入っているということです。しかし、その確率は3倍にしか上昇しません。しかも、隠れ確変から確変に格上げとなる可能性は10%程度しかないので、確変が続いても隠れ確変が続くということになってしまいます。出玉は600個程度にかなりませんから、隠れ確変状態が続けば、減りはしないものの増えもしないということです。
 通常時からは、3割少々が確変へ。4割が1回ポッキリで終了。残りが隠れ確変へということになります。しかし、確変とならない限り、時短には入りません。
 確変に入ると、50%が大当たりとなり確変継続、10%が突然確変(要するに何も無し)、40%が通常時に転落するのですが、時短には突入します。時短中に引いた当たりは、確変中と同様の抽選を受けられます。時短は50回転ですが、何しろ大当たり確率が100分の1弱なんですから、結構簡単に引き戻せます。一度確変に入ると、トータルの連チャン率は75%程度まで上昇します。

 で、実践では1.5Kで当たってから、見事なほど確変が続きました。本当に3割かと言うほど確変を引き続け、夕方5時ごろ止めた時の出玉は1万発近く。ボーダーライン17回に対して、20回は超えていたのですが、遊びとしては上出来の結果でした。

 続いては、注目の新台CRビッキーチャンスREVです。

 前作のビッキーチャンスについては、私はほとんど打ったことがなく、大当たりを1回しか引いた事がないのですが、岡山ではあまり入らなかったように思うし、連チャン性ばかりが注目されていた台は元々あまり打たなかったので、思い入れは全くありません。しかし、そんな私でもこの台は「後継機」と呼ぶのはあまりに無理があります。何しろ、いったいどこが似ているのと言いたくなるほど、どこも似ていないからです。しかし、リーチアクションが乏しい前作や、リーチアクションが多すぎる(長すぎる)最近の台と比較すると、かなり面白い台だと思いました。

 スペックは確率228分の1という低確率。ダイナマイトキングのように、2R通常があるわけではないので、この確率が純粋に初当たり確率ということになります。しかし、通常時の隠れ確変はチューリップ開放時間変化なしなので、確変に入ってハマると、一箱近く飲まれてしまう恐れもあります。また、確変に入っても開放時間変化は33回転までなので、そこで出玉を削られる恐れがあるということです。
 連チャン率は大体66%程度。時短を考慮すれば、もう少し高くなるでしょう。しかし、とにかく消化スピードが速い台なので、実感としてはもっと激しく連チャンしているように思います。
 リーチアクションとしては、連続リーチ(連続回転中に限る)とミッション突入くらいしかないのですが、連続リーチが同じ回転内で3回続くと、十分に期待できます。ミッション突入についても、隠れ確変に入る可能性があるし、稀にいきなり当たる事があります。とにかく、スピード感があるので、リーチアクションについてはこの2つだけで十分だと思います。

 で、実践では新台を確保した割にはあまり回らず、イライラしていたところ、二人(この日は二人打ち)で20Kくらい入れたところで初当たり。これ以後、実に順調に当たり続け、追加投資は必要ありませんでした。
 その結果、二人合計で約100回の大当たりという記録的な大当たり。出玉についても二人で5万発を超えました。とにかく、228分の1の確率どおり、ハマっても600回程度のハマリで済みました。激しい台は70回以上当たっている台もあり、とにかくスピード感は十分です。一般の人がどう思うかは微妙ですが、今後もこのような台が出ることを期待します。

 そして最後はCRジョーズ。例の亀田興毅の試合で流されたCMに触発されたわけではありませんが、とにかく調子が良かったので、たまにはギャンブル性の高い台でも打っとこうかと思ったのです。

 CRジョーズは、あのギャンブル性の高さで悪名高いウルトラセブンの後継機。確率は397分の1と、若干おだやかになったものの、初当たりの20%は突然時短。80回の時短こそあるものの、ここで引けなければ出玉は全く増えずに終了します。ということで、実際の大当たり確率は約500分の1ということになります(突然時短→引き戻しというパターンを加えればもう少し増えるかもしれませんが)。

 で結果。
 二人打ち。実は他の台で30K負けており、更に25Kを入れ(途中で本当に突然時短→スルーというのを引いた)、いったいどこまで投資が続くのかと心配していたら連れがいかにも当たりそうな予告から大当たり。5回は続いて欲しいと思っていたら無事8連チャン。しかし、台が台だけに油断できないと思っていたのですが・・・。
 その後、1300ハマリなんてのもありました。その後、二人で引いた初当たりは、約10時間打って合計たったの5回だったのですが・・・。その5回の初当たりは全て5連チャン越え。しかも、うち3回は15連チャンを越えたのです。連れに関してはたった3回の初当たりで、42回も大当たりを叩き出しました。出玉もやっぱり6万発近くに・・・。
 まあ、ハマリの面でも爆裂の面でも、凄い実力を発揮してくれました。今回はこれだけ出たので、さすがに楽しいと思いましたが、連チャンがショボかったり、時短で終了が続けば、いったいどれだけの被害が出るのでしょう。リーチに関しても無駄に長いものが多く、予告次第ではどうなっても期待できないパターンなどもあるので、ハマれば他の台と比べ物にならないほどへこむでしょう。
 ということで、これだけ勝っても、多分もう打つ事はないと思います。

 現在お盆の真っ只中で、勝つためには絶対行ってはいけない時期に入っています。とはいえ、先週の土曜日は打ちに行って大勝ちだったんですけど・・・。次は、お盆明けに勝負をかけようと思っています。この調子を維持していきたいところですけどね・・・。

 ということで、パチンコがあまりに長くなりすぎたので、株と競馬はまた後日・・・。明日書けたらいいですけどね・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(クイズ)本当に出た

2006-08-14 23:06:29 | Weblog
 アニメゲーム・エフェクトクイズにて・・・。

 「涼宮ハルヒ」シリーズの原作者は?

 エフェクトされている文字→谷川流

 答えは、ちょっと前に書いたとおり、「たにがわながる」ということで、知っていないとちょっと書けない答えなんですが、注目はその正解率。

 なんと0%!!

 と、喜んでみましたが、いくらなんでも(四捨五入という可能性を含めても)0%はないでしょう。これは処理のエラーだと思います。以前も、「甲子園の応援ソングでよく使われる曲は○○○○○マーチ」という問題が出て、これも正解率0%だったのですが、この問題についても、私は最初から知っていました(正解は「コンバット」マーチ)。知っている人は知っていると思うし、実際出たときも他に正解を答えた人はいました。

 うーん、本当の正解率が分からなくて残念。しかし、多分あのクイズ参加者でも、正解率は10%未満だと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加