アキバ系ギャンブラーの賭け

ギャンブルで儲けてアニメに貢ぐという崇高(?)な目的のため、ありとあらゆるギャンブルに手を出すギャンブラーの日記

(中央競馬)天皇賞予想

2011-10-30 11:42:02 | 中央競馬
 アーネストリーが大外に入ってしまったため、馬券的には面白くなりました。
 しかし、有力どころは揃いも揃って追い込みばかり。追い込み一辺倒では苦しいと思います。

 ブエナビスタ。万全にはちょっと届かない状況かも。しかし、昨年のように早めに前を捕らえるような展開に持ち込めば、そのまま押し切り濃厚。とりあえず2位以内を確保してくれると予想。

 ローズキングダム。前走は前々から抜群の切れ味を見せつけた。少し距離が短いことを考えると、こちらも早めの競馬を仕掛けてきそう。ブエナと追い比べに持ち込みたい。1着受け。

 ダークシャドウ。前走の切れ味はすさまじいものがあった。勢いは買うが、あくまで前走は57kgで走ってのもの。このメンバーになると不安は否めないし、前走のように後ろからでは届かない。2着受け。

 ペルーサ。昨年は2着。休養明けでも状態は良さそう。一歩足りないところがあるが、上位と差はない。2着受け。

 エイシンフラッシュ。追い込み確実だが、勝ちきるまでとなると・・・。3着受け。

 アーネストリー。前走を見ると、本当に強くなったと思わされる。しかし、先行馬の大外枠はどう考えても不利。3着受け。

 押さえるならジャガーメイル、トゥザグローリーあたり。

 この辺で、なるべく絞っていきたいと思います。あまりオッズが付かないようなら、ペルーサを3着受けに落とします。

 一方、懲りずに逃げ馬に注目すると、やはり1番のシルポートは気になるところ。ただ、今年重賞を勝っている馬だし、ノーマークということにはならないかも。距離不安があるだけに、押さえて逃げる作戦になると思われるが、もし突き放して逃げる作戦になると、後ろを警戒してブエナの仕掛けが遅れると面白いかも、一応1着で受けたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(中央競馬)大ハズレ・・・・?

2011-10-23 21:44:27 | 中央競馬
 昨日書いた通りに買っていたら間違いなく外れていたんですけどね・・・。


 心変わりしたのは、それまでの芝のレースを見た時です。
 雨の影響で、先週までのイン有利の馬場が変わるのではないかと思っていたのですが、9レース、10レースと続けて人気薄の逃げ馬が逃げ切っており、イン有利が変わっていないと思わされました。そうなると、怖いのは1枠のトーセンラー。インの前々で競馬をして、直線でオルフェーヴルより先に抜け出せば、1着まであるのではないかとも思ったのです。

 しかし、賭け金は増やしたくなかったので、オルフェーヴルからの馬券を削ることに。2着はウインバリアシオン(と、穴狙いのハーバーコマンドをちょい押さえ)に絞り、相手も予定通りのフレールジャックとイン有利のトーセンラー、穴狙いのハーバーコマンドまでに絞り込みました。
 そして、トーセンラー-オルフェーヴルからちょっと手広く流した馬券と、穴狙いで逃げ馬サンビームを絡めた馬券を買いました。トータル22,700円。これでも、いつもよりは相当少ないです(笑)

 そしてレース・・・。

 はっきり言って、展開は私の想定とだいぶ違いました。
 サンビームは、最初こそ先頭に立ちましたが、外から別の馬に出られると3番手に控えてしまいました。まあ、ペースはそんなに遅くなかったので仕方なかったとは思いますが、この時点でサンビーム関係の馬券は全て消えました(実際、サンビームはぶっちぎりで最下位でした)。
 トーセンラーも、折り合いを心配したのかオルフェーヴルよりも後ろからの競馬。更に、ウインバリアシオンは最後方から。勝つための一発に賭けた結果でしょうが、これじゃあ惨敗もあり得るじゃん・・・。

 すると、オルフェーブルは直線入り口でもう先頭に並びかけていたので、この時点で勝ちは確信しました。後ろにはトーセンラー。ウインバリアシオンは馬群を捌きながら伸びてきていて、これが届くかどうかが私にとっては非常に重要なんですが、NHKで見ていたら勝ち馬を大写しにしてしまったため、2着争いが全く見えませんでした。やっぱり競馬中継に慣れてないところのカメラワークは下手すぎるわ・・・。
 それでも、ウインバリアシオンが2番手に上がり、3着はトーセンラーが確保。よし、当たった!と喜んでいたのですが・・・。良く見ると、3着に際どく迫った4着馬はハーバーコマンドじゃないか・・・。おかげで、喜びが半減しました。

 ということで・・・



 ド本命でも回収率は500%近くと十分満足できる内容。とはいえ、下に写っている「14-13-12」が来ていたら300倍×千円で30万円以上になっていたんですけどね・・・。ホント、惜しかったなあ・・・。

 今回、賭け金を減らすと当たってしまうのは皮肉なものですが、ここまで絞っても当たるんだから、手を広げるばかりが能じゃないなということを、今さら学びました。
 でも、見事な三冠達成となったレースを当てることができたのは、私にとっても嬉しいことです。来週も全く自信はありませんが、謙虚に当たりを狙おうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(中央競馬)菊花賞予想

2011-10-22 23:20:02 | 中央競馬
 菊花賞は苦手です。

 3冠がかかるオルフェーブルですが、トライアルの圧勝ぶりを見ると、特に走らない条件はなさそうです。京都では勝っていませんが、京都だから走らない理由は特に考えられず、よほどのことがない限り負けることはないでしょう。
 負けるとすれば、前走の反動でしょうか。

 相手は良く分からないので、神戸新聞杯組を信頼したいと思います。そうなると、ウインバリアシオン、フレールジャックあたりを買うことになるでしょう。フェイトフルウォー、トーセンラーが来たら諦めます。

 穴狙いではハーバーコマンド。相手なりに走るタイプで状態も良好。上手く立ち回れば、流れ込めないでしょうか。
 また、どうしても気になるのがサンビーム。展開が読みにくく、単騎で行っても簡単に逃げ切れるとは思えませんが、オルフェーブルとその他の包囲網がけん制しすぎると、出番があるかもしれません。

 当たらないと思うので、賭け金はいつもより減らします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(アキバ系)AKBアニメについて思うこと

2011-10-20 00:08:02 | アキバ系
 AKB48がアニメになるというニュースが、スポーツ紙の芸能欄などを賑わせました。

 ざっくり説明すると、AKB48のうち、人気上位の8人がモデルとなるキャラクターが活躍するようです。声優については、AKBの他、SKEやNMBなど、グループの200人くらいの中からオーディションで決めるようです。(というか、モデルとなった人をそのままキャスティングすればいいんじゃないの?)

 以前も書いたことがありますが、このキャスティングについて、私は文句を言いません。この作品は、AKB48のために作られたようなものですから、AKBファンが喜ぶようなキャスティングをすればいいと思います。その演技がどんなに大根であろうと、私がどうこう言う筋合いのものではありません。

 私が気にしているのは別の点です。原案等を担当するのが、マクロスシリーズやアクエリオンの河森正治。キャラクターデザインも、マクロスFと同じです。そして、アニメ制作もやはりマクロスF等を制作したサテライトが担当します。

 こんな凄いスタッフに、こんな下らないアニメの制作を担当させるなんて!!・・・

 ・・・なんて、言う気もございません(笑)

 仕事が来れば、アニメ業界も潤う訳ですから、私のような(アイドルには興味ない)アニメファンにとっても、決してマイナスの話ではありません。例えばBLものは私にとって全く興味はないですが、無くなって欲しいとは思いません。今回のAKBアニメも、それと似たようなものです。見たくなければ見なければいいだけの話です。

 私が何より気になること、それは・・・

 サテライトがこのアニメを作ることです。

 サテライトは、以前も書いたかと思いますが、パチンコメーカー、SANKYOの子会社です。
 しかし、AKBと言えば、ヒットしたパチンコ銭形平次に出演しています。そして、銭形平次は京楽の台です。もうすぐ稼働する「スケバン刑事」にも、AKBが出演します。

 この辺は大丈夫なんでしょうか。各社の思惑が気になります。或いは、SANKYOに「移籍」ということもあるのでしょうか?

 このアニメについても、放送されれば多分一度は見るんじゃないかと思います。しかし、私にとって「声優が誰か」ということは、その作品を気にいるかどうかの大きなバロメーターとなります。ですから、よほどのことがない限り、見続けることはないでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(中央競馬)反省と・・・

2011-10-16 21:27:48 | 中央競馬
 まず、今日の反省。

 展開予想はほぼ完璧。予想通りの馬が逃げ、それ以外の馬にとっては厳しいペースにならず、前々のいた馬ばかりで決まりました。
 しかし、私の読みの浅はかなところは、ホエールキャプチャの外枠、アヴェンチュラ、キョウワジャンヌの内枠をしっかり考慮しなかったところです。結果として、1,2着馬はホエールキャプチャより前で内ラチ沿いをロスなく進み、そのままの体勢で決着しました。
 内枠が有利であることをちゃんと考慮すれば、簡単に当てられたと思います。本当に悔いが残ります。


 続いて、先週の南部杯の結果。

 直線半ばまでは、完璧にハマったと思いましたがねえ・・・。エスポワールシチーの乗り方としては、勝ちに行くための乗り方として間違ってはいなかったと思います。
 一方、トランセンドは道中の手ごたえとかを見ていると飛ぶと思ったんですけどね・・・。本当に力を付けていると思います。次はいよいよスマートファルコンとの一騎打ちになるのでしょうか。

 ということで、GⅠは惨敗だったのですが・・・。

 先週の土曜日のメインレースは、ダートのオープン特別ペルセウスステークス。
 素直に、人気のナムラタイタンを中心に、データマイニングを中心に5番人気のナニハトモアレ、6番人気のブラックアイザックを中心に買っていたのですが・・・。
 締め切り20分前に気になったのがセレスハント。最近は交流重賞を中心に活躍しています。休み明けということは気になりますが、今回のメンバーなら実績は抜けています。ちゃんと走れば勝てるのではないかと思い、この馬を頭に5頭に流してみることにしました。その結果・・・。

 セレスハントは外から力強く抜け出しました。2着のナニハトモアレとは接戦でしたが、勢いを見ると、残り100mくらいで、もう大丈夫だろうと確信が持てました。
 3着は、人気のナムラタイタンが伸びを欠き、代わりに上がってきたのがブラックアイザックでした。

 レース前のオッズでは、セレスハントが30倍くらいで、それ以外の馬は全て10倍以下だったため、まあ10万円は超えてくれるだろう・・・くらいに思っていたのですが、セレスハントは更に人気が落ちて38倍、更に、相手も10倍以下とはいえどちらも8倍台。ということで・・・。



 いつものパソコン版の画面と、最近使えるようになったスマホ版の画面を張り付けてみました。
 まさか30万馬券になってくれるとは思いませんでした。最初に買った馬券も含めて、買った額の合計は4800円。本当にありがたいことです。

 しかし、これで余裕ができたせいで南部杯を買いすぎ、更に今週も惨敗だったので、もう当たったことが遥か昔のことのような気がしますが・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(中央競馬)秋華賞予想

2011-10-16 12:28:22 | 中央競馬
 先週の反省は今週の反省とまとめてやります。って、もう反省する気?


 今週は秋華賞です。

 京都の内回りということを意識してか、早めに動きだす馬が多くてハイペースになることが多いコースですが、それを意識しても今回は逃げ馬がほとんどおらず、加えて逃げそうな馬がなんでここに出てきたのか分からない馬(メモリアルイヤー)。この馬が離して逃げても積極的に追いかける馬がいるとは思えず、結果スローペースになると予想します。

 従って、本命は立ち回り上手なホエールキャプチャで大丈夫。他の馬は追い込み馬が多く、十分粘りこめると思います。
 相手も、先行できるアヴェンチュラが筆頭。以下、先行しそうなリヴァーレ、ピュアブリーゼ、キョウワジャンヌ、カルマート、レッドエレンシアあたりを狙います。

 自信は全くありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(パチスロ)ということで初打ち結果

2011-10-13 22:26:19 | パチスロ
 改めて、「快盗天使ツインエンジェル3」の初打ち結果です。

 13 HB 中チャ (BIG中角チェ)
(44)×(RT終了) RT1

 初当たりは僅か13ゲーム。中チャンス目(左リール上段カバンからの小役ハズレ)でHB(ハイパービッグ)。エンジェルラッシュに期待するも、チャンス予告すらなし。しかし、角チェリーからの7並びが発生してARTゲット。角チェリーなのでちょっとは期待できるのかと思いましたが、あっさり1回で終了。

493 HB 中チャ

そしてあっさりハマる・・・。

 48 NB カバン?
338 HB 中チェ
 67 NB 中チャ ベルで告知
(89)× RT2(CZ中の上乗せ含む)
188 HB 中チャ
  5 AC中M 強チェ
(61)× RT1
293 HB 中チャ (B中角チェ)
  3 AC中M 中チャ
(81)× RT2
135 HB 中チャ
132 ヤメ

 その後は、ボーナスはそれなりに出るものの、BIGに偏る展開。出玉的には助かりますが、おそらくミドルの方が、設定差が大きいだろうと予想されますから、設定期待度もあまり高くなりません。
 すると、設定6並のボーナスを引いている台が空きました。特に打ち続ける理由がなかったので、移動してみることに。

 24 M 弱チャ
380 M 強チェ (告知)
 85 RT中HB 単?
 70 RT中HB 中チャ (B後告知)
 61 RT中NB 強チャ (B中ベル)
 93 RT中M 強チェ
250 RT中HB 強チェ?
(138)× RT16

 ちょっとハマりましたが、ミドルボーナスをきっかけに突入したARTがそれなりに続き、ボーナス連打もあって一撃1000枚以上の放出。

219 M 弱チャ
(41)自力1
298 M 中チャ (告知)
(64)× RT1
 83 HB 中チャ
(37)× 自力1
221 M 中チャ
(69)× RT1
300 HB 強チャ
120 M 中チャ
402 M 弱チャ? (告知)
(41)× RT1
 70 NB 中チェ
(11)×
163 NB 中チャ
200 NB 中チャ
 58 M  中チャ

 その後は煮え切らない展開。ボーナスも重くなり、出玉はどんどん飲まれました。

110 NB ? (ALLベル)

 今回はおそらく難しくなっただろうALLベル。しかし、ロリロリビッグ中の金朋(笑)は「べるらろれふ~」としか言わず、獲得枚数の下に「ALLベルチャンス」みたいな表示が。順調にベルを引き続け、最後の1ゲーム。レバーを叩いた瞬間、いつものようにベルの告知をしなかったのには焦りましたが、直ぐに大量のベルが落ちてきて、無事ALLベル達成となりました。



137 CZ中HB ?
253 RT中NB 強チェ
(111)× RT13

そのALLベルをきっかけにARTはそれなりに続き、再び1000枚獲得。

504 NB 強チェ
121 HB 中チャ(白7)
 77 RT中M 中チャ
(90)× RT4
254 夜HB 強チェ
(42)× RT1
134 ヤメ

 しかし、その後ハマってヤメ。既に午後9時をかなり過ぎており、ここでもしフリーズなどを引いた日には目も当てられません。おそらくミッションの一つであろう「6000G消化」には、移動した関係でとても届きそうにないと思ったので、ここで止めたのですが、今回そのミッションが5000Gに緩和されていることを後で知りました。あとわずか163Gだったことを考えると、そこまでは続けるべきでした。

(2台目のデータ)
ゲーム数:4837
BB:15回(1/322.47)
MB:10回(1/483.70)
合成:25回(1/193.48)
ベル:1/9.36
かばん:1/100.77
チェリー合算:1/60.46
弱チェリー:1/87.95
強チェリー:193.48

 今回はマイスロの機能として、小役をカウントしてくれます。まだ小役確率が出ていないので、カウンターを使わなかったのですが、これは本当に助かります。ただ、中チャンス目、強チャンス目をカウントしていません。おそらく(少なくとも中チャンス目には)設定差があると思われるので、やはりカウンターは必要だと思います。それでもベルをカウントしてくれるのは助かります。

 結果は、2台トータルで288枚のプラスでした。
 そんなにボーナスが引けたわけではなく、フリーズもなく、エンジェルラッシュは突入どころか「一確チャンス」すら一度も発生しなかったことを考えると、上々の結果と言っても良いのではないかと思います。

 感想。
 まあ、細かい不満はあります。何より不満だったのが、前回絶妙とも言える中押しフラグ判別で、中上段青7から左に青7を狙うと、前作では青7がテンパイした時点でボーナス確定だったところが、今回は普通にテンパイしてしまうことです。ここだけは何とかして欲しかったところです。また、左リール下段白7からのリーチ目が(今のところ)あまりに単純になりすぎた点も不満です。
 しかし、改善されている点もあり、前作で攻略法の一つでもあった1枚役狙いが、今回はどうもする必要がない(1枚役を揃えるとちょっとしたペナルティがあるらしい)ということで、この点は評価します。正直、いちいち1枚役を狙うのは面倒だったので・・・。
 他の点についても、予告の信頼度などは、1度打っただけでは何とも言えないところも多く、とりあえずもう1回打ってみたいという気にはなりました。

 一方、萌えの面について。
 分かっていたとはいえ、やはりキャラクターデザインの違いが非常に気になります。この点が、今回一番残念な点です。
 更に厳しいことを言うと、前作のデキがあまりに素晴らしかった分、今作については少し感動が薄いです。今回がとりあえず完結編ということですが、確かにちょうどいいタイミングなのかもしれません。
 とりあえず、エンディングを見られるように頑張ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(中央競馬)南部杯予想

2011-10-09 22:22:06 | 中央競馬
 先週のスプリンターズステークスは、外れるにしてももう少しマシな外れ方があるだろう!と言いたくなるほどの大惨敗。ロケットマンが来ないだけでなく、いらないと思ったカレンチャンに勝たれ、ただただ呆然として見ていました。

 さて、今週は岩手県競馬支援という形で、特別に東京競馬場で行われるマイルチャンピオンシップ南部杯。地方競馬を応援しているものとしては、こういう企画は大歓迎ですが、GⅠ(JpnⅠ)ながら賞金はGⅢ並の4500万円。更に、地方競馬の代表格であるフリオーソが戦線離脱してしまい、スマートファルコンも出てこず、正直メンバーも2頭を除いては賞金通りのメンバーになってしまった感があります。

 とりあえず、私の本命はエスポワールシチーです。
 なんか衰えたように思われているようですが、名古屋大賞典は休み明けで「7分のデキ」と言われながらレコードで快勝(2着はワンダーアキュート)、帝王賞は9馬身離されたとはいえ、走破タイムは例年なら余裕で勝っているはずのものです。ハッキリって、スマートファルコンが強すぎるだけです。唯一、かしわ記念でラヴェリータに負けた点だけが気がかりですが、前残りの馬場による展開の問題と考えます。今回は「8分のデキ」とのこと。なら、十分力は出せると判断します。力を出し切れば、トランセンド以外には負けません。

 以下、3通りの展開に分けて分析します。

 ①トランセンドが無理せずハナを切り、エスポは好位

 裏返る可能性はあるが、1着トランセンド、2着エスポ濃厚。3着も好位勢で順当決着。バーディーバーディ、オーロマイスターが有力。ランフォルセ、ダノンカモン、ボレアス押さえ。

 ②エスポが少し無理してハナを切り、トランセンドは無理せず2番手

 1着エスポ、2着トランセンド濃厚。3着も好位勢で順当決着。

 ③何かが競りかけて、オーバーペース

 トランセンドは、ここのところ勝っているレースは比較的楽に逃げているように思う。もしオーバーペースになれば、潰れる可能性も十分にある。エスポは好位からでも競馬ができるので、何かが無理して逃げるような展開になれば控えると思うが、乗りなれていない騎手が乗るため、エスポ自身がハイペースに巻き込まれて潰れる可能性もなきにしもあらず。そこまで想定するとキリがないので、あえて無視する。エスポ1着固定で、差し馬を中心に手広く。

 こんな感じで考えています。
 トランセンドは逃げることで今の地位を築いたこともあり、多分逃げると思います。そうなると、競りかける馬はいないのではないかと思います。そうなると、①のケースが濃厚です。とにかく、松岡騎手の腕にかかっています。

 他の馬の短評。

 ランフォルセ・・・前走は重賞初制覇とはいえ、3kgも重いオーロマイスターに0.1秒差なら、むしろオーロの方を評価すべきなのでは?東海ステークスでも上がり勝負に持ち込みながらワンダーアキュートに力負け。そのワンダーアキュートは、名古屋大賞典で2kg重いエスポに完敗。この比較で言えば、エスポよりはだいぶ下だと思うのですが・・・。

 ダノンカモン・・・フェブラリーステークスを見ての通り。このメンバーなら3着流れ込み一杯。

 オーロマイスター・・・去年とは舞台が違うので「去年の勝ち馬である」ことは気にするひつ余殃は無いが、左回りの方が力が出せるタイプ。徐々に調子を上げてきている今なら上位争いも可能。ただ、力を出し切った2強に迫るのは厳しそう。あと、昨年のように一か八かの逃げ戦法を取られると、ペースが乱れて荒れる恐れがあるので、そっちが少し心配。

 ボレアス・・・今回が初の古馬との対戦。ダートでは古馬と3歳馬の差は大きいと考えているので、2kg差程度では差は詰まらない。JDDの走破タイムは、エスポが2週前に出した時計より2秒も悪い。展開が向いて一考という程度。

 バーディバーディ・・・強い相手にも弱い相手にも勝ちきれないレースが続いている。このメンバーでも3着なら十分にあり得るが、前走の惨敗は心配。陣営のコメントもトーンが上がらない。押さえは必要だと思うが・・・。

 ダイショウジェット・・・老いてますます盛んという感じ。距離は少し長いが、展開が向けば流れ込みは可能。

 クリールパッション・・・ここ2走がイマイチ。紛れても着は厳しいか。

 ブラボーデイジー・・・前走は太めに加え出遅れた。昨年の武蔵野ステークスで3着好走。絞れていれば侮れない。

 シルクフォーチュン・・・切れ味は鋭いがこの距離は少し長いタイプ。左回りも実績乏しく、展開向いても厳しい。

 地方馬4頭・・・申し訳ないが今回は出るだけ。最右翼はゴールドマインだが、地元の交流重賞でもまるで勝負にならないレベル。


 エスポワールシチーが本当に衰えていたら諦めます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(パチスロ)ツイン3初打ち

2011-10-06 21:12:19 | パチスロ
 ということで、3日にデビューした「快盗天使ツインエンジェル3」を初打ちしてきました。

 実践結果を詳しく書きたいところですが、時間の都合上、とりあえず写真だけ紹介します。



 前作では難解だった誕生日系があっさり出現。これは「遥誕生日」です。すぐに気付いたので写真を撮りました。その後、「クルミ誕生日」も出現しました。



 今回も一確の中段チェリー。今回は、BAR絵柄も並ぶようです。レア役確定の演出が出たら狙ってみます(通常時からBARを目押しすると、目押しが早かったらカバンを取りこぼす)。



 今回から「強チャンス目」となった「ベル・ベル・カバン」。予告を伴うこともありますが、全く予告なく突然降臨することもあります。とはいえ結構ガセりますが・・・。



 ART中に出現。猫の杉田(笑)が「きっとマスクを狙えばいいんだぜ~」みたいなことを言います。見た瞬間、プレミアだろうと分かりました。




 今回も逆転パターンで登場する変態仮面・・・もとい、ミスティナイト様です。



 何があったか、娘たちと敵対する小山力也さん・・・もとい、ブラックとレーダーです。
 でもリーチ目が出ちゃってますが・・・。今回、左白7下段からのボーナス絵柄(白7・BAR含む)が一直線に並ぶとリーチ目の模様です。前作の「中リール中段ボーナス絵柄」「右リール下段ボーナス絵柄」は、通常時にいくらでも出ます・・・。




 前作でも激アツだった変身予告。今回はツインファントムバージョンもあります。でも外れたけど・・・。




 ツインエンジェル+クルミバージョンも出ました。前作と違い、リールを止めないと演出が進まないので、途中の写真も撮りました。でも外れたけど・・・。



 今回の大ボスの若本さん(笑)です。1度しかバトルできませんでしたが、きっちり勝てました。



 クルクルミラクル・・・って、どこの鋼鉄天使だよ(笑)



 そのクルクルミラクルが成功した絵。なんだこの目つきは・・・。



 リーチ目!!に見えますが、実は特リプです。まあ、ボーナス確定であることには変わりませんが。



 ビッグ中に白7を並べるとこんな絵が・・・。まさか、マジハロ!?(テスラカスタム中です)



 今回は、ARTパンク時に獲得枚数と連チャン数が表示されるようになりました。完全に写メ用ですね(笑)
 なお、この絵はパンク役である斜めリプレイが並ぶと出るので、ここからの逆転演出は多分ありません。



 ARTは、特リプであるリプ・リプ・ベルが並ぶと突入しますが、今回も並ばないのに突入演出が発生すればボーナス確定。というか、これもリーチ目ですかね(順押しの場合、チャンス目なら右リールは中段にカバンが停止する)



 ついでに、アニメツインエンジェル(キュンパラ)のブルーレイです。


 最後に、ハイパービッグについての「ちょっポイ」。

 ハイパービッグは、実はJAC-IN機能を搭載しています。
 JAC-IN前は3枚掛けでプレイ。JAC-IN以外の小役は恐らく通常時と同一確率。通常リプレイも並ぶことがある。3枚掛けなのでベルは10枚、カバンは5枚(チェリーは多分1枚)。
 JAC-INは、通常時の弱チャンス目(リプ・ベル・ベル)が並ぶと突入。8ゲーム継続で2枚掛けでプレイ(MAXボタンを押すだけでOK)。ベルが並ぶこともあるし、外れることもある。チェリー成立で、白7並びのチャンス。
 今回注目の「エンジェルラッシュ」は、JAC-IN前の状態でしか成立しない。突入すれば、12ゲームもしくは3ゲームの小役成立で終了。上段にリプレイが並ぶ時は、1枚掛け時の有効ライン(斜め2ライン)に12枚役が並んでしまうため、3回上段リプレイが並ぶと終了となる。また、全く12枚役を引かなくても、最高12回で終了(12枚役を引いた数だけ最高回数は減る)。また、ビッグの残り枚数がなくなった場合は、上段リプレイが3回未満で終わることもある。
 枚数調整は基本的に気にする必要はないが、もし通常時(3枚掛け状態時)に残り枚数がわずかとなり、そんな時にレア小役が成立場合は外してもいいかもしれない。
 オールベルは現実的にあり得ないが、隣の人が達成していたのを見た。おそらく、JAC-INについては無視して、それ以外が全てベルならオールベルとして取り扱われるものと思われる。

 上記は、1回実践した上での感想であり、間違いがある可能性もあるので、ご了承ください。
 なお、「ちょっポイ」とは、ちょっとしたポイントの略であり、CSの「ちょっとおもスロいTV」からパクりました(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(中央競馬)スプリンターズステークス予想

2011-10-01 22:24:31 | 中央競馬
 秋のGⅠシリーズが開幕します。去年は当てているので、連勝と行きたいところです。

 本命はロケットマン。今年の日本馬のレベルなら、実績は突出しています。日本の馬場の適正だけが不安ですが、まあ何とかなるのではないでしょうか。
 対抗はラッキーナイン。前走は日本のレースで59kg背負いながら僅差の2着。日本の馬場に対する適性を見せつけました。状態は更に上昇の気配で、あわよくば逆転も。ただ、最内枠で前走出遅れているために、今回も出遅れると致命的となる恐れはある。

 3番手候補は、やはりダッシャーゴーゴーが筆頭。三度目の正直となってほしい。
 以下、昨年3着のサンカルロ、日本で実績のあるグリーンバーディー、中山得意のフィフスペトルも侮れない。ハイペース必至なので、ケイアイアストン、トウカイミステリー、アーバニティあたりを狙ってみたい。

 1,2着固定で3着を手広く。ロケットマンは大丈夫だと思うけど、ラッキーナインは少し不安・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加