アキバ系ギャンブラーの賭け

ギャンブルで儲けてアニメに貢ぐという崇高(?)な目的のため、ありとあらゆるギャンブルに手を出すギャンブラーの日記

(競輪)オッズを見ていれば

2018-05-07 16:13:46 | その他のギャンブル
 日曜日は競輪の全日本選手権もありました。

 初めてメンバーを見たのが16時を過ぎてから(発走は16時半)。手元にスポーツ新聞もなく、突貫で予想しました。
 実力No.1の新田は単騎。一番長いのは近畿ラインで、村上兄弟が三谷に番手を譲っていることを考えてもこれは盤石のラインに見えました。ということで、これなら三谷が番手から押し切ると予想し、三谷から村上兄弟への3連単が中心。浅井の捲りが決まるケースの車券も買いました。

 結果。
 残り2周を切ったところで近畿ラインが飛び出すとあとはマイペース。絶好の展開だと思ったのですが、最終バックを見ている時に、これは逃げた脇本も残るんじゃないかと思っていたら案の定。1着三谷、2着村上兄で、3着は逃げた脇本。村上弟は4着でした。

 オッズ的には、無理して絞る必要は全くなく、脇本の残り目を押さえても十分な配当になっていました。点数が少ないのですから、オッズを見ていれば買えたのではないかと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(その他のギャンブル)最近の宝くじ

2018-02-20 23:12:13 | その他のギャンブル
 最近のジャンボ宝くじは、おまけのように「ミニ」とか「プチ」とか、高額ではない金額の宝くじが発売されていますが、私は最近、「ミニ」ばかり買っています。

 年末ジャンボについては、一昨年あたりから1等の当選確率が1000万分の1から2000万分の1に引き下げられたということもありますが、それ以上の大きな理由が、「高額当選しても、したいことが特にない」ということです。
 一般の人が、高額当選したらしたいことについて考えてみると・・・

 家を買う・・・私は子供がいないし、高い金を出してまで買いたいと思いません。
 車を買う・・・車は移動手段の道具だとしか考えていないので、高い金を出して高級車を買う意味がありません。高級車に乗りたいという欲求は皆無です。
 旅行に行く・・・旅行に関する興味がありません。特に海外旅行に行きたいという感情が全くありません。
 おいしいものを食べる、飲む・・・食べることは好きですが、2万円のものを1回食べるより、2千円のものを10回食べる方がより大きい満足感を得られるように思います。また、お酒は飲まないので、高いお酒を飲みたいとは全く思いません。
 会社を興す・・・やりたいことがないし、興味もありません。
 女を買う(笑)・・・ちやほやされるのは気分がいいかもしれませんが、その状態を維持するためには数億円じゃ足りそうにないですねw

 こう考えると、私の欲求は数千万円というレベルのお金で概ね満たされるので、数億円を狙っても仕方ないと思うようになったのです。ですから、宝くじはジャンボの時期に1等で数千万円が当たる「ミニ」を買うようにしました。なお、100万円クラスの「プチ」は買いません。100万円程度なら、競馬で十分狙えますからね(笑)
 ということで、今後のジャンボ宝くじも、「ミニ」だけ買うようにします。現在発売中のバレンタインジャンボも、「ミニ」を10枚買いました。

(おまけ1)
 私は、宝くじの「連番」は、数百枚単位で宝くじを購入し、1枚ずつ見るのが大変な人が買うものだと思っているので、多くても30枚くらいしか買わない私は、必ず「バラ」で買っています。しかし、ここ2回のジャンボ「ミニ」ですが、前後賞を搭載しています。ただでさえ賞金が少ないのに、前後賞を付けて連番で買わせる意味があるのでしょうか。できればやめてほしいです。

(おまけ2)
 ロト6は、キャリーオーバーが発生した時に5~15口くらい買うようにしています。ジャンボ宝くじが1枚300円で1000万分の1以下なのに対し、ロト6は1口200円で600万分の1程度ですから、ジャンボを買うくらいならこちらを買った方がマシです。もしかしたら、期せずして6億円当たるかもしれません(笑)

(おまけ3)
 宝くじは控除率が55%もあるため、期待値論を持ち出して宝くじを否定する人がいますが、正直「分かってないなあ」と思います。ギャンブルにおける期待値とは、パチンコとかカジノとか、普通に当たる確率に対しての見返りを計算する時に使うものであり、宝くじのような、一生買い続けても一度も当たらない確率が圧倒的に高いものに対して使う意味はありません。宝くじは文字通り「夢を買う」ものであり、全く当たらなくても生活に支障が出ない範囲で、もしかしたら普通に働いても絶対に手に入らないような大金が手に入るかもしれないという夢を買うのです。
 もちろん、買わない人を否定するつもりはないし、「年末ジャンボを買うお金」を、代わりに「有馬記念に賭ける」或いは「御馳走を食べる」ことで満足感が得られるなら、それはそれで良いと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(競輪他)楽天ポイントの使い方

2018-01-03 22:20:51 | その他のギャンブル
 新年になりましたが昨年の競輪、オートレースについて。

 競輪グランプリは、昨年は新田が来た印象しかなかったので素直に新田を買ったのですが、勝負所で8番手に置かれてしまいハズレ。オートレースのSS王座決定戦も、青山を低く評価したら2着に残ってしまいハズレ。3着なら当たっていましたが、当たっていても大した配当にはなっていません。

 さて、その競輪とオートレースの買い方について。

 競輪は、昨年まではオッズパークで買っていました。しかし、今年になって、楽天がKドリームスと提携していることに気づきました。
 Kドリームスは、開設当初は競輪の重勝式車券だけを発売していましたが、現在は普通の車券も発売しています。そして、知らないうちに楽天と提携しています。そこで、調べてみると、意外なサービスがあることを知ったのです。
 Kドリームスは、一旦デルカと呼ばれるポイントを購入し、これを賭けるという手順を取ります。そのポイントは、現金(ネット銀行)入金の他、クレジットカードや電子マネー(ウェブマネー、ビットキャッシュ)による入金が可能で、加えて楽天スーパーポイント(期間限定ポイントは不可)による入金が可能なのです。
 楽天スーパーポイントの使い方は意外に難しいところがあります。楽天市場での買い物でポイントを使うと、ポイント使用分はポイントが付かないことが多く、できるだけポイントの付かないサービスで使うことが大切です。私は、電子マネーの楽天Edyに交換しています(こちらも現在楽天銀行からチャージすると3%のポイントが付きます)。そんな感じでポイントが減らず、私のポイントは6万ポイントくらい貯まっていました。しかし、それを競輪に賭けれるということです。しかも、賭けた額に対するデルカポイントもちゃんと貯まります。デルカポイントの有効期限は180日なので、GIの決勝だけ買う程度の私でも、無駄なくポイントを使うこともあります。もちろん、当たった場合は現金になります。
 まあ、今回3万ptも使ってしまったので、このペースで外し続けたら全部なくなってしまいそうですが、クレジットカード等でデルカポイントを購入すれば、そちらの方の還元もあるので、今後競輪を買う時は、基本的にKドリームスを使おうと思います。

 オートレースの方は、今回もオッズパークで買いました。
 今年は、滅多に買わない会員でも3%の還元がありました。何に還元するかはいくつか選択肢があるのですが、私は楽天Edyを選びました。100円単位で還元されるので、2万円購入で600円分のEdyとなります。私の記憶では、昨年はもっと還元率が低く、交換単位も1000円単位(?)で、私がちょっと購入したくらいでは何も還元されないという感じだったように記憶しているのですが、他が色々付けだしたので、還元率を高めたのでしょうか。買う方にとってはうれしい限りです。

 しかし、相変わらずボートの方は還元がほとんどありません(ボート場が独自でやっているものはあるが、私のようなSGしか買わない人間にとっては使いにくい)。まあ、そんな特典で釣らなくても十分な売り上げがあるということでしょう。これは主催者の判断によるところもあるので、仕方ないかなとも思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(オートレース)一矢報いる

2015-12-31 16:26:35 | その他のギャンブル
 そして、31日はオートレース、スーパースター王座決定戦。今年も川口が舞台です。

 西日本のスポニチには全く情報が載っておらず、新聞はe-shinbunで購入。6紙の中から選べるのですが、1レース単位で買えるのは1紙しかありません。せっかくのグランプリなのに、商機を逃してどうするのでしょうか。私は当然、唯一1レース単位で買えるアオケイを買いました。
 本命は昨年も優勝している4番永井でしたが、中継番組を見ていると、スタートに不安があるとのこと。試走は、大幅に変わった選手はいませんでしたが、その中でも好タイムを記録し、スタートも上手い3番青山を本命にすることに。あと、人気薄でもスタート好調な5番藤岡からも狙いました。
 そして、オッズパークで買おうとしましたが、今日も滅茶苦茶重く、投票ができません。オートレースは、全く使っていないのに公式のシステムがまだ残っていたので、そちらで買うことにしました。本当にいい加減にしてほしいものです。

 中継番組は今年もBS11。以前は未だにハイビジョンになっていませんでしたが、今年はハイビジョンでした。今年からでしょうか?しかし、最終レースの締め切りがなぜか15分も伸びてしまい、表彰式の様子は映りませんでした。
 10レースは、ネットの放送を見たのですが、今年もボートで言えば賞金王シリーズ戦みたいなレースの優勝戦でした。ここに、益春菜という女性レーサーが出走しています。しかも1番人気です。私は、彼女の名前すら知りませんでした。そして、他の一流男子選手と同じラインからスタートし、当たり前のようにトップスタートを決めると、追い上げる後続選手に全く隙を見せずに優勝してしまいました。このレースの格はG2という格付けらしいですが、あれだけ強ければSGを獲っても不思議ではないように思います。船橋の廃止が近づくオートレース界の救世主となるのでしょうか。

 そしてスーパースター王座決定戦。
 スタートで1番人気の1番中村がまさかの出遅れ。5番藤岡も行けず、3番の青山が先手を取るも、スタート不安の4番永井が好スタートから2番手をキープ。4-3は買っていないので、これはマズイ展開かと思いましたが、青山と永井の差はむしろ広がる一方。1番は徐々に巻き返してくるも、1-3の組み合わせ(表裏)は買い足していたので、できれば来るなら2着、来ないなら着外でお願いしたかったのですが、最後は永井に迫るも抜くまではいかず、3-4-1で決まりました。

 当初、オッズパークに打ち込んでいたパターンでは、3-4-1は3000円買う予定でしたが、公式で買う時は1-3の組み合わせを厚めに買ってしまい、3-4-1は2000円に減らしてしまっていました。変えたのは自分の責任ですが、オッズパークとの付き合い方を考え直すのには十分なきっかけになってくれました(怒)。
 とはいえ、回収300%以上、純益6万円超えで、文字通り一矢報いました。トータルの負け額には全く及びませんが、全敗よりは遥かにいい気分です。

 12月はいろんな意味で大惨敗に終わりましたが、今日の的中は来年につなげていきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(競輪)神山ついにグランプリ制覇!?

2015-12-31 14:45:21 | その他のギャンブル
 30日は競輪グランプリ。今年は京王閣です。

 細切れで先行できる選手が勢ぞろい。しかし、関東ラインは武田が前で、唯一の3人のラインです。武田は早めの積極的なレースが予想されたので、それが成功すれば後ろの平原と3番手の神山ですんなり。早めだけに、平原もたれて神山の頭まであり得ると予想しました。一方、そのようなレースをさせまいともつれた場合は何が来てもおかしくないと思い、フォーメーションで狙うことに。村上、山崎、加えて単騎なら先行メインの浅井より、立ち回りが上手そうな園田の方を狙いました。

 忘れないように1時間前には買っておこうと思ったのですが、ここでまさかのトラブル発生。数年前から競輪を買うのに使っているオッズパークが今までにないほど重くなり、つながらないのです。以前使っていた競輪投票はもう契約解除になっているし、ドカントとかも登録はしていますが、もうしばらく使っていなくて、使い方も忘れました。本当に焦りましたが、締め切り30分くらい前になると急につながるようになったので、事なきをえました。しっかりしてほしいと思います。明日のオートレースもオッズパークで買うつもりですが、まあオートレースならこんなことは起きないでしょう・・・。

 レースの結果。車のカーナビのテレビで見ました。
 稲垣が先手を取り、注目の武田は3番手。早めに捲って行こうとするも行きっぷりが悪く、後ろの平原がその外を早めに捲って行く展開になりました。しかし、早めのせいか、後ろにいた神山にも早めに交わされ、何とか粘ってほしかった平原は追い込んできた新田に抜かれて3着。これで車券はハズレですが、ついに神山がグランプリを獲ったかと思ったのですが、テレビの実況が「勝ったのは浅井!」。
 え、どうして?と思ってリプレイを見ると、武田が上がっていく時に、3番手が映像から少し外れたのですが、その瞬間、浅井が内から追い上げて神山をどかし、3番手にスッポリおさまっていたのでした。私は、むしろ襲われるのは番手の平原の方かと思ったのですが、思えばギャンブルレーサー(漫画)でも同じような場面がありましたね。生きのいい平原よりは、年寄り(失礼)の神山をどかした方が、体力を使わずいい位置が奪えるということです。
 また、今回の3着までは、全てラインが違うので、結構な高配当になったかと思ったら、3連単は万券にも届かない77.2倍。この組み合わせは、日本選手権と全く同じということで、実は3連複は1番人気の組み合わせだったということです。もし、フォーメーション1着受けを園田ではなく浅井にしていたら当たっていましたが、当たってもトリガミだったので全く後悔はありません。

 何とかオートレースで一矢を報いたいですが、無理やり当てにはいきません。

 ところで、このレースの中継は、例年通りNHK(BS)と日テレでした。
 NHKはいつも通り中野浩一を迎え、並びやオッズを表示しながらの解説がある真面目な放送だったのに対し、日テレは坂上忍がMC、ゲストに武豊や武井壮を迎え、内容は出場選手のドキュメントを放送。レース発走まで、レース関連の情報はほぼ流れませんでした。とはいえ、内容は見ていて不愉快になるような内容ではありませんでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(ボート)グランプリシリーズスタート

2015-12-23 18:31:48 | その他のギャンブル
 今年もグランプリシリーズがスタートしました。

 今日はボートの賞金王決定戦。

 嫌でも、去年6枠で優勝した岡山の茅原が、今年も6枠に入っているのが目に入ります。とはいえ、今年は住之江なので、いくらなんでも大外は厳しいでしょう。
 ということで、素直にインを狙うことに。ただ、平均スタートが他より悪い山崎と、逆にスタートが良い石野が2枠に入っているので、山崎が残る展開なら捲っていった石野は飛ばされて着外。石野が好スタートを決めて内を封じ込めれば、山崎が飛んで着外という結果を予想しました。

 結果。
 山崎はスタートを決め、特に苦も無く逃げ切り。しかし、6枠の茅野が2コーススタートになったのは予想外(スタート展示を見る前に舟券を買ってしまっていました)。そのため、2枠の石野が内と競り合う展開にならず、残ってしまいました。それでも、1-3-5で決まりそうになりましたが、1周2マークで石野が前に出て、あとは1-3-2のまま変わらず。やっぱり、スタート展示くらいは見ておくべきですね。

 次は26日の中山大障害。難波君のサンレイデュークが、残念ながら屈腱炎で休養に入ってしまったので、今回は思い入れ抜きで買いたいと思います。

 ついでに、今日は名古屋競馬で名古屋グランプリ。私にとっては相性のいいレースで、頑張って買いましたが、本命のエーシンモアオバーはJRA勢の中で最下位に終わり、一番要らないと思った牝馬のアムールブリエが優勝。今年は大ハズレに終わりました。


 余談。

 いつも手前味噌が鼻につくボートの中継番組ですが、今回はボートに詳しいブラックマヨネーズがゲストだったためか、自画自賛ぶりが控えめだったように思います。毎回こんな感じだったらいいのですが・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(競輪)伊集院さんのおかげ

2015-11-23 18:49:53 | その他のギャンブル
 昨日のマイルチャンピオンシップは、調教、直前変わり身診断、パドック診断といずれも高評価の、前年の勝ち馬ダノンシャークから狙いましたが、いいところなくハズレ。今日は東スポ杯だけ買ってハズレ(WIN5は買い忘れていたが、買ってもまず当たっていない)。そして、競輪祭の優勝戦がありました。

 当初は、若い竹内が先手を取る展開が予想されたので、後ろの浅井とのワンツーを予想した(浅井はグランプリが決まっており、もしワンツーならグランプリでも引っ張ってくれる竹内を残すことは十分予想できる)のですが、スポニチでコラムを書いている作家の伊集院静さんの、「今回のように、実績のある自力選手が揃った特別(GI)の決勝で、新鋭にスンナリ先行させたのはほとんど見たことがない(要約)」というコメントを見て、それはあり得ると納得できたので、このラインは消し。村上兄弟ラインも、現在グランプリ圏内の兄が、もし弟が勝つとグランプリに出られなくなるという微妙な立場になっていることもあり、ここは実力通りで関東ラインから買うことにしました(武田、平原はどちらもグランプリ当確)。
 車券は、武田平原の表裏から4点ずつが本線。平原が失速した場合の武田頭4点流しを押さえで買いました。

 結果。
 勝負所で竹内が先手を取りに行くも、前につけた村上兄が抵抗する形。平原はインを突き、関西3番手の稲川が平原の番手にハマった時は少し焦りましたが、ハッキリ言って自力が違いすぎました。最終3コーナーでは平原武田で捲っていき、最後は武田が差して楽々ワンツー。3番手には6番が粘りこみ、今回は堅いところを押さえたので、一瞬外れたかと思いましたが、6番の池田は関東ラインの3番手なので当然買っています。

 回収率260%のショボ当たりですが、それでも概ね予想通りの結果になって大満足。中部ラインから行くのを止めてくれた伊集院さんには本当に感謝しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(オートレース)全敗だけは・・・

2015-01-09 22:54:52 | その他のギャンブル
 大晦日は川口でオートレースのスーパースター王座決定戦でした。

 8レースくらいから参戦。普通に外してメインレースです。

 昨年、試走タイムが非常に重要ということが分かったので、当然重視することに。本命の3番の永井は試走タイムがダントツ。前々走(前走は雨走路で参考にならず)のタイム等を見ても一番いいのは明らかで、頭固定で大丈夫だろうと思いました。
 とりあえず、すぐに車券を買って、残りは席でじっくり考えてネットで買おうと思いました。ということで、車券の方は3から1,2へ5千円ずつの2点買い。買ってすぐオッズを見たときにはどちらも20倍くらいだったと記憶しています。
 席では、以前車券でお世話になった5番の高橋などを狙っていましたが、最初に買った車券はみるみるうちにオッズが下落。10倍も切ってしまいました。

 そしてレース。
 永井は好スタートを決めてあっさり先頭。すぐに1番の木村に抜かれたときには焦りましたが、すぐに先頭を奪い返すと、ぴったりくっついて好機をうかがう木村とのつばぜり合いとなりました。抜かれたらおしまいなので10周が本当に長かったですが、最後まで隙を見せなかった永井がそのまま押し切って優勝。2着はそのまま木村。3着は無風で回ってきただけの2番中村。高橋は最初に一瞬見せ場を作りましたが、ズルズル後退して最下位でした。

 結果として回収率は200%にも届きませんでした。これまでボロ負けなんだから、もっと絞ればよかったと少し後悔しています。
 それでも、全敗は阻止できたので、気分は悪くありません。グランプリトータルとしては考えたくもないくらいの大惨敗ですが・・・。

 あと、表彰式で川口市長が言っていましたが、このシリーズの売り上げは「何と」22億円だったらしいです。おそらくオートレースとしては大健闘なんでしょうが、個人的には「東京大賞典1レースの売り上げにも及ばないのか」という感じです。それこそ、全国の競輪のサテライトで、小規模でも売れるようにできないのでしょうか(観音寺のような地方のサテライトでは厳しいでしょうが、関西圏等利用者が多いサテライトならそれなりに売れるのでは?)。ボートレースに加え、地方競馬や競輪も売り上げが底打ち傾向なのに、オートレースは船橋に存廃問題が出ているように、まだまだ大変なようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(競輪)テレビ観戦

2015-01-08 21:48:01 | その他のギャンブル
 競輪グランプリは岸和田で行われました。

 元気があればどこかの競輪場か場外車券売り場に行くことも考えましたが、都内で一番近い競輪場は調布市の京王閣のようで、更に都内には場外車券売り場がない(新橋の場外車券売り場は会員制)ので、諦めてネット購入+テレビ観戦となりました。

 関東ラインが人気していましたが、今回は初の関西圏での開催。更に、若い稲川を差し置いて村上兄が前を走るということで、主導権を期待して本命は後ろを走る村上弟を中心に買いました。当然、岡山の岩津も買いました(笑)。レースは秋葉原の路上で見ました。

 結果。
 勝負周回で関東ラインが上がってきても村上兄は前に出さなかったのでこれは期待通りの展開になったと思ったのですが、関東ラインは一気に巻き返して主導権を取ってしまいました。関東ライン番手の武田は最終向こう正面で一気に先頭に出ましたが、後ろはごちゃついてしまい、武田がそのまま楽勝。2着に村上弟、3着村上兄という結果でした。

 仮に関東ラインを本命にしていても、多分武田=神山で買っていたと思うので、どちらにしても当たっていないでしょう。
 なお、グランプリ1レースの売り上げは50億円を超え、シリーズ戦トータルの売り上げも120億円を超えたということで、どちらも主催者の目標を上回ったということです。最盛期のころの売り上げには遠く及びませんが、それでも売り上げの下落傾向はやっと一段落したようです。これ以上廃止されるレース場を出さないよう、頑張ってほしいものです。

 あと、廃止された観音寺競輪場の跡地はサテライト観音寺となって、今でも車券を買うことができるようになっているのですが、この車券場内に、何と兵庫県競馬の場外馬券売り場ができるようです。同じ経産省が所管する競輪とオートレースがどちらも買える車券場は既にありますが、農水省の所管である競馬の馬券が同じ施設内で買えるのは初めてではないかと思います。今度、競輪も競馬も発売している日に、一度行ってみたいと思います。
 サテライト笠岡でも地方競馬の馬券売ってくれないかな・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(ボートレース)岡山から買う?

2014-12-23 23:29:11 | その他のギャンブル
 23日はボートレースの賞金王決定戦。

 大阪の住之江で開催されることが多い賞金王決定戦ですが、競輪グランプリとは逆に、今年は東京の平和島での開催となりました。
 これまでの賞金王決定戦は4日間開催となることが多かったですが、今年は6日間開催となりました。どういうことかと思ったら、今年からルール変更となり、出場できる選手は12人から18人に増えた一方、7位から18位の12人がまず2日戦い、このうちの上位6人と、1位から6位の6人(計12人)が、3日目から5日目の3レースを戦って、上位6人で優勝賞金1億円を争うという図式となったようです。

 岡山からは珍しく2人が出場していましたが、6位以内のシードだった吉田拡郎は優勝戦に進めず、初日から出場した茅原悠紀は何とか優勝戦に乗れたものの、6号艇になってしまいました。20代で優勝戦に乗れたのは彼だけですが、百戦錬磨の強敵を相手に大外枠ではさすがに苦戦必至でしょう。
 一方、1号艇の白井は、ここ3戦圧倒的な強さで全て勝っており、スポニチの中道さん(元選手)も太鼓判を押していますが、あまり1号艇が強くないレース場(5日目までの1号艇勝率は5割以下、ただし、5連勝も2度ある)のイメージがあり、白井自身もSG優勝戦13連敗していた(ただし今年は1つ優勝している)など勝負弱い面もあるので、全面的な信頼はできないと思いました。
 当日のレース結果だけ見ると、1号艇が勝ちと負けを交互に繰り返しています。この調子なら1号艇は切るべきかと思いましたが、10レースで1号艇が2連勝、もし11レースも1号艇が勝てば、割り切って白井から買おうかと思いましたが、11レースは1号艇が2着に敗れたので、当初の予定通り1号艇は1着で買わないことにしました。基本はフォーメーションで3号艇太田、4号艇菊地が頭。2着は2号艇以外に流しました。一方、1号艇が3着を外すケースは1度しかなかったので、1号艇が絡む組み合わせは厚めに買いましたが、一方で外で決まるケースを想定して3,4,5,6のボックスも買いました。

 結果。
 もし太田が素直にスロースタートなら、菊地が捲くり差しではなく素直に差していれば・・・と、タラレバをいくらでも言いたくなります。6号艇の茅原が突き抜けてしまい1着。それでも、2番手に4号艇菊地、3番手に3号艇太田が上がって来たので、6-4-3なら200円持っていましたが、太田は2マークで突進して流れ後退。これで、私の舟券は終了しました。

 岡山の星として期待していたとはいえ、本人のコメントもそれほど強気ではなく、まさか1着まで突き抜けるとは思いませんでした。4-6-1は800円買っていましたが・・・。岡山の選手がグランプリを取ったこと自体は嬉しいですが、当てられなかったのは残念で仕方ありません。競輪グランプリも岡山出身の選手が一人出ますが、単騎ということもあり、厳しいと思っています。しかし、今度は買うしかないでしょうか・・・?

(余談)
 もし6-4-3や4-6-1で決まっていたらどれくらい付いていたのか知りたかったので、公式ホームページなどを調べたのですが、結局分かりませんでした。競馬や競輪は当然のように見ることができます。確定オッズを見てタラレバを言うのもレースギャンブルの醍醐味の一つだと思うのですが、どうしてオッズを出さないのでしょうか。
 それなら、今日のテレビ番組を録画していたので、こちらで直前オッズが確認できればいいと思ったのですが、(少し早送りで見ましたが)何と1度もオッズを表示しませんでした。だいたいボートレースのテレビ中継(地上波でのもの)は、ドラマ性を過剰に盛り上げる鼻持ちならない内容が多かったですが、予想に関わるレースの情報を全く出さないとか何を考えているのでしょうか。

 次のグランプリは、28日の有馬記念です。
 私は、有馬記念を初めて現場で見ることになります。
 ダメ元でJRAカードによる指定席抽選を受けたのですが、何と当たってしまいました。
 指定席は、席が確保されることも魅力ですが、何より嬉しいのは、指定席エリアには指定席券を持っていない人が入ってこられないため、馬券が楽々買えるということです。指定席が取れない場合は、馬券をいちいち買いに行かずネットで買おうかとも思ったくらいなんで、本当に助かります。
 もったいないのは、指定席が当たるとは思わなかったので、早く行っても疲れるだけだろうと思い、羽田に11時に着く飛行機を予約してしまったことです(パックなので変更不可)。その後順調だったとしても競馬場に着くのは13時くらいになるでしょう。まあ、有馬記念以外は興味ないのでそれでも構わないですが、混雑しすぎて入場するだけでも苦労しそうです。
 これで馬券も当たってくれれば文句なしなんですけどね。ちなみに、本命もう決めています。枠順や馬体重、パドック診断で変える可能性はありますが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加