アキバ系ギャンブラーの賭け

ギャンブルで儲けてアニメに貢ぐという崇高(?)な目的のため、ありとあらゆるギャンブルに手を出すギャンブラーの日記

(株)遅れたかも

2005-09-29 19:08:47 | Weblog
 今日はゼンショーについて。
 昨日まで良い感じで上がっていたが、今日はついに下落に転じてしまった。今日は1930円で初値を付け、一時1939円まで上昇したが、その後は下落。一時1900円を割り込んだが、大引けは何とか1906円まで回復。しかし、前日比19円安となった。
 今日の成り行きで売ろうかと思っていたのだが、まあ仕方ない。ここで躊躇せず、明日は成り行きで売ろうと思う。現状では上値余地はあまりなさそうだし、今日下げしぶったので明日は上げて始まるのではなかろうか。しかし、更に上値を追う展開となる可能性は低そうだ。今の持ち分は利幅狙いということなので、早めに利益を確定させようと思う。

 他ではセガサミーは続伸。SANKYOは6000円を超えて6050円まで上昇。6000円を超えたあたりで利益確定売りも出たが、最後は上げて終了。実にいい展開だ。
 また、POで買ってそのままにしていたらどんどん下がっていたマネックスビーンズホールディングス(MBH)が、今日は1.1万円高の12.8万円まで上昇した。私の購入価格(約12.5万円)も一気に上回ってくれた。買ってすぐ下げただけに少し気分が悪かったが、これでとりあえずは一安心。
コメント

(株)権利落ち悲喜こもごも

2005-09-28 18:15:21 | Weblog
 9月末の権利落ちが済んで2日が経過した。

 分割銘柄は、セガサミーが一時4500円を伺う動きだったが、今は落ち着き4200円台に。ゼンショーは、始めはあれっと思わせる展開だったが、今日の終値は1925円。私が買った値段は3730円なので、半分の1865円と比較してもまずまず上がっている。ただ、値動きは少し鈍くなったので、明日の成り行きででも売ろうかと思っている。

 一方、気になるのがマーベラス。昨日は急激に売り込まれ、一時28.5万円を付ける場面もあった。そこからは持ち直し、今日は30万円台を回復したが、伸び悩んで30.4万円止まり。きっかけがあれば反転すると思うが・・・。

 逆に強いのがSANKYO。今日は5980円まで上げ、ほぼ高値引けだ。明日はおそらく6000円を超えてくるのではなかろうか。期待したい。
コメント

(株)また間違えた

2005-09-26 19:23:10 | Weblog
 金曜日は、9月権利取りの最終売買日だと思ったので、ゼンショーを仕込んだのだが、今日26日になっても、株価は変わっていない。どうやら、今日が最終売買日だったようだ。どうもこの辺が良く分からない。とりあえず今後は、投資情報をチェックして、最終売買日を確認したい。
 そのゼンショー。3730円で買ったのだが、その日のうちに3670円まで下がってしまい、今日は一時3600円も割り込んだ。分割の権利落ちを迎えると、半分の株は公布日まで売買できなくなるので、それを嫌った売りの方が勝っているということだろうか・・・。なお、今日の大引けは+10円の3680円だったが、今日の朝成り行きで買っていれば3660円で買えていた。

 一方、今日も大幅高の日経平均に比べ、私の持ち株は実に冴えない展開である。
 セガサミーは、おそらくゼンショーと同じ理由で下げている。アニメ系も完全に物色の圏外にさらされていて、特に先日公募増資を発表したマーベラスは、30万円割れも視野に入っている。増資の割合は10%にも満たないものだから、そんなに下げる必要はないと思うのだが・・・。
 そんな中、SANKYOは大幅高。6000円台目前である。セガサミーから、一部乗り換えてこの銘柄を買っているのだが、ようやくこの会社の割安感が注目されてきたということだろう。しかし、乗り換えずにそのままセガサミーを持っていた方がずっと儲かっていたということは言うまでもない。

 明日は今度こそ権利落ちである。分割するセガサミー、ゼンショーの株価がどう動くかに注目したいが、とりあえずゼンショーについては明日は売らないことにする。
コメント

(中央競馬)配分ミス

2005-09-26 19:22:38 | Weblog
 神戸新聞杯。

 ディープインパクトについては、普通に買うか、不発に期待して外すか、正直かなり迷った。しかし、正直ディープインパクトには頑張ってほしいという気持ちもあったので、1着固定で買うことに。
 まずは本線。ストーミーカフェが2番人気だが、いくらディープと未対決とはいえ、ディープクラスの馬がそんなにポンポンと出るはずはない。そうなると、2番人気では妙味が全くないし、逃げ馬ということで駄目なら惨敗のケースもあり得る。無印。そうなれば、対決組では素直にシックスセンスでよかろう。馬体が大幅に減っているのは気になるが、皐月賞当時よりちょっと少ないだけだ。インティライミがいない以上、この馬がなぜ5番人気なのか意味不明。ということで、これが対抗。3番手は、順当にアドマイヤジャパン、ローゼンクロイツと、ラジオたんぱ賞2歳Sの勝ち馬ヴァーミリアンが良さそう。一方、マチカネキララはキャリア2戦に加えて休み明けということで切った。以上3点買い。
 続いて穴目。先ほど挙げたヴァーミリアンを思い切り狙ってみた、2着受けから総流し、3着受けからも総流しを買い、更に人気馬に対しては買い増した。

 オールカマーが始まる直前、ふと思った。いくらなんでもバランスが悪すぎるのではなかろうか。本戦はたった3点で、500円ずつしか流していない。それに対して、穴目は総流しなども行っているため、合計5000円くらい買っている。これは、本線を買い足した方がいいのではなかろうか・・・。と思ったのだが、GⅡであまりたくさん賭けられないし、加えてオールカマーが外れた(3頭ボックスなので当然)ので、買い足すまでに至らなかった。

 結果は、本線の通りに決まった。加えて、ヴァーミリアンは10着と惨敗した。

 回収率も3倍近いのだが、後悔だけが先に立った。本線1500円、穴目5000円では、どう考えてもバランスが悪すぎる。どうしてもう少し考えた配分ができなかったのだろうか。同額とはいかなくても、せめて1000円ずつ流していれば、回収率的にも十分満足できただろう。無念だ・・・。

 それにしても、ディープインパクトは春の全然変わってなかった。馬体が増えていなかったが、もう今更増える必要もないだろう。菊花賞についても、ほんの少しも不安はなく、むしろ期待はその先どうなっていくのかということの方が気になる。日本にはもう古馬を含めても敵はいないだろう。あとは、海外でも通用するかどうか。この1点だけが気になる。とはいえ、とにかく無事に走ってくれることが一番だ。
コメント

(パチンコ)いつきに激萌え?

2005-09-26 19:21:50 | Weblog
 この日は一人打ち。どうせならと、あまり行かない店に行った。
 新台はCRF花月伝説外伝。きわどい争奪戦の結果何とか取れた。しかし、回りはイマイチ。千円20回を下回っている。また、前作を打ったことがないので、その辺の比較が何とも言えないが、正直あまり面白いとは思えなかった。ということで、14K入れたところで撤収。

 続いて、なぜか新台で入っていたCRプリティバンド。ゼロヨン基準の前の台なので、おそらく中古台だろう。当時の平和の台ということで、デジタルを即時停止させることができるスキップ機能を搭載している。この機能は、回転効率を著しく上げることができるため、プロには大変喜ばれた機能だ。ということで、今の状況でも挽回しやすいので、この台に決定。
 スペックは当時の台らしく、確変2分の1、全絵柄時短100回の台だ。ボーダーラインは、4個戻しの台にしては甘い18回程度とのこと。にもかかわらず、最初の3Kで90回も回った。これはいけるかも・・・。
 なお、リーチアクションについては、昔CS放送でちょっと見た程度。打ったことはあるが5K程度で、当たりもなかった。iモードで調べても、簡単な信頼度しか分からず、また、中古台なので小冊子もなく、多少手探りの状態で打った。

 ところで、この台のキャラクターは、何ともアニメチックなキャラクターで、なかなかかわいいのだが、いかんせん3頭身というのがいただけない。デフォルメキャラは、元があってこそ「かわいい」と思うのであって、最初から3頭身では、正直萌えようがない。せっかくのキャラクターも、結局中途半端になってしまうように思う。

 閑話休題。
 9K目。何のリーチか忘れたが、あまり期待できそうになかったのでスキップした。スキップにも信頼度があって、スキップしたあとの液晶が、青背景<青背景音変化<赤背景<いつき(ボーカルの娘)以外のキャラの顔<いつき登場、となっている。いつき登場がプレミアということは、iモードの情報で知っていたのだが、ここでそのいつき登場となった。どんな風に登場するのかと思ったら、全身が下からスクロールする形で登場するので、はっきり言ってかなり驚く。しかも、この時のいつきはなぜか5頭身くらいあって、はっきり言って萌える。しかもプレミアなんだから、いっそう萌える(笑)。
 通常絵柄だったが、大当たり終了後に確変に変わった。なお、この台は大当たり前、大当たり後に再抽選があり、更に隠れ確変も存在する。ということは、おそらく最初から確変絵柄で当たる割合はかなり少ないのではないだろうか・・・。ということで、通常時の確変リーチは、スーパーになっても、スーパーが始まったとたんにほとんどとばしていた。
 結局、最初の当たりは4連チャン。隠れ確変の判別は意識しなかったので、時短中に当たった当たりは、隠れ確変だったのか、時短中にたまたま当たったのか分からない。

 その後、3連チャン、2連チャンと、伸びは平凡でも単発を引かず来ていたのだが、ここで大ハマリ。せっかくの出玉がどんどんなくなり、最後の箱に手を付けるころ1000回を突破したのだが、1100回に近づこうかというとき、やはり期待できずにスキップしたリーチで萌えいつきが降臨し大当たり。やはり通常絵柄だったのだが、結局5連チャンまで伸びた。

 その後は大したハマリがないのに、とにかく単発を1回も引かずイケイケモードに・・・。連チャンも1回だけ7連まで伸びた。萌えいつきも以後通常時に2度ほど登場した。

 ということで、一人だったにも関わらず大勝ちで終了。一歩間違えれば大負けもあったパターンだけに、中古台に救われてやれやれであった。

 それにしても、スキップ機能は本当にいい。回転数を増やせるのはもちろん、自分の気分に応じて飛ばしたり飛ばさなかったりを選べるし(プロは全部飛ばすのだろうが、さすがにそれはつまらん)、ハマリも比較的苦痛ではない。今の台には搭載されていないのが本当に残念だ(規制で禁止されている)。

 ということで、ありがとうCRプリティバンド。ありがとう激萌えいつき。でも、以後2度と打つ機会はないだろう・・・。
コメント

(株)権利落ち

2005-09-21 19:42:16 | Weblog
 今日の日経平均は一時13200円を付けたが、私の持ち株は冴えなかった。
 特に、マーベラスは1.3万円も下落。最近は値動きが落ち着いていただけに、少し気になる。スクエニなども、利益確定売りからか、ここのところ下げ幅が大きい。

 さて、明日は9月期末の最終売買日になると思われる。
 セガサミーも分割するのだが、どうするか迷っているのがゼンショー。分割前に追加購入し、権利が落ちたらすぐ売るという作戦を取るべきかどうか・・・。最初は絶対にするつもりだったのだが、とにかく株価が右肩上がりなので、だんだん狙いにくくなってしまった。まあ、これくらいの冒険は問題ないと思うので、一応明日の寄りつきで買おうと思っている。
 セガサミーについては、株価が高すぎて手が出ない。こちらは、新株交付前に売るかどうかで悩まされそうだ。
コメント

(株)景気敏感株

2005-09-20 19:24:43 | Weblog
 日経平均はついに13000円に乗せた。と思ったら、まもなく13100円も突破してしまった。

 私の主要銘柄は、全くこの動きに乗れない。セガサミーは下げに転じ、アニメ系もサッパリ。主要銘柄の中では、SANKYOだけが堅調だった。
 あと、実はPOで、私が取引をしているマネックスビーンズが当たったのを、ずっと売らずに持っているのだが、ここは証券会社だけに、言うまでもなく景気敏感株である。12.5万円くらいで買って、今はそれより少し高い程度なのだが、少しは景気敏感株も持っていないと、このまま日経平均がどんどん上がり続けたときに、それに乗っていけない可能性がある。まあ、割合が少なすぎるので、持っていてもたかがしれているかもしれないが、ないよりは良いのではなかろうか。
コメント

(パチンコ)久々の出来すぎ

2005-09-20 19:24:11 | Weblog
 CR北斗の拳強敵。最近は「伝承」ばかり打っていたので、「強敵」は久しぶりだ。

 実戦開始。まもなく、連れにマミヤリーチがかかる。伝承なら、ここで画面が割れれば、あまり期待できないラオウリーチになるのだが、強敵は割れた時点で突然確変なんだよな・・・とか思っていたら、何と本当に割れてしまう。一瞬混乱したが、間違いなく突然確変。500円ずつ入れただけで、早くも当たってしまった。
 それは4連チャン(突確含まず)。その後、私の方も当たるが単発。しかし、連れはあまりハマらず、次々に当たりを引く。私はいつも通り1000回ハマり。そんな展開だった。
 連れは次々に当たりを引き、気づけば早い時点で34回(突確含む)を数えた。一方私は10回程度。しかし、夕方頃から今度は私が噴きだした。10連クラスの連チャンを引き、回数は一気に増えた。
 結局、連れは43回、私は41回。突確が何回あったか数えていないが、純粋な大当たり回数でも、どちらも30回程度にはなっているだろう。当然、大勝ちであった。

 なんだか、久々に「今日は出来過ぎ」になったような気がする。まあ、最近は負けが多かったので、とりあえずやれやれ。
コメント

(中央競馬)一応障害の結果

2005-09-20 19:23:40 | Weblog
 阪神ジャンプステークス。難波君の馬は単勝84.7倍という人気のなさに応え、10着と惨敗した。まあ、当然である。まだ3歳なんだから、一歩一歩ステップを上がってほしい。
 なおこのレース、単勝1.4倍の断然の支持を集めたフミノトキメキが向こう正面で落馬してしまった。これでまた障害ファンが減った気がする・・・。しかし、勝負所での手応えは怪しかったので、落馬しなくても着外だったような気もする。
コメント

(地方競馬)今後が楽しみ

2005-09-20 19:23:05 | Weblog
 19日はダービーグランプリ(GⅠ、盛岡2000m)。
 ここはカネヒキリで間違いないだろう。問題は2番手。
 逃げると思われるアグネスジェダイは距離が長いし、ドンクールは前走惨敗。サンライズバッカスはダート無敗だが、メンバーの格を考えると果たしてどうか。コンゴウリキシオーは論外だろう。オッズ的には2点も買えない。どれか1頭だけを選ばなければならない。
 馬体重が発表された。すると、ドンクールは21kg減。これで、春当時の馬体に戻っている。前走の惨敗は、もしかすると重め残りが原因だったのかもしれない。ということで、ドンクールを選んだ。

 結果。
 カネヒキリは予想通り完勝。
 しかし2着争いは、サンライズバッカスが凄い勢いで上がってきて、ドンクールは全く抵抗できなかった。ドンクールもダートを5連勝くらいしていたが、あの当時の強さはどこへやらといった感じだ。

 カネヒキリは、次はどこへ行くのだろう。JCダートが目標ということだが、それまでに1度使いたいようだ(まあ、2ヶ月以上開くのだから当然)。JBCは小回りを嫌っているようなので、南部杯か武蔵野ステークスということになるのだろうか。斤量を考えれば、南部杯がいいと思うが、中2週はちょっときついかもしれない。武蔵野ステークスはGⅠ馬3kg増になるはずだが、3歳なので57kgくらいで出られるのだろうか?それならこちらでもいいような気もするが・・・。
コメント