アキバ系ギャンブラーの賭け

ギャンブルで儲けてアニメに貢ぐという崇高(?)な目的のため、ありとあらゆるギャンブルに手を出すギャンブラーの日記

2010年総括

2010-12-31 22:43:02 | Weblog
 今年は去年より元気なので、今年のうちに2010年の総括をまとめておきたいと思います。

△中央競馬

 下半期に30万馬券を2度当てることができたものの、それ以外は散々と言っていい内容。来年はもう少し運が向きますように。


△地方競馬

 一番大きな当たりは先日の兵庫ゴールドトロフィーではないかという程度の体たらく。これがなければ「×」でも良かったくらいです。もう少し予想を調整しなければいけないようですね。

×競輪、競艇、オートレース

 何しろ1つも当たってないですからね・・・。

△パチンコ

 今年も無事黒字でした。額も、去年以上と満足が行くものでした。
 しかし、その黒字を支える「貯玉システム」を止める店が続出しています。去年の分も含めて、私が貯玉をしていた4軒のお店が、貯玉システムを止めるか、換金率変更により貯玉のメリットがなくなるかしています。
 現状には不安を感じざるをえません。来年はもっとシビアに立ち回ろうと思います。
 

△パチスロ

 一時期の衰退ぶりを比べると、ずいぶん盛り返してきたものだと思います。
 しかし、勝ちやすくなったかというと、むしろ勝ちにくくなったという感じ。序盤はハイエナで結構稼げましたが、ハイエナが知れ渡った現在は、千円程度の期待値すら稼げる台が無くなっています。
 今年も一応黒字ですが、来年は勝てる自信が全くありません。

◎株

 日経平均は僅かに下がったらしいですが、株に関してはここ数年であり得ないほど上昇してくれた1年でした。
 何よりセガサミーが、パチスロに加え、北斗の拳などのパチンコも絶好調で4割程度上昇してくれました。また、ひぐらしに対する期待で買ったオーイズミをほったらかしていたら、カジノ期待で12月に急伸。更に、ずっと耐えに耐えていたマーベラスが、ここにきて業績回復により持ち直したのが気分的に大きいです。
 とはいえ、特に何もしてないからなあ・・・。持っているのが上がっただけという感じで・・・。オーイズミなどは、売りどきに苦労しそうです。業績が伴っていない上げだけに、下がるのも早そう・・・・。


 ということで、個人的には(ギャンブル面)あまりいい1年とは言えませんでした。来年はもっといい年にしたいと思います。
 それでは皆様、良いお年を・・・。


 あ、アキバ系面のこと(特にコミケ関係)については、年明けに書こうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(オートレース)90万て・・・

2010-12-31 21:52:39 | その他のギャンブル
 もう完全に自信を喪失して向かった川口オートレース場。コミケは12時ごろに切り上げて向かったところ、13時半ごろには到着できました。

 8レースには、あの森且行が出ています。私が買った専門誌は対抗評価でした。ここは素直に森も絡めて買いました。2連単の表裏(3=5)と、3連単を追加しました。
 しかし、空いている席に着いた時、電光掲示板に2連単オッズが出ていたのですが、5-3のオッズは2.2倍でした。本当にこれを見ていて良かったよ・・・。

 レースは、3が先頭で森(5)は2番手。このまま耐えてほしかったところですが、森はすぐに前を交わしてそのまま1着でゴール。当たったのは当たったのですが、とにかくオッズを見ていたので・・・。いや、むしろオッズを見ていなければぬかよろこびになっていたでしょうから、その点だけは良かったと思います。
 確定オッズは2.4倍。3連単も当たったのですが、12倍くらいしか付かず、4千円賭けて払い戻しは5千円ちょっとという体たらくでした。

 9,10レースは普通にハズレ、メインレースは11レース、スーパースター王座決定戦です。

 去年お世話になった(優勝した)高橋は6番車です。評価的にはやはり厳しいようです。一方、昨年2着に敗れた永井の評価が高いようです。相手のコメントなどを参考に自分なりに予想した結果、これは永井で仕方なかろうと思い、マークシートを塗っていたのですが、ここで驚くべきハプニング。レース前の試走は、私は試走タイムを参考にするくらいで、試走自体は全く見ていなかったのですが、鈍い音がして、観客がどよめきました。見てみると、何とその永井がコーナーで滑って、外壁に衝突してしまったのです。
 競艇も同じですが、試走中の事故は欠場になるということで、競馬で言うところの競争除外になってしまったのです。永井は特に怪我などはしていなかったようで、すぐに出てきて観客席に向かい頭を下げていました。当然、既に売れている車券は払い戻しになるわけで、むしろ優勝を狙っていた永井の気持ちを思うと、いたたまれないです。

 しかし、これで予想はやり直し、私はまだいいですが、ずっとオートレースを見てきた熱心なファンは、丸1日、或いは2日考えた予想がパーになるのですから、大変だったことでしょう。
 内の方の選手はいずれも頼りなく、かといって7,8は用なしのようだったので、ここはお世話になった高橋から行くのが正解かなと思い、まずは6から手広く流しました。一方、2番の選手が「1番のハナを叩く」みたいなコメントをしており、1番はそれほどスタートも良くないようなので、上手くいけば先手を取ってそのまま逃げ切るケースもあるかと思い、2番からも手広く流しました。

 そしてレース。
 スタートは1番があっさり先手。2番は最初のコーナーを回って3番手くらいで、6番も4~5番手くらい。これはいきなり終わったかと思ったのですが・・・。
 1番は後ろから次々に抜かれて後退。代わりに上がったのが2番手にいた3番。以下、2番、6番と続いています。最初は、2番の逆転には期待できず、6番の上昇に期待したのですが、むしろ2番の方が前との差を少しずつ詰めていきます。2が1着なら高配当は確実なので、これはテンションが上がりました。まだ5周くらいあったし、何とか抜けないかと期待したのですが・・・。

 残念ながらそのまま逃げ切られてしまいました。
 当たりの3-2-6の組み合わせは、何と7万車券。しかも、もし2が逆転して2-3-6になっていたら9万車券でした。
 2-3-6は、私は千円かっていました。何せ、オッズを見ていなかったんで・・・。当たっていれば90万円超えの払い戻しでした。こんなに付くのなら、裏目も押さえておけば良かったです。
 それでも、2を買っていなかった人が多かったらしく、私の周りはSGの優勝戦だと言うのにしーんとしていました。そういう意味では、最後の方まで楽しめた私は、多少幸せだったのかもしれません。

 とはいえ、ハズレはハズレ。これでグランプリシリーズは全滅となったのでした。今回の負けた金額は、もう計り知れません。
 でも、思ったよりスッキリしています。最後の3つについては、大ハズレというほどではなく、また激しい疲労はあったものの、去年ほど体調を崩すことはなかったのが良かったです。あと、コミケでの立ち回りが予想以上に上手くいったことが何より満足だったというのもあるのですが(この辺はまた後日書きたいと思います)。

 ということで、来年も是非挑戦したいと思っています。ただ、競馬はともかく、競輪とオートレースは、来年はどこでするんだろ・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(競輪)ほとんど合ってんじゃん

2010-12-30 19:44:27 | その他のギャンブル
 コミケ会場のある国際展示場から立川まではかなり遠いので、イベントの進行状況次第では、どちらかを断念しなければならない恐れもあったのですが、ツインエンジェルのマイスロイベントが11時台には始まってくれたので、早めに移動できました。

 到着後、9レースと10レースを見ることができましたが車券はあっけなく外れ。しかし、とにかく肝心なのは11レースの競輪グランプリです。

 今回は、ここ数年ほど細切れというメンバーではなかったこともあり、素直にラインで買うことにしました。いろいろ天秤にかけた結果、東北ラインが先手を取るだろうと予想。東北は2番手の山崎も先行型であり、2段ロケットで進出すれば、そう簡単に捲られることはないと考え、その山崎と後ろの伏見を中心に買いました。

 結果。
 予想通り佐藤が先行。村上が捲ってきたところに合わせて山崎が発進し、これで完璧なパターンになったと思ったのですが・・・。
 その村上兄の番手だった村上弟が東北ラインに襲い掛かり、微差の勝負を制して1着になってしまいました。

 これは村上弟を褒めるしかないんでしょうね。ほとんど予想通りにレースが進行したのに、1つのほころびからすべてがパーになった感じです。


 これで、完全に終了してしまった感じです。明日はオートレース。今までのを取り返そうと考えず、少しでも取り戻せるように・・・という感じで行きたいと思っています。

 なお、明日もコミケ会場から遠いので、あるいはコミケをやめて、同じ埼玉の鷲宮神社に行ってみようかと思ったのですが、こちらの方がもっと遠いです。さてどうしましょ・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(地方競馬)踏んだり蹴ったり

2010-12-29 19:59:04 | 地方競馬
 今日は朝一でコミケに行き、それから大井競馬に向かうという去年と同じ日程でした。今日は東京大賞典でした。

 着いたときは既に8レースまで終了しており、9レースは競馬ブックを元に3千円買ったところ、あっさり当たって2万馬券(当然100円)。もっと買っておけば良かったよ。

 そして、すぐにマークシートのマークにとりかかり、馬券を購入したのですが、ここで痛恨のミス。一部の馬券について、スマートファルコンの13ではなく、ワンダーアキュートの14を塗ってしまったのです。しかし、発券されてすぐに気付いたので、恐らく交換してもらえるだろうと思い、係員を呼んだのですが・・・。

 「発券後の交換は一切できません」

 とのこと。
 係員のおばちゃんは、指示通りにやっているだけなので恨みはありません。しかし、発券されたばかりの馬券を交換できないというのはどういうことでしょう。
 JRAでは、売り場を離れずその場で申告すれば交換してもらえます。そもそも、ここの自動発見器はJRAのものと同じく、マークシートを入れて、お金が足りていれば、何の確認もせずに発券してしまいます。このようなシステムにしている以上、その場で確認して間違いに気づいた場合は、交換するのが当然ではないかと思います。競艇などは、マークシートとお金を入れて、画面の表示を確認したうえで、確認ボタンを押して発券を行うというシステムを取っています。このシステムで間違えたのなら客の責任かもしれませんが、確認した時に既に馬券が出てくるシステムなら、その場で申告すれば交換するのが当然ではないかと思います。

 とはいえ、自分がマークミスしたのがそもそもの原因なので、これ以上ゴネずに退散しました。ワンダーアキュートなので絶対にありえない組み合わせではなかったのですが、もし当たったら数百万円になってしまうような組み合わせもあるんですが・・・。

 その後、当然正しい馬券も買い直し、予定を大幅に超える馬券を買ってしまいました。これで当たればまだ許せたのですが・・・・。


 結果はスマートファルコンが完勝。良馬場の大井で2分0秒4という驚愕のレコードで逃げ切りました。
 しかし、スマートファルコンを追いかけたフリオーソも、バテることなく2着を確保。とはいえ、これは想定内なので致し方ありません。
 しかししかし、3着のバーディバーディが全くの想定外でした。JCダートのバテ方を見ると、こんなペースになったら普通つぶれると思うのですが・・・。4着のアドマイヤスバルが3着なら、トリガミながら当たっていました。

 外れる時は、フリオーソが1着になるケースだけだと思っていました。まさか、スマートファルコンが勝ったのに何も当たらないケースがあるとは思いませんでした。ミスした分も含め、昨日の勝ち分などあっという間になくなってしまいました。
 本当はスマートファルコンの強さを大いにたたえたいところなんですが、馬券がダメだったのでとてもそんな元気出ません(苦笑)。

 明日も午前はコミケに向かい、午後から立川に向かいます。しかし、去年の京王閣以上に立川は遠いので、早めに切り上げなければいけません。とはいえ、ツインエンジェルのマイスロイベントだけは参加しなければいけません。どうしましょ・・・。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

(地方競馬)勢いを付けて

2010-12-28 21:19:48 | 地方競馬
 東京大賞典の前日である今日、園田で「兵庫ゴールドトロフィー」が行われました。

 笠松の快速牝馬ラブミーチャン。今年は苦戦が続いており、前走は地元戦を取りこぼしました。叩き2走目で上昇気配はあるものの、このレースは他にも逃げたい馬が2頭おり、ハイペース必至のメンバー構成でした。
 1番人気はスーニでしたが、最近はあと一歩のレースが続いています。ハンデ戦で59kg背負わされている上、先行争いに巻き込まれる可能性もあると予想して、2番人気の9歳馬トーセンブライトを本命にしました。前走のJCダートはメンバーが強力な上距離も長かったため惨敗も致し方なし。適距離なら中央でも掲示板を確保するなど、状態は悪くないし、展開も向きそうなので期待しました。相手は、スーニに加えて10歳牝馬メイショウバトラーを押さえ、アルドラゴンなどを3着に押さえました。芝馬ファイングレインも出ていましたが、初ダートだけに無視しました。

 レースは、ラブミーチャンがダッシュよく飛び出すと、あとの2頭の逃げ馬は付いていけず、代わりに迫ったのはスーニでした。トーセンブライトはその直後という展開。勝負所の3コーナーでは、前が逃げ切ってしまうかと思われたのですが、トー戦ブライドがじわじわと差を詰めると、スーニをきっちり差し切って1着。スーニが2着で、3着は逃げていたラブミーチャンが粘りこみました。

 レース後は、ラブミーチャンが粘るとは思わなかったなあ・・・とか思っていたのですが、買った馬券を確認してみると、今回の的中馬券を見ると、11-4-2をちゃんと買ってました。そういえば、アルドラゴンだけでは不安だと思ったので、3着には押さえたんだった・・・。しかも、楽天競馬で配当がほぼ均等になるように振り分けていました。時間があったら、ラブミーチャンの組み合わせは減らしていたかもしれません。また、11-4からの総流しも200円買っていたので、実際の的中馬券は3300円分でした。



 なにはともあれ的中させることができました。明日は連勝を狙いたいです。

 本命はスマートファルコンです。
 JBCの内容は圧巻でした。1000mの通過は、その前のレースであるJBCスプリントで2着に相当する時計。そんな超ハイペースで逃げて、上がりもメンバー最速。これは、開眼したと言ってもいいかもしれません。大井の実績は少ないものの、3歳時にジャパンダートダービーでサクセスブロッケンの2着があります。今年の帝王賞は見せ場なく負けていますが、それを言ったら船橋でも日本テレビ盃でフリオーソに完敗しています。今回もハナを切れば、誰も鈴を付けに行けないでしょう。

 相手ですが、フリオーソは今回勝ちに行くでしょう。しかし、開眼したスマートファルコンについていけば、逃げつぶれは必至です。
 ならシルクメビウスと行きたいところですが、今回は良馬場見込み。地方の重い馬場で良馬場となると、展開は向いても末脚は鈍りそうです。
 そうなると、狙いはアドマイヤスバル。JCダートでも3着を確保し、堅実なところを見せつけました。大井は今年の帝王賞で走っただけですが、初コースで4着なら上等でしょう。今の勢いなら2着は十分射程圏内です。
 ワンダーアキュートは、一応押さえる必要はあるでしょうが、オープン特別を買っただけで人気出過ぎです。大井は3歳の時JDDで5着と平凡な結果に終わっています。
 バーディーバーディは、前走あわやの好走も最後伸び切れなかったのは距離でしょうか。2000mは少し長いように思います。先行馬だけに、レースは難しそうです。
 ゴルトブリッツ。JRA所属ですが、どんな馬かもよく分かりません。いくらなんでも通用しないでしょう。
 一方、ボンネビルレコードは展開的に押さえる必要があるでしょう。今年の帝王賞でも3着に入っており、侮れません。
 
 馬券は今のところ

 1着 13
 2着 3 5
 3着 6 9 10 14

 13-3-5が現在万馬券なんですが、1万円くらい買っておきましょうか(笑)。

 あと、一応スマートファルコンが潰れるパターンも想定しておきます。こうなるとフリオーソも残れないと思うので、ボンネビルレコードも含めた、それ以外の人気馬のボックスを買っておきます。


 明日は現地観戦です。ここを当てないとグランプリシリーズの赤字が実質確定するので、何としても当てておきたいところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(アキバ系)プリキュアネタ

2010-12-27 22:46:36 | アキバ系
 2年連続紅白出場を決めた水樹奈々ですが、今回は幕間のイベントにも登場します。

 「キャラクター紅白歌合戦」と銘打った企画で、NHKだけにゲゲゲの鬼太郎が出たり、嵐が司会なだけに怪物くんが出たりするようですが、それと一緒に登場するのが、ハートキャッチプリキュアということ。水樹奈々がAKB48と一緒に、オープニング主題歌を歌うようです。
 AKBは余計(笑)ですが、それでも紅白でここまで取り上げてもらえることは喜ばしい限りです。ますます楽しみが増えました。
 ただ、せっかくこんな企画をするのなら、けいおん(放課後ティータイム)や初音ミクを出す手もあったのでは・・・。

 そして、プリキュアシリーズはいつも2月に番組改編となりますが、今回のシリーズも1年で終わることになりました。
 決して人気がなかったからということではないと思います。今のシリーズは子供たちにも十分に受け入れられているように思うし、続けようと思えば続けられたのではないかと思うのですが、マンネリ化を避けたのか、或いはおもちゃメーカーの意向ということでしょうか。正直残念です。
 変わってスタートするのは「スイートプリキュア♪」。スイートと言うだけに、お菓子がテーマなのかと思いきや、タイトルの最後に音符が付いているように、音楽がテーマになっているということです。
 (個人的に)注目の声優陣ですが、とりあえず、最初にプリキュアに変身する二人の少女を演じるのは小清水亜美と折笠富美子。概ね「若手と中堅」というメンバー構成になることが多いプリキュア声優ですが、今回もそんな感じです。ただ、小清水亜美は若くても実績は豊富。しかも、プリキュアシリーズが始まる前に放送されていた「明日のナージャ」では、主人公のナージャを演じていたくらいで、若手でも中堅クラスの実績を持っています。恐らく本人は、愛する三瓶由布子と同じプリキュアファミリーになれたことを喜んでいることでしょう(笑)。一方、折笠富美子については、数々の作品で主役級の作品を演じてきた実力派。「明日のナージャ」でも、重要な役で出演しています。
 ただ、水樹奈々が起用された時のインパクトと比べると、どうしても印象が薄いです(別にインパクトを狙って起用しているわけではないと思いますが)。小清水、折笠とも、声優ファンの間では名前を知らぬものはいないほどの有名人ですが、過去の傾向を見る限り、今回の起用は予想の範囲内でした。例えば堀江由衣や田村ゆかりあたりが起用されればビッグサプライズだったんですが・・・。ただ、演技力については何の心配もないので、その点だけはホッとしています。
 一方、今回もいわゆる「変な生き物」がいます。今までは、最初は2匹出てくることが多かったのですが、今回はなぜか1匹しか紹介されていません。しかし、これを担当するのが何と三石琴乃。プリキュアシリーズはどうしてもセーラームーン比較されがちですが、ハートキャッチでは、セーラーマーキュリー(水野亜美)を演じていた久川綾が出演を果たしていました。そして、スイートではセーラームーン(月野うさぎ)を演じていた三石琴乃が晴れて出演することになるのです。どちらかと言えば、こちらの方がサプライズでした。

 どちらにしても見ることになると思います。ここまで来たら、スーパー戦隊シリーズのように、末永く続いてほしいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(中央競馬)見えてきた

2010-12-26 16:08:38 | 中央競馬
 グランプリシリーズ全敗が見えてきた・・・。

 1,2着はいいとしても、トゥザグローリーか・・・。あんなに付くのなら押さえても良かったですね。
 トーセンジョーダンは、外からヴィクトワールピサが来たときに、張り合わず譲った方が良かったかもしれませんね。その分、最後の粘りを欠いたように見えます。


 次は29日の東京大賞典。何を思ったのか、スマートファルコンが出てきてくれました。右回りが苦手ということはないし、まともに走れば勝てると思います。フリオーソは冬場がダメなので、相手を狙っていきたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(中央競馬)もう何も見えない

2010-12-26 10:39:42 | 中央競馬
 自信のあった中山大障害は惨敗でした。

 マルカラスカルについては、2年ぶりの障害競走だったこともあり、あのような結果も予想できました(ただ、レース中に故障していたようです)が、メルシーエイタイムは、中山GJでの落馬はあくまで不良馬場が原因だとおもっていたため、今回はまず負けないと思っていました。しかし、終始前を射程圏にとらえながら、最後まで伸びるシーンは全くなく、5着で終わってしまいました。
 しかも、中山で実績がないのに勢いだけで人気が出ているタマモグレアーが僅差の2着。更に、同じく軽視していたバシケーンが勝ってしまったので、まさに救いようのない惨敗になったのでした。
 ただ、勝ちタイムの4分46秒1は、メルシーエイタイムの持ちタイムより6秒以上も遅く、走るべき馬が走らなかったのかなという気もします。

 気を取り直して有馬記念・・・といきたいところですが、全くビジョンが見えません。
 何しろ、逃げ馬が1頭もいません。競馬ブックは脚質を相対評価(実績ではなく、メンバーを見比べた上で脚質を書くため、逃げがゼロということは絶対にない)ですが、絶対評価のスポーツ紙などを見ると、逃げはおろか、先行と打たれた馬も1頭もいないという状況です。長距離戦は展開が非常に重要なのに、その展開から見えないようでは、予想のしようがありません。

 とりあえず、1頭ずつ見ていきたいと思います。

1.ヴィクトワールピサ
前走は先行が好結果につながったこともあり、この馬が逃げる可能性は十分にあると思われる。とはいえ、逃げたことは一度もない。外枠なら、内の様子を見ながら立ちまわれたが、よりによって最内。外から人気薄がやけで行ってくれればいいが、逃がされてしまうと格好の目標になってしまいそうだ。実力は十分だが、展開次第では惨敗もある。

2.ネヴァブション
実力は全然足りないが、今年は掲示板を一度も外していない。中山の実績は抜群。何より、2番枠という枠順が絶好で、先行競馬もできることから、ロスのないところで脚をためられれば、アッと言わせるシーンもあるかも。去年は12着に終わっているので強気にはなれないが、今回のような展開の紛れが大きそうなレースなら、3着くらいは十分にありそう。

3.フォゲッタブル
去年は勢いがあった状態で4着。今回はその勢いが全くなく、これでは狙えない。

4.トーセンジョーダン
3連勝で重賞を制覇したばかり。勢いだけで人気しているようにも見えるが、中山は2戦2勝。2勝のうちの一つは一昨年の2歳オープン戦で、2番手追走から抜け出して優勝している。今回のメンバー構成と枠順を考えれば、先行策に打って出る可能性は高く、更に先行競馬でも結果を出しているため、今回は侮れない存在になりそうだ。

5.ルーラーシップ
前走は重賞を制覇したものの、まともな実績はその程度。勝った相手が、クラシックスで結果を出せなかったヒルノダムールに勝った程度では評価に値しない。エアグルーヴの子供(フォゲッタブルの弟)ということで人気が出ているのか。中山の実績もなく、狙う要素はルメールくらいしかない。

6.ローズキングダム
残念ながら出走取り消し。

7.ブエナビスタ
JCは降着になったが、伸びない外目から追い込んで1位入線。実力は十分に見せつけた。天皇賞、JCというローテーションから有馬に来た馬は、連戦の疲れで惨敗するケースが多々あったが、ブエナの場合天皇賞の前に叩きレースを使っておらず、とりあえずその心配はなかろう。今回も普通に回れば勝てるはずだ。唯一の心配は展開のみ。最近はスタートで後手を踏んでおり、今回もやってしまうと、位置取りが悪くなって伸びないケースもある。

8.メイショウベルーガ
JCの強力メンバーでも追い込んできた点は評価できるが、中山コースはあまりに不利。

9.ダノンシャンティ
NHKマイルカップをレコード勝ちしたが、その後骨折し今回は7ヵ月半ぶりのレース。距離は2000mまでしか経験がなく、その2000mではヴィクトワールピサに後れを取っている。さすがに息が持たないだろう。

10.エイシンフラッシュ
JCは8着ながら2着入線とは僅差。中山は皐月賞3着の他、京成杯の優勝もある。ただ、基本的には中山コース向きではないと思う。流れ込みはあっても、勝ちきるまではどうか。

11.トゥザグローリー
前走は重賞を勝ったが、目立った実績はその程度。青葉賞は2着だったもののペルーサには完敗。特に強調材料がなく、今回は見送り。

12.ドリームジャーニー
昨年の勝ち馬。今回3か月ぶりになってしまったが、休み明け自体は問題なく、力は出し切れるだろう。しかし、今年は昨年のようなハイペースになるとはとても考えられない。追い込み届かず着外というケースも十分に考えられる。

13.オウケンブルースリ
前走も、能力の片鱗は見せつけられた。しかし初の中山、追い込み一手の脚質。今回の苦戦は免れない。

14.ペルーサ
出遅れについては、色々と工夫しているようだ。後入れの外枠は好材料だが、観客の異様な大歓声もあり、今回も出遅れる可能性が高いのではなかろうか。それでも、発馬が決まった時は怖さもあるが、初の中山コース、いつもとは違う競馬をした場合に力を出し切れるかという不安もあり、出遅れ以外にもリスクは色々ある。割り切って、今回も無視したい。

15.レッドデザイア
万全ならブエナビスタにも負けない実力を持っているわけだが、今回は海外明けになってしまった。それなりの状態では出てこられそうだが、さすがに苦戦は必至か。ただ、2走前に先行競馬を経験しており、流れ込みには注意。

16.ジャミール
重賞未勝利馬。ただ、ステイヤーズステークス、阪神大賞典でのGⅡで2着はある。ここ5戦掲示板を外しておらず、混戦になれば流れ込みも・・・?

馬券は今のところ・・・

本命ライン
1着 7 (4)
2着 1 2 4
3着 10 12 15 16

1着1点パターンなら18点、2点なら36点

穴ライン

2から


やっぱり当たる気がしない・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(その他のギャンブル)いつも通りに・・・

2010-12-24 23:14:34 | その他のギャンブル
 今年もいよいよ年末グランプリシリーズがスタートしました。

 第1弾は12月23日、住之江競艇場・・・もとい、ボートレース場の賞金王決定戦です(ていうか、なんでボートレースに戻しちゃったんだろ?競艇でいいのに)

 今回は、素直に1枠の浜野谷を信じ、相手も2,3,4に絞って3連単4点買い(2のみ3着受け)としたのですが・・・。
 私の舟券は、全てスタートで終わってしまいました。
 浜野谷は、過去にも賞金王決定戦で、似たような失敗をして負けたことがあったらしく、それを覚えていれば買えたかもしれないということでしょうか。私が相手に選んだ2,3,4で決定したのに、1が着外となったことが大きかったようで、1.6万の高配当となってしまいました。

 何より救いだったのは、2万円しか賭けなかったことです。3万円行かなくて良かった・・・。

 次は25日の中山大障害。実は、今回のグランプリシリーズで一番期待しているレースです。これでオッズが想定通りなら、ここでシリーズの黒字を確定させるくらいのつもりで勝負したいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(アキバ系)1月の新番組

2010-12-19 18:19:52 | アキバ系
1月の新番組をまとめました。
2期作品が意外に少ないですね。

■岡山の地上波、BSで視聴可能の作品

Rio-Rainbow Gate!-
BS11 1月7日(金)23:00~
AT-X 1月8日(土)8:30~
http://riorainbowgate.com/

 私が過去に散々「こきおろした」パチスロのアニメ化です。
 しかし、なぜこのタイミングで?新台が出るのでしょうか。

カードファイト!!ヴァンガード
テレビせとうち 1月8日(土)8:00~
http://www.tv-aichi.co.jp/cf-vanguard/

 日曜日の健全な時間に放送されますが、ブシロードのカードゲームがテーマのようです。ある程度マニアックな作品なんでしょうか。

べるぜバブ
西日本放送 1月9日(日)7:00~
http://www.ytv.co.jp/beelze/

 ジャンプアニメです。名前くらいは聞いたことがあります。
 しかし私にとっては、この作品の前番組である夢色パティシエールが、1年と1クール(3か月)という、中途半端な期間で終わってしまったことの方が驚きです。オープニングとかも一新したのに・・・。

GOSICK
テレビせとうち 1月12日(水)25:18~
http://www.gosick.tv/

 名前どおり、ゴスロリ少女が活躍するお話のようです。

みつどもえ 増量中!
AT-X 1月10日(月)9:00~
BS11 1月15日(土)23:30~
http://www.mitsudomoe-anime.com/

 1期はブルーレイを購入中ですが、早くも2期放送開始。しかし、8話というこれまた半端な構成になっています。

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!
サンテレビ 1月10日(月)24:00~
BS11 1月14日(土)23:30~
AT-X 1月14日(土)23:00~
http://www.starchild.co.jp/special/oniichan/

 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は、名前から想像される内容とはちょっと違いましたが、こちらは名前から想像できるとおりの作品のようです(笑)。

IS<インフィニット ストラトス>
サンテレビ 1月17日(月) 25:40~
BS-TBS 1月29日(土)24:30~
http://www.tbs.co.jp/anime/is/

 ラノベ原作です。過去にも書きましたが、私は「美少女とメカの融合」というのが大好きです(笑)。ヒロインは、いかにも日笠陽子っぽい感じです。

夢喰いメリー
BS-TBS 1月29日(土)25:00~
http://www.tbs.co.jp/anime/yumekui/

 魔法の世界が舞台の作品・・・なんですかねえ。
 実は、これを書いている今現在、TBSのサイトが文字化けしていて、記事を全く読めないんですよ・・・。

フラクタル
BSフジで放送予定
http://fractale-anime.com/

 落ち着いた感じの絵が目を引きます。

■サンテレビ、CS等で見られる作品

フリージング
AT-X 1月8日(土)9:30~
サンテレビ 1月12日(水)26:10~
http://freezing.tv/

 能登麻美子、花澤香菜という声優界の2大癒し系声優が主要キャラとして共演するのですが、内容は癒しとは程遠いです(笑)。AT-Xでは視聴年齢制限付きです。

これはゾンビですか?
サンテレビ
AT-X 1月17日(月)23:30~
http://newtype.kadocomic.jp/zombie/

 ラノベ原作で、美少女がいっぱい出てくる作品です。主人公の少年が既にゾンビになっているということです。

ドラゴンクライシス!
キッズステーション 1月11日(火)24:00~
http://dragoncrisis.jp/

 これもラノベです。ヒロインの少女の正体がドラゴンで、声は釘宮理恵。主題歌は堀江由衣です。
 しかし、キッズステーションだけというのが困ったもので・・・。ケーブルテレビで見られるけどハイビジョンじゃないからなあ・・・。

レベルE
AT-X 1月17日(月)11:00~
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/level-e/

 ハンター×ハンターで有名な富樫義博の作品です。

ウルヴァリン
アニマックス 1月7日(金)22:00~

 マーベルヒーローズで有名なキャラクターですが、基本的に興味はないです。なお、洋モノではありません。
 しかし、主演は小山力也らしいですが・・・。

Starry☆Sky
12月23日から ブロードバンド放送のみ
http://sta-ska.com/index.html

 ブロードバンドのみということですが、女性向き作品のようなので、多分見ないです。

(未放送だった作品)
探偵オペラミルキィホームズ
AT-X 1月3日 8:30~

■放送予定のないもの

魔法少女まどか☆マギカ
TBS系 (BS-TBS?)
http://www.madoka-magica.com/

 いかにも・・・という名前ですが、監督は新房昭之で、キャラクターデザインは(新房昭之が監督をつとめた)ひだまりスケッチの蒼樹うめということで、萌えだけの作品ではないと思われます。
 しかし、(そのひだまりスケッチを放送した)BS-TBSでの放送はまだ決まっていません。

君に届け 2ND SEASON
日本テレビ系 
http://www.ntv.co.jp/kiminitodoke/

 一般の人にも話題性の高い作品ですが、前作を見ていないので何とも・・・。
 BSでの放送はあるかもしれません。

放浪息子
BSフジで放送?
http://www.houroumusuko.jp/

 ノイタミナの作品なので、或いはBSで放送される可能性もあります。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加