ハトとたんぽぽ

和子の気まま日記

2018年7月23日(月)、24節気「大暑」

2018年07月25日 11時23分28秒 | 自然災害

 もう何日猛暑日が続いているのでしょうか。消防庁は、16~22日までの1週間で熱中症で2万2,647人を搬送したと発表しました。

こんな記録的な暑さを気象庁は、「一つの災害」と危機感を募らせています。

24節気の「大暑」(7月23日~8月6日)うだる様な暑さが続く中、昔の人たちは、軒下に風鈴やヨシズをかけて、日差しを避けて、夕涼みをしたり、夕方には水を道路にかけるなどの納涼の文化があります。

 土用のウナギを食べて、猛暑を乗り切る習わしとなっています。

 72候

桐始結花(きり、はじめてはなをむすぶ) 

 桐が薄紫の花を天に向かって咲かせ、卵型の実をつけるころ。神聖な木とされる桐は、日本政府の紋章にも使用されている。

 土潤辱暑(つち、うるおうてむしあつし)

   熱気がまとわりつき、蒸し暑さがます頃。草木は太陽の光を目いっぱい浴び、パワーを蓄えて、濃い緑に色づく。

 大雨時行(たいう、ときどきにふる)

  夏は時に蒸し暑い雨が降る。ムクムクと入道雲がわきあがると、夕立のサイン。暑さがひと休みして、涼しさをもたらす。

  今だとクーラーの中に入って、涼を求めるが、むかしのひとは自然の中に、日本人らしい納涼の知恵を見つけ出していた。

   夜には、川に船を浮かべて、風に当たるなど風流な納涼のしかたを楽しんでいた。

津島の天王祭りはその典型なのでしょうね。羨ましい限りである。

    今日の万歩計は、9,196歩でした。

 

 

 

コメント

2018年7月9日(月)、西日本豪雨 ☀

2018年07月10日 05時03分25秒 | 自然災害
 活発な梅雨前線による西日本豪雨の死者は12府県で126人に死者、86人が安否不明となり、11,000人が避難所に身を寄せている平成の水害で最悪となりました。

 一気に梅雨明け宣言が行われ、30度を超える猛暑となりました。

 ジャガイモ収穫

 草取りでもしようと、畑に向かい、草取りをしていると、ジャガイモがゴロゴロ出てきた。

 目が出てきたジャガイモを植えたけれど、長年畑をやっている友人から、「そんなものできるはずがない」と言われたが、箱にいっぱいの大きなのや小さなものまで、ジャガイモがでてきた。

 もうひと畝あるので、どれだけのジャガイモができるのか、とても楽しみです。



 これだから、草ぼうぼうの畑でも、収穫ができるんだあと、自己満足している私です。

 お散歩ポシェット

 午後から、とても暑くて、外には出れないので、NHKのEテレでやっていた「玉編みの散歩ポシェット」をつく上げました。

糸が古いので、端が色が変わっていたが、押し洗いをすると、茶色の水になり、きれいになりました。

少し大きめなので、母が作った袋を入れるとしっかりするのではないかと合う袋を探している。

 夕食

 <若鶏のせせりの唐揚げと、キャベツの付け合わせ、野菜サラダ、デザートのスイカ>

若鳥のせせりが柔らかくておいしかった。



 今日の万歩計は、6,882歩でした。(とても暑くて歩けないので、夜、団地を一周しましたが、2周しないと8,000歩は無理のようです)

 
コメント

2017年12月17日(日)、永和防災訓練

2017年12月18日 06時15分17秒 | 自然災害
今日は「永和学区市民防災訓練」が行われました。

まず、永和台東公園に集まり、登録している人はチェックし、避難所である永和中学校に向けて歩いて出発しました。

途中雪がちらつく寒い中、久しぶりに出会った人たちとおしゃべりしながら歩いて行き、小中学校にかかる橋を渡って、中学校体育館に到着する。

受付をして、消防団や防災・減災の会の展示やペーパークラフトでどうしたら倒れない建物をつくるのか、子供たちが工作していました。

なまず号にも乗って、震度7の揺れを経験し、悲鳴が出るほどの怖さでした。

あまりの寒さなので、予定を早めて、「防災鉄人ゲーム」を防災会ごとに集まると、永和台南は4人だけでした。

ゲームは、ダンボールや新聞紙、ペットベトル、空き缶など身近なものを使って、テーブル、食器、簡易トイレ、スリッパ、ランプなどそれぞれのグループで協力して作りました。
結構いろんな日用雑貨ができるものです。

「地図で探検ゲーム」は永和地区の大きな地図に、どこが危険か、避難舒に行くにはどこの道路を行けばいいのか、他に近くの避難場所はないのかをみんなでチェックしました。

ビスケットと暖かい野菜たっぷりのシチューを頂いて帰ってきました。

学区全体でこうした避難訓練は、毎年たくさんの人に参加してもらい、いざという時に命だけはまず守ることを身につけておく必要を感じました。

夕方長男の誕生会をするというので、尾張中央道の「バーバラスタイル」という若者が集まっているcaféに連れて行ってくれました。

みんなそれぞれピザ、バスタ、チーズフォンデュ、フライポテトなどを頼んで、みんなで取り合って食べると、普段食べないものばかりなのでとても美味しかった。

これからも誘ってね。

今日の万歩計は、8,702歩でした。
コメント

2017年3月11日(土)、東日本大震災6年

2017年03月12日 04時38分59秒 | 自然災害

    東日本大震災から6年が経った。

ちょうどその日、夫と宇佐美電気店に来ていた。

午後2時46分に「アレっ地震じゃない?」私が一番に気がついた。しばらくその場から動けなかった。

   すぐに大型テレビから東北地方に大きな地震が起きて、揺れている様子が映し出された。

しばらくすると、津波で家や車や船が流され、飛行場にも津波が押し寄せていく様が映し出されていく。

次の日から、福島原発が地震で破壊され、放射能が垂れ流しになっているので、全村集団移転するという報道が流れてきた。地震大国の日本の原発事故の恐ろしさを初めて知らされる。

      震度9という今まで経験したことのない震度と津波と原発事故に唖然としたことを今も鮮明に覚えています。一生忘れないでしょう。

朝からテレビは東日本地震の特報が目白押しである。

    友人に誘われて、津島市の交差点で「スタンディングデモ」に参加。

「原発はダメ」「原発再稼働反対」猫の写真に「吾輩は原発に反対である」などと書かれたプラカードを掲げて、交差点に立ち、往来の車や人たちに訴えました。

   自転車に乗った中学生たちが止まって、「今日は何の日?」と聞いてきたり、高齢者の人たちが「ご苦労さま」と声をかけていきました。

   原発には手がつけられず、まだまだ多くの人達が仮設住宅で暮らしています。復興は進んでいません。

   オリンピックよりも震災復興を優先すべきではないかと、怒りを覚えました。

   今日の万歩計は、7,952歩でした。

コメント

2016年9月20日(火)、台風16号

2016年09月23日 11時02分52秒 | 自然災害

台風16号が九州、四国、紀伊半島、東海地方に大雨を降らせて近づいてきた。

朝から雨が降り続いている。

 昼過ぎに、あんまり雨が激しくなったので、市役所に電話して、「障がい者についての避難の仕方について」聞いたことをまとめる。

 <避難準備情報の発令が出た場合>

 家族に障がい者などの災害弱者がいる場合、台風などの災害が近づいてきて、家にいることが心配な時の市役所の対応についてお知らせします。

1、警報が出て、避難準備情報が発令が出た場合、総務部安全防災課に連絡して、心配で避難したいことを詳しく話をして、避難場所を聞く。
2、愛西市の気象情報や地震情報を知りたいときは、クローバーの災害情報をクリックすると、愛西市の災害情報を知ることができます。
3、防災無線で避難情報が発令された場合、聞き取れないときは、26-0202 に電話すると、防災無線の内容をそのまま聞くことができる。
4、避難をするときは、おにぎりなどの食べ物と飲み物を必ず用意をすること。
5、障害によっては、車いす、杖など日常的に使っているものを用意すること。
  酸素のいる人は、供給する会社に避難場所を連絡しておくこと。

 災害時でも、市の対応は、自助、共助を貫いていて、公助としては、避難場所を確保することだけのようである。

 避難場所まで行けない弱者はどうすればいいのでしょうか。

今まで災害時の避難について考えたことがなかったので、これから具体的な非難の方法など確保しておく必要性を感じました。

 今日の万歩計は、1,988歩でした。

 

コメント