日本裁判官ネットワークブログ
日本裁判官ネットワークのブログです。
ホームページhttp://www.j-j-n.com/も御覧下さい。
 



このブログは、日本裁判官ネットワークという司法改革について発言する現職裁判官メンバーと、元裁判官サポーターによる共同執筆です。投稿は各個人の見解であり、日本裁判官ネットワークという団体の公式見解などではありません。メンバーもサポーターも、種々多忙なため、なかなかうまく更新できませんが、どうか長い目で見てください。今後ともよろしくお願いします。



コメント ( 21 ) | Trackback ( 0 )




gooブログの仕様変更により、広告が表示されるようになりました。ブログ記事の内容との関連性から、弁護士事務所の広告等が表示されるようです。申すまでも無いと思いますが、これは日本裁判官ネットワークとして選定した広告が掲載されているわけではありません。広告に表示された法律事務所を当ネットワークが推奨しているなどと言うことはありません。どうぞご理解ください。



コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




日本裁判官ネットワーク(JJN)より

令和2年4月25日の企画&26日の総会・延期のお知らせ

 新型コロナウイルス対策を検討する政府の専門家会議は4月1日、爆発的な患者増加が起こる可能性がある地域として、大阪府と兵庫県も指定しました。そして同月7日、政府は大阪府と兵庫県にも非常事態宣言を発しました。

 4月25日の「見平 典先生の講演会」等の企画については、立食パーティーを止めることを3月20日に決断しておりましたが、4月に入ってから感染は大幅に増え、企画会場がある大阪府下では、オーバーシュートの可能性も指摘される事態となり、ついに非常事態宣言に至りましたので、残念ですが、見平先生の講演会自体も含め、今回の企画の全部と総会を延期することにしました。

延期後の実施時期は11月か来年早々を考えています。

改めてご案内を差し上げます。

  令和2年4月10日

日本裁判官ネットワーク

連絡係  小 林 克 美   090-6061-0830  ja9aev5117@i.softbank.jp

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




講演会とパーティーのご案内

講師  :  見平 典(みひら つかさ) 京都大学准教授 (講師の紹介は後記のとおり)

演題  : 「アメリカ連邦最高裁判事について(日米を比較して)

日時 : 令和2(2020)年4月25日(土)午後2時から7時まで

場所 : 大阪・江坂「第1サニーストン・ホテル」 ℡06-6386-0001

大阪メトロ御堂筋線「江坂駅」下車、最南端(新大阪寄り)の改札口を出て、左へ約20m先の歩道橋を渡り(左前方にホテルの看板が見える)、階段を降りると約50m先

<日程>

午後2時から4時ころまで 講演と質疑(会場はホテル北館6階「竹の間」) 

午後5時ころから7時まで パーティ (会場はホテル北館7階「松の間」) 

パーティー参加費用:一般3千円、ベテラン法曹1万円 、若手法曹6千円

参加について予約の必要はありませんが、できれば次のアドレス宛にメールで、または次の携帯に留守電で、氏名と所属をご一報くださるとありがたいです。

 JA9AEV5117@i.softbank.jp または JA9AEV @nifty.com(小文字で可)   090-6061-0830  小林克美宛

  

<見平典(みひら つかさ)氏の紹介>

1980年生 専門は憲法学・司法政治学 京都大学大学院人間・環境学研究科総合人間学部准教授

著書「違憲審査制をめぐるポリティクス―現代アメリカ連邦最高裁判所の積極化の背景」(2012年成文堂)が日本法社会学会第14回学会奨励賞(著書部門)を受賞  

「本書は、20世紀中期以降のアメリカ合衆国の憲法過程を政治学的・社会学的に分析することを通して、この時期に連邦最高裁判所による積極的な違憲審査制の運用が現れた背景的要因を解明することを課題とする。」(同書1頁)

 司法政治学とは聞き慣れない言葉ですが、「司法過程に関わる諸アクター(裁判官・弁護士・公選職公務員・省庁・利益集団・メディア・国民など)の行動や相互作用を記述し説明することを任務とする、政治学の1分野である。」(なぜ司法には「国民的基盤」が必要か(見平氏 2017/2/21裁判官制度改革・地域司法計画推進本部勉強会レジュメより)                                                               

  朝日新聞でも「(憲法を考える)憲法の価値を守るもの」というテーマで、見平氏とジャンマルク・ソヴェ氏(仏国務院副院長)のインタビューが掲載されました(2016年12月2日朝刊)。

    見平氏は、「違憲審査、市民の声が後押し」という見出しで、裁判所が違憲審査を行うためには、「実務的資源」「規範的資源」「政治的資源」の三つの基盤が必要としたうえで、政治的資源として市民一人ひとりが果たしうる役割の重要性を指摘されています。

   アメリカとの比較で、日本の最高裁判所・司法の問題点を新鮮な切り口でわかりやすく話していただけることと思います。多くの方の参加をお待ちしています。 

                                      



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




遅ればせながら,新年おめでとうございます。

今年も日本裁判官ネットワークをよろしくお願いします。

さて,昨年出版した「裁判官が答える 裁判のギモン」(岩波ブックレット998)

が朝日新聞の記事になりました。是非ご覧ください。

https://www.asahi.com/articles/ASN176536N17PIHB016.html

また,後編が掲載される予定もあります。よろしくお願いします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年の司法十大ニュース

1位 大阪地裁の国家賠償請求事件で,手錠,腰縄姿を見られたくないとする被告人の利益を法的利益と認める判決(5月)。以後各地で,手錠・腰縄姿が見えない配慮措 置 が広がる。

2位 湖東病院事件,再審開始が確定(最高裁が特別抗告を棄却)(3月)。その後検察が有罪 立証放棄の方針。再審公判は令和2年2月(2回),判決は3月の予定で協議中との 報道(12月)。

3位 司法研修所,養育費の新しい算定基準発表。16年ぶり。(12月)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4位 勾留却下率(平成30年),5.89%と発表される。過去最高の率(これまでは,昭和44年の4.99%。)。(4月)

5位 ゴーン被告人が保釈。3回目の保釈請求で(勾留108日)。(3月)

6位 最高裁,大崎事件再審開始決定を取消し。(6月)

7位 日本裁判官ネットワーク「裁判官が答える 裁判のギモン」出版。(4月)

8位 東京地裁,最高裁裁判官の国民審査について,在外投票制限を違憲の判決。(5月)

9位 熊本地裁,ハンセン病家族訴訟で,国家賠償請求を一部認容。国が控訴断念し確定。(7月)

10位 司法試験合格が大学入学後最短で5年(法曹コースを新設など)とする改正法法科大学院教育・司法試験連携法が成立。令和2年4月施行。(6月)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 番外で多かったもの  

・法務省が共同親権についての研究会を発足させる。(11月)

・大阪高裁,パート労働者に賞与不払を違法とした判決(2月)。その他,契約社員に正社員との労働条件の不合理な相違を認めた判決が複数あり(1月大阪高裁 〔年末年始勤務手当,祝日休,夏季冬季休暇手当などの事

 例〕),2月東京地裁〔退 職金の事例〕)。

・東京地裁,司法取引の初適用事案で,不正競争防止法(外国公務員への贈賄罪) 違反により有罪執行猶予の判決(捜査に協力した会社は不起訴)。(5月)

・熊本地裁,松橋事件で再審無罪(検察が控訴権放棄で確定)。(3月)

・最高裁,自衛官の安保関連法規違憲訴訟で,訴えを適法とした東京高裁判決を破棄し差戻し。(7月)

 

その他(今年の特色~海外の司法ニュースの多さ)   

・前韓国大法院院長,徴用工をめぐる判決の先送りによる職権濫用罪の嫌疑等で逮 捕(1月)。2月に起訴。

・米カリフォルニア州など16の州政府が18日、メキシコとの国境の壁の建設費用のため国家非常事態を宣言したドナルド・トランプ米大統領を連邦地裁に提訴。(2月)

・イギリス最高裁,ジョンソン首相の議会閉鎖は違法・無効の判決。(9月)

・韓国で,元慰安婦と遺族らが日本政府を相手に慰謝料支払を求めた裁判が始まる。公示送達で,提訴から3年後。日本政府は出廷せず。(11月)

・香港の高等法院,覆面禁止法違憲判決。(11月)



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




 御案内しておりました岩波ブックレット「裁判官が答える 裁判のギモン」 出版祝賀会は,6月1日大盛況のうちに終えることができました。その旨 ご報告を申し上げると共に,ご出席いただいた方には改めて御礼申し上げ ます。

  祝賀会では出版の目的や経緯をご報告させていただいたほか,ご出席の 方々からご感想をいただきました。その後のトークショーでは,裁判官漫画 「イチケイのカラス」著者浅見理都さんをお迎えし,原田國男元裁判官(「裁 判の非情と人情」の著者)・木谷明元裁判官と対談していただきました。漫画作成の裏側がいくつも明らかにされ,とても興味深いものとなりました。  日本裁判官ネットワークでは,今後も司法への希望を語る取り組みがで きればと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

なお,当日の様子は,「刑事弁護オアシス」というポータルサイトに掲載されています。ご覧ください。

https://www.keiben-oasis.com/4265



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




                                           

 

希望の裁判所第二弾(市民版)ついに完成!岩波ブックレット4月5日発売

 

「裁判官が答える裁判のギモン」出版記念祝賀会のご案内

 6月1日(土) 場所:法曹会館 東京都千代田区霞が関1-1-1 ℡03-3581-2146           

午後1時半開場 午後2時開始 午後5時からパーティー(予定)

参加費・対談等の祝賀会は無料

        ・パーティ参加者:法曹以外3000円 一般の法曹1万円 若手の法曹   6000円

ゲストの裁判官漫画「イチケイのカラス」著者 浅見理都さん原田國男元裁判官・木谷明元裁判官の対談 司会 安原浩サポーター

                       

日本裁判官ネットワークでは,希望の裁判所第二弾・市民版として,岩波書店より岩波ブックレットとして「裁判官が答える 裁判のギモン」を発刊しました。市民の皆さんの素直な疑問に答えるなかで,法律の基礎知識を自然に学べ,かつ司法に興味を持てるように,そして司法に希望を見出せるように工夫をしました。是非お読みください。値段もとても手ごろです(660円+税)。

6月1日(土)の出版祝賀会では週刊モーニングに連載され,リアルでユーモアのセンスも抜群と評判の裁判官漫画「イチケイのカラス」著者浅見理都さんをお迎えし,原田國男元裁判官(「裁判の非情と人情」の著者)・木谷明元裁判官と対談していただく予定です。お楽しみに!

祝賀会の出欠と問い合わせは小林克美サポーター(ja9aev@nifty.com ℡09060610830)宛5月24日(金)までにお知らせください。

多くの方の御参加をお待ちしています。     



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




希望の裁判所第二弾 希望の裁判所第二弾 (市民版) (市民版) ついに完成です。

岩波ブックレットで「裁判官が答える 裁判のギモン」です。4月5日発売です。660円+消費税のお手頃価格です。是非手に取ってみてください。

https://www.iwanami.co.jp/book/b450113.html

また,出版をお祝いして,出版記念パーティを行います。どなたでも参加できます。参加ご希望の方は,小林克美(ja9aev@nifty.com)までご連絡ください。

素敵なお客様もこられます。

                     記

6月1日(土)場所:法曹会館 (東京都千代田区霞が関1-1-1)

午後1時半開場  午後 2 時 開始  午後 5時 から パー ティ

参加費 (パーティ不参加の場合は無料): 法曹以外3000円 若手の法曹6000円 一般の法曹1万円

ゲスト 話題の裁判官漫画「イチケイのカラス」(週刊モーニング)著者浅見理都さん 原田國男元裁判官 木谷明元裁判官 

企画 浅見理都さん 原田國男元裁判官 木谷明元裁判官で対談をしていただきます。安原浩サポーターが司会です。ご期待を。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨年は,65名の任官で,少な目の数でニュースになりましたが,今年は17名が増えたようです。任官した皆さん,おめでとうございます。心から御慶び申し上げます。裁判官の仕事は,全国どこでも,またどの種類の裁判所(簡裁,地裁,家裁,高裁,最高裁)でもとてもやりがいがあります。一生切磋琢磨して,国民の皆さんに信頼の厚い裁判官になられることを願っています。頑張ってください。https://www.sankei.com/affairs/news/190116/afr1901160028-n1.html



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




新年あけましておめでとうございます。今年も日本裁判官ネットワークをよろしくお願いします。

サッカーの天皇杯決勝は,12月に既に行われ,浦和レッズが優勝を決めています。今年は毎年のような興奮,特に昨年のひいきのセレッソ大阪の優勝のような興奮がないので,何となく物足りない正月です。でも今年は,いよいよここ1~2年で動き出してきた民事訴訟のIT化の試行が始まりそうです。まずeコートからのようです。ウエブ会議などで弁論準備が行われることになるでしょう。未来の民事訴訟の形が見え始めます。楽しみですね。法曹の知恵の出し合いも大事です。

日本裁判官ネットワークも,民事訴訟のIT化に負けずに,今年は何か新しいことができないかと思っています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




恒例の司法十大ニュースです。今年の特徴は,①第1位が3つあること,②刑事の再審
事件が10位以内に3つもはいったことでしょうか感想があったらよろしくお願いします。

平成30年(2018年)司法十大ニュース

第1位 松橋(まつばせ)事件(昭和60年発生の殺人事件)について,再審開始決定
確定。検察は有罪立証放棄の方針。(10月,12月)
第1位 日産ゴーン会長逮捕・勾留。身柄拘束期間等で議論が生じる。(11月)
第1位 最高裁が,岡口基一東京高裁判事に,ツイッター投稿を理由に戒告の決定(3
月の東京高裁長官の書面による厳重注意に続くもの)。(10月)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第4位 オウム事件の13人の死刑囚の死刑執行。(7月)
第5位 大津地裁,日野町事件(昭和59年発生の強盗殺人事件で無期懲役が確定し,
服役中に病死)の第2次再審請求事件で再審開始決定。検察官は即時抗告。(7月)
第6位 司法取引開始。(6月)
第7位 裁判所でも,障がい者雇用の水増しが発覚。実態は399人超で,法定雇用率
2.3%を下回る結果に。(2.58%→0.97%)。(8月,9月)
第8位 東京高裁が,安保法訴訟で,自衛官が争う利益を認めて,破棄差戻しの判決。
(2月)
第9位 法科大学院定員を国が管理へ。届出制から認可制へ。5年の法曹コースも新設
へ(来年の通常国会に法律改正案提出予定)。(11月)
第10位 福岡高裁宮崎支部が,大崎事件(昭和54年発生の殺人事件)の第3次再審請
求の第1審再審開始決定を支持(ただし,地裁決定が認めた供述心理学鑑定には,合理
的な根拠は示されていないとして,明白性を認めなかった。)。(3月)
第10位 伊方原発の運転差止仮処分申立てに関し,広島高裁で仮処分異議申立てを認め
,差止めを認めた原決定を取り消し,仮処分申立てを却下の決定。大分地裁でも,仮処
分申立てを却下の決定。(9月)

番外
第12位 最高裁,同一労働同一賃金関係で,定年後再雇用労働者と非正規労働者につい
て,2つの判決(待遇の差が不合理か否かについて)。(6月)
第13位 大阪高裁,地裁,簡裁が裁判所来庁者に所持品検査開始。そのほか今年は,仙
台,横浜,名古屋,神戸,広島など各地に所持品検査が広まる。(1月)
第13位 韓国大法院が,元徴用工の日本企業への損害賠償請求を認容した控訴審判決を
支持し,上告を棄却。(10月)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 以前,日本裁判官ネットワークで司法のIT化のシンポジウムをした時にお話をしていただいた大窪弁護士が,IT化について発言されていま

すので紹介します。

https://note.mu/okuboka/n/n581f7c45d480?fbclid=IwAR3Zvm4ChdNE2tqe8NLTODHYJEfCJfOvRCVR8wpPeYBG1hUhtHhX68jmJwQ



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




再度の掲載

                                        平成30年5月17日 http://www.j-j-n.com/

日本裁判官ネットワーク

平成30年5月26日(土)の講演会と「ファンクラブとの交流会」の御案内

 日本裁判官ネットワーク(JJN)の例会を,下記のとおり開催しますので,奮ってご参加ください。

 事前の予約は不要です。

 日時  平成30年5月26日(土)14時から19時まで

 場所  大阪・江坂の「サニーストンホテル」 TEL 06-6386-0001

     大阪メトロ御堂筋線の新大阪駅から北へ二つ目「江坂駅」下車,最南端の出口から南東へ100m以内

 企画  14時~17時まで 北館5階・梅の間

     本年1月に定年退官した当ネット元メンバー小林克美の退官記念講演及びファンクラブとの交流会

懇親会 17時~19時まで 北館6階・松の間

     参加費用:一般3000円,法曹1万円

連絡先 ja9aev5117@i.softobank.jp



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




日本裁判官ネットワーク(JJN)の例会を,下記のとおり開催しますので,奮ってご参加ください。

日時  平成30年5月26日(土)14時から19時まで

場所  大阪市・江坂の「サニーストンホテル」 TEL 06-6386-0001
     大阪メトロ御堂筋線の新大阪駅から北へ二つ目「江坂駅」下車, 最南端(新大阪寄り)の出口から南東(左方向)の歩道橋へ出ると、左前方にサニーストンの看板が見えます。

講演会と交流会  14時~17時まで 北館5階・梅の間
        本年1月に裁判官を定年退官した元JJNメンバー小林克美の退官記念講演及びファンクラブとの交流会
     
懇親会 17時~19時まで 北館6階・松の間
       参加費用:一般3000円,法曹1万円

参加資格   制限なし

事前予約   不要・懇親会に参加を希望される方は、事前にメールを下さると助かります。

メアド   JA9AEV@nifty.com  お名前と所属(あいまい可)、懇親会参加希望、とお書きください。 

以上 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ