アイルランド生活ブログ - 生活・料理・留学の情報満載 -

アイルランド在住者(精通者)によるアイルランド生活の情報を発信中!!

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「プチ留学」

2016-07-25 11:10:24 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 隠してました、わたしが通ってた英語学校。

スパイシーなイカフライ。こんなのつまみながら宿題してました。あ、ワインまであるし
 だって、もしどなたかわたしをご存知な方が同じ学校で、「え?まだこのクラス?」とか、「あ、テスト落としてる」とか、バレたら、かっこ悪いじゃないですか!

 でもね、ちゃんと進級していったし、何よりもすごくいい学校で、久々の学生生活、超楽しかったので、あらためてちゃんとご報告しなくっちゃ。

 近い将来、アイルランド留学を考えている方に、ぜひおすすめしたいです。
 学校名は、PACE。場所は前にも触れてますが、ダブリン近郊の、海辺の町Brayです。
 ICTでアレンジしてくれますので、ご興味ある方はご相談してみてくださいね!

 この学校に決めたポイントはいくつかあって、

 @ダブリン市内でないこと=せっかくの機会なので、知らない町ですごしてみたかったの。プチ留学のつもりでしたので。今さらですが・苦笑。最後まで迷ったのはゴールウエイでした。でも結果的にブレイにしてよかった。毎週末カンタンに、ニューブリッジに帰ることができましたから。

 @比較的小規模な学校なこと=いくつか仕事があったりして、出欠に融通をきかせてくれるといいなぁと、贅沢な希望から。見事に応えてくれました。あ、でもその分、わたしもちゃんと努力したのよ!宿題を欠かさないとか(当たり前か)。

 @日本人が少ないこと=失礼ですよね。でも、日本人留学生の誰もが希望することじゃないかな。母国語を話す機会が少なければ少ないほど、勉強になりますもんね。

 
 わたしは半年間のコース(月~金、朝9時~13時まで、週20時間)を選びました。
 1年の滞在許可(ビザ)が得られ、限られた範囲でバイトも可能です。

 ユニークだったのは、クラスメイトの顔ぶれ。ダブリンなどでは、アラブ、ブラジル、アジアが留学生の主流なんだそうですが、わが校の学生の多くは、フランス、スイス。それにポピュラーなスペイン、イタリアが続き、EU圏から働きに来ている中欧、ポーランド、チェコのひとも少なくなかったです。

 アジア圏は、韓国、中国が少し、日本人が数えるほどでした。数年前は中国人がすごく多かったと聞きましたので、毎年、波があるのでしょうね。

 学校のプログラムも充実していましたけど、なにより、いろんな国の学生から、彼らの祖国事情を聞くのが、大きな勉強になりました。

 なつかしいな。
 機会があれば、ぜひまた通いたい。そのくらい充実&楽しい日々でした。 


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「ガーデニング」

2016-07-11 11:34:28 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 ほとんど恐怖症といっていいくらい虫がダメで、ガーデニングは無理だな~とあきらめていました。
 借家とはいえ、庭があるのに庭仕事を楽しめないのはもったいないなと思ってはいたのですが。

庭仕事のあとのランチはボリュームたっぷりのサンドウィッチ。鴨のスモークとセミドライドトマト、パインナッツを全粒粉のバゲットにつめこんだ贅沢サンド。カラ競馬場近くにできた大きな馬具ショップのカフェで、今お気に入りのスポットです。厩舎関係のひとも多く、ヘルシー系ランチをわしわし食べてる図がまた食欲をそそります
 夏になると、どこの家も玄関先や窓辺に花いっぱいのプランターを飾ったり、庭の花壇づくりに大忙し。なのにうちだけ、家の前も庭も殺風景で、さすがにこの時期は「なんとかしないと」とガーデンセンターに駆け込んで、手ごろな寄せ植えの鉢を買ってお茶をにごしていました。

 今年は隣町にある巨大ガーデンセンターに行ったもんだから、家中がジャングルになりそうなほどの鉢植えを買い込み、調子にのって花の苗まで買っちゃって。去年、花柄のかわいいシャベルを買っておいたのが役に立ち、家の前の低いれんが塀にそってロベリアを植えてみました。

 アイルランドの田舎道でよく見かける、石垣からあふれるように咲き乱れる青いロベリアが大好きで、うちにも欲しいなあとずっと思っていたのです。苗を植えるには少し遅い時期だけど、丈夫そうだし、来年の夏に咲き乱れてくれたらいいなぁ。

 となりにはフーシェを植えてみました。でもね、ただし書きをあとから読んでみると「花房は下へたれさがるように咲くので、つるすタイプ(ハンギングバスケット)の鉢に合います」って、もう地植えしちゃってるし・泣

 フーシェは、すごくいろんな種類があるのをあとで思い出しました。よく生垣にしてるのは別のタイプだったのね。まずはこの夏を元気にすごしてほしいです。

 庭にもいくつか寄せ植えの鉢を置きました。
 まだ3日しかたってないのに、すでに少し丈が伸びた気がして嬉しい、嬉しい。

 そういえば昔、夏休み前に学校で、ひまわりやあさがおの種をもらって植えたっけ。
 夏中楽しめたもんなぁ。

 次に植えたいのは、なんといってもじゃがいもです。
 が、これはすでに時期を逸したので、今後の楽しみということで。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)