アイルランド生活ブログ - 生活・料理・留学の情報満載 -

アイルランド在住者(精通者)によるアイルランド生活の情報を発信中!!

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「サマースクール」

2014-05-19 09:15:14 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 まもなくまたアイルランドへ向かいます。
 夏に各地で開催される伝統音楽のサマースクールに、今年こそ参加しまくるぞ~というのが、まずいちばんの目的です。

 2年前に1日だけレッスンを受けた、ミルタウンマルベイ(クレア)のウィリー・クランシー・サマースクールに、今年は1週間通して参加してくる予定です。

 国内はもちろん、アメリカやヨーロッパからの参加者も多く、またレッスン以外にも町中で行なわれるセシューンで演奏するため腕ききのミュージシャンたちも集まってきて、毎年7月2週目のミルタウンマルベイは伝統音楽を愛するひとたちの祭典が繰り広げられます。

 朝から晩まで、音楽音楽音楽。すごいですよ~
 もうほんとうに、音楽があふれる1週間。
 観に来る、聴きに来るひともたくさんいますが、特に演奏するひとにとっては天国。

 この間、宿をとるのが困難を極め、どうしようかなと悩んでいたら、相談する前にマークの兄さんからお誘いが。前回、サマースクールに連れて行ってくれたのも彼でした。

 今年は来るんだろう?うちに泊まれば?とありがたいオファーに飛びつきました。
 彼と中学にあがる長女はコンサルティーナ、息子たちはティンホイッスル、彼の奥さんはフィドルと一家全員で臨むのです。
 そこに、兄(そしてマーク)の姪っ子ふたりがフィドルを習いにアメリカから加わり、クレアにある兄の家はその一週間、合宿状態になります。
 
 いつもならわたしは、コンフォートを求めてどこかひとりで泊まれるところを探すのですが、今回は別。同じ目的を持った仲間と寝起きをともにするのは幸いなこと。

 なにより、レッスン後に一緒に演奏できるとこが素晴らしい。ああ、楽しみ!

 上達するかはさておいて、音楽三昧の日々を送れること自体が幸せですし、エキサイティング。
 ご報告は少し先になりますけど、乞うご期待!


★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談は左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください★

★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)