アイルランド生活ブログ - 生活・料理・留学の情報満載 -

アイルランド在住者(精通者)によるアイルランド生活の情報を発信中!!

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「良心的なひとびと」

2014-06-30 11:01:11 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 ダブリン・ヒューストン駅のすぐ近くのキルメイナム・モダンミュージアムの敷地内での野外コンサートが、ひき続きひんぱんに開催されています。

ブラックプディングのコロッケ!初めて食べました。パブのおつまみ、超美味。とろんとしてて、クリームコロッケ状態です。
 先日は、だぁ~い好きな Elbow のコンサートがあり、行って来ました。
 マンチェスター出身のベテランバンドで、ヴォーカリストはアイリッシュの血が流れているようです。

 もうね、純粋に楽曲が素晴らしい。演奏がばつぐんに上手で、野外コンサートなのにサウンドが驚くほど完璧なの。それだけでももうかなり驚いたのですが。

 彼らのコンサートを見るのは初めてで、できれば屋内がいいな~と思っていたのですが、行ってよかった。野外コンサート特有の「イエ~イ、ノッてるかい?」的なパフォーマンスは一切なし。

 スコットランドの木こりのような風貌のヴォーカリスト、ガイの温かいお喋りは、まるで小さなライブハウスでのライブのようで、アイルランドのオーディエンスにはぴったり。

 UKグラストンベリーの野外コンサートでも出演していて、わたしはテレビで見ていたのですが、そちらではもう少し「イエ~イ」的なアプローチだったけど、会場がもっと大きいからかな。

 いいな、と思ったのは、キルメイナムでの彼らのコンサート、聴きに来ているひとの年齢層がとても厚かったこと。若い子たちはもちろんですが、ファン層の中心は30代~40代で、さらに上も。

 グレイ・ヘアーが目立っていました。こういう幅広い年齢層を魅了できるってなかなかできることではありません。
 わたしが言うのもナンですが、アルバム一度聴いてみてください。

 良心的なバンド、といったらいいのかな。
 音楽に愛のあるひとたちです。

 良心といえば。
 つい先日、マークがタクシーにキーホルダーを落としてきて、かなりパニックに。

 家&車、仕事場のカギに加えて、銀行のキャッシュカードも入れてあったので。
 とりあえずタクシーに乗ったとこまで戻って、あたりに停まっていたタクシーに聞きまくったのですが、手がかりなし。ダブリンのタクシーの多くは会社に所属しているのではなく、個人なのです。

 でもね、町のサイズなのか、タクシードライバーたちのコミュニケーション力なのか、連携プレーで車を探し出してくれて、キーホルダーは無事、マークの手元に戻ったのですよ!すてきでしょう?

 このキーホルダー。2年前にも一度、ヒューストン駅で落として、誰かが届けてくれて、戻ってきたそうな。しかしね、二度も落とすか?
 二度とも戻ってきたことが素晴らしいけど、二度あることは三度あるというでしょ、また落とさないようにしてもらわなくちゃ。


★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談は左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください★

★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「ビール日和」

2014-06-16 11:41:49 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 アイルランドに来て、早くも3週間近くたってしまいました~
 お天気のいい日も多く、野外イベントを見つけては出かける日々。

激旨・ラムバーガー。ラムひき肉にミントがたくさん仕込んであり、素晴らしくおいしかった。大きさは伝わりづらいですが、かなりでかいです。でも、がっつり完食。
 青空のもとで飲むビールも欠かせません。
 5月の最終週末に、ダブリンのフェニックスパークで開催されたガーデニングのイベント「bloom」も大賑わいでした。
 アイルランドのこの季節は、家の庭づくりに励むひとがたくさんいます。

 土いじりの苦手なわたしでも、庭にラベンダーのひと株でも植えようかなという気になりますし。
 「Bloom」は、ガーデニングのコンペあり、プラントも買えるし、フードイベントもと盛りだくさんで、1日たっぷり楽しめます。

 アイスクリームなめながら会場回って、ワインとチーズで一休み。最後に鮮やかなピンクのあじさいの大きな鉢植えを買って大満足。
 次に出かけたのは、やはりダブリンのキルメイナム近代美術館の敷地内で開催された野外コンサート。

 お目当ては、クールなガールバンド”Warpaint"と、今のUKでいちばんスリリングなバンド”Wild Beasts"。お昼からスタートしたイベントですが、ずーっといるのはしんどいですからね。夕方から出かけるくらいがちょうどいいの。

 大好きな美術館のひとつですが、長いこと行く機会がなく、界隈の開発ぶりに驚きました。
 美術館の庭もずいぶん手が加えられて、見どころが増えています。

 ここ数年、この敷地内での野外コンサートもコンスタントに開催されるようになっているのですが、広すぎないのもいいし、町からも徒歩で来られるし、なかなか魅力的な場所です。

 今月は同じ場所でもうひとつ、UKのベテランバンド”elbow"を観に行きます。
 ほんとは屋内で聴きたいグループですが、夏だしね。夕暮れのダブリンを背景に彼らの音楽を聴くのもそれはそれで楽しみです。

 ワイルド・ビースツは、ほんとうに素晴らしく刺激的なバンドなので、ぜひ一度聴いてみてくださいね。この日もかっこよかったよ。


★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談は左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください★

★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)