アイルランド生活ブログ - 生活・料理・留学の情報満載 -

アイルランド在住者(精通者)によるアイルランド生活の情報を発信中!!

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「@スライゴーですごす夏」

2019-07-15 22:54:16 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 いつも以上に更新が遅くなって、すみません!
 今回は大きな言い訳が。

スライゴーのライオンズ・カフェのブランチ。外食で野菜不足になると、ここに駆け込みます。サラダは種類も豊富。3種類選べるのだけど、いつも迷いまくり。ふつうはお皿にてんこもりですが、お願いして小さなポーションにしてもらってます。左にころがってるのはローストしたカリフラワー、激ウマ
  ニューブリッジの隣家(セミデタッチドといって、一軒家を二分したような形の隣人)が増築工事を始め、騒音公害で逃亡を繰り返していました。

 隣人とはけっこう仲良く付き合っていたのに、工事の予定をまったく知らせてくれず、ある朝いきなり、ハンマーで家のどこかを壊す大轟音で飛び起きたのよ!

 セミデタッチドの家なので、隣家の工事は、我が家でやってるのも同じ。大きな音と振動で、とても家にいられる状況でなく、すぐさま逃げ出しました。

 その後10日間、時間をかけてランチしたりドライブしたり、日中いかに家から逃げ出すかの算段を続けていたのですが、それっておかしいでしょう??

 隣人たちは近くに住む親族の家に仮住まいしていて、マークとわたしだけ”工事現場”に置き去り。フェアじゃないじゃん!

 ここではあまりネガティヴな話題を書きたくないので、ささっと状況報告にとどめますね。

 キャサリンとレイの来日ツアーを終えてアイルランドに戻り、さあ、お弁当本の最終作業にとりかかろう!としていた矢先の出来事だったのです・泣

 工事は2ヶ月に及び、まだ終わる気配なし。
 言いたくないけど、隣人も、工事人たちもアイルランド人ではありません。

 ここのルール、ほとんど無視。ここに来て以来、初めての軋轢がアイルランド人とでなかったのは不幸中の幸いだけど、この国の新たな側面を見る思いです。
 なんだかな〜・ため息。

 そして、ここからはポジティヴなわたしの新たな展開。
 見かねたキャサリンが、スライゴーにある彼女の実家を破格の条件で貸してくれることになり、今夏はスライゴーですごします!

 母屋はすでに借り手がいて、わたしが住むのは、かつてレース編み工房だった棟。築150年ほどの大きな家で、歴史も満載。すぐ近くがベンブルベン、裏は牧場、そこから海につながる素晴らしいロケーションです。

 すでにマークとトライアル滞在していて、居心地も満点。静かなので毎晩爆睡しました。ニューブリッジの家では、工事が始まって以来、毎朝ドリルの音とかで起こされるから熟睡できてなかった・ぷんぷん。

 唯一の難点は、家の前がドニゴールへ向かう幹線道路で、危なくて歩けないの。車を運転しないわたしは、外出するとき、常に誰かの助けを借りないといけないのですが、それもなんとかなるかな?という見通しで。

 キャサリンの妹で、海藻権威のプラニーがすぐ近くに住んでいるし、お弁当本の編集者シボーンも車で20分ほど。彼らのおかげで、スライゴーには友人知人がたくさんできてるので、わたしにとっては、すでに「地元感」たっぷりなのです。

 お弁当本の最終作業もゆっくりできるし、インスパイア度の高い場所なので、この夏スライゴーで「おいしい毎日」の続編を書きます(宣言!)。

 災いは転じました。

 マークは新しい仕事に就いたばかりでニューブリッジを離れにくいので、しばしわたしだけ「単身赴任」笑。それもまた新鮮で。

 wifiがつながらないのも、また楽し・爆笑。
 テレビもないし、ラジオの局も少ないし、すべてがシンプル。

 キッチンはばっちり完備されてるので、もう充分。
 オーガニックファームもすぐ近くで、漁港もあり、料理のしがいがあります。

 そうだ、キャサリンのCDの販売方法は、近々あらためてお知らせしますね!  


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談、私信などは左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください(コメント欄でのコメントはメールアドレスが記載されないので、こちらからご連絡ができませんのでご了承ください)★

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「@お礼とご報告」

2019-05-20 19:36:19 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 キャサリンとレイの来日ツアーに来てくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました!!

貴重なオフ日は、吉祥寺ですごしました。文具をたっぷり見て、ランチは洋食、ディナーは懐石料理。盆暮れ正月を1日で楽しむ勢いでした
 おかげさまで無事に、そしていい形でツアーを終えることができて、安堵しています。力を貸してくださった方々に、心から感謝しています!

 自国に戻ったキャサリンとレイからも、日本で会ったたくさんの方たちへ、熱いお礼メッセージが届いています。

 すでに1ヶ月近くたっていますけど、今でも彼らは周りのアイリッシュたちに、日本滞在がどんなに楽しく、素晴らしかったか、話しまくっているそうです。

 ご報告は、ツアーの最初に完売してしまった彼らのCDについて。
持って来る数を見あやまり、たくさんの方をがっかりさせてごめんなさい! 

 キャサリンの、スイスの家にまだあったストックを近々販売できるよう準備しています。CDがわたしの手元に届くのはまだ少し先なので、しばしお時間くださいませ!

 日本の友人のお店が在庫管理と販売(メールオーダーも含め)を引き受けてくださることになっています。詳細は6月中に、このブログでお伝えできると思いますので、ときどきチェックしてみてくださいませ!! 

*    *    *    *     *     *

 具体的にツアーの準備を始めたのは年が明けてすぐのことで、そこから、頭はずーっとツアーが実施される「4月」のまま止まっていました。東京から戻って、ようやく少しずつ「先のこと」を考えられるようになってきたところです。

 とはいえ。新緑のアイルランドは1年の中でも特に、生命力にあふれて素晴らしい季節。1ヶ月ぶりに帰ってきた我が家で、ついついのんびりとすごしております。まっさきに出かけたのはガーデンセンター。いつも夏が始まってから、あわてて鉢植えを買ったりしていましたが、今年は花の盛りをたっぷり堪能できそう。

 そして6月は、お弁当本の作業が再開。年内に出版できるようラストスパートです!


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談、私信などは左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください(コメント欄でのコメントはメールアドレスが記載されないので、こちらからご連絡ができませんのでご了承ください)★

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「@お知らせ:4月23日(火)「アイリッシュハープとフィドルの夕」東京公演のご予約」

2019-03-12 19:23:59 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
※「アイリッシュハープとフィドルの夕」のご予約は終了しましたので、応募フォームを締め切らせていただきました。たくさんのご予約どうもありがとうございました。

 すでにお伝えしているキャサリン(アイリッシュハープ)とレイ(フィドル)のJapan Tourをしめくくるコンサートのお知らせです。ご予約はこちらのページから!(ページ下部にご予約フォームへのリンクをご用意しております)
会場でお待ちしています!!


「アイリッシュハープとフィドルの夕」

 伝統音楽が、日常生活に深く根づいているアイルランド。作家W.Bイエイツの故郷として知られる北西部スライゴー出身のミュージシャンを招いてのコンサートです。古来の楽器アイリッシュハープと、人気の高いフィドル(ヴァイオリン)のデュオで、スライゴーらしいチューン(楽曲)をスライゴーのスタイルで演奏します。

●出演:
 キャサリン・ラティガン Catherine Rhatigan ( アイリッシュハープ)

 アイルランド北西部スライゴー出身。ジャネット・ハービソン率いるIrish Harp Orchestraに在籍後、Harper's Bizarreに参加。その後Tale of the Gaelを旗揚げし全米をツアー。その洗練された演出が高い評価を得る。また、ジョイスやイェイツの文学作品から着想を得た楽曲を発表、ヨーロッパ中で絶賛される。ハープ教育にも熱心に取り組んでおり、オカロラン国際ハープ祭をはじめとする欧米のフェスティバルにて講師を務める。

 レイ・コーエン Ray Coen(フィドル)

 地元スライゴーを拠点に活動し、圧倒的な存在感を放つ実力派フォークバンドNo Crowsのメンバーとしてフィドル、ギター、ヴォーカルを担当。これまでに6枚のアルバムに参加している。ソロ作品「Out of Sight」「Voices from the Fridge」を発表。スライゴー地方の伝統音楽に深く根差しながらも、ソングライターとしての才能と多彩な音楽性が見事に融合している稀有なミュージシャン。
 
●ゲスト:
 TAKA ( フィドル)

 アイルランド西部カウンティ・クレアのフィークル村に滞在し、フィドルを学ぶ。日本人では初めての、アイルランド伝統音楽の国際協会CCE公認のフィドル講師に認定。現在は東京で、フィドルのレッスン、演奏活動に力を注いでいる。

●日時 : 4月23日(火)[要予約]
  開場 : 18:00~ カフェオープン
  開演 : 19:00~ 
  参加費:3000円 別途ドリンクオーダー
  *メニュー:自家製ドリンク・酵素玄米ベジカレー・米粉ケーキなど

●開催場所:agréable*musée アグレアブル・ミュゼ
  www.agreable1993.com
  Email: agreable.musee@gmail.com
  TEL : 042-577-7353
  国分寺市光町1-42-8(国立駅北口徒歩4分)
  map: https://goo.gl/maps/HwttNHZTsYT2

※「アイリッシュハープとフィドルの夕」のご予約は終了しましたので、応募フォームを締め切らせていただきました。たくさんのご予約どうもありがとうございました。


コメント

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「@お知らせ」

2019-03-04 15:42:55 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 キャサリン(アイリッシュハープ)とレイ(フィドル)のワークショップ&ライブのツアースケジュールが決まりました。

 大阪からスタートし、最後が東京です。ぜひ、お越しくださいませ!
ふたりともスライゴー出身。スライゴーならではのチューンとスタイルをお楽しみいただきたいと思います。

 20日のハープフェスでは、コンサート前の「トーク・セッション」にわたしも乱入します・笑。

 なかよしのハーパー村上淳志くん、木村林太郎さん、レイもまざって、アイルランドと伝統音楽の関わりを、それぞれの体験をもとに語り合うという、30分で終わるのか??がナゾの、すてきな企画です。

 ようやくわたしも、フィドルレッスン体験を語れて嬉しい。

 このツアーを組むに至った経緯などは、またあらためて書きますね。
 そこそこ長い道のりでした。面白かったですけど!

■キャサリン&レイ Japan Tour 2019
https://tokyoirishharp2019.amebaownd.com/posts/5816241



★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談、私信などは左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください(コメント欄でのコメントはメールアドレスが記載されないので、こちらからご連絡ができませんのでご了承ください)★

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「@4月のイベントのお知らせ」

2019-02-18 22:15:48 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 東京アイリッシュハープ・フェスティバル2019に、夫マークの従姉妹キャサリン・ラティガンが参加します。フィドルのレイ・コーエンも同行。ふたりともスライゴー出身で、ここらしいスタイルとチューンをたくさんご披露いたします。わたしもトークで ”乱入”します。

 オーガナイザーの村上淳志くん、木村林太郎さんとは、なかよくしてもらっていますけど、ちゃんとしたコラボレーションは初めてなので、とっても楽しみ!
 
2年ほどかけて、あたためてきた企画です。
大阪でもワークショップを開催、続いて名古屋、東京(地元の西荻窪と国立)2ヶ所でライブします。詳細はおってお知らせいたしますので、ときどきこのブログをチェックしてみてください!珍しくちゃんと更新しますので!!

今月末までにはお知らせできると思います。お楽しみに!


https://tokyoirishharp2019.amebaownd.com/



★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談、私信などは左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください(コメント欄でのコメントはメールアドレスが記載されないので、こちらからご連絡ができませんのでご了承ください)★

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「@新年のごあいさつ」

2019-01-07 14:27:05 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 あっという間に明けました!
 月並みですが、今年もよろしくお願いいたします。

 去年はたっぷり「充電」したので、今年ははじけます。たぶん・笑
 もう、ず〜っとアナウンスし続けているので、かなり居心地悪い気分なのですが、今年はアイルランドで出版します、お弁当本!!

 編集チームががんばってくれてるので、アイルランドでスタートするブログも、かなりかっこいいです。

 ブログは、本に先駆けて春頃にはスタート。
 お弁当本は秋の出版を目指しています。超楽しみ!!!

 日本でも3月から半年、雑誌の見開きページを掲載していただくことになっているので、後日あらためてお知らせしますね。

 冬眠中でないことをお伝えしたく・笑


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談、私信などは左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください(コメント欄でのコメントはメールアドレスが記載されないので、こちらからご連絡ができませんのでご了承ください)★

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「@さらに陶芸」

2018-10-08 19:18:10 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 夏が終わらないうちに、と書いておきながら、時すでに「晩秋」!

陶芸教室のあとの楽しみ。スモークド・ハドック入りのコロッケとスペイン産のスパークリングワインで一息。しあわせな昼さがりでした
 今年は夏に日照りが続いた影響らしく、木々の葉がきれいな黄葉になっています。
 もう夜はヒーターを入れることが増え、先日は今年初めて「ももひき」をはきました。
 アナウンスすることじゃないな・苦笑

 陶芸教室でつくった器たちもすべて引き取り、出来上がりもそこそこ満足。
 魚用の角皿が下向きに反って、ソースものが入れられないとか、深皿の底をちゃんと成形しなかったので、起き上がりこぼしみたいに揺れるとか、不備はいろいろあるにせよ。

 普段使いするには今いちでも、撮影にはなんとか使えそうなので(ウソつくのは本意じゃないですけど)最初の試みとしては充分かなと自画自賛中。

 ほんの少しの体験と反省点を生かすべく、2度目の陶芸教室にトライしてきました。
 今度はダブリン。わたしには、おしゃれすぎる工房なのですが、ここがまた超楽しくて!

 Arran Street East というメーカーで、近年急速に人気を集めている工房です。
 キルケニーデザインショップでも取り扱っているし、なんと日本でもStorさんが販売しているそう!

 ちょっと北欧テイストで、機能的なデザインとパステル調のおだやかな色合いが特徴。たまたま食事にいったレストランで、ここの器を使っていて、触感がとてもよかったのですっかりファンに。陶芸教室を開催しているのはネットでチェック済みだったので、すぐさま予約した次第。

 ダブリンの青果市場の裏手という粋な場所にある工房で、カフェもあり、たたずまいがまたおしゃれ。先生含め、工房のスタッフの多くがトーマスタウンのGrennan Mill のクラフト学校の卒業生でした。

 ふだんの日だったので、生徒はわたし含めて二人。どちらもビギナーなので、先生は最初に教えるべきステップを順番に進めていくのですが、すでに一度習ってるし(一度なのに!)せっかちなわたしは「ミッションがあるの」と切り出し、自分がつくりたいお皿の型紙を取り出してみました。で、ここがアイルランドのいいところ。「お〜素晴らしい!」と言ってくれ、さっそく野放し・笑。わたしが先生だったら「基礎はちゃんとやんなさいよ」と一喝してると思う〜

 おだやかな日差しがたっぷり入る作業部屋で、もくもくと土に向き合うのは、幸せな時間でした。あと2回、ここのワークショップに参加します。

 帰りは、気になっていた魚料理のお店で、初物のアトランティックオイスターを食べた〜
ハーフダズンだと他のものが食べられないなと思ってたら、いくつでもと言ってくれたのでまず3個。おかわりできたな・笑

 燻製ハドック入りのコロッケも超おいしかったし、シメはカリカリトーストにのせたカニのほぐし身。こういう、ちまちました食べ方が大好き。おいしいものに限りますが。
 カウンターだけの粋なお店で、90年代のダブリンにはなかったな〜

 トーマスタウンの話はまたあらためて!


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談、私信などは左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください(コメント欄でのコメントはメールアドレスが記載されないので、こちらからご連絡ができませんのでご了承ください)★

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「@続・陶芸教室」

2018-08-20 21:59:17 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 偶然見つけた陶芸教室は、クラフト盛んなカウンティ・キルケニーのトーマスタウンという町、というよりヴィレッジにあるクラフトスクールで、本来はプロの職人を養成するための学校なのですが、夏だけビギナーでも参加できるレッスンを行っていると知り、トライしてみることに。

学校のあるトマスタウンの駅。電車が来るのはどっちのホームかな、と思ったら単線でした。駅舎はあるけど誰もいなかった・笑
 クラフトスクールの存在は以前から知っていたのですが、ビギナーにも門戸を開くときがあるのを知らなかったのです。

 古い製粉所を再生させた学校は、建物そのものが魅力的。
 床がみしみしするし、階段はせまくてこわかったけど、広々したスペースで作業できるのは幸せなことです。
 製粉所ですから裏手は川で、土手では馬が草を食んでいるし、そういう自然の中でものを作れるのも素晴らしい。

 わたしの参加した教室は3日間、朝10時から夕方4時まで、たっぷり作品づくりができました。途中のティータイムとランチは、快晴続きの最中だったので、クラスメートたちと庭で。鳥たちが、すぐ近くまで遊びに来たり、建物の上のほうに、絶滅危機のミツバチが巣を作ってたり、自然が満載。

 窯がいくつかあるのですが「変わった形だけど、これは?」と先生に聞いたら、ピザ窯でした・爆笑
 バーベキュー用のグリルもあって、ときどきそんな余興もするんでしょうね。いいな〜
 
 ちょうどその時期、卒業を控えた学生たちが、作品展のための制作の追い込みで作業を続けていて、彼らの姿がまた、いい刺激をくれました。

 彼らの作品はもうすでにプロの域。陶芸専攻の学生は年に12人と少数先鋭制。大半は彫刻を専攻していたとか、何らかの形で粘土に関わっていた人が多いらしく、学ぶスピードが早いし、意識が高い。すでに展示が始まっていたので、彼らの作品を見て感じたこと。

 でもね、校内で見かける学生たちは、ヒッピーな様相で、笑顔がかわいく、どこかぜんぜん別世界に浮遊しているような印象で、それがまた好感度大・笑。  

 そして、ついに。先生から作品が焼きあがったとお知らせが。
 キルケニーアーツフェスティバルが開催される週で、学校でもイベントがあり、その期間ならいつでもピックアップできるという親切な計らい。

 ひとりでは運べないほど、あれこれ作っちゃったのでマークを動員。
 さて、焼き上がりはいかに?

 学校のあるトーマスタウンには、もうひとつ、ぜひ行ってみたかった理由がありました。その話も含めて、続編を夏が終わらないうちに書きますね!


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談、私信などは左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください(コメント欄でのコメントはメールアドレスが記載されないので、こちらからご連絡ができませんのでご了承ください)★

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「@陶芸教室」

2018-08-13 00:26:10 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 「お弁当本」の完成を待たず、次作「魚料理本」の作業を始めている、せっかちなわたし。ぼちぼちと魚料理の撮影をしてて、ふと気づいたのは、日本では当たり前の ”魚料理をのせるお皿” が、アイルランドではなかなか手に入らないこと。

Grennan Mill Craft School です。素敵な環境でしょう?鳥たちが、すぐそばまで来るのは、ここが平和な場所だから
 近年は、こちらでも”和ブーム”で、柄物のどんぶりや、四角いお皿、お急須なんかも売られるようになってきていますけど、”なんちゃって和食器”が多く、それはそれで楽しいのですけど、ただでさえ軽んじられている魚たちが、品格を持って、美味しそうに見える食器がほしいな〜と思い始めていました。日本から持ってくるのは重たいし、ロンドンには和食器扱ってるお店があるようなんですけど・・と迷っているときに「そうだ、つくればいいじゃん」の結論がひらめきました。

 陶芸。美術学校に通ってましたので、何度か授業で体験しております。
が、超ヘタクソだったのよ〜興味が持てていなかったのが主な敗因でしたけど、ずっと「平面」(絵画)を学んできた頭なので、いきなり「立体」にシフトできなかったのかも。しかし、こどもの頃も、粘土細工は苦手でした・苦笑。
 Anyway。それでも「陶芸」はずっと何故か憧れで、学校出てからも、ワンショットで習いに行ったりしてみたのですが、いつも悲惨な結果に終わり、ガラクタを増やすだけなので、しばし封印しておりました。

 いつかまた。の、いつかは今。目的(お魚が引き立つお皿づくり)があるので、結果も変わるかな?という淡い期待もあり、偶然見つけた陶芸教室の”合宿”に参加してきました。

 もうね、超楽しかった!結果はさておき(焼きあがるのは数週間後なので、まだわたしも結果を見ていないから、こんなことが書けているんです・笑)
 プロセスそのものが、とても刺激的で、貴重な体験ができました。

 アイルランドで習い事、すごくおススメです。教え上手な先生ばっかりだし、日本でありがちな「習う」という概念が、ここではちょっと違う気がする。お手本通りに真似するのはご法度。というのが基本にあるのは、フィドルのレッスンでも感じていました。技術は学んでも、つくるのは自分。本来アートって、そういうものですよね。

 アイルランドには、そういう自由さが、ふつうにあって、素晴らしいです。今回のクラスでも、みんな、あっという間に自分のつくりたいものに取りかかるのに、まずびっくり。そしてクラスメート5人、すべてが様々な形をつくりあげていくのに、またびっくり。ほとんどみなさん、ビギナーなんですよ!でもね、みんな自分のヴィジョンを持っているの。そこがすごい。
 「こういうのを作りたい」が漠然とでも、ちゃんとあるの。だから先生もアドヴァイスしやすいのね。
 それでも、焼きあがるまで結果はナゾ。そこがまた面白い。

 さて、どんな学校だったかはまた次回!すてきなとこなの〜


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談、私信などは左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください(コメント欄でのコメントはメールアドレスが記載されないので、こちらからご連絡ができませんのでご了承ください)★

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「@アイルランドの苺」

2018-07-23 19:36:04 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 路肩で、ウエックスフォードのストロベリーと新じゃがを売る屋台を見かけたら、夏の始まりです。
 今年は3月に雪が降ったりして、どこの畑も種まきが遅れたようですが、今度は急に暑くなって、急成長する作物にファーマーたちは大わらわ。

今年の苺は、すごく甘いです!きりっと冷やしたワインのおつまみに、このままぱくぱくいただきました
 ストロベリーファームもそのひとつで、あっという間に大きく熟れてしまうストロベリーを摘む手が間に合わないのだそう。収穫量も多く、いつもなら週末はお休みとるのに、今年は週7日お店を出して売りまくってるとか。

 マークが、大きなパックを2つ買ってきてくれたので、せっせと食べています。
 いつものアイルランドのストロベリーは、日本のに比べると小ぶりで、甘みもさほど強くないですが、みずみずしくてとってもおいしい。

 繊細な甘さなので、うまくひきたたせるようにか、ホイップした生クリーム(お砂糖は入れません!)をふんわりのせて、いただきます。

 「ストロベリー&クリーム」は、イギリスでも人気の、夏の定番デザート。キルケニー近くのゴーラン競馬場でも、小さなカップに入れて売られていて、おとなもこどもも楽しんでいました。

 今年は、干し草を運ぶトラクターの登場が例年より、ひと月近く早かった!40年ぶりの日照りで、雨の多いこの国では珍しい水不足。湿った土を好む野菜たちの成長が気になる今日この頃です。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談、私信などは左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください(コメント欄でのコメントはメールアドレスが記載されないので、こちらからご連絡ができませんのでご了承ください)★

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント