アイルランド生活ブログ - 生活・料理・留学の情報満載 -

アイルランド在住者(精通者)によるアイルランド生活の情報を発信中!!

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「@続・陶芸教室」

2018-08-20 21:59:17 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 偶然見つけた陶芸教室は、クラフト盛んなカウンティ・キルケニーのトーマスタウンという町、というよりヴィレッジにあるクラフトスクールで、本来はプロの職人を養成するための学校なのですが、夏だけビギナーでも参加できるレッスンを行っていると知り、トライしてみることに。

学校のあるトマスタウンの駅。電車が来るのはどっちのホームかな、と思ったら単線でした。駅舎はあるけど誰もいなかった・笑
 クラフトスクールの存在は以前から知っていたのですが、ビギナーにも門戸を開くときがあるのを知らなかったのです。

 古い製粉所を再生させた学校は、建物そのものが魅力的。
 床がみしみしするし、階段はせまくてこわかったけど、広々したスペースで作業できるのは幸せなことです。
 製粉所ですから裏手は川で、土手では馬が草を食んでいるし、そういう自然の中でものを作れるのも素晴らしい。

 わたしの参加した教室は3日間、朝10時から夕方4時まで、たっぷり作品づくりができました。途中のティータイムとランチは、快晴続きの最中だったので、クラスメートたちと庭で。鳥たちが、すぐ近くまで遊びに来たり、建物の上のほうに、絶滅危機のミツバチが巣を作ってたり、自然が満載。

 窯がいくつかあるのですが「変わった形だけど、これは?」と先生に聞いたら、ピザ窯でした・爆笑
 バーベキュー用のグリルもあって、ときどきそんな余興もするんでしょうね。いいな〜
 
 ちょうどその時期、卒業を控えた学生たちが、作品展のための制作の追い込みで作業を続けていて、彼らの姿がまた、いい刺激をくれました。

 彼らの作品はもうすでにプロの域。陶芸専攻の学生は年に12人と少数先鋭制。大半は彫刻を専攻していたとか、何らかの形で粘土に関わっていた人が多いらしく、学ぶスピードが早いし、意識が高い。すでに展示が始まっていたので、彼らの作品を見て感じたこと。

 でもね、校内で見かける学生たちは、ヒッピーな様相で、笑顔がかわいく、どこかぜんぜん別世界に浮遊しているような印象で、それがまた好感度大・笑。  

 そして、ついに。先生から作品が焼きあがったとお知らせが。
 キルケニーアーツフェスティバルが開催される週で、学校でもイベントがあり、その期間ならいつでもピックアップできるという親切な計らい。

 ひとりでは運べないほど、あれこれ作っちゃったのでマークを動員。
 さて、焼き上がりはいかに?

 学校のあるトーマスタウンには、もうひとつ、ぜひ行ってみたかった理由がありました。その話も含めて、続編を夏が終わらないうちに書きますね!


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談、私信などは左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください(コメント欄でのコメントはメールアドレスが記載されないので、こちらからご連絡ができませんのでご了承ください)★

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「@陶芸教室」

2018-08-13 00:26:10 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 「お弁当本」の完成を待たず、次作「魚料理本」の作業を始めている、せっかちなわたし。ぼちぼちと魚料理の撮影をしてて、ふと気づいたのは、日本では当たり前の ”魚料理をのせるお皿” が、アイルランドではなかなか手に入らないこと。

Grennan Mill Craft School です。素敵な環境でしょう?鳥たちが、すぐそばまで来るのは、ここが平和な場所だから
 近年は、こちらでも”和ブーム”で、柄物のどんぶりや、四角いお皿、お急須なんかも売られるようになってきていますけど、”なんちゃって和食器”が多く、それはそれで楽しいのですけど、ただでさえ軽んじられている魚たちが、品格を持って、美味しそうに見える食器がほしいな〜と思い始めていました。日本から持ってくるのは重たいし、ロンドンには和食器扱ってるお店があるようなんですけど・・と迷っているときに「そうだ、つくればいいじゃん」の結論がひらめきました。

 陶芸。美術学校に通ってましたので、何度か授業で体験しております。
が、超ヘタクソだったのよ〜興味が持てていなかったのが主な敗因でしたけど、ずっと「平面」(絵画)を学んできた頭なので、いきなり「立体」にシフトできなかったのかも。しかし、こどもの頃も、粘土細工は苦手でした・苦笑。
 Anyway。それでも「陶芸」はずっと何故か憧れで、学校出てからも、ワンショットで習いに行ったりしてみたのですが、いつも悲惨な結果に終わり、ガラクタを増やすだけなので、しばし封印しておりました。

 いつかまた。の、いつかは今。目的(お魚が引き立つお皿づくり)があるので、結果も変わるかな?という淡い期待もあり、偶然見つけた陶芸教室の”合宿”に参加してきました。

 もうね、超楽しかった!結果はさておき(焼きあがるのは数週間後なので、まだわたしも結果を見ていないから、こんなことが書けているんです・笑)
 プロセスそのものが、とても刺激的で、貴重な体験ができました。

 アイルランドで習い事、すごくおススメです。教え上手な先生ばっかりだし、日本でありがちな「習う」という概念が、ここではちょっと違う気がする。お手本通りに真似するのはご法度。というのが基本にあるのは、フィドルのレッスンでも感じていました。技術は学んでも、つくるのは自分。本来アートって、そういうものですよね。

 アイルランドには、そういう自由さが、ふつうにあって、素晴らしいです。今回のクラスでも、みんな、あっという間に自分のつくりたいものに取りかかるのに、まずびっくり。そしてクラスメート5人、すべてが様々な形をつくりあげていくのに、またびっくり。ほとんどみなさん、ビギナーなんですよ!でもね、みんな自分のヴィジョンを持っているの。そこがすごい。
 「こういうのを作りたい」が漠然とでも、ちゃんとあるの。だから先生もアドヴァイスしやすいのね。
 それでも、焼きあがるまで結果はナゾ。そこがまた面白い。

 さて、どんな学校だったかはまた次回!すてきなとこなの〜


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談、私信などは左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください(コメント欄でのコメントはメールアドレスが記載されないので、こちらからご連絡ができませんのでご了承ください)★

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント