アイルランド生活ブログ - 生活・料理・留学の情報満載 -

アイルランド在住者(精通者)によるアイルランド生活の情報を発信中!!

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「@生牛乳とパン」

2017-10-23 15:42:52 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 わが町ニューブリッジに、月1回開催のマーケットがスタートし、地元でとれた野菜や牛乳、たまごなどが買えるようになり、料理がまた楽しくなってきました。

会心のブラウンブレッド。珍しく地がまんべんなくふくらんで。てっぺんがいびつなのは許してね。オーブンの温度が上がりにくくなっていて、途中で型の位置を変えたりしてるのですが・・が言い訳。
 牛乳は、パスチャライズされていない貴重な「生乳」。市販できるって知らなかった!日本にもあるようですね、禁止されているのかと思ってました。こどもの頃の遠足で、しぼりたての牛乳を初めて飲んで感動したのですが、その後は飲む機会もなく、酪農王国のアイルランドでいつか・・と思っていたら、案外近くで体験できるのがわかって感激。
 
 殺菌していない牛乳は、日がたつごとに、とろりとクリーム化していき、やがてサワークリームになるんだそう。フタを開けない限りは腐ることもなく、飲むのには適さないにしても、寿命が案外長いのがまずびっくり。

 殺菌してるほうが長持ちしそうな気がしてましたけど、そうではないのね。
 幸か不幸か、今回買った牛乳は、すぐさま飲む機会を逸したので、そのまま置いといて料理に使ってみることに。

 まずは1週間後、ブラウンブレッドの生地にまぜたのですが、きっと牛乳のおかげよ、ひさしぶりに大満足の出来ぐあい。
 アイルランドのパン、ブラウンブレッドは、誰でも作れるカンタンなレシピですが、そっからが長いのよ・笑

 誰でも、そこそこおいしいパンができますが、「おー!」と感嘆の声上がるパンにするのはむずかしい。ここの伝統音楽とまったく一緒。超カンタンなチューンをかっこよく演奏するのは至難のワザ。フィドルの神様マーティン・ヘイズ大先生が、一時超やさしいチューンばかりこだわって弾いていたと誰かから聞いたときに、さもありなん。と、ひどく納得したことがあります。
すごくアイルランド的な挑戦だと思った。

 パンも同じ。
 誰でも作れるブラウンブレッドを「これが、わたしの味」まで持っていくのは、なが〜い積み重ねがあってこそ。

 つい最近、そんなブラウンブレッドに出会いました。マークの母方の親族作。食べた瞬間「おー!」が出ちゃった。分析不可能。わりと得意なんだけど、何が隠し味か探り当てるの。でもね〜これは無理でした。唯一の推測は、糖蜜。こっくりした甘みが感じられたけど、でも強調しすぎてなくて、ず〜っと食べていたい味でした。

 ベーキングは、お天気(雨だと粉ものがふくらみにくい、とか)や、作り手の体調=いらいらしてたり、時間に限りがあったりすると失敗する可能性大=など、いろんなことが作用するので、なかなかに厄介です。だから面白いのだけど!


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談、私信などは左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください(コメント欄でのコメントはメールアドレスが記載されないので、こちらからご連絡ができませんのでご了承ください)★

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「@きのこ」

2017-10-16 15:39:28 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 アイルランドの食文化の、七不思議のひとつが「マッシュルーム」。
北国で、木が豊かで、適度な湿度で、きのこが好きな環境のはずなのに、アイルランド人の、きのこに対する愛情は薄いです。「きらい」という人も少なくない。なぜ??

リムリックのマーケットで見つけたアイルランド産の舞茸。色も香りも日本のより淡いですが美味。天ぷらにするのがいいのかな?
 この国で売られているマッシュルームは、日本で知られている、ふつうの白いマッシュルームか、ブラウンマッシュルーム、大きいカサのポートベローマッシュルームがメインです。しかしこれら、色や大きさが異なるだけで種類は一緒。わたしが知る限りの過去20数年間、これらのおなじみマッシュルームに加わった国産きのこは、シイタケとヒラタケのみ。
 フランス産のきのこが出回ることもありますが、秋のほんの一瞬だけ。

 ここ数年、少しずつですが、秋になると「きのこ狩り」のイベントや、野生のきのこに関するレクチャー、きのこ料理のレッスンなどが開催されるようになって、海藻ブーム(すっかり定着)に続いて、きのこブームの到来か?と期待しているところです。
 
 さきほどシイタケとヒラタケにふれましたが、それらだって、まだまだ発展途上。シイタケは香りが少ないし、ときどき「これブラウンマッシュルームじゃないの??」って思うようなのもまざってますし・苦笑

 ヒラタケは、そこらの木々や、民家の木戸で育っているのを見かけていたので、栽培はカンタンそうなので、いつか誰かが・・と思っていたら、隣町でポーランド人のヒラタケ農家があるのを発見。毎日オープンしていますってホームページにあったのでさっそく行ってみると、まずグーグルマップがおおいにまちがっていて行き着けない。電話してみると「今、外出中だし、作物も来週にならないと用意ができない」とツレないお返事。
 ここは再度トライするので、ご報告はまたあらためて。

 この間出かけたリムリックのミルクマーケットには、きのこ屋さんが店を出していて、エリンギや舞茸(この国でもつくれるんじゃん!)もあって感激。しこたま買い込んできたのでした。
 この農家は、リムリックとティパレリ、コークの県境にあって、ちょっと遠い。

 ウエックスフォードに「ファンシー・フォンギ」というかわいい名前のきのこ農家があるのをWEBで発見。問い合わせメールをしたとこです。

 宅配きのこ。ちょっと大げさな気もしますが、ここはシメジを育ててるので、かなり楽しみにしているところなのです。
 シイタケは前にも書きましたが、オランダ産のオーガニックものがとっても上質なので、これにシメジが加われば、きのこの炊き込みご飯や、きのこそばとか、ここの食材でつくれるレパートリーがぐっと増えるのよね。

 アジア食材屋などで、輸入もののきのこならけっこういろいろ買えることは買えるのですが、あくまでアイルランド産、せめてEU内産にこだわっています。
 
デイリーベースで、きのこをたっぷり使えるようになる日はくるかな〜



★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談、私信などは左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください(コメント欄でのコメントはメールアドレスが記載されないので、こちらからご連絡ができませんのでご了承ください)★

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「@ケルト市」

2017-10-02 15:45:52 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 ご無沙汰ですみません。
 少し前の週末、リムリックに行ってきました。

ミルクマーケットで食べた、揚げたてのクリスプス!”ケルト市”の会場では、テイトーくんブランドのクリスプスがカフェメニューに登場するはずなので、ぜひ!!
 Hunt Museum というこじんまりした美術館で、大好きなジャック・B・イエイツと、牧歌的な画風でアイルランドを代表するポール・ヘンリーのジョイントという画期的な企画展が開催されていて、ずっと見たいと思っていたのです。

 会期が長いと「いつでも行ける」と思っているうちに、いつのまにか終わってしまって見逃す。ということも多々あるのですが、これはちゃんと見られました。

 ダブリンで開催されてたフェルメール展は見逃しちゃった。すごく混んでると聞いていたので、9月になったら行こうと思っていたのに、チケットが完売していて行かれなかった!

 美術展のチケットが完売って、それはそれですごいことだと思います。
 今年は特に、ひとびとの懐に余裕ができてる印象が強く、コンサートもイベントもホテルも満員御礼の嵐。どこに行っても、がらんとしてた90年代はじめのアイルランドがちょっと懐かしいなんて言ったらいけないかな。

 Hunt Museumも、ちょうど「カルチャーナイト」といって、アイルランド中で”文化祭”が開催されてる日は満杯で、常設展をささっと見たくらい。

 翌日あらためて行ってみると、がらがらまではいかないけど、ゆっくり見られて大満足。
 作風のまったく異なるふたりの画家が描くアイルランド。ほぼ同じ時代に活動していて、J・B・イエイツはスライゴー、ポール・ヘンリーはメイヨーと、題材にしていたエリアも近かったのに、接点もなかったようで、こんなに小さな国なのに誰かの影響を受けるでもなく、独自の世界観を持てているのが素晴らしいし、そこがアイルランドのいいとこ。とあらためて感じました。

 リムリックの町をゆっくり探索するのは初めてで、とっても面白かった。
 他にもいいギャラリーがあるし、大学があるせいで充実した品揃えの本屋さんや、ヒッピーなカフェもあって、何よりもミルクマーケットというインドアの市場が超楽しいし。

 ニューブリッジからは車で2時間足らず。電車もそのくらいで、これからときどき出かけよう!と強く思うのでした。

 そして東京では、まもなく「ケルト市」が開催されます!
 10月9日。この間こちらから、わたしのお気に入りのビーワックス(蜜蝋)のキャンドルを送りました。会場で販売してもらうので、ぜひチェックしてみてください。自然な灯りと、ほんのりはちみつの甘い香りがして、アロマティックなんですよ!

 スライゴーのとなり、リートリムの山奥の、すてきなコテージに住むピートさんの手作りです。コテージも彼の手づくりなの!
 他にも、隣町キルコリンで作られた「妖精の扉」など、珍しい雑貨を送ったので、ぜひお手元に!!
 テイトーくんのクリスプスもありますよ〜数が限られてるので、お早目に!


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談、私信などは左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください(コメント欄でのコメントはメールアドレスが記載されないので、こちらからご連絡ができませんのでご了承ください)★

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント