アイルランド生活ブログ - 生活・料理・留学の情報満載 -

アイルランド在住者(精通者)によるアイルランド生活の情報を発信中!!

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「アップルタルト」

2008-09-29 00:23:59 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 アイルランドの国民的人気の焼き菓子といったらアップルタルト。
 日本ではタルトとよびますが、こちらではタートと聞こえます。

 たいていのアップルタルトは、調理専用のクッキングアップルを使います。
 スライゴーにあるプラニーの家に遊びに行くと、庭に大きなクッキングアップルの木があって、自分でもいで、たくさんおみやげにもらったことがあります。

 庭でもいだ果実でお菓子を焼くなんて、いいなぁ。
 しかし、このクッキングアップル、誰が最初に料理してみようと思ったのでしょうね。生のまま食べると、えらくまずい代物です。みんなが「おいしくから、そのまま食べちゃだめ!」と強くいうので、実は味見をしたことはありません。

 でも、知らずに食べてえらい目にあった、という話はよく聞きます。
 少しの水で煮るだけで、すぐジャム化するので、ソースなどにも使われます。

 タルトにするときは、前もって煮る必要はなく、タルト生地にスライスしたりんごをしきつめ、砂糖とシナモンなどのスパイスをふりかけ、さらにタルト生地でふたをし、オーブンで焼くだけ。

 タルト生地は、ビスケットのように、小麦粉とバターと水少々の簡単なものなので、失敗もありません。

 といっても、タルト生地をさっくり仕上るのにはコツが要り、おいしいタルトにするには、それなりに年季が必要ですが。

 バターをけちらずに使えば、それなりにさっくりとできますが、カロリーを考えると控えめにしたくなるのよね。

 アップルタルトは、あたためていただきます。
 というか、家でつくったときは、焼きたてをいただきます。
 焼きたてといっても、オーブンから出して、しばらく休ませ、生地がさっくりとなった頃合いで。

 生クリームを添えたり、アイスクリームをのせると、とろりととけて冷たいソースになってグー。

 なまけて、どこかで買ってきたときも、オーブンで5分ほど焼くと、ずっとタルトらしくなります。そのまま食べると、生地がへなちょこで、今ひとつ。

 辛党のわたしは、デザートづくりを手抜きすることが多いのですが、たまに自分で焼き菓子をつくると、家中いい匂いがただよって、幸せな気分になれます。

 仕事から帰ってきたマークが、焼きたてのタルトを見つけて「やったー」と大喜びするのを見るにつけ、ああ、ときどきつくってあげなくちゃと思うのですが。

 翌日、すでに空っぽになったタルト皿にびっくり仰天。
 少しづつ切っては食べしてるうちに1台ひとりで食べきっちゃったのですって。
 ううむ、やっぱりあんまり頻繁にはつくらないほうがよさそうだ。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「パブの楽しみ」

2008-09-22 21:43:03 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 ニューブリッジのメインストリート界隈には、17軒のパブがあります。
 行きつけの店は、そのうちの2軒にしぼられているのですが、最近新たにお気に入りに加わったのが、グラナリーズというパブ。

 2年ほど前だったかに改装して、レストランつきの、ちょいとおシャレなパブに変身しました。以前はスポーツ好きな男の人が集まる、わさわさした感じの店で、一度も入ったことがなかったなぁ。

 新しくなったグラナリーズのいいとこは、大きな窓から木製のブラインド越しに適度な外光が差し込んで明るいこと。ちょうど、町から家に帰る途中に位置することもあって、買い物帰りに1杯がクセになっているところです。

 新装開店しても、カウンターに陣取る常連客の顔ぶれは同じらしく、モダンなインテリアには、それほどそぐわない(失礼)おじさんたちで、逆にこちらもくつろげます。

 店のとなりがベティングオフィスで、競馬ファンが集まっているのも、くつろげる理由かな。カウンターの近くのテレビスクリーンは、競馬専門チャンネルがつけられ、アイルランドの競馬すべてが、ここで見られます。

 競馬専門のレーシングチャンネルは、家にもひいているので、家に帰れば見られるのですが、グラナリーズでビール飲みながらの観戦は楽しみが倍増する感じ。
 これは、マークが仕事の日の、わたしひとりの楽しみです。

 はじめの頃こそ、バーマンもお客さんも、わたしのことを不思議そうに見てましたが、何度か通ううちに違和感も減ってきました。

 たまに、ふっと気がつくと、わたし以外に女性客がひとりもいないなんてこともありますが、同じ競馬好きなおじさんたちと、静かに飲むのはなかなかいいもんです。

 どこかに旅したときも、何時間かはマークと別行動で、ひとりでぶらっとパブに出かけます。なるべく、古くて、飾りっけのない、地元の人たちしか行かない店を探して。

 アイルランドのいいところは、そういう地元の人たちが集まるパブに、突然ストレンジャーが現われても、ごく自然に向かえ入れてくれるところです。

 そうそう、パブではときどき、お客さんたちにカクテルソーセージやチキンウイングなどのおつまみを無料でサーヴィスしてくれることがあります。

 夕方のときもあれば、夜遅くになってというときもあるけど、たいてい小腹がすいてきたなと思うタイミングで、ひょいと出してくれるのが嬉しい。

 ダブリンのホテルのバーでは、毎週金曜日の夕方になるとフードサーヴィスがあって、当時は長逗留で貧乏だったせいもあり、ずいぶんとお世話になりました。

 クリスマスの後、ゆでたまごを出してくれる店もあったとか。
 なんでたまごなのか、よくわからないけど。昔は、真冬のたまごは貴重だったはずですから、ごちそうの意味があるのかな。

 ここでひとこと英会話。
 「ちょっと声をかけて」という感じで「Give us a shout」とよく使います。友人たちとパブに行ったとき、飲み物の支払いは誰かが代表で支払うケースが多く、全員が支払うまで飲み続けます。ま、5人以上の場合は、適当に自分の分だけ払うようなこともありますが。で、「次はわたしが支払う番」という意味で「わたしが注文する」というようなときに「My shout」と使ったりします。
 気のおけない人たちと飲みに行くとき、便利なフレーズです。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「秋祭り」

2008-09-15 00:33:22 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 アイルランドに行くなら、ベストシーズンはいつ?と、よく聞かれます。
「冬!」と答えそうになるのをあわててガマンしつつ、ちょっと悩んで、強いていえば「秋」とおすすめしています。

 どの季節も、それぞれいいので、むずかしい質問なのですが。
 だって春は、長い冬で閉ざされてた生命の息吹が、自然界にぐんぐんと音をたてるようにして戻ってくる、エネルギーに満ちあふれた素晴らしい季節です。

 まだ少し寒くて天気がおさまらず、特に写真を撮ると、晴れていても、もや~んとなってしまうのが、小さな難点。あくまで、わたしにとっては、ですが。

 夏はもちろん素晴らしい。アイルランドって、こんなに明るいとこだたっけ?って思える貴重な季節です。が、世間的なベストシーズンだし、夏休み時期で人も多くなるので、アイルランドらしい静けさを知るには、訪れる場所を吟味しなくちゃなりません。

 で、秋。ここ数年、こどもたちの夏休みが終わる9月にはいって、夏日が戻るケースが多いんです。

 気の毒なこどもたちは、夏休みに夏らしい天気に恵まれず、学校が始まってから、放課後あわてて海水浴しに出かけたり、川で釣りをしたり、夏をとり戻そうと躍起になるという図がよく見られました。

 まだ半ソデでオッケーな陽射しに恵まれる可能性の高い9月は、けっこうねらい目の季節なのです。さあ、今年はいかに??

 9月は、昔から収穫の始まる豊かな季節で、農家もようやく1年のハードな仕事から解放される打ち上げって感じのときを迎えます。

 各地で、収穫祭をかねた秋祭りが開催されるので、楽しいですよー
 去年、わたしはレイトリムで開催されたハーヴェスト・フェアに行きました。

 ドラムシャンボウという、かわいらしい名前の集落で、町をあげての大イベント。町中のいたるところがイベント会場になっていて、あっちの公民館で料理のデモンストレーションが、こっちのマーキーではフードマーケットが、と丸1日たっぷり遊ぶことができました。

 翌日は、オーガニックセンターの収穫祭へ。
 毎年、9月中旬に開催される同センターの収穫祭は、センター内でとれた旬の野菜も買えるし、レイトリムに住むクラフト職人たちの展示即売もあって、ここも充実。

 オーガニックセンターのことは、アエラ・イングリッシュで特集記事を書いたので、お読みくださった方もおありですよね??

 とっても気に入っているスポットです。遊び場としても、学び舎としても。
 もうしばらくすると、牡蠣のシーズンも始まり、山の幸と海の幸がそろう、食いしん坊にはたまらない季節に突入します。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「ザ・ケーキ・カフェ」

2008-09-08 00:29:19 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 地球の歩き方の新シリーズ“gemstone”アイルランド編で紹介されていたザ・ケーキ・カフェに行ってみました。

 この新ガイドブックは、とってもすぐれもので、わたしも「知らない場所ばっかり!行ってみたい~」と、新鮮な気持ちでアイルランドを歩くきっかけをいくつももらいました。

 そのひとつが、ケーキ・カフェ。
 最近、あまりダブリンに行かなくなっちゃったせいもありますが、ぜんぜん知らなかった。場所を聞いてもピンとこないし。どこだろう??

 地図をたよりに歩きまわって、ようやく発見!
 ジョージストリートをずんずん歩いていって、ライヴヴェニューのウィーランズを通り越して、ちょっと行ったあたりです。

 確かに、新しい紙の専門店の中を通り抜けるのが近道のようです。
 ちっちゃくて、おままごとのようなカフェは、90年代のダブリンをほうふつとさせるようなヒッピーな雰囲気で、すぐに気に入っちゃいました。

 カップもソーサもそろいではなく、ばらばらで。
 ケーキも、いかにもホームメードで、嬉しいおやつの時間をすごせました。

 カフェのある建物は、エコ建築なのだそうで、不思議な空間です。
 いつか、もう少し詳しく、カフェやエコビルについて、話を聞いてみたいなと思っています。

 この日は、東京から遊びに来た友人たちとダブリン散策していました。いつもわたしひとりだと、ついつい同じコースで同じ店ばかりに入ってしまうのですが、好奇心旺盛な友人たちは思いがけない行動をとってくれるので面白い。

 彼女たちのおかげで、ランチの意外な穴場を見つけました。
 トリニティカレッジの学食です。なんで今まで入ったことなかったのだろう??

 セルフサーヴィスのカウンターには、カレーにご飯もあるし、チップスとサラダなんて軽いものもチョイスできるし、小腹がすいたときには、とっても便利。ワインの小瓶もあってカンゲキです。

 ダイニングルームは、まるでハリー・ポッターの世界。
 ながーい木のテーブル、高い天井、壁に並ぶ古い肖像画・・いかにも大学の中って感じが、またいいの。

 旅行者風の人も少なくありません。ケルズの書など見学した後に、ランチしに来るのでしょうね。

 ダブリンをぶらぶら歩くのも、やっぱり楽しいな、と久しぶりに思いました。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「Avoca」

2008-09-01 23:35:32 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 ダブリンの、グラフトンストリートの入り口近くにAvocaの大きなショップができたときは、なかなか衝撃的でした。

 アイルランドにも、こんなにかわいくて、おしゃれな女の子グッズ満載のお店が登場したんだーって、驚いたものです。

 90年代はじめの頃のダブリンには、雑貨屋がなかった。
 インテリア小物などは、セコンドハンドを売るチャリティーショップや、がらくた市って感じのアンティークマーケットで、掘り出しもんを見つけるしか方法はありませんでした。

 経済が好調になってくると、まずテンプルバーあたりに、バブリーな雑貨屋ができて、宇宙っぽい絵のシャワーカーテンやら、イルカが浮き出るトイレの便座やら、遊び心を売り物にしたインテリアグッズがところ狭しと飾られていましたっけ。

 Avocaの登場に、おっ!となったのは、古くからあったアイルランドの毛織物メーカーを大々的にフィーチャーしつつ、今っぽい小物を集めて、うまーくミックスしたところが新鮮だったからです。

 ヴィヴィッドな色づかいや、70年代テイストを持ち込み、アイルランドらしい個性を感じさせる、それまでになかったタイプの店の誕生は、お買い物好きな女性たちをあっという間に虜にしました。

 ウールのマフラーやショールは、ほんとうにすてきな色合いで、みんな欲しくなっちゃう。お安くはないので、そうもいきませんが。

 台所グッズは、ちょこちょこ買っちゃいます。ピンク色のたわしとか、布を編みこんだバスケットとか。暮しが明るくなるようなものが、いっぱいあるの。

 鮮やかなピンクや紫色の買い物かごは、ファーマーズマーケットにやってくる、ちょいリッチな奥様方に人気です。

 ダブリン店にはときどき行きますが、今年初めてウィックロウ店に行きました。
 織物工場の見学ができて、あの美しい色の糸が組み合わさっていく過程を、飽くことなく眺めていられます。

 店舗もゆったりしていて、ついつい長居しちゃいました。
 ストロベリー&シャンペンのジャムをゲット。甘さ抑えめでおいしいです。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (2)