アイルランド生活ブログ - 生活・料理・留学の情報満載 -

アイルランド在住者(精通者)によるアイルランド生活の情報を発信中!!

Information

2019-07-15 23:45:24 | アイルランド生活ブログについて
「アイルランド生活ブログ」はアイルランド留学センター(ICT)が運営を行うアイルランド情報満載のブログです。

執筆陣はプロのライターから、語学留学生など様々。アイルランド在住者(精通者)が執筆しています。このブログではアイルランドにいてこそ分かるアイルランドの生活や、オススメ・お徳な情報を定期的に発信していきます。このブログを読めばアイルランド通になれます!

■最新のブログ
@スライゴーですごす夏(7/15更新 【松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー】)NEW!

Vol.28/ワールドカップフレーバーのクリスプ(8/15更新 【DUBLIN NOW】)
イギリスのクリスプス(ポテトチップ)、Walkers(ウォーカーズ)が、ワールドカップ企画として参加各国をイメージしたテイストを発売!

Vol.62/トランジッションイヤー職業体験レポート2(6/4更新 【アイルランド・ハイスクール・ダイアリー】)
職業体験レポート第2弾。アイルランドのウェディング雑誌の仕事を体験しました!


■アイルランド生活ブログ バックナンバー
アイルランド・ハイスクール・ダイアリー
ICT(アイルランド留学センター)を通じてアイルランドの高校に留学している高校生の留学生活レポート! ヨーロッパの西端に位置するアイルランドでの学生生活に密着。

こばやんの冒険☆
筋金入りのサッカー小僧こばやんが決意した自分探しの道 in アイルランド! 語学留学の中でのさまざまな体験談や、人々との出会いetcをアイルランドより熱く発信します!

Yukko’s Life In Dublin
アイルランド・ダブリンに留学中のYukkoさんが見て・聞いて・肌で感じたアイルランド生活を報告してくれるアイルランド留学生日記。

スーベニアハンター
アイルランドといえばパブ巡りや遺跡観光、広大な自然を訪れることなどが醍醐味。けれども、それだけではもったい!?
スーベニアハンターではアイルランドに居を構えるスーベニア(お土産)ショップで見つけたユニークなグッズ、王道アイテムなどを独自の視点でご紹介。


【PR】 ★☆★アイルランド好きへ50の質問☆★☆ 【PR】
SNSサービスmixi(http://mixi.jp/)の「アイルランド」コミュニティの参加者で作成した「アイルランド好き」へ送る50の質問。

自称アイルランド好きさんから自他ともに認めるアイルランドマニアさんまで、アイルランドを愛してやまない「アイルランド好き」の皆さん! ぜひこの50の質問にお答えください!

当ブログで執筆中の松井ゆみ子さんの回答もありますよ!

アイルランド好きへ50の質問
http://imgds.exblog.jp/



このエントリーを含むはてなブックマーク

コメント (7)

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「@スライゴーですごす夏」

2019-07-15 22:54:16 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 いつも以上に更新が遅くなって、すみません!
 今回は大きな言い訳が。

スライゴーのライオンズ・カフェのブランチ。外食で野菜不足になると、ここに駆け込みます。サラダは種類も豊富。3種類選べるのだけど、いつも迷いまくり。ふつうはお皿にてんこもりですが、お願いして小さなポーションにしてもらってます。左にころがってるのはローストしたカリフラワー、激ウマ
  ニューブリッジの隣家(セミデタッチドといって、一軒家を二分したような形の隣人)が増築工事を始め、騒音公害で逃亡を繰り返していました。

 隣人とはけっこう仲良く付き合っていたのに、工事の予定をまったく知らせてくれず、ある朝いきなり、ハンマーで家のどこかを壊す大轟音で飛び起きたのよ!

 セミデタッチドの家なので、隣家の工事は、我が家でやってるのも同じ。大きな音と振動で、とても家にいられる状況でなく、すぐさま逃げ出しました。

 その後10日間、時間をかけてランチしたりドライブしたり、日中いかに家から逃げ出すかの算段を続けていたのですが、それっておかしいでしょう??

 隣人たちは近くに住む親族の家に仮住まいしていて、マークとわたしだけ”工事現場”に置き去り。フェアじゃないじゃん!

 ここではあまりネガティヴな話題を書きたくないので、ささっと状況報告にとどめますね。

 キャサリンとレイの来日ツアーを終えてアイルランドに戻り、さあ、お弁当本の最終作業にとりかかろう!としていた矢先の出来事だったのです・泣

 工事は2ヶ月に及び、まだ終わる気配なし。
 言いたくないけど、隣人も、工事人たちもアイルランド人ではありません。

 ここのルール、ほとんど無視。ここに来て以来、初めての軋轢がアイルランド人とでなかったのは不幸中の幸いだけど、この国の新たな側面を見る思いです。
 なんだかな〜・ため息。

 そして、ここからはポジティヴなわたしの新たな展開。
 見かねたキャサリンが、スライゴーにある彼女の実家を破格の条件で貸してくれることになり、今夏はスライゴーですごします!

 母屋はすでに借り手がいて、わたしが住むのは、かつてレース編み工房だった棟。築150年ほどの大きな家で、歴史も満載。すぐ近くがベンブルベン、裏は牧場、そこから海につながる素晴らしいロケーションです。

 すでにマークとトライアル滞在していて、居心地も満点。静かなので毎晩爆睡しました。ニューブリッジの家では、工事が始まって以来、毎朝ドリルの音とかで起こされるから熟睡できてなかった・ぷんぷん。

 唯一の難点は、家の前がドニゴールへ向かう幹線道路で、危なくて歩けないの。車を運転しないわたしは、外出するとき、常に誰かの助けを借りないといけないのですが、それもなんとかなるかな?という見通しで。

 キャサリンの妹で、海藻権威のプラニーがすぐ近くに住んでいるし、お弁当本の編集者シボーンも車で20分ほど。彼らのおかげで、スライゴーには友人知人がたくさんできてるので、わたしにとっては、すでに「地元感」たっぷりなのです。

 お弁当本の最終作業もゆっくりできるし、インスパイア度の高い場所なので、この夏スライゴーで「おいしい毎日」の続編を書きます(宣言!)。

 災いは転じました。

 マークは新しい仕事に就いたばかりでニューブリッジを離れにくいので、しばしわたしだけ「単身赴任」笑。それもまた新鮮で。

 wifiがつながらないのも、また楽し・爆笑。
 テレビもないし、ラジオの局も少ないし、すべてがシンプル。

 キッチンはばっちり完備されてるので、もう充分。
 オーガニックファームもすぐ近くで、漁港もあり、料理のしがいがあります。

 そうだ、キャサリンのCDの販売方法は、近々あらためてお知らせしますね!  


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談、私信などは左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください(コメント欄でのコメントはメールアドレスが記載されないので、こちらからご連絡ができませんのでご了承ください)★

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント