アイルランド生活ブログ - 生活・料理・留学の情報満載 -

アイルランド在住者(精通者)によるアイルランド生活の情報を発信中!!

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「ハロウィンとネズミ」

2006-10-23 09:22:40 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 ハロウィンがケルトの大晦日にあたることは何度も記述したので、ここでは省きますね。農業国のお祭りなんだなーということは、年々あらためて実感する点です。

ハロウィンとネズミ。
 8月から10月にかけて様々な農作物の収穫が順々に進み、冬の始まりを意味する11月までにすべての収穫が終わります。また収穫といれちがいに、今度はすでに一部の種まきが始まります。こういうことは、都会育ちの私にはまったく想像外のことで。種まきといったら、年明けの早春から始まるものだと思っていましたから。

 たとえばウィンター・ホィートといって冬越えをする麦は、秋ぐちに種をまき、翌年の夏に収穫をするのだそうです。そっか、秋は収穫の時期でもあり、種まきの時期でもあるんだ。と、近年あらためて知った次第。

 10月に入って、ぐっと寒い日が増える頃、出るんですねネズミが。
 我家にも引っ越してまもなくの頃に、マークの部屋をネズミが横切って。幸い私は東京にいたときで、マークは私がアイルランドに戻る前に退治しなくちゃと大あわて。オーソドックスなネズミとりがいちばんと店ですすめられ、さっそくしかけるとあっという間につかまえられたそうです。

 そのときに驚いたのは、ネズミってチーズを好むと思っていたのですが、ネズミとりに一緒に仕掛けたのは、チョコレートのかけら。知りませんでした。ネズミって、チョコ好きなの!以来、念のためにチョコはしっかり蓋ものの入れ物にしまいます。

 それから約6年ほど、我が家でネズミを見かけることはなかったのですが。
 去年の10月、寒さが始まる頃に屋根裏を駆け巡る小さな足音を聞いてしまいました。うそっ感じ。夕方、かさこそって台所の屋根裏でささやかな音がして、夜が深まる頃には、走り回るのよー、屋根裏をすごい勢いで。昼間は庭で虫などをとってすごし、夜になるとヒーターで暖まった我家に帰ってくるわけです。

 ある夜、あんまり騒がしいので天井をどんどんって叩こうと思い、何か長いものを探したのですが、あいにくちょうどいいものが見つからず、愚かにもカウチの上に立って、ジャンプしながら何度か天井をぐーの字の手で叩いているうちに、バランスを失ってフロアに落ちて足をくじき、ひどい目に合いました。以来、ネズミは最大の敵です。

 ハロウィンの時期になると、あちこちで花火がすごいの。エスカレートするばかりなので、大きな花火には許可が要りますってポスターがいっぱい出るけれど、ほとんどおかまいなし状態。しかし、もしかすると、この時期の夜通しのお祭りは、種をまいた畑や、収穫した作物を保存する家や納屋に現われる小動物たちを追っぱらう意味もあるのかも。と、実感する田舎暮しの私です。

 今年の我家のネズミ対策は、近所のかわいい猫をときどきお借りして(キッドナップならぬ、キャットナップ)家をぐるりとパトロールしてもらうこと。さて、結果はいかに。もうカウチから落ちたくないからなー。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「誰も書かないカーロウの魅力」

2006-10-16 01:29:34 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 たぶん、どんなガイドブックを観てもCarlowのことは、ほとんどメンション(言及)されてないと思います。が、いいところなの!

カーロウのすてきなガーデン。Altamountにて。
Altamont Gardensの中を流れる川。庭、というよりほとんど自然のまま。
 わがニューブリッジの町から車で小一時間。ダブリンに出るのと、あんまり変わらないので、わざわざ行くことがなく、長いこと未知の場所でした。
 隣県で生まれたマークでさえ「あんまり知らない」というので、レッツ・ゴー!と出かけてみることにしたのです。

 カーロウ・タウンは、チャーミングな町です。元・刑務所がショッピングセンターになっていたのが、いちばんのカルチャーショックでした。日本では、考えられないですよね。大学のある学生街なので、パブも若者向けで活気があります。

 ぶらっと入ったイタリアンの店も、カジュアルなカフェ風で、料理もイケます。
 前菜にイカの天ぷら。メインをスキップして、前菜からリゾットを選んだのですが、おかわりしたいくらい、おいしかった。フランス人の若いカップルが、パスタをシェアしてたりして微笑ましく、こういう気軽な感じで外食できる店は、ニューブリッジにはないなぁと、カーロウのおでかけエリアをうらやましく思いました。

 さて、最近マークと凝っているのは、ガーデンめぐりです。
 ずっと前に、ドニゴールで医者をしているマークの長兄が、熱心にガーデンめぐりの話をしてくれたのですが、マークも私もほとんど聞き流しているような有り様でした。長兄は自分でもガーデニングを趣味にしており、テレビ番組で紹介されたこともあるほどの腕前なので、ならば有名な庭めぐりも楽しかろう、くらいにとらえていたのですが。

 去年、マークがちょっと落ち込んでいた時期があって、気分転換にと天気のいい日に近県ポートリーシュにある庭園に行ってみたのが、きっかけです。
 きれいに手入れされた芝生に寝転がって、大きな池のカモや白鳥と遊ぶこどもたちを眺めていると、とても平和な気分になり、くよついていたマークも「ま、いっか」という気楽さが戻り、効果バツグンでした。以来、天気のいい日にガーデンめぐりをするのが、新たな楽しみとして加わったわけです。

 アイルランドには、とてもたくさんの庭園があります。
 アングロたちが残した荘園と庭園が各地に残ったことも大きいですが、アイルランドの地主たちもヨーロッパのお金持ちたちと同様に、美しい庭園を持ちたかったのでしょう。今も残る大小様々なお城や邸宅には、そぞろ歩きの楽しめる庭園がついています。

 気に入っているのは、Altamont Gardens。Tullowにある庭園で、多種のバラが植えられた庭には、クジャクが放し飼いになっているし、鬱蒼とした木々の間を巨大なうさぎ(Hare)が横切ったりする野生味の残る庭です。

 池には無数のスイレンが浮かび、初夏にはモネの絵さながらになるのですって。
 散歩の間、ほとんど人の姿を見かけないところも気に入っています。

■Carlow Tourism
カーロウの観光案内ページ。
http://www.carlowtourism.com/

■Heritage of Ireland
アイルランドの自然環境を紹介しているページ。公園やモニュメント、ガーデニングなど。
http://www.heritageireland.ie/

@9月に発売されたアエラ・イングリッシュのRelaxというページで、アイルランドの庭を紹介しているので、ご覧くださいませ。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「今年最後のクラシックレース」

2006-10-09 00:47:10 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 少し前の話で恐縮ですが、9月16日にカラ競馬場で開催された、今年最後のクラシックレースに行ってきました。

St.レジャーズで勝ったベテランジョッキー、ミック・キナーンが優勝カップを授与しているところ。
旅レースはこんなに近くで見られる。迫力満点!
 アイルランドでは、イングランドと同じように5大クラシックレースがあります。
 5月には今年の新生チャンピオンを決める2000(牡)・1000(牝)ギニーズ、6月にはダービー、7月には牝馬チャンピオンを決めるオークス。これらすべては3歳馬に限られますが、近年3歳以上の古馬も参加が認められるようになったのが9月に開催されるセント・レジャーです。

 フラットレースのシーズンのフィナーレともいうべきレースで、1マイル&6ファーロングス(2800メートル)、フラット競走馬ではなかなか長い距離を競うレースで、個人的にはクラシックレースの中でいちばん好きなレース。だってタフなんだもん。

 映画監督のジム・シェリダンの持ち馬ヴィニ・ロウが、2001年から2004年まで史上初の4連覇を遂げたのは、すごくエキサイティングでした。

 さて、今年。アイルランドのというより世界のトップ調教師エイダン・オブライエン率いるバリードイル・チームのイエイツが大本命でしたが、しばし静けさを保っていたベテラン調教師ジョン・オックス厩舎のカストリアが、牝馬にもかかわらず大健闘でセント・レジャーを制しました。何度も来日して日本の競馬ファンにも有名なジョッキー、ミック・キナーンの素晴らしい騎乗ぶりが大きかったな。馬もタフだったけど。前をいくイエイツの真後ろで、虎視耽々と追い越すタイミングをはかるキナーンの姿が双眼鏡の中に見えたとき、ぞくぞくしちゃいました。

 キナーンは、マエストロといわれる経験豊かで知性的なジョッキーです。
 悲しいかな、私にはジンクスがあって、私が賭けるとキナーンは勝たないの。しかしこの日、5/1という低いオッズ(私にしては)で私は賭けてたんだな。ちょびっと。ジンクスを破った喜びも加味されて、今年のセント・レジャーは大満足でした。

 その直後のハンディキャップレースでは、ポニーレースの頃から注目していた若手ジョッキー、ローリー・クレァリーの騎乗するニュルンベルグが大勝してくれて、ちょびっと賭けた2ユーロが、45ユーロになって返ってきて。こういう勝ち方がいちばんウレシイ。

 ローリー・クレァリーが所属するミック・ハルフォード厩舎には、去年からトップジョッキーのジョニー・マータが専属するようになり、中堅どころから一気にトップ厩舎になる勢い。その分、まだ見習いのローリーが、いい馬に騎乗できる機会も少なくなっていて、きっとずいぶんフラストレーションも高まっていたのでしょう。
 若手ジョッキーたちが活躍する様を見るのは、レース観戦の大きな楽しみです。

@追伸:ディープインパクトに関わる主観的感想。
 10月1日に行われた、ディープインパクトの出走する凱旋門賞レースをテレビで観戦しました。日本でどんな風にアナライズされているか、興味深いところです。

 フランスの馬場は、アイルランド、イングランドともまた異なりますが、えてして欧州の馬場は、グッド・グラウンド(良馬場)といっても重めです。秋になると草は夜露が乾くこともなく土をしめった状態に保たれ、こういった馬場では、体力のあるタフな馬が活躍します。しばらくレースに出ていなかったディープは、かなりKEENで抑制の効きにくい状態に見えました。欧州式では、凱旋門賞レースの数週間前に、もう1レースさせるところですが、日本からの遠征では、そうもいかなかったでしょう。

 こちらのメディアでは「どうして内側を走らせていかなかったか?」というのが大方の意見ですが「そうもいかないのよ」といいたい気分でした。日本のレース展開と欧州式の大きく異なる点です。こちらのメイン・レーストラックはとても広いので、少しでも内側を走らせていくのが鉄則です。たまには大きく外側を回っていきたがる馬もいますけど、そういう馬はものすごい体力の持ち主。

 日本のレースをあまり見ない私は、ディープのファンというわけではないですが、もしも日本で「これがディープの実力」と思われていたら、残念です。今回、初めて欧州競馬を見た方も多いはずなので、日本と欧州のレースがいかに異なるかということを感じてくれるといいなぁ。だからこそ、日本から挑戦しに来ること自体に大きな意義があると思うのです。

 世界各国どこででも勝てるほど、馬は単純でないから、ホースレーシングはすごく面白いスポーツなのだと思います。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「秋冬のお菓子、クランブル」

2006-10-02 02:52:41 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 寒い国ではお菓子も、あたたかいものが喜ばれます。住まいの環境がよくなった現代では、冬でも暖房した部屋でアイスクリームを食べられるようになりましたが、冷え込む夜にそなえて、身体の中から冷やす食べ物をさけるのが賢明です。

旅先で、海沿いにある小さなカフェで食べたクランブル。
 あつあつのカスタードは食後の定番。甘煮のりんごやアップルタルトなどに、とろりとかけて、いただきます。タルト系の焼き菓子は、焼き上がりをすぐに、あるいはつくりおきだったら、オーブンであたためてから食べるのがふつうです。

 簡単につくれるのが、クランブル。バターとお砂糖、小麦粉をそぼろ状にまぜあわせ、果物の上にのせてオーブンで焼いたもの。果物は、りんごやルバーブなど、ちょっと酸味のあるものが合うみたい。プラムやベリー系のものもいいです。ちょっとかためのプラムとパッションフルーツのクランブルは好評でした。

 クランブルにする小麦粉はなんでもOKですが、最近私は、オーツとスペルト小麦を半々にしたり、砂糖のかわりにハチミツをつかったり、シナモンや木の実をまぜたりと、工夫をしてみます。

 大きなキャセロール鍋にたくさんつくって、お皿に好きなだけとりわけながら、いただくのですが、ホイップしたクリームをちょっとのせるのが好まれます。

 たまに朝ごはんがわりにすることがあって、そのときはヨーグルトをのせたりします。あたためて食べるのが原則ですけど、シリアルっぽく冷たいまま食べちゃうことも実はときどき、あったりして。

 つくりかたは、ほんとうに簡単。分量もあくまで目安ですが、4人分で、バター50g、小麦粉100g、砂糖50g。

 小麦粉と砂糖をまぜあわせ、バターを加えてそぼろ状にします。細かく砂のようにしてもいいし、ざっくりとダマダマにしても大丈夫。

 キャセロール鍋か、タルト型にりんごなどの果物を適当に刻んでしきつめ、上から砂糖がハチミツをこれも適量ふりかけておきます。シナモンなどのスパイスをふってもいいですし、ブランデーなどをふりかけるのもいいですね。

 で、そぼろにしたクランブルで果物をおおいます。180℃に熱したオーブンで30分ほど焼いたらできあがり。クランブルがほのかに色づき、果物がやわらかく、ジューシーになっていれば食べごろです。

 ケーキなど、生地をこしらえたら、すぐさまオーブンに入れた方がいいものとちがって、クランブルは夕食の支度の合間あるいはその前に、少しずつ準備しておけるのも助かります。食事のときにオーブンに入れておけば、ちょうど食後にできあがってますし、焼き加減のチェックもほとんど要らないのが助かります。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)