アイルランド生活ブログ - 生活・料理・留学の情報満載 -

アイルランド在住者(精通者)によるアイルランド生活の情報を発信中!!

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「ヒット商品」

2013-07-29 12:52:08 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 今年のアイルランドの初夏、飲みまくったのが、イタリアのスパークリングワイン「プロセッコ」。

PANKOをまぶしたイカフライ。超おいしい~。
 外ご飯するときに、メニューを広げるたびに目に飛び込んでくるのが、プロセッコ。
 以前は絶対に、こんなどこにでもあるワインじゃなかったと思う(アイルランドでは、です)。

 だってね、ダンレアリのシアターへコンサートを見に行ったとき、幕間に”売店”っていった風のカフェテリアでも、グラス1杯分の小瓶を売っていたのに驚きました。このサイズのものは、アムステルダムに向かうエアリンガスのなかでも売っていて、サンドウィッチと一緒にいただきましたし。

 チェーンの酒屋、オブライエンズでもプロセッコは大バーゲンしていて、10ユーロ(この夏は円が暴落していたので、1200円くらい)以下で、そこそこおいしいのが買えました。
 今回の滞在中は、快晴続きだったこともあり、庭で冷たいプロセッコ。が、マークとわたしのプチブームでありました。

 プロセッコを覚えたのは、数年前に食の都コークのイングリッシュマーケット内にあるレストラン、ファームゲート・カフェでランチしたときのこと。

 ワイン大好きなくせに、ちっとも銘柄を覚えないわたくしが生牡蠣を注文したあと、イタリア人ウエイター氏が勧めてくれたのがプロセッコ。

 きれいな巻き舌でプロセッコのロのとこを強調したのが、ものすごく印象に残っていて、機会があったらマネしたかったのよ。だから、これを見かけると注文しないではいられません。

 そんなこんなで、飲みまくりました、プロセッコ。すごくおいしいし、シャンペンほど酔うこともないし、夏のランチにこれほどよく合う飲み物って、そう簡単に見つけられないと思います。
 
 ダンレアリの駅のすぐ横にレストランがあります。
 何度かオーナーが代わったようですが、中はシャンデリアが印象的な、ちょいファンシー系ですけれども、わりあいと広いテラスがあって、そこはメニューも雰囲気もカジュアル。なによりも天気のいい日に、陽射しを浴びながら食事を楽しめるので人気の高いスポットです。

 相棒マークの仕事場がダンレアリにあるので、この町ですごすことが多いのですが、今回も彼の仕事が終わってすぐ、このレストランのテラスに向かったことがありました。

 太陽が西に傾き、完全に沈むまでの数時間、港をみおろすテラスで楽しんだのは、冷たいプロセッコとシーフード。ムール貝のワイン蒸しとチップス(フランス流の細~いタイプ)をおつまみに。
 極楽、極楽。

 常宿になりつつあるロイヤルマリーンにお泊りして、翌日のランチは町はずれにできたタパスバーへ。
 スパニッシュの明るいウエイトレス嬢に勧められたイカリングにプロセッコ。

 イカは「PANKOまぶし」とメニューにあった。「PANKO」は、もちろんパン粉のことです。
 イギリスのスーパーマーケット「テスコ」でも、パン粉はPANKOって売られているのよ。
 イカフライ、ですね。イカを食べるスペイン人の調理するイカフライは、めちゃめちゃ旨かったです。


★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談は左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください★

★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「近況報告」

2013-07-22 11:43:35 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 ながらく更新をさぼっていて、ごめんなさい!

海苔のいい香りと、甘めにやわらかく煮たごぼうが絶妙の岩国風海苔巻き。朝市で買いました。
 アイルランドから帰国して2週間がたちました。
 帰国した翌日、わたしの帰りを待っていたかのように、伯母(母の姉)が亡くなり。

 88歳の大往生でしたし、病気らしい病気もせず、自宅での最期でしたから、幸せというべきかもしれません。

 予定していたウーマン・オブ・アイルランド名古屋公演での拙著販売の機会は、伯母の葬儀と重なってしまって行けなくなり、申しわけなかったです。

 そんなこんなで超どたばたでしたが、先週末は、岩国でのイベントを無事終えることができました。

 ヒマールという不思議な響き名前のクラフツ&ブックカフェで開催されたイベントでは、そろそろおなじみになりつつあるギネスビーフシチューをメインに、サバのディップ&ブラウンブレッドの前菜、デザートにはウィスキートライフルというメニューをご試食いただきました。

 ヒマールは、ロバのことなんですって。のんびりした語感だなとは思ってましたが。  

 オーナーご夫妻には2月、山口洋のライブで知り合ったの。場所は出雲。やはり縁結びの地だったのね。

 なので実は、お会いするのはイベントのときがまだ二度目!
 でも、ずーっとメールでやりとりしていたし、おふたりが以前、西荻窪在住だったこともあって、むかしっからの友人みたいな気がしています。
 
 イベントが楽しかったことはもちろん、昨日は錦帯橋まで連れていってもらって、3人でソフトクリームなめたり、れんこん(特産です)入りコロッケに生ビール(ごめんね、ご主人は運転しなきゃならなかったので、ノンアルコール)飲んだり、金運をもたらす白ヘビ(このあたりに多いのですって~)見学したりetc。

 観光もしてきました。
 アイルランドつながりで、日本各地を旅する喜びをひしひしと感じています。

 岩国に行くのは、生まれて初めてでしたから、すごく新鮮。
 ホテル近くで朝市があり、地元のひとたちの手づくりの押し寿司や、お沢庵まで買っちゃった。
 甘辛に煮た干し大根入りの押し寿司と、ごぼう入りの海苔巻きは大ヒットです。

 ヒマールは、とってもすてきなお店なので、ぜひいらしてみてください。
 11月に、アイルランドのニットをテーマにワークショップをやる予定ですので、
 詳細が決まったらお伝えしますね。

 次回は、アイルランド最新情報(おおげさ)をお届けします。
 アイルランドも、今年は異常な暑さが続いています。

 日本に比べたらかわいいもんですが、しかし30度近くになる地域もあり、正しくないです。
 とはいえ、冬がこれまた異常に寒かったので、アイルランド人たちは束の間の陽射しを堪能中。
 アイスクリームがどこも飛ぶように売れてました。


★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談は左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください★

★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (3)

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「アラン諸島」

2013-07-01 15:44:50 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 秋に出版されるニット本の取材で、アラン諸島に出かけていました。

 いやもう、ものすごい充実した旅で。その話はいずれ、ゆっくりお伝えしたいと思います。

 イニシュモアのおとなりにあるイニシュマンには、初めて渡りました。
 天気も素晴らしくよくて、すぐにもまた行きたいくらい。

 旅に出る当日、パソコンに巣くっていた悪玉の除去にも成功。さい先よかったな~
 いい本ができます。お楽しみに。

 そうこうするうちに、まもなく帰国。
 7月13日は、アイルランドの伝統音楽とダンスのショウ「ウーマン・オブ・アイルランド」の名古屋公演に行きます。

 会場で拙著を販売させていただく予定なので、お越しになった際にはお声かけてください。

 アイルランドにいるのに、ちっとも更新しなくてごめんなさい!
でも、面白いネタをたくさん集めたので、小出しにしていきますから、待っていてくださいね。

 北アイルランドのアーティスト、「デューク・スペシャル」のライブを見てきました。
 思いがけず、と言ったら失礼だけど、すごくよくて、すっかりファンに。

 取材でずっとお世話になった、ガイドのなおこさんに勧められなかったら知らないままだったな。

 今週は、たぶんコンサートをもうひとつと、食イベントに行く予定。
 今年はコンサート目白押しで、去りがたいです。


★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談は左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください★

★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)