アイルランド生活ブログ - 生活・料理・留学の情報満載 -

アイルランド在住者(精通者)によるアイルランド生活の情報を発信中!!

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「Cavistons」

2011-07-25 08:48:36 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 行ってみたいなと思っていた魚料理専門レストラン、カヴィストンズでランチしてきました。
Halibut(オヒョウ)のサムファイア添え。肉厚の魚で食べ応え充分。サムファイアの塩気とレモンのさわやかさで、意外にあっさりいただけます。あー、また食べたい!
 ダンレアリのひとつ先、サンディコーヴのこじんまりしたヴィレッジにある店で、レストランには食料品屋が隣接していて、鮮魚も売っています。

 そう、魚屋さんもやってるレストラン。旨いにきまってる、でしょ?
 食材屋さんのほうには、ときどき行くことがあり、オーガニックの野菜や、チーズ、フランス産の塩など、グルメな食材を仕込みます。

 海藻入りのパンや、手づくりのマカロン、パイなどデリカテッセンのラインナップも豊富で、いつもわくわくしながら買い物しています。
 デリ・カウンターでは、ワーホリで渡愛している日本人の女性が働いていました。

 もうだいぶ前のことなので、帰国してるのかしら。楽しい職場を見つけたね!と声をかけたら、嬉しそうに「はい!」と答えてくれて。きっと、アイルランドの食の豊かさをどこかで伝えてくれてるわね。

 レストランは、オープニングアワーが限られており、ディナーは週末オンリー。
 決して広い店ではなく、要予約でなかなか行くチャンスに恵まれませんでした。

 今回は、まだ混む前の少し早い12時からのランチをしっかり予約。
 期待どおりの、おいしい魚料理にありつけました。

 前菜は、小エビのから揚げをマークとシェア。からりと揚がった小さなエビたち、旨い、旨い。
 メインは、マークがturbot、わたしがhalibut。シンプルな調理で、わたしのはレモンソースに海草サムファイア添え。魚の新鮮なことは、いうまでもありません。
 
 お客さんは常連が多いようで、年齢層は少し高め。
 おいしい魚が食べたかったら、この店に来ようと決めている感じ。わたしたちも、これからそうしようっと。ニューブリッジのように、中部域に住んでいると、なかなか新鮮な魚を手に入れるのはむずかしいのです。島国なのに、不思議でしょう?

 おー、しかしわがニューブリッジに鮮魚専門店がオープンしていました。
 マークから聞いてて、先日ちょこっと寄ってみたら、なかなかの品揃え。

 魚だけでなく、前菜用に、テリーヌやチーズなどもあり、もちろんワインもあって、さらにはオリーブオイルなど調理に必要な食材もあって、便利。
 カウンターでは、若いスタッフが男性客に、魚料理のアドヴァイスをしていて懇切丁寧なお店です。

 肉好きなアイルランド人は、今ひとつ魚に愛がなかったように思えていましたが、
 近年の健康ブームでか、ようやく魚のよさに気づいたみたい。
 
 カヴィストンのメニューは、HPで見られます。
www.cavistons.com

アイルランドにお越しの際は、ぜひ一度いらしてみてください。
 島国らしいごちそうに出会えます。

★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「ダブリンの夏」

2011-07-18 08:44:48 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 フレッシュ!
 2年ぶりのアイルランドです。まずダブリン空港のターミナルが新しくなっていて、びっくり。

シェルボーンホテルで軽めのランチ。スモークサーモンもおいしかったけれど、なによりもブラウンブレッドとバターの滋味深い味に感動。
 空港のモダンなバーで、さっそく、マークと再会を祝ってギネスで乾杯。
 申しわけないくらい涼しくて快適、空気も新鮮。
ここではあたりまえのことですけれど、ねっとりと暑い東京から来た身には、最高に贅沢な環境です。

 最初の2日間は、ダブリンですごしました。
 消えちゃった店もあるけれど、思っていたよりも町には活気があり、新しい店もたくさん増えています。

 バブルはじけちゃっても、やはり90年代はじめに比べたら、ずっと豊かな感じ。

 ひとつ驚いたのは、バンクオブアイルランドで、トラベラーズチェックを現金に換えようとしたら、できないといわれたこと。口座に直接振り込むことしかできないとかで、ちょっと焦る。

 現金を持ち歩くのは心配なので、いつも保険と思ってTCにして持ってくるのですが(たいした金額じゃないのよ!)、現金にできないとなるとえらいこっちゃ。

 口座は苦労して開設したのですが、ここ数年使っていなかったので、開きなおさねばなりません。

 他の銀行なら換金してくれるかもといわれて、すぐ近くにあるAIBに駆け込んだら、ここでは問題なく現金にしてくれました。やれやれ。

 初めての旅でこれだったら、かなり焦ったかも。
 よその国の仕組みを覚えるのは、旅の醍醐味でもあるのですが。

 予定がてんこもりの今回の滞在、すでに1週間がすぎてしまいました。
 この間、こちらで弾くためのフィドルを買ったり、サンディコーヴの魚料理専門店でランチしたり、ダンレアリのクラシカルなホテルに泊まったり。

 おいおいご報告していきますね!
 あらためて実感しています。アイルランド、すてき。

 こちらに発つ少し前、
 表参道で開催したイベントは、とても楽しく、いらしてくださった方々に深く感謝しています。

 素晴らしい歌を聴かせてくださった奈加さんとは、ぜひまたイベントしたいと思います!


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント