アイルランド生活ブログ - 生活・料理・留学の情報満載 -

アイルランド在住者(精通者)によるアイルランド生活の情報を発信中!!

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「ブレッド・プディング」

2009-01-26 19:59:39 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 日本では、パン・プディングとよばれますが、その名のとおり、パンをつかった焼き菓子です。え~食パンでつくった焼き菓子?って感じで、わたしにとっては、ちょいと得点低かったのですが、アイルランドですごすようになってから、ぐっと親近感のあるデザートになりました。

グラナリーズのブレッド・プディング。しっとり加減が絶妙。マークちゃん、ナミダ。ごめんね、今度つくってあげるから。
 残ったパンでつくる、というのもエコでいいし、あたたかいお菓子というのも、嬉しいです。そう、ブレッド・プディングの旬はやっぱり冬。一年通して食べますけど、冬にこそ、ありがたさの増すお菓子です。

 しかしながら、うちでは白い食パンを買うことが少なくなり、たまに買うとサンドウィッチをつくるためで、使いきっちゃうし、なかなか白い食パンが残るという状況に恵まれません。

 プディングをつくるためにパンを買えばいいようなもんですが、それって、たぬきうどんをつくるために、揚げ玉をつくるようなもの。甘いものの例がすぐに思い浮かばないところが、辛党を自認するわたくしを物語っておりますが。

 食パン買っても、プディングをつくるために1日おかなきゃなりません。買いたての新しいパンだと、しっとりしすぎて、今ひとつうまくいきません。

 といっても、新しいパンを使ってプディングをつくったことはないのですが、ブレッド・ソースをつくっちゃったときに実感しています。あー、これは少し古くなったパンの使い道だったのね。と。マークのお母さんは、ラジエーターの上にのっけて乾かしていましたっけ。

 残りものでつくるカンタンなデザートなのに、そんなわけで、家でつくる機会の少ないお菓子のひとつになっています。

 ですから、外でご飯を食べるとき、メニューに見つけると、つい頼んでしまう一品でもあります。

 古風なお菓子になりつつあって、今日び、こじゃれた店では、お目にかかりにくい一品でもあるの。

 なので、近所のグラナリーズでメニューに見つけたときは、マークと「おお!」と声を合わせて、さっそく注文してみました。これがねー、すっごいおいしい!

 バターたっぷりで、とろーりとしていて。ああ、絶対うちでもつくろう!と思いました。食パン一斤、このために買おう!1日でも2日でもおいて、ブレッド・プディングをやまほどつくろう。食べきれなかったら、ともだちをよぼう。

材料:食パン4枚、1/4カップの砂糖(ブラウン系がいい)、卵1個、1/4カップのドライフルーツ、レモンの皮のすりおろし適量、シナモンか、オールスパイス。

つくりかた
1.みみをとったパンを2カップ半の水にひたす。30分したら、よくしぼって、材料を全部まぜあわせる。

2.スポンジケーキの型などに1を入れ、バター適量をちょいちょいっと表面におき、180度のオーブンで約1時間(この量なら、45分くらいでオッケーと思います)焼く。

 少し牛乳を足してみたり、ブランデーやラムもしみこませるのもいいかも。好みでバリエーションを加えられるのも楽しいところ。

あつあつに、クリームをかけて。アイスクリームやカスタードクリームもいいねぇ。

 さむーい晩のお食後には、ぴったりです。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「大根とチキンのキャセロール」

2009-01-19 21:50:11 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 お正月を東京ですごしていたわたしに、マークがお年賀Eメールをくれました。

大根とチキンのキャセロール。チキンはもちろんオーガニックの地鶏です。大根は、マークも大好き。
 「Hammy New Year」

 まちがい、というわけではないんです。年末にちょいとアクシデントがありまして。

 オフィス以外では使うことの少ないノートパソコンを珍しく家で、それも夜中にビール飲みながらメールを打っていたところ、キーボードの上にちょびっとビールをこぼしてしまったそうな。

 ちょっとしたあやまちが、翌日から「P」の打てないパソコンにしてしまいました。PCショップに相談に行ったら「あー、すぐにふいて、ホットプレスにしまっておけば助かったのに」と店員さんにいわれたとか。

 ホットプレス??湯沸かし用のタンクがおさまっている場所で、ボイラーがオンになるとあたたかいから、干した後の洗濯物やタオルなんかを入れておくのですが、そこにパソコン??

 それは、やらなくてよかった気がしますが。
 しかし「P」は使えないまま。仕事仲間の連絡が主なパソコンで、幸い仲間にはピーターとか「P」のつく人はいなかったのですが、レースの予定を連絡しあうのも大きな目的なので「パンチェスタウン」「レパーズタウン」が打てません。あ、ダウン・パトリックもだめだ。

 電話でその話を聞いたときに、気楽なわたしは「いいじゃん、みんなよく知ってる仲間なんだから“Leoqardstown”とか書いておけば、まちがえてPのとなりを打ったねって笑ってすませてくれるよ」といったのですが、まじめな彼は「プロフェッショナルな感じがしない」と、わざわざ町のインターネットカフェまで出かけてメールしていたようです。やっと家もブロードバンドにしたってのに。

 でも、さすがに不便だったらしく、新年のバーゲンで、やっすーいノートパソコンを入手したんだそうです。ちなみにトウシバの製品。もちろん新品です。

 まだ、箱入りのままとかで、「きみのことを笑えない」といわれました。
 実は、わたしも去年の春に新しいノートパソコンをようやく購入したのですが、まだ箱入りのまま・・とうとう年を越しちゃいました。

 今、使っているのは10年前に買ったちっちゃなビブロ。ウィンドウズ95(!)で、ウィルスも相手にしてくれないのだとか。確かに、よくがんばってくれました。

 たまに、送ってくれた写真が重すぎて、とりこむのに1時間もかかったり、開けないファイルも多く、仕事ではずいぶんと相手の方にご面倒をおかけしてきました。

 さすがに、ここのところご機嫌ななめで、いよいよ新PCを箱から出すことに・・・。

 今年は写真もデジカメでぴゅっと送れるようになるよ。
 フィルムの写真も、もちろん撮りますが。ぜんぜん別ものだもん。

 *コラムとは、ぜんぜん関係ないですが、アイルランドでもときどき大根が買えるようになりました。フランスからきてるものもあるけど、リアム&ユキさんの畑でつくっているのは、大きさもたっぷりで使いでがあります。

 ラディッシュに似て、かなり辛みが強いので、煮込みに使います。チキンとキャセロールにしたら、すっごいおいしかった。

 つくりかたは簡単。骨つきの鶏もも肉をフライパンで表面がキツネ色に焼く。鍋で、タマネギを炒める。ベーコン(細切れ)があればなおよし。そこに鶏肉をいれ、水を注ぎ、スープの素をいれる。

 ざっくりと切った大根を加えて、30分ほど煮るだけ。パセリやコリアンダーなんかも合います。大根に葉っぱがついていたら、みじんぎりにして、最後の方に加えます。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「タラモア・デュー」

2009-01-12 20:30:09 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 アイリッシュ・ウィスキーの著名メーカーのひとつTullamore Dew。

試飲させてもらったタラモア・デューとアイリッシュ・ミスト。どちらも口当たりのやさしいお酒です。
 カウンティOffalyの町Tullamoreにある蒸留所をたずねました。
 去年の秋、アイルランド観光庁が主催したプレス向けツアーに参加したときです。

 タラモア・デューのウィスキーは、マイルドさがうりもの。水を入れて、少し薄めて飲む人が多かった頃に「水を入れずに飲める」をうたったのですって。

 日本の水割りのように、氷も入れて、グラスにたっぷりの水を注ぐのではなく、アイルランド流は、ウィスキーと水が半々くらい。もちろん氷はなしで、水も水道水。

 生のままのウィスキーをなめては、別グラスに入れた水をときどき飲んで、お腹のなかで水割りにする人もいますが。

 タラモア・デューのシンボルマークのウルフハウンドは、マイルド&メロウを表現したものなんですって。

 このメーカーでは、アイリッシュ・ミストという美しい名のリキュールもつくっています。ウィスキーに、ハチミツとハーブをまぜた甘口のお酒で身体にもよさそう。古いレシピを再現し、さらに幾種類かのハーブを足して進化させたもので、中世のお酒という感じです。ハチミツはヒースからつくられたものを使っていたそう。

 冬の夜長、いいグラスにちょいと注いで、ちびちびとなめるようにいただきます。

 氷は入れないほうが、昔流でいいと思います。
 個人的にはビール党で、ワインも好き。日本にいるときは日本酒、とウィスキーの出番が少なかったのですが、近年、特に秋から冬の季節はウィスキーをちびちび飲む機会が増えました。パブで飲むことは少ないな。ウィスキーは自宅の夜用。

 例外は、冬競馬観戦のお伴のホットウィスキーくらい。
 家用ボトルは、たいていジェイムソンか、パワーズを選びます。が、酒税が高いのでウィスキーは、とっても贅沢品。フルサイズのボトルはなかなか思い切って買えません。そういう人が多いので、ミニサイズのボトルやらハーフサイズのボトルなどサイズは豊富です。

 タラモア・デュー蒸留所のヘリテージセンターで試飲させてもらって、なるほどまろやか。これなら女性も楽しめると思います。

 そもそもアイリッシュウィスキーは、スコッチなどに比べて、ずぅっとマイルドで飲みやすいので「えーウィスキーは強いから、ちょっと苦手」と言われる方も、一度試してみてくださいな。

 このヘリテージセンターのガイドツアーで、面白い話を聞きました。
 アイリッシュ・コーヒーはご存知ですよね?

 ウィスキーに熱いコーヒーを注いで、ホイップした生クリームをのせた飲み物です。

 いつから飲まれていたのかなーと思っていたのですが、判明しました。
 1938年。そう昔のことではないのですね。

 シャノン空港で行なわれたイベントで、パフォーマンスとしてつくられた飲み物なのですって!ギネスをまねてつくったと聞いてナットク。確かに、アイリッシュコーヒーのルックスは、ギネスそっくり。

 ここで使われたウィスキーがタラモア・デューだったのです!
 そっか、これからはアイリッシュコーヒーを注文するときは、タラモア・デューにしてねと念を押さなくっちゃ。


■Tullamore Dew Heritage Centre
Bury Quay,Tullamore,Co.Offaly.
http://www.tullamore-dew.org


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「酪農王国」

2009-01-05 23:06:46 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 2009年、第一弾です。今年もどうぞよろしく!

うし年ですもんね。アイルランドでは、どこでもこんな風景が見られます。
去年、取材したモスフィールドのチーズ。ロンドンで開催されたチーズのコンペで金賞をとってます。酪農王国のチーズだもん。
 うし年ですが、牛の姿を見る機会って、ありますか?
 アイルランドでは、ダブリン市内からちょっとはなれると、牧場だらけ。
 ニューブリッジ界隈でも、以前に比べて少なくなってきたとはいえ、牛の姿を見ない日はないほど、身近な存在です。

 新興住宅地にある、わがやでも、風向きによって牛の声がすぐ近くに聞こえます。

 モウ~と、のんびりした鳴き声は、気分をいっきに、ゆるーくしてくれます。
 キルデアにあるナショナルスタッド(国立の種牡馬の厩舎。サラブレッドの生産牧場です)では、馬を放牧する牧場に牛が同居しています。のんびりした牛の存在が、神経質なサラブレッドをリラックスさせるのだそうな。

 のっそりと牧場で草を食む、アイルランドの牛を見ていると、彼らもまたストレスのない暮しをしているように見受けられます。

 そんな牛からとれる牛乳が、おいしくないわけないですよね。
 去年の秋、アエライングリッシュの取材で、Birrにあるオーガニックの酪農牧場モスフィールドを訪れました。

 ここでつくられたチーズが、ロンドンで開催されたコンペで、金賞をとったことは1月号の記事に書きましたが、他にも有名な逸話がありました。

 アイルランドでツアーをしていたブルース・スプリングスティーンの専属シェフが、ここのチーズを買いにきて、バックステージでふるまっていたそうな。

 ミルクの味を存分にいかした、クセの少ないゴーダ・スタイルのチーズは、きらいっていう人を探すほうが、むずかしいのかも。

 今年の初夏までに、モスフィールドには新しいチーズ工房が完成し、なかなか見る機会の少ないチーズづくりを見学できるようにするのだと、エネルギーいっぱいのオーナー&チーズ職人のレイフさんが教えてくれました。

 チーズの他に、ヨーグルトやアイスクリームもつくる予定なんですって。楽しみ!

 取材に行ったときは、まだ工房の大工事中だったので、完成したらぜひ見学しに再訪したいと思っています。

 どうしても名前を覚えられなかった「チーズづくりには最適」という牛も見てみたいし。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (3)