アイルランド生活ブログ - 生活・料理・留学の情報満載 -

アイルランド在住者(精通者)によるアイルランド生活の情報を発信中!!

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「サマータイム」

2012-03-26 10:59:25 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 早くもアイルランドでは、サマータイムが始まりました。
 ただいま日本との時差は8時間。冬の間は9時間で、1時間しかちがわないのですが、マークに電話しようと思うとき、この1時間の差がけっこう大きく感じます。

これまた本日のお題とまったく関係なく、ダブリンのクレープリーで食べたガレットです。クレープリーのことは、以前ちらっと書きましたが、写真を載せていなかったので。おいしそうでしょう?シードルをいれる専用マグカップもかわいいよね。ボウルってよんでました。

Fafie's Gallettes Limited.
2 Lower Kevin Street.
 あんまり早い時間にかけるのもかわいそうかななんて、19時くらいまで待って電話してたのが、18時にかけても大丈夫。というのは、こちらとしてけっこう便利。

 さてアイルランドでは、2月29日に限って、女性から男性にプロポーズできるという習慣があるのですって。初めて知りました。
 プロポーズや「告白」は基本、男性から女性へが決まりです。ヴァレンタインデーだって例外ではなく、2月14日には花束持った男性をたくさん見かけます。

 たまたま道を歩いていて目に入った光景は、駐車してあった作業用のヴァンのなかの、ごたごた積まれた工具のすき間に、大事そうに置かれた真っ赤なバラの花束。いいなぁと思いました。
 
 今年の2月29日、わたしは東京に戻ってしまって参加できなかったのですが、友人宅でパーティがあり、そこで友人のガールフレンドが彼にプロポーズをしたの。

 彼らはすでに一緒に暮らしていて、息子ももう3歳になるのですが、まだ22歳の彼女は、やはり結婚に憧れがあるのかな。ウエディングパーティもしたいでしょうしね。

 立会い人がたくさん見守るなかで、「わたしと結婚してくれるわね?」と約束をとりつけたのだそうです。
 2月29日を選んだのは、たまたまなのかと思っていたら、そういう習慣があるとあとで聞いたのでした。他の国でも、そういう習慣あるのかしらね?

 今度は音楽の話をといいながら、ぜんぜん別の話題を書いちゃいました。
次回こそ、ボシーバンドのことを書きたいと思っています。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「ポール・ブレイディ」

2012-03-12 17:59:00 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 おひなまつりの夜、吉祥寺でポール・ブレイディさまのコンサートを観ました。イエィ!
 アイルランドにいると、彼の曲はしょっちゅうラジオから流れてくるので、実は彼のアルバムを買ったことがなく、ゆっくり聴くのは今回が初めてでした。

本文にまったく関係なく、1月の末にスライゴーで群生していたスノードロップ。
 なのに、知っている曲がずいぶんあって、それがまずびっくり。
ソングライターとしてのすごさをあらためて実感しました。いい歌がいっぱいあるの。

 もうすぐ65歳になるそうですが、まあパワフルなこと!
 ヴァン・モリソンもそうですが、年を重ねるごとに、かえって声量が増しているみたい。

 ああ、どちらも北アイルランド出身ですが。
 ポールさまは、以前より少し声がシャギーになって、それがまた魅力的でした。
 個人的には、ピアノを弾きながらの歌が、しみじみよかったなぁ。

 思えば、アイルランドではピアノを弾きながら歌をうたうアーティストは少ないかも。
 そもそもピアノ自体が、高価な楽器ですし、演奏できる人も以前は特に、限られていましたし。
 他に、ぱっと浮かぶのはリーアム・オメンリーくらい。彼は楽器なんでもこなしてしまうけども。

 そんなことも考えながら、コンサートを堪能しました。
 アイルランドでは今、ポール・ブレイディがナビゲーターをつとめる、伝統音楽を紹介する番組がオンエアされています。

 伝統音楽をとりあげたテレビ&ラジオ番組は、最近また充実している気がします。
 先日はアーカイヴ的な番組で、ショーン・オリアダが出演するラジオ番組を放送していました。
 各地方のフィドルのスタイルの違いを解説しているもので、ものすごく貴重な記録です。

 今まで「アイルランド音楽史」の知識として頭にとどめていた、ボシーバンド、プランクスィティやムーヴィング・ハーツといった伝統音楽とロックを融合させていったグループを、フィドルを習い始めたことによって、あらためて「すごい!」と実感しているところです。

 そういうタイミングで、ポール・ブレイディの歌を聴けたのは、個人的にとてもタイムリーなできごとでした。
 ずっと、ロック&ポピュラーの世界の人だと思ってきたので、この日初めて、ああ、やっぱり伝統音楽が根っこにあったのだと確認できる歌をいくつも聴くことができたので。
 
 アイルランドは、ほんとうに奥の深い国です。

@追記

 ポール・ブレイディのコンサートについて、素晴らしいコメントが書かれています。
 招聘したプロモーター、野崎さん自身のブログをぜひ読んでみてください。
www.mplant.com

 もうひとつは、4日の公演にゲスト出演した、山口洋氏のブログ「Rock'n Roll Ass Hole」
no-regrets.jp/heatwave/
 彼はきっとゲスト参加するんだろうなって予感していたのですが、わたしは見られなくてすごい残念~
でも実現するまでの、実ははらはらどきどきのいきさつが、野崎さんのブログに書かれています。
 
 ふたりのブログを読んで、わたしの感想文の、いかに軽いこと。ちょっとはずかしい。
 なので、ぜひ、おふたりのコラムを読んでみてくださいね。
 
 
@もうひとつ、軽めの追記です。
★オーラ・カイリー

 今朝、新聞の折り込み広告で知りました。
 アイルランド人デザイナーの、オーラ・カイリー(Oral Kiely)が、ユニクロとコラボでTシャツやスカーフなどを売り出したそうです。びっくり~

 現地でも人気急上昇で、ダブリンのキルケニーデザインでは彼女の特設コーナーがあって、雑貨などを扱っていました。

 バトラーズチョコのパッケージも手がけていました。ヴァレンタインデー限定だったのかも。
 60~70年代風のレトロな図柄で、わたしなんかは「こどもの頃に、こういうのいっぱい家にあったな」とか思って、正直さほど興味はなかったのですが、マークの姪っ子たち(20代)は「クール!」といって彼女デザインの雑貨を買っており、そこで初めて「トレンディなのか」と実感した次第。

 今朝の広告によれば、ロンドンでも人気があるらしく、ほんとにトレンドらしいです。

 ダブリンでみたときは「ダサ・カワ」系の印象でしたけど、日本でみる彼女のデザインは地味な気もしますが、姪っ子たちへのおみやげになるので、さっそく買いに行ってきます~

 ユニクロのほうも、きっと期間限定だと思うので、チェックしてみてください。
 ・・・って、わたしが宣伝するのも、妙なもんですが。

 こんな感じの、ちょっとダサ系のレトロ柄はまだ人気で、わたしはペニーズでワンピを買いました。
 今回の滞在中は日本円が強く、一時期に比べてすべてが”半額!”
 アイルランドの景気回復に少しでも貢献しようと思い、いつもよりは少しだけお財布のひもをゆるめていました。

★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「ポーク」

2012-03-05 09:18:55 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 桜が咲き乱れるアイルランドから一転、雪の積もる東京に戻ってきました。
逆じゃん・笑
 描いているイメージを簡単に壊してくれるのが、自然のありようなのかもしれません。

母親はほとんど恍惚の表情。子豚は、おしくらまんじゅうで、肉まんじゅう化。
 今回のアイルランド滞在は、ものすごく濃厚な6週間を体感させてくれました。
 しめくくりはクレア。マークの兄さんの家で料理本の最終撮影。

 お題は「ベーコン&キャベジ」と「コルカノン」。
 ここっきゃないでしょうってシチュエーションで撮影することができました。

 アイルランドの田舎暮らしを満喫している兄さんの家は、菜園だけでなく家畜もいます。
広大な庭に放牧されている牛や、お隣の厩舎を借りて暮らす豚たちを見学。朝は庭を駆け回るにわとりの声で目覚めるの。

 今ちょうど家畜はこどもを産む時期で、10匹ほどの子豚を間近に見ることができました。
 お乳飲む姿はすごいよ~母豚が横になると10匹の子豚がとりついて、押し合いへし合い。大笑いしました。ヒズメが背伸びしてるように見えて、かわいいの。

 その夜のディナーは、兄さんとこの豚をローストしたもの。これは去年の秋に屠殺したもの。
ほんとうの肉の味を噛み締めながら、さっき見た子豚たちは今年の秋に食べ頃になるのねってことは考えないようにしつつ。

 ベイヴって映画をテレビで観たときに「あんたがピッグってよばれるのは今だけよ。やがてポークになるの」って確か羊が諭すのを聞いてカルチャーショックを受けた記憶があります。

 ピッグとポーク。そうか、豚にはふたつのライフがあるのね。
 おみやげに、ポーク・ベリー(お腹の肉)をいただき、帰国前夜にローストしました。

 ふだんは健康を考えて食べないようにしている脂部分ですが、カリカリに焼けていちばん旨いとこですから、ありがたくいただいてしまいました。
 帰国後は、野菜三昧でしのいでいます。

 クレアでの夜は、こわくなるほどの数の星を眺めました。
 アイルランドの生活は、果てしなく豊かだと思います。

 何度行っても、飽きることなどありはしないし、むしろ行くたびに好きになる。
 初めてアイルランドに行ったときから、今年で20年を越えちゃいました。

 なのに行くたびに新たな面というか、今まで気づかなかったところに気づかされたり、知ってはいたけど実感していなかったことにあらためて体感させてもらったり。

 今回は特に、アイルランドの根っこを見た気がして、あらためてアイルランドにいられてよかったなと思いを新たにしているところです。
 再訪が待ちきれません。

 次回は少し、音楽ネタを書く予定でいます。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント (1)