アイルランド生活ブログ - 生活・料理・留学の情報満載 -

アイルランド在住者(精通者)によるアイルランド生活の情報を発信中!!

Information

2019-09-16 23:45:24 | アイルランド生活ブログについて
「アイルランド生活ブログ」はアイルランド留学センター(ICT)が運営を行うアイルランド情報満載のブログです。

執筆陣はプロのライターから、語学留学生など様々。アイルランド在住者(精通者)が執筆しています。このブログではアイルランドにいてこそ分かるアイルランドの生活や、オススメ・お徳な情報を定期的に発信していきます。このブログを読めばアイルランド通になれます!

■最新のブログ
@ワイルド・アトランティックライフ(9/16更新 【松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー】)NEW!

Vol.28/ワールドカップフレーバーのクリスプ(8/15更新 【DUBLIN NOW】)
イギリスのクリスプス(ポテトチップ)、Walkers(ウォーカーズ)が、ワールドカップ企画として参加各国をイメージしたテイストを発売!

Vol.62/トランジッションイヤー職業体験レポート2(6/4更新 【アイルランド・ハイスクール・ダイアリー】)
職業体験レポート第2弾。アイルランドのウェディング雑誌の仕事を体験しました!


■アイルランド生活ブログ バックナンバー
アイルランド・ハイスクール・ダイアリー
ICT(アイルランド留学センター)を通じてアイルランドの高校に留学している高校生の留学生活レポート! ヨーロッパの西端に位置するアイルランドでの学生生活に密着。

こばやんの冒険☆
筋金入りのサッカー小僧こばやんが決意した自分探しの道 in アイルランド! 語学留学の中でのさまざまな体験談や、人々との出会いetcをアイルランドより熱く発信します!

Yukko’s Life In Dublin
アイルランド・ダブリンに留学中のYukkoさんが見て・聞いて・肌で感じたアイルランド生活を報告してくれるアイルランド留学生日記。

スーベニアハンター
アイルランドといえばパブ巡りや遺跡観光、広大な自然を訪れることなどが醍醐味。けれども、それだけではもったい!?
スーベニアハンターではアイルランドに居を構えるスーベニア(お土産)ショップで見つけたユニークなグッズ、王道アイテムなどを独自の視点でご紹介。


【PR】 ★☆★アイルランド好きへ50の質問☆★☆ 【PR】
SNSサービスmixi(http://mixi.jp/)の「アイルランド」コミュニティの参加者で作成した「アイルランド好き」へ送る50の質問。

自称アイルランド好きさんから自他ともに認めるアイルランドマニアさんまで、アイルランドを愛してやまない「アイルランド好き」の皆さん! ぜひこの50の質問にお答えください!

当ブログで執筆中の松井ゆみ子さんの回答もありますよ!

アイルランド好きへ50の質問
http://imgds.exblog.jp/



このエントリーを含むはてなブックマーク

コメント (7)

松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー「@ワイルド・アトランティックライフ」

2019-09-16 23:17:08 | 松井ゆみ子のキッチン・ダイアリー
 ご無沙汰ですみません。
 7月~8月にかけて、スライゴーのはずれで暮らしておりました。

スライゴーの家で最初に作った食事。雨で買い物を断念、前の住人が置いていった賞味期限ぎりぎりのトマト缶でつくったパスタソース。たまねぎとにんにく、前回の残りなのによく保ってくれました。寒いからね。今日び、学生さんでももうすこしマシなもん食べてると思う。でも、そこそこおいしかったのよ!
 家にwifiがないので、メールのチェックも1週間に1度程度。コンスタントに連絡とってる人には、いなくなる旨、事前に伝えていたこともあったからか、実はわたし、人気がないのか(笑)「どこにいるんですか??」の緊急メールもなく、今のわたしの生活には、メールもケータイもあんまり必要性がないのかも。

 あ、でもさすがにケータイは、ライフラインとして常備していました。それも滅多に使わなかったけど。

 今いちばん頻繁にメールのやりとりをしている「お弁当本」の編集者は、スライゴー隣県に住んでいるので頻繁に会っていたし。

 アイルランド北西部の暮らしは、中部域ニューブリッジとはだいぶ異なり、この国本来の自然の威力を感じることがしばしば。

 夏でも、寒さが湿気をともなって足元と背中から、じわじわ忍び寄ってきます。古い家はなおさら。外に出ると「今日は案外あったかかったんだ」と驚くことが多かったです。

 雨の日の多さも半端じゃなく、食料とワインの買い置きに感謝しつつ、家にこもる日々。大西洋から吹きつける風の音を聞き、大きく揺れる木々を眺め、毛布にくるまって過ごす夏を”新鮮”と言えるのは、恵まれているのかもしれませんね。

 このブログが更新される頃はまたスライゴーに行っています。
 9月の末と10月の初めの2回、アイルランドで初の料理イベントをしてきます。二人三脚している編集者シボーンの強いプッシュで、まずは「お寿司」。

 え~、もっと他のものを紹介したい。と思ったのですけど、まだまだアイルランドでは、食べたことはあっても作ったことのない人が多いはずなので、日本人としては教えてさしあげなくちゃの一品なんですよね~

 とはいえ、酢飯にお酢を使わず、レモンとはちみつを使ったり、具材に地元の燻製サバを使ったり、ここらしさ、わたしらしさは満載する予定です。

 お酢を使わないのは、小麦アレルギーあるいはグルテンフリー・ダイエット
をしている人がとても多いからなんです。

 ここで料理を紹介しようとするとき、意外な食材が懸念事項になっている場合があって、気をつけなきゃいけないことが多々。おまけにベジタリアンが主流になるような勢いで、制作中のお弁当本も「ベジタリアン・フレンドリー」のレシピを重視しています。

 わたしはかなりの肉好きでしたけど(20代は、ビールで焼肉3人前=もちろんカルビ!が給料後のご褒美)今は、いいお肉を週に1度程度。それも鶏肉かラム。野菜と魚が主の日々です。あえてそうしている、というより、そういう体質になってきている感じ。幸いマークも、お肉はたまに食べる方がおいしい(結局そこか?笑)と言って、プチ・ベジタリアン生活を好んでくれています。

 しかし、アイリッシュの多くは肉食。そして肉と一緒に野菜を摂らない人が多く、なんとかしてあげなくちゃと使命感でいっぱいです。

 な∼んてエラソーなこといいながら、昨日は地元カフェでワインにチップス(フライドポテト)ああ、もうサイコー!!

 食の奥義は深く、尽きることがないので、素晴らしい題材です。


★松井ゆみ子さんのプロフィールはコチラから★
☆「松井ゆみ子のアイルランド・キッチン・ダイアリー」投稿一覧はコチラから☆

★松井ゆみ子さんへの講演やイベントのご相談、私信などは左側メニューにある「メッセージを送る」から、お名前、メールアドレス、内容を記入してお送りください(コメント欄でのコメントはメールアドレスが記載されないので、こちらからご連絡ができませんのでご了承ください)★

⇒「松井ゆみ子さんの著書はコチラから購入できます!」
コメント