いぬぶし秀一の激辛活動日誌
おかしな議員[わんちゃん]の激辛日誌です。日々感じたこと、活動報告、行政への提言など、本音で書き込む人気ブログです。
 



 本日、東京都知事選挙が告示され、いよいよ首都決戦の火ぶたが切られた。私は、その戦いの出発準備を今日まで担当させていただいてきたが、いよいよ最終任務の日である。立候補届け出がそれだ。

 昨日も終電で選対事務所から帰宅したのが、今朝も早かった。朝7時50分に都庁25階会議室集合なのだ。



 そして、立候補受け付け。これは公平を期す意味と、早く来すぎないとの配慮か、クジ引きで決める。わが陣営は到着が二番。まずは、枡添氏の陣営がクジを引く。そして、私。なにしろ、クジ運がない。自分の選挙であれば自己責任だが、今回は違う。さらには、東京中で立候補届け出番号を待っているポスター貼りのボランテイアの方々がいる。さらには、渋谷駅前で、宣伝カーにつける標旗や運動員の腕章をまっている人々がいる。

 責任重大だ。祈った!名刺入れに入っている靖国神社のお守りと父の遺影を握り、さらには英霊となった犬伏寛男海軍少佐、靖国の英霊に方々に「この国のため運をください」と。

 5番だった。10名の抽選参加者(8時半までに来た陣営だけがクジに参加)中5番。可もなく不可もなく、ホッとした。ところが、手続きを進めていくと4番で終わった。な、なんと最後にクジを引いた方が1番だったのだが、「立候補書類を持参しなかった」ため、繰り上げになったという。

 主要候補では宇都宮氏が2番、当方が4番。よっし!クジ運の悪さは、英霊のみなさんと父がカバーしてくれた。そして、次は走る!七つ道具を持って電車で渋谷へ!1秒でも早く第一声をあげるために、走る、走る!

 そして、9時40分渋谷ハチ公前に到着した。すでに多くの報道陣、支援者の方々が集まっている。今回の第一声の目玉は「高所作業車」だ。宣伝カーの梯子に登れない応援弁士のために、映画関係者でもある支援者が発案した。問題は道路交通法と公職選挙法だ。

 道路交通法では、道路の占有には交通管理者(警視庁)と道路管理者(東京都)の許可必要だ。さらに、公職選挙法では選挙用自動車は1台。はたして、この難問はクリアーできるのか。

 警視庁の回答は「梯子の扱い」でOK。選挙管理委員会も問題なし。ここで、前代未聞の高所作業車を使った第一声が展開されることになった。




 渋谷の第一声が大盛況で終わり、次は新橋SL広場である。ちょうど昼休み時間ということもあり、広場を埋め尽くす人、人、人である。

 


 上野駅前では自作の看板を持参されて応援して下さる方もいて、心強い限りだ。



 石原新太郎元東京都知事、デヴィ夫人、中山成彬、西村真悟、各衆議院議員もかけつけ、大いに盛り上がった初日である。



 多くのボランテイアスタッフの皆さん、ありがとうございました!

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« よくわかる公... 1月23日(木)の... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (伴 尚志)
2014-01-24 14:18:27
世田谷区のポスター貼りにいってきました
ちょうど松陰神社の駅前担当だったので、
松陰神社にお参りをし必勝祈願して、
かつ、カツカレーを昼食に食べてきました。

選挙がこんなにたいへんな労力を必要とするということを、初めて体験しました。

頑張ってください(*^^)v
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。