いぬぶし秀一の激辛活動日誌
おかしな議員[わんちゃん]の激辛日誌です。日々感じたこと、活動報告、行政への提言など、本音で書き込む人気ブログです。
 



 月末の今日、11時から憲政記念館において、たちあがれ日本時代から大変お世話になっている、中山恭子参議院議員(元拉致問題担当大臣)の「新春の集い」に参加した。

 月末は、中小企業経営者にとっては、3時の銀行閉店まで気が抜けないもの、と長い間思っていたので、いつも月末15時までは一切のアポイントメントを入れないようにしていた。

 その月末の真昼間に大丈夫かいな、と心配をしていたところ鳥越苦労だった。200名ほどの会議室は満席。立ち見のでるほどだった。それもそのはずである。参加者は、我が国を代表する企業の役員クラスなのだから。月末の資金繰りには無縁の方々である。

 本日のメインデッシュは、日本維新の会石原慎太郎代表の時局講演の予定だったが、お風邪をひかれたとのことで急遽、平沼赳夫副代表が講話をされた。平沼副代表は講話の中で、中山恭子議員が、北朝鮮から一部の拉致家族を連れ帰った時の、外務省との秘話を紹介された。

 中山議員は、頑なに「国家」の主権を主張され、絶対に北朝鮮には戻さないと言い張られたが、「国家」という言葉に驚いた外務官僚は「北朝鮮との約束」を盾に、帰国した拉致被害者を北に返すと強弁した、と言うのだ。

 まったく「国家観」の欠落した外務官僚にはあきれてしまう。結局、中山議員(当時は内閣参与)の意見が通り、被害者は日本にとどまることができた。

 自らの身体をはって自国民の生命を護る、本来あるべき政治家の姿を、上品な語り口の中山恭子議員に見た思いである。

 しかし、来るべき夏の戦い(参議院選挙)は、品では勝ち抜けない。そこで、品のない司会者いぬぶしの出番である。

本日ご臨席を頂いた皆様は、社会的お立場も、所得もトップクラスの方々です。しかし、残念ながら、所得がいくら高くても、お立場がいくら偉くても、選挙権は1票しかありません。どうか、人脈を活かして、お知り合いに中山恭子参議院議員の政策、人柄をお広め下さい。と懇願をした。

 来賓には、昨年の衆議院議員選挙において、小選挙区で私より少ない獲得議席でありながら、比例復活した方や、比例単独候補だった衆議院議員も大勢出席されていた。この方々を、司会者としては来賓として紹介せねばならぬ。「ご来賓の●●センセイ、」とやるわけだ。

 ジェラシーとは言わないが、選挙の不公平、世の無常を感じる瞬間でもあった。捲土重来という言葉が重く圧し掛かる。

 今期で辞めるともりだったが、やり残した仕事がある、と決意を語られた中山恭子参議院議員の謝辞で一部をお開きにし、ランチパーテイに移った。当初、ソフトドリンクのみ、ということだったが、テーブルの上には、おいしそうな冷えたビールが…

 嗚呼、今日は司会だし、ポスターを運ぶために車を運転してきた。ここにも、世の無常が隠れていた!!夜まで我慢せよ!ハイ



中山先生のポスター(デザイナー&犬伏コラボ)ご希望の方は、メールください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 衆議院選挙に突如出馬することになり、落選。それから2ケ月が経過した。街では、私が知らないのに「維新の会は、いぬぶしが参議院選挙に出て、●●が都議選らしい」等と、実しやかにウワサされているそうだが、まったく事実ではない。

 1月26日の土曜日に「意向調査」として、日本維新の会本部(大阪)に呼ばれた。13時からの枠に予約し13時前に到着したところ、1時間半待たされ、面談は5分。もちろん、往復の新幹線代は自費だった。

 私の前には、衆議院議員を3期務めた落選者も待たされていた。面談したのは、1年生を含む大阪府議会議員3名である。はたして、全国から交通費をかけて、5分の「意向確認」が適切なのだろうか。テレビ電話、メール等、工夫の余地がありそうである。

 さて、東京都議会議員選挙が6月23日に行われることが決定されているが、それに向かって大田区でも維新以外の各党の候補が出そろってきた。(以下、一部公認前。敬称略)

自民党:神林茂、鈴木あきひろ、鈴木あきまさ(以上現職)
公明党:藤井一、遠藤守(以上現職)
民主党:田中健(現職)、城島前財務大臣秘書(新人)
みんなの党:柳瀬吉助(新人、現区議2年目)、湯本良太郎(元自民党区議、前回区長選出馬はみんな推薦、民主党代議士からの支援で落選)
共産党:かち佳代子(現職)
生活者ネットワーク:奈須りえ(新人、現区議3期)
日本維新の会:柳ケ瀬裕文(現職、元民主区議半期、前回は民主党公認連合推薦で当選、蓮舫氏秘書)、さらに1~2名公募中

 日本維新の会は、現在都議候補の公募を行っているが、昨年の衆議院選挙で私の選対責任者を務めて下さった元自民党区議会議長さんが、な、なんと私には一言も言わずに、上記の柳ケ瀬裕文氏に「公認申請の仕方」を聞き応募したのだ!ショックである。仁義を大切にされる、この方のはずなのになぜなんだろうか、一言言ってほしかった。とても残念である。

 13名の候補予定者から8名の当選。巷でささやかれているのは、「自民2議席、公明2議席、共産1議席は指定席」。残る3議席を8名の候補者で争奪するという。またしても、第三極同士での潰しあいの構図が再現されそうである。嗚呼!!


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




 こんなに日記を書かなかったのは、10年ぶりだろうか。落選のショックで落ち込んでいるのでは、と心配して下さる方もいるが、まったく違う。忙しくて、忙しくて書く余裕がない、というのが本当のところだ。

 さらに言い訳をするならば、「目指す立ち位置が決まらない」こともある。昨年の日記にも書いたように、すでに衆議院候補としての「支部長」は解任をされているので、次の「何」を目指すのか、いまのところ「党のお沙汰」と待つしかない状態なのだ。

 とは言うものの、ただ座して待つのは私流ではない。今日も「建国記念日街宣」を行った。今日の街宣のテーマは「国旗を掲揚したり、建国記念日を祝うと右翼ですか?」というものだ。

 世界中の国の中で、自国の建国記念日に、これほどまでに無頓着な国民は日本だけであるし、政府主催の式典のない国も多分、日本だけだろう。これは、GHQの日本弱体化計画の一環として「紀元節」の祝日を廃止したことに始まる。

 もし、国旗を掲揚したり、建国記念日を祝うと右翼だとしたら、北朝鮮や中国は「右翼だらけ」の国になってしまうではないか!

 そもそも、なぜ「記念日」ではなく、「記念の日」なのか。それは、紀元節の祝日化を目論む推進派が、反対派に配慮し「の」を入れたのだ。さらに情けないことに、他の祝日の日は、祝日法に明記されているのに、建国記念日(あえて言う)だけは、いつにするのか祝日法には書かれていないのだ。

 自らの国の建国の歴史を偲び、国家の繫栄を祈ること、自国の国旗を掲揚して国民としての誇りを持ち自覚を持つこと、これらのことはイデオロギーではなく、世界共通の「常識」だ。

 もうそろそろ、「自虐的歴史観」や「土下座外交」をやめ、GHQのマインドコントロールから解放されなkれば、日本の未来はないだろう。

 建国記念日、万歳!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )