いぬぶし秀一の激辛活動日誌
おかしな議員[わんちゃん]の激辛日誌です。日々感じたこと、活動報告、行政への提言など、本音で書き込む人気ブログです。
 



 今日は、深川で開催された「移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会」主催の講演会に講師としてお招きいただいた。私の演題は「これでいいいのか地方自治体の体たらく」である。地元大田区の、多文化共生に名を借りたいかがわしい実態を報告した。



 私は、良識ある定住外国人と、伝統ある日本文化が共生することを全否定するつもりはない。ただ、いま流行りの「多文化共生政策」は、日本の伝統的コミュニテイを壊し、文化いや、国家そのものを崩壊させる可能性さえある、と警鐘を鳴らしているのだ。

 特に、政府が産業界の強い要請で「少子化対策」と偽って進めようとしている「年間20万人の移民受け入れ」は到底承服できないのだ。

 同様の理由で、移民を受け入れたヨーロッパ諸国では、コミュニテイが破壊され、犯罪が増加し、フランスやオランダはそう遠くない時期に、イスラム国民が過半数になる、とまで言われている。

 日本が移民20万人を受け入れたら、22世紀には我が国は、中国系移民と韓国系移民の支配する国家となるだろう。ローマ帝国がゲルマン人の流入によりなぜ崩壊したのか、歴史に学ばなければならない。以下、講演の要旨である。



・大田区議会議員を4期13年務め、この度、維新から次世代の党になった。平成11年時点では、議会議場に日の丸がなかった。50人の区議の内、自民党18人、公明党12人。実は、この与党が一番の難点で、日の丸を掲げるまでに10年かかった。

・力の無い共産党よりも、力のある自民党こそが国家再興の壁となりうる。

・大田区長の松原忠義氏は北朝鮮の平壌で金日成にCOCOMで禁止されているぜいたく品(PC)のお土産を持って行った人物である。朝鮮学校への補助金は900万円だったが、私がいなくなった後、1000万円に増額されてしまった。本来は朝鮮人保護者に渡るはずのお金が、朝鮮総連傘下の朝鮮学校の校長が委任状を持って取りに来ている。この補助金は、平壌に上納されている可能性すらある。

・日朝友好促進議員連盟の女性区議会議員は朝日国交回復の夕べという集会で、チマチョゴリを着て踊ったりしていた。私は拉致被害者が全員帰国しなければ参加しないと朝鮮総連に返事をしたところ、話がしたいと言ってきた。メディアを呼んで公開討論をする提案をしたが、断られた。それどころか、日本は豊臣秀吉以来、数千人の朝鮮人を拉致したと言ってきたので、まずは現在生きている人を助ける話をしようと言ったところ、話にならないと言われた。

・区役所入り口に「東京に返せ」という拉致問題のポスターを貼ったところ、ホワイトボードが置かれて隠されていた。私がどける、また隠されるという繰り返し。5000人の職員の中に、左巻きの職員が相当いる。

・大田区の保育園の職員は約1800人いるが、20才で入り、先輩が共産党にオルグする。共産党に入らないとカラオケにも誘ってもらえない。このような保育園で日本を嫌いになる教育を受け、小中学校でも反日教育を受け、大学では反日教授に学び、勉強すればするほど反日になるという図式である。

・大田区教育委員会主催の「区民大学」に「人権塾 日本とコリアの架け橋」という講座があった。天皇制を否定している神奈川大学のユン氏や、映画監督という肩書でコリアンのAV監督が税金で講師を務めた。区議会で女性の社会教育課長に、自分の子供とこのビデオを見れるのかと質問したところ、AV監督とは知らなかったと答弁した。

・日本を潰すムーブメントの流れがある。平和都市宣言、ジェンダーフリー、そして無防備都市宣言。これはジュネーブ条約で自治体も軍隊も機能せず、白旗を上げた時のものである。条例直接請求を提出されたが議会で、否決された。

・このムーブメントの極めつけが移民、多文化共生である。移民は、日本の2000年以上の歴史を壊してしまう可能性がある。日本文化や家族を壊そうとしている。日本には200万人の外国人がいるが、毎年35,000人の中国人が増えている。

・大田区の予算2500億の内、500億円が職員の給与、500億円が生活保護に使われている。外国人が増えれば、ますます生活保護費が増える。

・元々のフランス人は出生率1.8人、(フランスに移民として流入している)イスラム教徒は8.1人という話もある。人口を維持するには出生率2.07人~2.11人が必要であり、この数字を下回ると文化は滅びることになると言われる。2027年にはフランスの5人に1人がイスラム圏の移民になる計算だ。2048年にフランスはイスラム国家になるという説もある。イギリスも移民の数は250万人を超えている。

・対馬の人口は34,000人だが、自衛隊の基地周辺が韓国資本に買い占められている。対馬市長は、水源と山を買われないよう、厳しい規制をかけている。対馬市議会の議員は21人であり、約500票で当選する。仮に外国人参政権が認められるようなことがあったとして、1万人の韓国人が移民してきたらほとんどの議員が韓国系にコントロールされる結果になる。韓国からの観光客は18万人である。結果、日本人がコントロールできないような議会が誕生することになる。

・公明党は大田区で5万票、全国で800万票を持つと言われている。通常、投票率は50%であるが、公明党は選挙に行く人が多いため1600万票に値する力を持っているといえる。現在、外国人は200万人だが、20万人ずつ増えるとすると、すぐに1,000万人になる。これももし外国人参政権が(欧州の一部の国のように)実現してしまったら、日本人より選挙に熱心だと考えられるため、公明党を凌ぐような大勢力の団体が誕生する可能性は十分ある。

・米国のウォーギルドインフォメーションプログラムという日本人は悪だという心理作戦が花開き、100年後の日本はどこの国なのかわからなくなる危険が迫っている。

・政治が三流ということは、選んだ国民が三流ということだ。言いたいことを言って、妨害にあってもそれでも言う。そういう議員が日本全国には何百名か存在する。みなさんの地元から輩出してほしい。われわれ国民が良識ある政治家を選び、変えていかなければならない。

 広い会場に、いささか参加者は控えめだったが、問題提起のできた有意義な集会だったと思う。感謝!



動画はこちらからどうぞ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 69回目の終戦記念日、例年同様に朝から靖国神社に詣でた。初めて靖国神社に参拝したのは、航空自衛隊生徒だった昭和47年である。いまでも私の名刺入れのなかには、その時授かった小さなお守りが親父の遺影と共に入っている。

 それにしても、毎年この日になると総理が来るとか来ないとか、閣僚は個人か公人か、という不毛な報道が朝日、毎日、東京新聞というマスコミとは思えない新聞の紙面を飾るのは嘆かわしいことだ。そもそも、靖国神社を宗教法人化したり、参拝は戦争美化であると宣伝した元凶は、GHQ(連合国総司令部)だったことを想い起こさなければならない。

 GHQは、日本が二度と連合国に立ち向かえないように、様々な日本の精神文化破壊に努めた。神社の宗教法人化、町会、自治会の弱体化、戸主廃止による家族制度の崩壊等など。さらに、極めつけは、A級戦犯を筆頭とした戦争犯罪人の捏造だ。戦勝国によるリンチで死刑判決を受けた各級戦犯は1000名を超えると言われている。

 そもそも、法理論の基本である「罪刑法定主義」(刑罰は、その発生時点にいて法律により罪であることが定められている必要があること)を無視した、後付の「人道に対する罪、平和に対する罪」などという罪状で裁判を提起したのだ。それも、検察官、裁判官の多くが法律のド素人という、判決ありきのデッチあげだった。

 その中で、数少ない法律の専門家であったインドのパール判事は、東京裁判の欺瞞について訴え続けていた。さらに、あきれるのは、このリンチの結果刑死したA級戦犯が合祀されているから参拝しない、とのたまう国会議員が多数いる事実である。

 昭和27年4月28日のサンフランシスコ平和条約発効直後の5月1日、木村篤太郎法務総裁から戦犯の国内法上の解釈についての変更が通達され、戦犯拘禁中の死者はすべて「公務死」として、戦犯逮捕者は「抑留又は逮捕された者」として取り扱われる事となり、戦犯とされた人々のために数度にわたる国会決議もなされた。(ウイキペデイアより)


昭和27年1952年6月9日「戦犯在所者の釈放等に関する決議」
昭和27年12月9日「戦争犯罪による受刑者の釈放等に関する決議」
昭和28年年8月3日、「戦犯」とされた者を赦免し、名誉を回復させる「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」

 したがって、わが国には「戦犯」と言われる人々は存在しないのである。国会議員自らが、先人たちが決議した内容(社会党も賛成した!)を否定する発言を繰り返すのは不勉強なマヌケとしか言いようがない。

 「平和に対する罪、人道に対する罪」を問うのであれば、焼夷弾で焼き殺した東京大空襲はどうだ、長崎、広島大虐殺、対馬丸撃沈事件は?いずれも、ハーグ陸戦条約など、「非戦闘員への攻撃禁止」を定めた国際法規に反しているではないか。まったく、「勝てば官軍」を受け入れてしまう日本の態度はおかしい!ありもしない従軍慰安婦より、さきの大戦における連合国の残虐さと、東京裁判のインチキをもっとアピールすることも必要ではないだろうか。

 さて、本日まず一回目の参拝は、「靖国神社に参拝する地方議員の会」のメンバーと参道を幟を立てての行進。本殿手前で幟を降ろし、海ゆかばを合唱して参拝。幟を立てるのは「売名」ではないか、という指摘もあるが、靖国神社で「売名」をするメリットは、地方議員にはない。国会議員らがだらしないから、地方議員が参拝しているんだ、というアピールである。



 この参拝は、本殿の外で行われたが、次は、日本会議地方議員連盟主催の昇殿参拝に参加した。参集殿入り口では、台湾からの参拝団が記念撮影をしていらしたので、「台湾からありがとう!」と大声で謝辞を述べた。中国に比べて台湾の方々の親日度はすばらしい。



 靖国神社には、伯父(父の兄)である犬伏寛男海軍少佐が眠っている。昭和19年1月31日南方洋上において靖国丸に乗船中、敵潜水艦により撃沈され戦死と、祭神記にはある。東京大学在学中に「短期現役」という制度で海軍主計将校任官後、戦地に赴いた伯父。29歳という若さで戦死した。今の日本は、伯父の目にはどう映っているのだろうか。

 暑い一日、次の参拝は、15時から西村真悟先生主宰の西村塾及び日本再生同志の会主催の昇殿参拝だ。200名以上の方々が、国士西村真悟先生と共に参拝した。



 そして、最後の参拝は、田母神俊雄元航空幕僚長との昇殿参拝である。ご実家のある福島から新幹線で上京。16時ごろ靖国に到着されるというので、社務所に出向いてその旨連絡をして、VIP用の入り口(到着殿)前で待機していると、なんと都知事選挙でお世話になったデヴィ夫人が到着された。

(デヴィ夫人の傍らで署名される閣下)

 田母神閣下がまもなく到着されることをお伝えすると「ご一緒する」とのこと。田母神、デヴィという豪華メンバーによる昇殿参拝の実現となった。残念ながら、私は、次なるミッションである「西村真悟国政報告会」の司会があるため、お二人の昇殿参拝のお供を「たちあがれ日本」時代の後輩らと、我が事務所スタッフに依頼してタクシーで移動。彼らからは「すばらしい体験ができた」と大変喜ばれた。

 さあ、長い一日に締めはグランドヒル市ヶ谷(防衛省共済組合市ヶ谷会館)での、国政報告会・暑気払いの司会だ。祝辞は、靖国から駆けつけてくださった田母神閣下。そして、西村先生の講演と続く。宴も盛り上がってきたころ、西村先生と共に行動していた地方議員(八尾市議会)の仲間である、三宅博衆議院議員が挨拶にたたれ、突如予定にない河内音頭を歌いだし、参加者が踊り出してしまった。




(河内音頭を踊る田母神閣下。右後は増元照明さん)




 もちろん、西村先生、田母神閣下、私も踊りの列に加わった。いやはや、楽しい一日が終わる。

 この幸せを感じることの出来る国の礎、英霊の皆様に感謝!、

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 7月28日対馬視察の最後は、海上自衛隊対馬防備隊である。防備隊本部のほかに、下対馬警備所、上対馬警備所、壱岐警備所の三か所の監視拠点で、海峡を通過する艦艇、不審船の監視を行っている。

 防備隊長から概要説明を受けたが、防備隊の歴史の説明では「大東亜戦争」という言葉を使われていた。さすがに、帝国海軍と同じ軍服を着ている海軍将校である。

(対馬防備隊本部)

 防備隊本部自体には、陸自や空自のように見るべきものがある訳ではなさそうである。実は、この防備隊周辺の土地を、韓国資本が買い漁っているというのが当地への視察目的である。

 防備隊敷地周辺には、対馬リゾートと銘打った韓国人用のバンガロー風の宿泊施設と、民宿のような宿泊施設がすでに営業をしており、現在、ペンションも建築中である。

(韓国人宿泊施設入口)

 実際に、対馬リゾートの許可を得て敷地内に入らせて頂いたが、うらびれた安宿泊施設という印象で、以前、真珠工場だったころ天皇陛下がご行幸された記念碑も敷地内に保存されており、敵対的な感じは受けなかった。


(韓国敷地内にある天皇陛下ご行幸の碑)

 防備隊長の説明からも、もっぱら韓国人観光客がバスでやってくるようで、安全保障上の問題は少ない感じである。が、だ。実は、真珠工場の土地が売りに出された際に、防衛省にも打診があったそうだ。5000万円也。防衛省は断ったそうだ。

(対馬リゾート内宿泊棟)

(韓国側から海自敷地「鉄柵の向こう」を望む)

海自側から韓国民宿「先の建物」を望む)

(海自施設立入禁止のハングル看板)

 ところが、いまの韓国業者、小野田防衛大臣によれば「2億円なら売ってもいい」と言っているそうだ。安普請の建物の建築費を考えてもいい商売である。なぜ、5000万円の時に防衛省は買わなかったのだろうか。

 今回のケースでは、単純に韓国資本の商売目的の土地購入だが、防衛施設周辺や、港湾、空港、水源地周辺の外国による土地購入には、何らかの規制を強化すべきである。

 対馬市長は、「内国人(日本人)ができること(土地購入)を外国人に規制することは、国際法規に反してできない。そこで、水源地の土地購入には、誰であっても厳しい条例の規制をかけている。過去にもそれにより、外国資本の購入を断念させることができた。」と誇らしげに語られていた。

 なお、参考までに、対馬市の調査によれば、対馬市における外国人の土地保有率は全面積の、0.006%とのことである。

 尖閣諸島購入の東京都の例を出すまでもなく、実は現場に最も近い自治体のほうが、国より対応が素早いようだ。与党、公明党に遠慮する必要がないからかしら…

 以上で、二日間の対馬視察は終了した。陸海空各自衛隊、対馬市役所、対馬市議会、また、手配を担当して頂いた佐藤正久、宇都隆両参議院議員に心より御礼申し上げたい。

 われわれ、自衛官出身議員は、たとえ地方議員であっても常に国家観を持ち、地元では防衛思想の普及に努めるべきだと痛感した2日間だった。

 対馬空港から福岡空港に降り立つと、後輩の紺野入間市議が「先輩!東京行きまで、軽くやりますか?」と、悪魔のささやきを呟いた。いっちゃう?


(頑張れ!後輩、紺野埼玉県入間市議)

 おい、紺野!もうダメだ、呑めんぞ。「先輩!もう一杯だけ!」

 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





 昨日、日本維新の会が解党され、本日「次世代の党」が結党され、総務大臣宛に党本部が届出を提出して、わが支部も「次世代の党衆議院東京都第四支部」として届出を提出した。

 たちあげれ日本から、太陽の党、日本維新の会と遠回りはしたが、たった5名のたちあげれ日本が、17名も増えて帰ってきたと思えばたいしたものである。ただ、たちあがれ日本で、我々地方議員等が全国をかけめぐって、たった一人の参議院議員を当選させた、その彼は、今回「大阪側」に行ってしまった。

 政治家だから様々な思いがあろうと思うが、たった一つ「義理を欠く」ことだけは許しがたいと思っている。やはり、たちあがれ日本では、なんと民主党に鞍替えしたおっさんがいた。彼は民主党で大臣のポストを約束され実際に大臣になった。「よその大臣」とお呼びする。

 今回も、たちあがれ系からは、4名が「大阪」に移った。それぞれ理由があろうが、人としてどうなのだろうか。まあ、大阪側からもチャーターメンバー(創立メンバー)の何人かがこちらに来たが、自らの当落ではない「信念」の集まりに「次世代」はなってほしいものだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )