いぬぶし秀一の激辛活動日誌
おかしな議員[わんちゃん]の激辛日誌です。日々感じたこと、活動報告、行政への提言など、本音で書き込む人気ブログです。
 



 羽田空港が昨年秋に「再国際化」して以来、松原大田区長のキーワードは「国際都市」である。空港からまったく関係ない遠くの商店街にも、3000万円かけた羽田国際化の「小さなノボリ」を配り、区民を税金で中国に送り、ご自身もとてつもなく高い費用で諸外国を歴訪。

 ところが、脇が甘いというか、所詮田舎の役場である。身の丈にあわない「国際化」を唱えるよりも、基礎的自治体としてのサービスの向上こそ、いまやるべきが「民間出身」区長の仕事だろう。

 以下、英国在住の方からのメールを転載する。

はじめまして。

大田区役所の対応に呆れ、メールを差し上げています。
(虚偽の情報を流し、さらにそれを指摘すると、一切対応を放棄されて困っています)

http://www.city.ota.tokyo.jp/download/koseki/kosekiseikyuu/files/kosekigaikoku.pdf

このページにあるように、海外在住者が戸籍証明を請求する場合、
1.国際郵便為替
2.国際返信切手券
で、手数料・送料を支払うよう指示されています。

ところが、私のおりますイギリスには、1。は存在せず、2。は8ヶ月前から全英で発行が停止されており、現在流通していません。
その旨、イギリスの中央郵便局(royal mail) にも、ロンドンイギリス領事館にも確認しました。

ところが、それを大田区に問い合わせたところ、まず電話相談しかないと言われ国際電話をかけましたら
1.音声が悪いのでかけ直せと切られる
2.海外からの電話と知りながら、質問の度に何分も待たされる。
という状態で、50分近い電話にも関わらず、全く回答が得られませんでした。

あまりに話が長引くのでEメールで相談したいと言っても、Eメールはないと言われ、それではあまりにも費用がかかりすぎる(イギリスは日本より物価が高いです)と粘りましたら「それでは15分後にかけ直してこい」と言われました。

その後、やっとのことでメールアドレスを聞き出してメールしましても 1の国際郵便為替にしろ、の一点張り。

仕方がないので、再度国際電話をかけましたら、戸籍担当の責任者(野口さんという年配男性だったと思います)という方が出て、
「国際郵便為替がないはずは、ないでしょう」の、一点張り。
日本大使館や中央郵便局に確認したことなど、前回と同じことを繰り返しましたが、話が通じません。
(というか、そんはずないでしょ?と、一切信じてもらえません。)

確実に、イギリスでも使える方法を、どこの郵便局または銀行で扱っているかの情報とともに教えてくださいとお願いして電話を切りました。(というより、かなり乱暴に一方的に電話を切られました。)

その後来たメールには、またしてもイギリスには存在しない方法が書いてありました。

あきれまして、「故意に虚偽の情報を流すのは、法に触れるのでは?24時間以内に正しい方法をお知らせください。」
(その時点で、すでに一週間以上経っています)とメールしましたら、今度は一週間以上返事全くがありません。

支払方法につきましては、現在wire transfer しかないと郵便局に言われたこと。現金を送る方法もありますが、現在イギリスでは90%以上の現金が郵送中に盗まれていることたとえ保険をかけても、送信者にお金が戻ってくるだけで、先方には届かないことを指摘され、その旨ももちろん伝えました。

そうしましたら「大田区には銀行口座がない」と言われたり「wire trasferはこの区にはない」などと意味の不明なことを言われ、さらには「口座がないわけはないと思いますが・・・」と尋ねましたら「一日に何千人もの区民から振り込まれると、確認に時間がかかるからだめ」と。「海外で郵便為替のない国に住んでいる大田区民が、一日に何千人も請求するほど存在するのですか?」と言いましたら、ガチャンと電話を切られました。

尚、イギリスのロイヤルメールの電話番号は +44 8457223344
イギリスロンドン領事館の電話は+44 20-7465-6565
この、情報ももちろん伝えました。郵便局本局の方にも、何度も足を運びました。もちろん、ロイヤルメールのHPもありますので、そこに存在するサービスを指摘してくださいとお願いもしました。

大田区の苦情相談にも、大田区長にもメールをいたしましたが、同じく一週間以上返事がもらえません。電話もかけましたが、とりついでもらえませんでした。

また、万が一と思い、普通為替でお金を送りましたら、それは受付ないとのこと。

イギリスビザの手続きのための書類で、至急イギリス大使館に出さなくてはなりません。(イギリス領事のほうからも、その対応では在外日本人の生活上に問題があると、いずれ大田区には連絡が行くようにはなっています。)

どうにかして、戸籍証明を取りたい=お金を払いたい(三千円程度のお金です)のですが、これ以上どこに相談してよいものかわからず、メールを差し上げました。

どうか、なにかよい案をご存知でしたら、お教えいただければと思い、メールを差し上げました。

参考に、大田区役所からのメールを添付いたしました。
どうぞ、よろしくお願い致します。

○○○○○
● ●●● House
●● Avenue
Kingston Upon Thames
KT2 5UL

+44 2085 470 ●●●●
+44 75 3303 ●●●●

 「大田区の窓口の職員にマトモな対応を求めるのは無理。彼らはサルか火星人が日本語をしゃべっているのだから」と書いたことがある。その後、大田区職員の2チャンネルなどでも「サルと火星人」が話題となり、窓口の対応は、サルから人間へと格段によくなったものだが‥

 まだ、サルと火星人が潜んでいたのか!!!さてさて、国際都市大田区の区長さん、部長さん、課長さん、サルになるか、国際都市として誇れる対応が出来るか、月曜日が楽しみである。

ブログランキング にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へにほんブログ村

上記二つのバナーをクリックして頂くとランキングがあがります!



なかのひと






コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« 公職選挙法と... やっぱりタメ... »
 
コメント
 
 
 
大田区役所の対応 (小笠原博)
2015-10-29 22:11:13
その後、どうなりましたか?
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。