語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
大岡昇平、佐藤優、読書

【佐藤優】企業インテリジェンス小説 ~梶山季之『黒の試走車』~

2017年03月27日 | ●佐藤優
 (1)インテリジェンスとは、国家が生き残るための情報を収集、分析し、さらに情報分析に基づいてさまざまな働きかけをすることを意味する。
 旧陸軍参謀本部は、インテリジェンスを「秘密戦」と称した。そして、秘密戦を①諜報、②防諜、③宣伝、④謀略の四つに区分した。
 ①(積極)諜報(ポジティブ・インテリジェンス)とは、相手に察知されずに相手が秘匿する情報を入手することだ。
 ②防諜(カウンター・インテリジェンス)とは、敵対組織に情報を取られないようにすることだ。もっともその場合、防御一辺倒ではなく、あえて敵に偽情報を流して撹乱させる積極防諜(ポジティブ・カウンター・インテリジェンス)という応用技法もある。
 ③宣伝(プロパガンダ)は、わが方に不利な事柄を隠し、有利な事柄を誇大に伝える。
 ④謀略(コンスピラシー)は、①、②、③を用いて、わが方に実力以上の成果をもたらすようにすることだ。陸軍の参謀本部や中野学校(インテリジェンスの専門組織)は、秘密戦の目的は④と考えた。CIA(米中央情報局)、SVR(露対諜特務庁)、モサド(イスラエル諜報特務庁)などの優秀な機関も、公言はしないものの、インテリジェンスについては日本陸軍と同じような認識をしている。
 ちなみに、インテリジェンス活動のうち法に抵触する内容のものをスパイ活動という。

 (2)梶山季之氏が光文社から1962年に『黒の試走車』を公刊した時点では、戦前・戦中に日本が行ったインテリジェンス活動は全否定されていた。しかし、そのノウハウは民間には生きていた。モータリゼーションが本格化する1960年代の日本社会を背景に、梶山氏は、タイガー自動車、ナゴヤ自動車、不二自動車などの自動車会社が繰り広げる企業インテリジェンス戦争(そこには違法なスパイ活動も含まれる)を見事なエンターテインメント小説に仕上げている。
 筋書き自体は単純だ。タイガー自動車の新車パイオニア・デラックスが東海道本線の掛川駅と袋井駅の無人踏切で特急列車と衝突事故を起こす。自動車の運転手は、踏切の真ん中でエンジンが突然止まったと主張し、タイガー自動車からカネをせしめようとする。その背後で、ライバル会社の陰謀、タイガー自動車内部の権力闘争があり、業界紙記者や謎の美人社長、バーの女性などが暗躍する。小説の最終局面で、いくつかのどんでん返しが起きる。
 このあたりはエンターテインメント作家として当時、超売れっ子だった梶山氏にしか書けなかったであろう独特な筆の勢いがある。

 (3)タイガー自動車で企画PR室長というカヴァー(偽装)で活躍する朝比奈豊には天性のインテリジェンス能力がある。本書には、インテリジェンスの現場で実際に用いられている様々な情報収集の技法が披露されている。〈例〉読唇術。
 この読心術を用いるインテリジェンスは、北朝鮮情勢の分析でよく用いられる。金正日や金正恩が視察をし、人々に何か話しかけている動画が北朝鮮のテレビに映されるが、音声が消されている場合がある。そういうときには、読唇術の専門家が、動画を視て金正日や金正恩の発言を再現する。この種の情報は貴重な一次資料になる。
 本書の盗聴の技法も興味深い。朝比奈は、入院中の望月タイガー自動車社長を見舞ったときに、盗聴のからくりに気付いた。盗聴を依頼していたのは、不二自動車ではなく、タイガー自動車の者だった。
 盗聴のような陰湿な手段まで用いた社内抗争が展開されていると、とりあえず読者は納得させられるが、これも最後にどんでん返しがある。
 ちなみに、ソ連時代、外国人が泊まるホテルの部屋には、すべて有線ラジオが備えつけられていた。このラジオはいつでも盗聴器の役割を果たすことができたのだ。現在は、スマートフォンを乗っ取って盗聴することが簡単にできる。スマートフォンは携帯盗聴器と思っていた方がいい。

 (4)さて、インテリジェンスの世界では、医療関係者から情報を得ることは「禁じ手」とされている。だが、実際には、要人の健康状態に係る機微に触れる情報を入手するために、インテリジェンス機関員は巧みに医師や看護師、臨床検査技師に接触する。あまり詳しくは説明できないが、モスクワの日本大使館に勤務していたときに、佐藤優の重要な情報源には数人の医師がいた。

 (5)産業スパイ活動が露見し、自殺したタイガー自動車の課長が朝比奈に宛てた遺書にこんなくだりがある。
 <企業の競争が激化すればするほどスパイはふえる。なにもスパイは外部の人間ばかりではない。秘密とは所詮、守り得ないものなのだ。スパイは内部にいる。そうして、気をつけなければならないのは女という存在である。きみも女にだけは、用心したほうがいい。>
 人間には秘密を喋りたくなる習性がある。そこにつけ込むのがインテリジェンス・オフィサーだ。愛情に飢えていて、女性に弱い男性から機密情報が漏れることは確かに多い。

□佐藤優「梶山季之『黒の試走車』/企業インテリジェンス小説 ~ベストセラーで読む日本の近現代史 第43回~」(「文藝春秋」2017年4月号)
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

 【参考】
【佐藤優】中東複合危機、金正恩の行動を読み解く鍵、「型破り」は「型」を踏まえて
【佐藤優】後世に名を残す村上春樹新作、気象災害対策の基本書、神学の処世術的応用
【佐藤優】地学の魅力、自分の頭で徹底的に考える、高等教育と短期の利潤追求
【佐藤優】日本人の特徴的な行動 ~日本礼賛ではない『ジャパン・アズ・ナンバーワン』~
【佐藤優】知を扱う基本的技法、ソ連人はあまり読まなかった『資本論』、自由に耐えるたくましさ
【佐藤優】後知恵上手が出世する? ~ビジネスに役立つ「哲学の巨人」読解法~
【佐藤優】トランプ政権の安保政策、「生きた言葉」という虚妄、キリスト教の開祖パウロ
【佐藤優】「暴君」のような上司のホンネとは? ~メロスのビジネス心理学~
【佐藤優】物まね芸人とスパイの共通点、新版太平記の完成、対戦型AIの原理
【佐藤優】トランプ側近が考える「恐怖のシナリオ」 ~日本も敵になる?~
【佐藤優】弱まる日本社会の知力、実践的ディベート術、受けるより与えるほうが幸い
【佐藤優】トランプの「会話力」を知る ~ワシントンポスト取材班『トランプ』~
【佐藤優】「不可能の可能性」に挑む、言語の果たす役割の大きさ、NYタイムズ紙コラムニストの人生論
【佐藤優】人生は実家の収入ですべて決まる? ~「下流」を脱する方法~
【佐藤優】ソ連崩壊後の労働者福祉軽視、現代も強い力を持つ観念論、孤独死予備軍と宗教
【佐藤優】米国のキリスト教的価値観、サイバー戦争論、日本会議
【佐藤優】『失敗の本質』/日本型組織の長所と短所
【佐藤優】世界を知る「最重要書物」 ~クラウゼヴィッツ『戦争論』~
【佐藤優】現代ロシアに関する教科書、ネコ問題はヒト問題、トランプ氏の顧問が見る中国
【佐藤優】日本には「物語の復権」が必要である ~反知性主義批判~
【佐藤優】サイコパス、新訳で甦る千年前の魂、長寿化に伴うライフスタイルの変化
【佐藤優】イラクの地政学、誠実なヒューマニスト、全ての人が受益者となる社会の構築
【佐藤優】外交に決定的に重要なタイミング、他人の気持ちになって考える力、科学と職人芸が融合した食品
【佐藤優】『ゼロからわかるキリスト教』の著者インタビュー ~「神」を論じる不可能に挑む~
【佐藤優】組織の非情さが骨身に沁みる ~新田次郎『八甲田山死の彷徨』~
【佐藤優】プーチン政権の本質、2017年の論点、ロシアと欧州
【佐藤優】国際人になるための教科書、ストレスが人間を強くする、日本に易姓革命はない
【佐藤優】ロシアでも愛された知識人の必読書 ~安部公房『砂の女』~
【佐藤優】トランプ当選予言の根拠、猫の絵本の哲学、人間関係で認知症を予防
【佐藤優】モンロー主義とトランプ次期大統領、官僚は二流の社会学者、プロのスパイの手口
【佐藤優】トランプを包括的に扱う好著、現代日本外交史、独自の民間外交
【佐藤優】デモや抗議活動のサブカルチャー化、グローバル化に対する反発を日露が共有、グローバル化に対する反発が国家機能を強化
【佐藤優】国際社会で日本が生き抜く条件、ルネサンスを準備したもの、理系情報の伝え方
【佐藤優】人生を豊かにする本、猫も人もカロリー過剰、度外れなロシア的天性
【佐藤優】テロリズム思想の変遷を学ぶ ~沢木耕太郎『テロルの決算』~
【佐藤優】住所格差と人生格差、人材育成で企業復活、教科書レベルの知識が必要
【佐藤優】数学嫌いのための数学入門、西欧的思考にわかりやすい浄土思想解釈、非共産主義的なロシア帝国
【佐藤優】ウラジオストク日本人居留民、辺野古移設反対を掲げる公明党沖縄県本部、偶然歴史に登場した労働力の商品化
【佐藤優】「21世紀の優生学」の危険、闇金ウシジマくんvs.ホリエモン、仔猫の救い方
【佐藤優】大学にも外務省にもいる「サンカク人間」 ~『文学部唯野教授』~
【佐藤優】訳・解説『貧乏物語 現代語訳』の目次
【佐藤優】「イスラム国」をつくった米大統領、強制収容所文学、「空気」による支配を脱構築
【佐藤優】トランプの対外観、米国のインターネット戦略、中国流の華夷秩序
【佐藤優】元モサド長官回想録、舌禍の原因、灘高生との対話
【佐藤優】孤立主義の米国外交、少子化対策における産まない自由、健康食品のウソ・ホント
【佐藤優】アフリカを収奪する中国、二種類の組織者、日本的ナルシシズムの成熟
【佐藤優】キリスト教徒として読む資本論 ~宇野弘蔵『経済原論』~
【佐藤優】未来の選択肢二つ、優れた文章作法の指南書、人間が変化させた生態系
【佐藤優】+宮家邦彦 世界史の大転換/常識が通じない時代の読み方
【佐藤優】人びとの認識を操作する法 ~ゴルバチョフに会いに行く~
【佐藤優】ハイブリッド外交官の仕事術、トランプ現象は大衆の反逆、戦争を選んだ日本人
【佐藤優】ペリー来航で草の根レベルの交流、沖縄差別の横行、美味なソースの秘密
【佐藤優】原油暴落の謎解き、沖縄を代表する詩人、安倍晋三のリアリズム
【佐藤優】18歳からの格差論、大川周明の洞察、米国の影響力低下
【佐藤優】天皇制を作った後醍醐、天皇制と無縁な沖縄 ~網野善彦『異形の王権』~
【佐藤優】新しい帝国主義時代、地図の「四色問題」、ベストセラー候補の研究書
【佐藤優】ねこはすごい、アゼルバイジャン、クンデラの官僚を描く小説
【佐藤優】外交官の論理力、安倍政権と共産党、研究不正が起きるシステム
【佐藤優】遅読家のための読書術、電気の構造、本屋大賞
【佐藤優】外山滋比古/思考の整理学
【佐藤優】何が個性で、何が障害か
【佐藤優】大宅壮一ノンフィクション賞選評 ~『原爆供養塔』ほか~
【佐藤優】英才教育という神話
【佐藤優】資本主義の内在的論理
【佐藤優】米国の戦略策定、『資本論』をめぐる知的格闘、格差・貧困問題の起源
【佐藤優】偉くない「私」が一番自由、備中高梁の新島襄、コーヒーの科学
【佐藤優】フードバンク活動、内外情勢分析、正真正銘の「地方創生」
佐藤優】日本の政治エリートと「天佑」、宇宙の生命体、10代が読むべき本
【佐藤優】組織成功の鍵となる人事、ユダヤ人の歴史、リーダーシップ論
【佐藤優】第三次世界大戦の可能性、現代東欧文学、世界連鎖暴落
【佐藤優】司馬遼太郎の語られざる本音、深層対話、米政府による暗殺
【佐藤優】著名神学者のもう一つの顔 ~パウル・ティリヒ~
【佐藤優】総理が靖国参拝する理由、NPO活動の哲学やノウハウ、テロ対策の必読書
【佐藤優】今後、起こりうる財政破綻 ~対応策を学ぶ~
【佐藤優】社会の価値観、退行する社会
【佐藤優】夫婦の微妙な関係、安倍政権の内在的論理、警察捜査の正体
【佐藤優】情緒ではなく合理と実証で ~社会の再構築~
【佐藤優】中曽根康弘、21世紀の資本主義分析、北樺太の石油開発
【佐藤優】日本人の思考の鋳型、死刑問題、キリスト教と政治
【佐藤優】中国株式市場の怪しさ、イノベーションの障害、ホラー映画の心理学
【佐藤優】普天間基地移設問題の本質、外務省犯罪黒書、老後に快走!
【佐藤優】シリア難民が日本へ ~ハナ・アーレント『全体主義の起源』~
 
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【保健】アメリカで「添加さ... | トップ | 【南雲つぐみ】お花見 ~3... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わかりやすいです! (5150)
2017-04-02 15:24:26
佐藤さんは、鈴木宗男さんとの事で、先入観で全く本読む気になれませんでしたが、今、日本でテロが起きる日、という本、前には対談されてた本読ませてもらった結果、いい人じゃん(^^)わかりやすいし、言っている事筋が通っている!と、申し訳有りませんが、見直しました!頑張ってください!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●佐藤優」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事