語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
大岡昇平、佐藤優、読書

【佐藤優】ユニテリアンとは何か ~ キリスト教の限界(2)~

2015年11月14日 | ●佐藤優
 (承前)

(2)ユニテリアンとは何か
 橋爪大三郎は、日本ではルター派の教会に属しているが、米国ではユニテリアンの教会に属している。ユニテリアンはほかの教会と二重に所属していても問題はない。
 ユニテリアンでは、キリスト教の大枠を維持しながらも、キリスト教の本質だと考えられていた三位一体説や、イエス・キリストは神の子であるというドグマ(教義)を排除している。
 ユニテリアンの大きなポイントは、教派縦断的で、ほかの宗派と同様にイエスが救いであること。ただし、神秘的、超越的な救いではなく、イエスを偉大な先生と考える。ユニテリアンにとってのイエスは、『論語』が伝える孔子に近い。
 三一論や神の子であるイエス・キリストという伝統的な考え方を排除していくと、ユダヤ教やイスラム教に近くなってくる。伝統的なドグマを排除していけば、キリスト教ではなくなってしまう。とはいえ、ユニテリアン教会に通う人びとの考え方や行動は、従来のキリスト教徒とほとんど同じだ。
 橋爪が通うユニテリアン教会は、もともとプロテスタントのカルヴァン派の教会だった。150年ほど前に、ユニテリアンの考え方をする人びとが多くなった。議論の結果、ユニテリアン教会に看板を掛け替えると決議した。カルヴァン派の信徒たちは、それなら自分たちは出て行く、とすぐ近くに同じ名前の教会を建てた。似た名前の教会が二つ近くにあることになった。
 なぜユニテリアンという宗派が生まれたのか。
 19世紀、キリスト教徒は、イエス・キリストの存在を実証できるか、奇蹟や啓示を証明できるか、という実証主義の波にもまれた。
 19世紀は、科学が楽天的に信じられていた時代だった。自然現象に加えて社会現象など、さまざまな対象に科学の方法が向けられていった。宗教も例外ではなかった。「史的イエス研究」もそうだ。聖書を人間がつくり出した文章と考えて、その成立の経緯や論理構造を化学的な方法で解明していった。
 当時の健全な一般市民が、共通して納得できるのは科学、哲学、歴史学だったから。しかし、科学、哲学、歴史学を通してイエス・キリストの存在を証明しようとしたが、できなかった。神の子の可能性もあるが、もしかしたらただの人間だったかもしれない、と。イエス・キリストとは何だったのか、という疑問だけが残った。
 その議論を通じてすべての人間が共通して納得できたのは、人間でアルということだ。だから、ユニテリアンも、イエス・キリストを人間だと考えた。むろん、神だと信じている人がユニテリアンのメンバーになってもいいけれど、ほかの人にその考えを強制しない、という約束がある。だから、ユニテリアン教会のメンバーには、キリスト教徒でない人もいる。
 イエス・キリストは、まことの神でまことの人だから、まことの人と考えているのなら構わない。そして偉大な先生でも、ただの人でもいいが、ただしイエスは救い主である、という態度だ。
 ユニテリアン教会では、ジーザスという名前はあまり耳にしない。ゴッドという言葉もあまり聞かない。Aさんがゴッドを信仰して、Bさんがブッダを、Cさんが人智を超えた超越的な何かを信じて、Dさんが唯物論者だとしても、互いが互いの信仰を尊重していればいいという考え方だ。
 それがひとつの宗派なのか・・・・実際、米国では、ユニテリアンをキリスト教ではないと考える人のほうが多い。

□佐藤優『あぶない一神教』(小学館新書、2015)/共著:橋爪大三郎
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

 【参考】
●第3章 キリスト教の限界
【佐藤優】イエス・キリストは「神の子」か ~ キリスト教の限界(1)~
【佐藤優】ユニテリアンとは何か ~ キリスト教の限界(2)~
【佐藤優】ハーバード大学にユニテリアンが多い理由 ~ キリスト教の限界(3)~
【佐藤優】サクラメントとは何か ~ キリスト教の限界(4)~
【佐藤優】何がキリスト教信仰を守るのか ~ キリスト教の限界(5)~
【佐藤優】第一次世界大戦という衝撃 ~ キリスト教の限界(6)~
【佐藤優】なぜバルトはナチズムに勝ったのか ~ キリスト教の限界(7)~
【佐藤優】皇国史観はバルト神学がモデル? ~ キリスト教の限界(8)~
【佐藤優】米国が選ぶのは実証主義か霊感説か ~ キリスト教の限界(9)~
【佐藤優】無関心の共存は可能か ~ キリスト教の限界(10)~

●第4章 一神教と資本主義
【佐藤優】資本主義は偶然生まれたのか ~一神教と資本主義(1)~
【佐藤優】なぜ人間の論理は発展したのか ~一神教と資本主義(2)~
【佐藤優】最後の審判を待つ人の心境はビジネスに近い ~一神教と資本主義(3)~
【佐藤優】15世紀の教会はまるで暴力団 ~一神教と資本主義(4)~
【佐藤優】隣人が攻撃されたら暴力は許されるのか ~一神教と資本主義(5)~
【佐藤優】自然は神がつくった秩序か ~一神教と資本主義(6)~
【佐藤優】働くことは罰なのか ~一神教と資本主義(7)~
【佐藤優】市場経済が成り立つ条件 ~一神教と資本主義(8)~
【佐藤優】神の「視えざる手」とは何か ~一神教と資本主義(9)~
【佐藤優】なぜイスラムは、経済がだめか ~一神教と資本主義(10)~

  

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 【佐藤優】イエス・キリスト... | トップ | 【佐藤優】ハーバード大学に... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ユニテリアンの件 (yahawist)
2019-07-24 02:37:31
ブログの記事「【佐藤優】ユニテリアンとは何か ~ キリスト教の限界(2)~」を拝見しました。社会学者の橋爪大三郎先生は日本のルーテリアンとアメリカのユニテリアンとを兼ねておられる由。日本にユニテリアンがあればいいのですが、何故、日本にユニテリアン教会はないのでしょうか?どう思われますか?一言でもいいのでお返事ください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●佐藤優」カテゴリの最新記事